おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ


    幽霊 座敷荒らし

    二十歳まで霊を見なかったら一生霊を見ない」といった都市伝説がありますが、スレ主はもう少しでその二十歳を迎えるところだったのに、自宅で幽霊らしきものを目撃してしまったそうです。今後、霊感を持ったままになることに、心が折れそうというスレ主ですが、はたして、幽霊の正体とは――!?



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/28(金)17:26:08 ID:2bT
    幽霊見ちゃったかもしれない…
    二十歳まであと少しだったのに心折れそう



    【幽霊見ちゃったかもしれない…二十歳まであと少しだったのに】の続きを読む

    427: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 17:47:30.42 ID:PvWmMfU10.net

    意味怖ロゴ中

    意味が分かると怖い話「事故現場の人だかり」

    なんてことない、ただの山道のカーブ。なぜかここでは事故が多く、なぜかその現場によく遭遇してしまう。今日もまた事故があった。これで3回目か――。 

    男は帰る途中、事故に遭遇してしまった。

    軽自動車がワゴン車に衝突していたようで、
    彼が見つけた時にはすでに人だかりができていた。
    場所としてはごく普通の山道のカーブ。

    急カーブというわけではないが何故かここでは良く氏亡事故が起こる。
    人通りがほとんどないからスピードを出しすぎてしまうのだろうか?

    彼がここで事故を見たのは3回目だった。

    1回目は乗用車が道路脇の木にぶつかり
    2回目はトラック同士の衝突だった。
    そんなことを考えてると軽自動車の中から女性の声が聞こえた。

    「そこに誰かいるんですか?救急車を呼んでください!」

    その声を聞いて慌てて救急車と警察を呼ぶ。

    10分もしないうちに救急車が来て
    ワゴン車に乗っていた男性と軽自動車の女性が搬送されて行った。
    彼はそこにいた若い警察官に事情を話して帰宅した。

    帰宅してテレビをつけると先ほどのニュースが流れていた。

    「ワゴン車の男性は即氏、軽自動車の女性は病院に搬送されたが3時間後に出血氏」

    これを聞いて、ああ、あの人氏んでしまったんだなと感傷的になった。

    後日、再度警察に事情を聞かれることがあり
    その時に担当の若い警察官に

    「まぁもう少しあなたの発見が早ければ助かったかもしれません、なぁにあなたが気に病むことではありません」

    と言われた。
    そんなことを言われても落ち込むものは落ち込む。

    その帰り道、またあの山道で人だかりができているのが見えた。


    【意味怖「事故現場の人だかり」意味が分かると怖い話】の続きを読む

    255: 本当にあった怖い名無し 2007/08/30(木) 15:35:46 ID:cHcYyzUkO

    実話恐怖体験 ロゴ

    実怖「キーワードで繋がれた4年で4つの俺の怪奇奇譚」

    4年間で4度も不気味な怪奇現象に遭遇した。その現象がおこる時、決まってソレが俺の近くに存在していたことに気がついた。この怪奇現象はお前らがおこしているのか――!?

    ここ4年くらいで体験しておそらく現在進行形だと思われる体験。
    俺には一つのキーワードでつながってるように思えてならない。

    ことの発端は四年前。

    当時、俺はピザの宅配のバイトをしてた。その宅配先での話。

    まず現場について思ったのは
    「こんなとこに人が住んでるのか?」ってことと、猫がやたらいるってこと。
    真っ暗な小さい森の中にポツンとと廃墟みたいなマンションが建ってた。
    宅配先はそこの最上階だった。
    入り口にたくさんいた猫は最上階までびっしりいた。
    宅配先のお客はなんか陰気臭いじいさんだったけど
    普通に応対して変な所はなかった。

    帰りに階段を降りようとしたら猫が全部俺のことを見てた。
    かなり気味が悪かったんだけどそのまま駆け下りていよいよ出口だって時、
    出口のすぐ外にばぁさんがいることに気づいた。

    明らかにこの世の者じゃない雰囲気がして
    恐る恐る通り過ぎようとしたらばぁさんが振り向こうとした。
    ばぁさんの顔が見えるって瞬間に猫が大声でないてその瞬間ばぁさんは消えた。
    ダッシュで店に戻って先輩に聞いたら「いわゆる曰く付き」だと言われた。

    これが一つ目

    【実話恐怖体験談「キーワードで繋がれた4年で4つの俺の怪奇奇譚」】の続きを読む


    都市伝説ロゴ

    都市伝説「食べてはいけないピンノ蟹苔になった少年」No288

    アサリのお味噌汁を食べた時などに、希に小さなカニが入っていることはありませんか?そのカニはpinno(ピンノ)といって、アサリなどの二枚貝に寄生しているカニだそうです。もし、そのカニを生で食べてしまったとしたら、こんな恐ろしい都市伝説が――。

    ピンノって知ってるだろうか?

    凄く小さな蟹で貝に寄生している。
    たまにアサリの味噌汁とかに紛れ込んでいるのを見たことがあるかもしれない。

    俺の祖父はあれを絶対に食ってはいけないと言っていた。
    あれを生で食べるとカニゴケ(蟹苔?)になると。
    先ほども言ったとおりピンノが出てくるのは大概、味噌汁で煮えた状態。
    海遊びをしょっちゅうしていた俺でも生のピンノを見たことはなかった。

    小学校の時、行事で潮干狩りをやったんだが、
    俺の友達のA君が、貝とその中から出てきたピンノを発見した。
    A君はしばらくそれで遊んでいたが、
    俺がカニゴケの話をすると面白がってそれを食べてしまった。
    潮の味しかしなかったそうだ。

    それが起こったのは確か、夏休みを隔てた9月だった。

    【都市伝説「食べてはいけないピンノ蟹苔になった少年」No288】の続きを読む


    水害や災害などがおこった際に、その土地の地名を調べると、過去にも同様の災害が起こっていたといった話もよく聞きます。また、よく事故がおこる池などでも、妖怪や蛇など恐ろしい生き物の名前を付け、警告していることもあるようです。地名から、災害を推測することはできるのでしょうか――?



    1:  2015/08/27(木) 21:16:12.33 ID:rE49PhIh0.net 
    ■「きれいな地名」は要注意
    都内屈指の高級住宅街、東京都目黒区自由が丘。「住みたい街」ランキングでは常に上位にランクされるこの地に、 戦後から暮らす80代の男性が自由が丘の過去について、驚くべき証言をした。
    「この辺りには、かつて大岡山から大蛇が襲ってきたという言い伝えが残っています。おそらく水害をなぞらえているのでしょう。 今では考えられませんが、かつてこの地では、子供が溺れる水難事故が多かったようです」

    男性によれば、'14年秋のゲリラ豪雨の際、家の目の前のマンホールから水があふれ、蓋が浮くほどだったという。
    自由が丘をはじめ、日本全国には「○○が丘」や「○○台」、あるいは「希望」や「光」といった明るい意味の単語を使った地名は数多い。そのほとんどは近年つくられたばかりの新興住宅地。ところがそうした場所は、古い地名が災害と関係していることがしばしばある。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44884

    no title
    引用元
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440677772/




    3:  2015/08/27(木) 21:23:25.91 ID:QAPCQrCs0.net
    それと「ひら」と、それが転じた「平」

    これも古い時代の災害に起因する地名らしいね
    陥没が起こりやすいんだってさ



    4:  2015/08/27(木) 21:25:49.59 ID:4+6tI72s0.net
    霊的なものでなければわりとどうでもいい



    24:  2015/08/27(木) 21:52:40.20 ID:Pl3rxRX60.net
    >>4
    ~塚とか?



    【日本全国の危ない地名とは?名前で古い災害との関係性が分かることも】の続きを読む

    このページのトップヘ