おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    祭壇

    No.3 本当は怖い教会の祭壇

    「祭壇」はヘブライ語(旧約聖書の原語)で「ミズヴェーアーハ」と言いますが、
    これはもともと「生贄の動物を屠る」という意味があった言葉だそうです。

    【オカルト雑学・小ネタ No3 本当は怖い教会の祭壇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    都市伝説ロゴ

    no.127 事故を目撃した叔母の怪異

    私の叔母がある日、道を歩いていると、
    反対側の道路で子供がトラックにひかれる事故が起きたのです。
    子供はトラックのタイヤに巻き込まれ、即死だったようです。
    その後、叔母は高熱を出し、寝込んでしまいました。

    【都市伝説 No127 事故を目撃した叔母の怪異】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 17:33:57.38 ID:???.net

    no title

    火星。インド宇宙研究機関提供(2014年9月30日撮影、資料写真)。

    【【指形の雲】火星上空に巨大な謎の「雲」出現 水やCO2の微粒子でできている可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    246: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 23:35:16.07 ID:LZawPp7V0.net

    ジェイソン フレディ

    ちょっと質問してみていいかな? 
     
    【【心霊】美少女フィギュアに金縛りから守ってもらった話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  2015/02/17(火) 17:36:36.09 ID:tOHHuFVm0.net

    火星

    2025年からの火星移住計画を進めるオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」は16日「最初の移住候補者を100人に絞った」と発表

    日本人はメキシコ在住の日本料理店シェフ、島袋さん(50)が選ばれた。

    火星に居住区を作り、まず4人、最終的に24人を宇宙船で送り込む計画。
    移住の費用は、テレビ放映のスポンサー料や一般からの寄付などで賄うという。

    希望者は13年に募集し、約20万人が応募。
    財団はインターネットによる面接などを重ね、今回は医師の健康チェックで男女50人ずつを選んだ。
    居住地別の内訳は米国39人、欧州31人、アジア16人などで、日本在住の米国人などもいる。

    島袋さんは取材に対し、「20万人の中の100人に選ばれ、大変光栄。最終審査も通過して移住を実現し、火星ですし屋を開きたい」と話した。


    【【火星移住計画】2025火星移住メンバー選抜20万人→100人に日本人の島袋さん(50)が残る「火星で寿司屋やる」】の続きを読む

    このページのトップヘ