おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

    6
    無神経なやつ


    9
    とりあえずもう無理~wダルーイーw連呼するやつ


    12
    家事全般ができない


    13
    辛いとすぐに逃げ出すやつ
    俺です


    【【唖然】あっ、コイツ甘やかされて育ったんだなって奴の特徴wwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    413 2013/12/02
    小さい頃に虐待されていたらしい

    私は三人兄弟の真ん中で、歳の離れた姉と年子の弟がいる
    第一子が女だから次は男がいい!⇒生まれたの女⇒しかも体が弱い⇒育てるの辛い
    だけど翌年ついに待望の男の子が生まれた!!
    と思ったら私の後追いや赤ちゃん返りが酷くて母親が育児ノイローゼ
    ・返事が「はい」じゃない
    ・弟を抱っこしているだけで構えアピール
    ・オムツ取れた筈なのにおねしょ
    みたいな事がある⇒腹立って虐待⇒後悔、の毎日だったんだって

    父親は育児ノータッチのくせに子供が風邪をひいたり怪我をすると
    「母親のくせに何やってんだ!」
    って責めるから当時は精神的にすごく追い詰められていたらしい


    414
    就職してお給料が出る度に両親に何かしていたら時々ぽつりぽつりとこんな話を母親がしてくれるようになった
    確かにヒスっぽい母親だけど優しい時もあるので驚き


    【【衝撃】小さい頃に虐待。兄と妹が一緒だったのに、ある日突然2人ともいなくなってしまった・・・】の続きを読む

    853
    前世の記憶が全部あること

    与太話や虚言癖扱いや興味本位であれこれ言われると
    昔の自分が汚された気がするので、誰にも言う気はない
    しかし母親だけは知っている
    母にもその事は誰にも言うなと言われているが勿論言わない

    母があなたの国に行ってみたいと言うので連れて行ってあげた
    言葉も覚えているので通訳いらず(老人みたいな言い回し扱いはされた)
    自分が住んでた所がえらい開発されて変わり果ててるの見てがん泣きした
    母が普通の日本人なのに自分が現地の人と同じような外見なんで
    お父様がこちらの方なの?と良く聞かれ、親子でそういう事にしておいたが
    父も日本人だったりする

    一番驚いたのが国に来てずっと母がお腹壊してたこと(こちらにしてみれば日本食より合う)
    記憶だけならままある事例かも知れないが遺伝情報丸無視という所が我ながら不気味


    【【驚愕】父も母も日本人なのに、私の容姿は「外国人」。その理由がとんでもなかった・・・】の続きを読む

    514
    詳細がわからない部分も多いのだが、父の幼馴染の話

    父と友人Aは同じ田舎から中学卒業と同時に出てきて
    夜間の高校に通いながら、昼間は同じ職場に勤めていた幼馴染同士だった。
    その後それぞれ結婚もして子供にも恵まれた。
    だが、Aの長女は生まれて数日で氏亡(原因は不明)
    数年後に生まれた長男も生まれてすぐ足の関節に問題があることがわかり、その後何度か手術をすることになった。
    おかげで杖を使えば何とか歩行は可能程度にはなった。
    さらに次女も生まれてすぐの検査で心臓に穴があいている、と言われた。
    ただ、これは大したことが無く、運動等の制限はあるものの日常生活に問題は無い程度の穴だったが
    それは成長してからわかったことで、赤ちゃんの時点では「今後どうなるかわからない」と
    定期的な検査を病院から言われただけで、不安だったらしい。

    ある日、Aが寝ていると夢の中に白い平安時代のような服を着た気さくなおじいさんがでてきた。
    周囲を見ると神社のような立派な建物がある場所で、二人で色んな話をしたらしい。
    おじいさんは時々あらわれた。

    Aはふと夢の中で「自分の子は一人目は生まれてすぐ氏に、二人目と三人目は障害がある。
    何故自分達だけこんな目にあわないといけないのか・・」と愚痴った
    すると、そのおじいさんは「それはお前が前世で犯した罪が子供にあらわれている」と告げた。
    Aは自分のせいで子供が酷い目にあっているのだ・・と苦悩していたところ
    偶然、仕事の途中で見かけたRという宗教団体の看板がやけに大きく見え、おじいさんの声が聞こえた気がして
    そのままRの施設に入っていった。

    教祖的な人はその時は不在だったものの、その次の位の人が対応をしてくれ、
    Aの説明を聞き、肩をぽんぽんと優しく叩いて
    「それは神様がウチを頼りなさいと言ってくれてるんですよ。 うちの教祖様はすばらしい人なので、是非一度あってください」と言ってくれて
    ああ。神様がここに導いてくれたのか・・と安心したそうだ。



    【【ゾッとする】宗教にハマったA「白い和装の神様が会いに来る」←本当にソレ、神様なのか・・・?】の続きを読む

    京都のビジネスホテルでバイトをしていました。

    たまに妙な客が来るんですよ。
    まあ色んな人が来るわけだし、ホテルだからなあと
    開き直って勤めてたんですが、ある夜妙な女性客がチェックインしたんです。

    青いレインコートを着込み、眉毛から眼窩まで隠れるサングラス、ほつれた黒髪で痩せていた。
    年齢は40ぐらいの中年で、体中から陰気な空気が漂っていた。
    夜の2時にチェックインして、30分後にまた外に出て行き、また戻ってくる。
    薄気味悪くは思っていましたが、そういう散歩なのかなあと思ってやり過ごしました。
    それが一度目の来館。

    二度目もまた深夜に来て、また散歩。
    その時は朝6時頃に帰館、また部屋に戻る。
    それから1時間ぐらい経ったあたりだろうか、またその女がロビーにいる。
    おりしも修学旅行のシーズンだったので、ロビーには中高生のバッグが大量に置かれていて、
    その向こうに電話機を設置しているんだけど、それを女が使っているみたいなんですよ。

    バッグを整理するついでに、電話の内容をちょっと聞いてみた。
    というか、普通に電話を使っていなかったみたいなんだけど・・・。



    【【恐怖】「アメリカ軍エゲツない、捕虜に」「戦争」「日本兵」「オブリージュ」ホテルに来た客がヤバイ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ