おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ


都市伝説ロゴ

都市伝説 No210 一人暮らしの女性と不気味な隣人

深夜、一人暮らしの女性の部屋に鳴り響く、ガチャガチャというドアを回す音。ドアスコープを覗くと――

母がまだ独身でOLやってた頃、
マンションで一人暮らししてたんだと。

隣にこれまた独身の男が住んでたんだが、
この男が何だか不気味。
会ったときに挨拶するかしないか、って程度の仲なんだけど、
男はろくに返事もせずに、
母のことをじろじろ眺め回すことが多かったらしい。

そんなある日の深夜、母は急に目を覚ました。

【都市伝説 No210 一人暮らしの女性と不気味な隣人】の続きを読む


no title

今年に入って飛行機の墜落事故が連日報道されていましたが、ネットでは「墜落する瞬間にジャンプすれば助かる」といった都市伝説をよく目にしました。同様にエレベーターの落下事故でも着地と同時にジャンプすれば助かるかもしれないらしいですが、実際はどうなのでしょうか?助かる確率を上げる方法とは!?

1:  2015/05/16(土) 08:20:41.37 ID:YztLIFn20.net 
全世界のアクション・シーンでご活躍の皆様、お待たせいたしました。 
エレベーターが急に落下し始めた時に助かる方法をご紹介しましょう。 

ジャンプするな 
跳んでもダメ 
落下の直前にジャンプをしても、受ける衝撃はほとんど軽減できません。 

バッグやスーツケース 
他人のも使っちゃえ 
バッグやスーツケースがあれば、床と距離を取るために重ねて、その上に乗りましょう。距離があればあるほど床へぶつかった際に減速します。 

手すり 
覚悟して待とう 
手すりがあれば、そこに体重をかけることで衝撃を軽減できます。 


膝を軽く曲げる 
慌てない 
混雑していてどうしようもない時は、膝を軽く曲げ衝撃に備えましょう。 

生き残れ 
とにかくサバイバれ! 
手足を犠牲にしても、内臓が無事なら問題ありません。 

おめでとうございます! ここまで読んだあなたなら、 
スタローンやヴァン・ダムばりのアクション・シーンに巻き込まれても助かるはず。 
絶対とは言えませんが、生存率は上がります。もちろんエレベーター限定ですが......。 

http://www.kotaku.jp/2015/05/how-to-survive-from-a-elevator-fall.html


【【生き残れ!】墜落する飛行機や落下するエレベータで生き残る方法とは!?】の続きを読む


no title

イギリスでとんでもない大きさの巨大アナゴが捕獲されたそうです。画像でみると6m以上ありそうですが、実際は2.1mだそうです。アナゴは人に噛み付くこともあるそうなので、アナコンダのような大きさのアナゴがいたら、人を丸呑みなんてことがあったかもしれませんね…。



【【巨大アナゴを捕獲】全長6メートル、重さ60キロ超 人を食ってそうなビックサイズ!】の続きを読む

566 :名無しさん@おーぷん :2015/05/14(木)20:28:14 ID:JpK

洒落怖 ロゴ大黒

洒落怖「食べられたい可愛い彼女とY氏の胃袋」

大食いのYの彼女は可愛くて、とても手料理の上手な子だった。ただ一つ、執着心が酷いことが欠点で――

僕がこの話を聴いたのはあるファミレスでだった。

サークルの皆でちょっとした遠出を決行する事となり、
メンバーとの待ち合わせを駅前でしていたんだ。
仲間の一人が親のすねで新車のミニバンを買った事がきっかけだったと思う。

しかし、実際に時間通り現れたのは僕とY二人だけだった。
比較的駅から近い場所に住んでいた僕とYは他のメンバーと違い、
直ぐにつく事が出来たわけだが、僕等の他の皆はバンに乗り合わ
せたため渋滞にはまり、まだここに着くには暫く時間がかかるといわれた。
仕方なく僕らは近くのファミレスで時間を潰す事にした。

【「食べられたい可愛い彼女とY氏の胃袋」洒落にならない怖い話】の続きを読む

641: 本当にあった怖い名無し 2011/03/02(水) 09:11:21.79 ID:VxFB3S77O

実話恐怖体験 ロゴ

実怖「その部屋は呪われているのか?深夜に5cmの隙間から覗く不気味な目」

その部屋は呪われているのだろうか?母がその部屋で寝ると必ずあの不気味な影が現れる――

母は独身時代、実家の一番奥の部屋で寝てた。
祖父母宅は代々豪農で、昔ながらの日本家屋って感じの屋敷。

母はその部屋で寝起きしていて、
夜になると気持ち悪いものが部屋に来ている事に気づいたらしい。
自分しかいない部屋に、何かがいる気配がするというんだが、
もう大人だし兄達には言えないと黙っていたらしい。

だけど誰かがいる感じは無くならず、
次第に横から誰かの呼吸音まで聞こえて来るようになってしまったらしい。
気持ち悪いと思っていたら、とうとう『何か』は実力行使に打って出た。

【実話恐怖体験談「その部屋は呪われているのか?5cmの隙間から覗く不気味な目」】の続きを読む

このページのトップヘ