おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    寺生まれのTさん

    「婆ちゃんの守り刀とTさん」

    「寺生まれ」…それは人智を超えた不可思議な霊能力を持った人間に与えられる称号――

    最近、俺の周りでおかしな気配を感じる…。親父に相談したら「この刀を枕元に置いておけ」といわれ、その通りに実践してみたのだが―― 

    最近、夜寝付けなくなった。
    夜中になにかがおれの部屋をうろついているのだ。
    親父に相談したところ、一振りの日本刀をみせ、
    それを枕元に置けというのだ。

    「それはお前の婆ちゃんがどこからか貰ってきた守り刀だから
    きっとお前を守ってくれるはずだ」

    正直信用できなかった。
    婆ちゃんは生前俺に厳しかったからだ 。

    少し起きるのが遅かっただけで、
    洗面器に貼った水をぶっかけられたこともあった。

    ともかく、その刀を枕元に置いて寝てみた。
    はたして夜中、またもうろつく気配が現れた。


    【【寺生まれのTさん】婆ちゃんの守り刀とTさん【破ぁ!】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    時空のゆがみ おうまが

    大きな台風がきた日、まだ小さかった俺と弟は荒れ狂う風と雨の音に恐怖しながら寝ていたのだが、突然「外を見て」といって両親に起こされた。窓の外を見てみると、そこには夕焼けなんて比じゃないほど真っ赤に染まった空が、辺り一面に広がっていたんだ――



    920
    時間の歪みかは分からないし、普通の事かもしれないけど…

    もう昔の話で、オレが幼稚園の頃。

    その日は結構大きい台風が、上陸するって話だった。
    その頃はいつもまだ小さかったし部屋も無かったので、両親と、オレと、弟で同じ部屋に寝てました。

    寝る頃は外は風が吹き荒れて、雨も凄くて窓割れそうで怖いなぁとか思いながら眠りについた。
    夜中何時かは分からないけど、両親がオレと弟を起こした。

    「台風の目にちょうど入ったよ。外見てみて。」

    って言うから外を眺めた。
    夜中なのに明るくて、でも真っ赤なの。
    昼より少し暗いぐらいで、窓の外を向こうまで確認できた。
    いつも窓から覗く景色と同じで、辺り一面真っ赤。

    赤いって言っても夕日とか、朝方の赤さじゃなくてモロ赤。
    音も静かで、本当に台風の夜って事も忘れるぐらい静かだった。
    その時は赤いことも全く気にならなかった。
    台風の目に入るのも初めてだし、両親に「何で赤いの?」
    って聞いたら「台風の目だからだよ。」って言われたし納得してた。
    2、3事会話して、いつの間にか、また眠りについた。


    【【時空のゆがみ】夜なのに真っ赤な空 隣にいた両親は“本物”だったのだろうか…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    欧州と米国の科学者らが南極に3つの古代ピラミッドを発見した。研究者によると、これらの構造物は人が作ったもの。
    氷河期の古代人の声を再現 大昔、南極は居住に好適な大陸で、その表面は森林で覆われていたとされている。 今日、南極は完全に氷で
    覆われているが、しばしば様々な古代の動物の化石が見つけられている。 発見は人類の歴史をひっくり返してしまうかもしれない。
    大陸に人工ピラミッドが存在するとなれば、かつてここに動物だけでなく人が住んでいたことの証拠となる。科学者たちは次の遠征で
    詳細にピラミッドを調べる予定。

    そー
    http://jp.sputniknews.com/science/20160926/2820789.html






    【【驚愕】南極大陸で古代ピラミッドを3つ発見!山ではなく人工構造物、歴史がひっくり返るか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    【うるま】うるま市教育委員会は26日午後1時半から市役所で会見を開き、市勝連にある世界遺産「勝連城跡」内で、ローマ帝国とオスマン帝国時代のコインが発見されたと発表した。
    市教育委員会は「中世から近世初期の遺跡からは、国内初になるものだろう」とし、日本史だけでなく世界史研究などに大きく寄与すると分析している。

    調査はエックス線検査や専門家らによる鑑定などの方法で行われた。コインにはローマ文字やアラビア文字、人物像があることが確認された。

    コインが持ち込まれた経緯や使用方法などについては、今後の研究課題としている。

    発見されたコインは鋳造製の銅貨計10枚。そのうち4枚は3~4世紀代のローマ帝国時代、1枚は1669~79年に製造されたオスマン帝国時代のコインと推測される。
    そのほか5枚の年代については調査が進められている。

    確認されたコインのうち、ローマ帝国時代のコインは直径最大2センチ、重さ3・6グラム。
    一方、オスマン帝国時代のコイン直径は2センチ、重さ1・2グラム。

    市教育委の横尾昌樹主任主事は「勝連城が西洋との接点があったことは確かだ。勝連城の廃城後の歴史は分からないことが多々あり、今後の解明につながる貴重な資料になる」とした。

    会見に出席した島袋俊夫市長は「沖縄のグスク時代における勝連の流通、交易を考える上で重要な資料。世界史研究全般の研究に大きく寄与する発見となる」と研究の成果を評価した。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-364425.html
    ローマ帝国時代のコイン



    オスマン帝国時代のコイン




    【【国内初!?】沖縄うるまの遺跡から「古代ローマ帝国」のコインなど見つかる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    洒落怖 おうまがロゴ

    「有名人もくる某旅館で働いていたが幽霊の噂が絶えずお祓いまでしたけれど…」洒落にならない怖い話

    有名人もくるようなそこそこ名の知れた某旅館で働いていたのだが、その旅館では幽霊が出ると噂になっていた。全く信じていなかった俺だが、玄関で撮った写真に不気味なものが写っていて、それからおぞましい怪奇現象を実際に体験することに―― 

    俺が昔田舎のとある旅館のフロントで働いてた時の話

    まだ建って2年程度、自分が努めて1年位の頃だったんだけど、自分が来た時には従業員の間では庭園や2階の廊下に女の人の霊が出るとか、すでに噂にはなってたんだ

    自分は0感だからそんなのどこにでもある作り話程度に思ってました

    が、ある日たまたま玄関の前で自分の写真をとってもらい出来た写真をみた時に自分の顔の横に自分の顔の大きさ位ある火の玉が写っていました
    なんとなくとかではなくほんとにファイヤーなボール、まさに火の玉でした
    火の玉過ぎて霊的な感じはせず怖くはなかったのですが、いつのまにかその写真は行方不明になってました
    親に見せたから親がもしかしたらこっそり何かしたのかも知れません

    で、その写真を撮った数ヵ月後の事です


    【洒落怖「有名人もくる某旅館で働いていたが幽霊の噂が絶えずお祓いまでしたけれど…」】の続きを読む

    このページのトップヘ