おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

1
くノ一になりたいんだが


【【くノ一】忍者を職業としてる人現代にいるの?なりたいんだが】の続きを読む

1
人間は生まれる
そして氏ぬ
この工程を観測できるのは生物のみ
世界も同じように、観測する生物が存在することによって成り立っている
つまり観測する生物が絶滅することにより、世界は消滅する

しかし、鶏が先か卵が先かという理論で話を進めるならば以下の通りになる
世界が先に誕生したのであれば、生物は世界に観測されている
生物が先に誕生したのであれば、世界は生物に観測されている
どちらにせよ、双方のどちらかが消滅した場合、世界は終焉を迎える



【「ワイ、世界の真理に気づく」】の続きを読む

1
ソース:https://thepage.jp/detail/20170518-00000030-wordleaf
完全な姿とどめたミイラ化恐竜化石を発見 ── カナダ・アルバータ州

2011年にカナダで発見されたノドサウルス系の鎧竜恐竜の骨格化石。ミイラ化した恐竜化石は非常に珍しい。(c)Royal Tyrrell Museum





ミイラ化恐竜の大発見

15日のNational Geographicに、カナダアルバータ州で“ミイラ化”した新種の鎧竜化石が発見されたことが発表されました。
まるで彫刻のようなインパクトのある姿をとどめた化石発見は、今後の恐竜研究にどのような可能性を与えるのでしょうか。

古生物学者の池尻武仁博士(米国アラバマ自然史博物館客員研究員・アラバマ大地質科学部講師)が、報告します。

「一度(ひとたび)生を享け、滅せぬもののあるべきか」。織田信長が好んだという
この「人間50年」からはじまる有名な敦盛の唄の一節には、古今東西、時空を越えた人類共通の生命観のようなものひそんでいるようだ。

しかし化石研究者は、長大な太古の時代から残された遺物 ― 化石 ─ に、何かしら「永遠の命」 または「不老不死」のイメージをのぞいているのではないだろうか?
たとえ非常に限られものしか化石記録として残らない運命(さだめ)だとしても。(化石として保存され、 我々に発見される太古の生物は、確率として非常にわずかなもののはずだ。)

化石記録において、時として我々の常識を大きく超えたものが発見される時がある。
例えば以前に紹介した恐竜の皮膚の化石(こちら参照)や氷付けのマンモス(こちら参照)。
最古の生物の記録も(その「古さ」という点において)、驚きに値する(こちら参照)。

5月15日にNational Geographicにおいて発表された、「ミイラ化」した恐竜化石発見のニュースは、 化石記録における我々の常識を大きく揺さぶるには十分すぎるインパクトを備えている。
http://www.nationalgeographic.com/magazine/2017/06/dinosaur-nodosaur-fossil-discovery/



【【ミイラ化恐竜の大発見 】まるで彫刻!恐竜の完全な姿をとどめた化石がかっこよすぎる!!】の続きを読む

1
ここ最近、巷で注目を集めている御朱印。
特に若い女性の間で人気で、それは“御朱印ガール”という言葉が生まれるほど。
そもそも御朱印とは神社やお寺で参拝者に向けて押印される印章のことで、
その発祥は諸説ありますが、平安時代に写経を納めた証としていただいていたものというのが有力だとか。

「お寺や神社というとお年をめした方が多かったのですが、最近は若い方も多く、老若男女、なかには小学生が並んでいたりもしますね」と菊池さんもその人気を実感しているようですが、なぜこうも人気なのか。
それはいろいろと理由が考えられるものの、昨今のスピリチュアルブームや世の女子たちが縁を求める傾向が強いことも大きいと菊池さんは分析していました。

(略)

【コレクター急増中】話題の「御朱印」人気の理由は?
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12199-79GhQaPw3R/



【【御朱印ガール】「御朱印」を集める人が爆増中!!】の続きを読む

1
【やじうまPC Watch】NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功 - PC Watch

 NTTは、トランジスタ内でランダムな方向に動く電子(熱ノイズ)を観測し、一方向に動く電子のみを選り分けて電流を流して電力を発生させる“マクスウェルの悪魔”の実験に成功したと発表した。

 マクスウェルの悪魔は、物理学者のジェームズ・クラーク・マクスウェルが思考実験として提案したもので、「個々の電子の動きを観測して、一定の方向に動く電子のみを選び出すことができれば電流を生成できる」とした理論。通常は、外部電源などを用いずに無秩序な熱ノイズから、電流という秩序性を持った動きを生み出すことは熱力学第二法則から不可能とされており、150年以上議論が続けられてきた。

 ただ現在では、マクスウェルの悪魔が電子の動きを観測して、その情報を得るさいにエネルギーが必要であり、これが電流を流す電源としての役割を果たし、熱力学第二法則を満たすということがわかってきた。

 これは1bitの情報を得るためには一定の量のエネルギーが必要であり、逆に1bitの情報を持っていることによって最大でその量のエネルギーを生み出せることを意味しており、情報とエネルギーを結びつけた情報熱力学へと発展している。

 今回NTTは、ナノスケールのシリコントランジスタからなり、電子1個の精度で操作や検出が行なえる「単電子デバイス」を用いて、熱ノイズから電流を生成することに成功。生成された電流で別のデバイスが駆動することが可能であり、マクスウェルの悪魔の原理を利用した発電が実現できたとしている。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1060103.html
実験に使用した単電子デバイスの構造

マクスウェルの悪魔による発電。




【“マクスウェルの悪魔” による発電に成功】の続きを読む

このページのトップヘ