おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    幽霊を信じていない人が体験した話ロゴ7

    【心霊体験】幽霊を信じていない人が体験した不思議な話を聞かせて! その1 http://www.oumaga-times.com/archives/1066968819.html


    幽霊を信じてない人が「霊体験らしきもの」をした話って、
    「オカルト好き」な人が話す十倍怖いですよね…

    そんな、「幽霊なんか信じてないけど、あれは何だったんだろう?」
    というような話を集めよう!
    もちろん、オカルト好きな人が収集した
    「幽霊を信じていない人から聞いた話」も聞きたい!

    451
    本人はめっちゃくちゃ怖かったんだけど、他人には解んないかな?

    小学3年の時の話
    当時、合唱団に入っていた俺は、学校が終わるとすぐ隣にある公民館に、歌の練習に行った。
    合唱団に入っていたワケは、練習が終わるのが六時ぐらいになるため、親が車で迎えに来てくれるからだ。

    練習が始まりみんながリコーダーを取り出して自分のパートを確認していた。
    ボーっとした性格だった俺は、リコーダーを教室に忘れてきたので何をするでもなく
    仲の良かった友達にちょっかいを出しながら、早く練習が終わらないかなぁ・・・と思っていた。
    合唱団の先生は担任の先生でもあったため、そんな俺の態度が気になったんだろう。
    いつもは温和な性格の女の担任がその時ばかりは怒って
    「あなた、リコーダー忘れたんならさっさと取りに行ってきなさい!」
    そんなきつい言い方をされたことがなかった俺は、泣きそうな気持ちを必氏に隠し、
    半笑いで公民館をでた。

    田舎だったので外にでると辺りはもう真っ暗。
    公民館の薄っすらとした明かりと、学校の給食室の紫のライトが見えるだけ、
    俺らの学校は旧校舎と新校舎があって、3年生の教室は旧校舎の三階だった。
    子供ながらに、こんな暗いところ行けるかよ!! と思いながらも何とか下駄箱まで来た。
    すぐに校舎から出られるように、上履きには履き替えずに階段をのぼった。
    普段は子供たちの声で溢れかえって明るい学校が、今は見たことも無い風景に見える。

    コツーン、コツーン、俺の足音しかしない。
    リズミカルに響く足音に、
    これは本当に俺の足音なのか・・・
    実は別の何かがついて来てんじゃないか・・・
    そんな考えがよぎる。
    気になりだしたら止まらない。あせって崩れたリズムに合わせて足音も崩れる。
    コツ、コ、コツーン。
    それがまた、誰かに追いかけられているかのように感じてさらに恐怖心が育っていく。
    しかも土足で上がっているという事実が、小3の俺には限界に近い緊張感だった。
    何十回、無理ですと言いに戻ろうかと考えながら、やっと教室までたどり着いて、自分の机からリコーダーを取り出す。
    もうその時の机をずらす音や、教室の戸を開けた時の音は今でも忘れないが、
    もっとも忘れられない音は、この後に聞いた音だ・・・。




    452
    何事も無く一階まで降りて、外が見える下駄箱まで来た時、ほっとしたのか手が滑って、
    ・・・いや、滑ってなんかいない。
    持ってたリコーダーが奪い取られ、床の上をカンカンカンカンカンーーー!!!! っと
    ドラムロールのように、ずーとたたき続けている。
    しばらく何がおこっているのか理解できずにいたけど、俺の足元でエタイの知れない何かがリコーダーをたたき続けていると悟った瞬間、
    俺はダッシュで公民館まで走った。
    その後の練習は覚えてないけど、迎えに来たお母さんと、リコーダーを拾いに行ったらもう普通に落ちていた。
    帰りの車の中で、吹奏楽部だったお母さんが学生時代にドラムのスティックで、同じ体験をしたことを話してくれた。
    あれから16年たつけど、あの音は今も忘れられない・・・。




    455
    >>451
    怖いな。
    でも電気付けてなかったんか?


    457
    似たようなことあったよ。
    どーんどーんと鳴って、それが大きくなって、家全体が振動するくらいまでになった。
    ふと気付くと、自分の心臓の音だった。
    耳を枕につけて(横向きになって)寝てたから、夢と一緒になったんだろう。
    その足跡らしきものって、朝起きたらなかったんじゃない?

    >>451
    内容的には全く怖くないと理解しつつ、これほど鳥肌たったのは久しぶり。ちょっと不思議だな。


    458
    >>457
    心臓の音か。なるほど。テレビつけっぱなしで寝ると、その音声からテレビの内容の夢を見たことがあるから、それに近いことが起こったのかもしれない。

    この話に続き?のような出来事があった。
    数日して、いないはずの隣の部屋の前に、午前2時くらいに救急車?のような緊急車両が来たんだ。
    赤色灯の光が窓からもれてきて目を覚ました。
    奇妙だったのが、まず隣は空き室であることと、救急隊?の足音がいっさいしなかったこと。
    でも、何かを運んでいるような音だけ聞こえた。
    不気味に感じて、カーテンを開けて見ようとはしなかったが、しばらくすると音もなく赤色灯の光は立ち去っていった。
    あれは、はっきり目が覚めていたときのこと。
    気持ち悪くなりその後、引越した。



    【【アレは何だったんだろう?その7】幽霊を信じていない人の不思議で怖い体験談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    518
    昔働いてたホテルでの話。

    都心にある結構でかいホテルだったんだけど、いわゆる“出る”フロアがあった。
    霊感なんで全然ないし、信じてもいない俺は普通に働いてたんだけど、あるとき、
    お客さんをそのフロアの客室に案内すると

    「この部屋は、いえ、このフロアはやめて下さい」

    とのこと。
    結局、部屋は変更したんだけど、その客さんは霊感が強いらしく、

    「ホテルに入ったときは何も感じなかったけど、エレベーターを降りてそのフロアに入ったときから、嫌な感じがした。部屋の前まで来たらもう耐えられなかった。 よく普通に働けますね」

    と言っていた。

    満室ともなれば1000人以上泊まれるホテルなので、
    宿泊中に病気や怪我をする人もいなくはない。
    あるときモーニングコールを何度鳴らしても、おきてこない客がいるという。


    【【泊まるな危険!】某ホテル、“出る”と言われ客が嫌がる曰く付きの部屋に泊まった人が取り返しのつかないことに…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    584
    ミズーリ州にある市警察の警部の話。実話です。

    私が刑事課に配属された年、あるサツ人事件の捜査を任命された。
    事件が起きたのは、クリスマスイブの夜。
    浮気をしていた妻と、その浮気相手が乗っていた車を尾行していた夫は、
    車が駐車場に入ったので自分も駐車場に車を止め、ショットガンでふたりをサツ害した。

    その事件が起きた翌年から、
    毎年12月24日、7時6分に不可解な電話がかかってくるようになった。

    op: 911, What is you emergency?
    lady: 助けて!撃たれた!
    op: あなたの現在地は?
    lady: 私の車の中。撃たれて死ぬんだわ。誰か助けて!
    op; すぐ助けをそちらに向かわせます。あなたの現在地を言ってください。
    lady: ここが何処なのかわからないの。真っ暗で何も見えない、お願い、助けて!
    op: あなたの名前は?すぐに助けを出すから…

    ここで電話はきれた。


    【【世界のミステリー】ミズーリ州にある市警察に「助けて!」と毎年ある時刻にかかってくる謎電話の正体は!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    881
    田舎が茨城なんだけど、自分が子供の頃は夜になると街灯もなくて真っ暗だった。
    都心に住んでた自分にとっては、恐い所って印象しかない。

    そこの家から海まで歩いていけるんだけど、ルートがふたつあって、ひとつは田んぼの横の道、もうひとつは小さな山の雑木林を行く道。
    雑木林の道はムジナが出るから、ひとりで歩いちゃいけないって言われてた。

    ムジナってなあにって聞いても、そりゃムジナはムジナだわって答えしかしてくれない。
    ただ、ムジナは人を騙すって言うのは聞いていた。


    【【田舎の変死事件】あんな所で伯父が死んだ?“ムジナ”に殺されたと町人みんながいうけれど…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    自サツ未遂がきっかけとなり、突如として1000年前の前世の記憶が蘇った日本人男性が大きな話題となっている。

    彼は1000年前の京都に生まれ、僧侶をしていたという。なにより衝撃的なのが、彼の前世の記憶が鮮明であることだ。

    ・1000年前の京都や自身のようす
    前世の記憶を取り戻した男性は「マク"口ジュース」というハンドルネームでツイッターをやっている人物。

    彼は「脳の病気だという説は未だに捨ててません」としながらも、1000年前の京都や自身のようすを事細かく語る。

    ・マク"口ジュースさんによる前世体験のコメント
    「どこまで喋って良いのか分かんないけど、てかヤバい奴だと思われるからあんま言いたくないけど私1000年位前に日本でお坊さんをやってた記憶が存在してまして。お恥ずかしい話ですが自サツミスった時に鮮明に思い出して記憶を頼りに自分の居た寺と当時の奥さんのお墓に行きました」

    「かなり慎重な性格なので脳の病気だという説は未だに捨ててません。ただ自分の前世記憶と同じ行動をした人物が実在して、1000年前の記録に、残っている所まで確認しました…ほんとに… 平安時代の文化とか、当時の人がどんな暮らししてたかとか、めっちゃ鮮明に話せます」

    (以下略)

    長すぎるので以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/01/18/memory-of-reincarnation/

    14
    病気でも記憶を都合よく継ぎ接ぎしてようと、目一杯かたってほしいなー。面白そうじゃん。検証とか後からすればえぇやん。


    9
    千年前の坊主が妻帯してるかよ間抜け


    53
    >>9
    嫁早逝して坊さんへって書いてるけど


    23
    一応ソース的には、奥さんを亡くしてから僧になったって書いてあるな


    310
    >>9
    江戸時代ならともかく、1000年前なら普通に結婚してたよ


    34
    >>9
    おおっぴらではないけれども妾がいたりする
    昔は良くて今が駄目という安易な発想は危険だぞ

    戒律が厳しいってことは戒律破るやつばっかりだったってこと


    19
    1000年前の記憶ともともとの記憶両方持ってるの?
    少なくとも文字では現代文みたいな喋り方だけど当事の言葉で文章描いて貰えれば専門家が見たら一瞬でわかりそう


    485
    >>19
    知識と記憶とがゴッチャになってんだろうな
    当時は文盲が多かっただろうから喋らせたら判るんじゃね?


    【【輪廻】自サツ未遂で1000年前の記憶が甦った男性「 前世では京都で僧をしていた平安時代の文化とか記憶がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ