おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ


「永遠の命」に憧れる人は今も昔も多く存在し、その為の研究機関も存在するそうですが、ロシアの科学者が350万年前の“しなない”バクテリア「バシラスF」を注射したことで大きな話題になっています。ネットでは「バイオハザードの始まりか?」「AKIRAに出てきた実験体の子供みたいだ」「不老どころか滅びの種じゃね?」といった意見もあがっています。
1
◆350万年前の“氏なない”バクテリア「バシラスF」を注射した科学者
⇒不老不氏になった!?=ロシア
(略)
no title

◇350万年も生き続ける、謎のバクテリア
画像:「The Siberian Times」より引用
no title

先月19日、ロシアの地方紙「The Siberian Times」が報じたところによると、
話題のバクテリアとはその名も「バシラスF」。
2009年、ロシア連邦サハ共和国(ヤクーチア)の
「マンモスの山」と呼ばれる永久凍土から発見された。

驚くべきことに、このバクテリアは350万年前の永久凍土層から
“生きた”状態で見つかり、モスクワ大学の氷河凍土学者
アナトリー・ブロチコフ博士らが調査してきたが、
今回その謎多きパワーの一端が白日のもとにさらされたのだ。

博士らはこの数年間「バシラスF」を培養し、
マウスや植物などに投与する実験を繰り返してきた。
すると、このバクテリアを体内に得たマウスは一生を通して活発で、
免疫力も高いうえ、高齢出産が可能であるなど繁殖力にも
著しい向上が見られたという。
植物の場合には成長が早まり、寒さにも強くなるなどの変化が表れた。

画像:「The Daily Mail」より引用
no title

◇自らに注射した科学者は……!?

しかし、驚くのはここからだ。前述の結果を受け、
ブロチコフ博士は仰天のプランを実行に移した。
なんと、自らが実験台となることに決めたのだ!

画像:「The Siberian Times」より引用
no title

「永久凍土は溶けています。ですから、これらのバクテリアは水の中に
解き放たれていると考えられるのです。つまりヤクーチアの人々は、
水を通して、すでに(バクテリアを)体内に持っている可能性があります。
そして事実、ほかの共和国の人々よりも長生きする傾向にある。
私にとって危険など無いのです」(ブロチコフ博士)

かくして博士は「バシラスF」を注射し、体内に取り込んだという。
すると、博士の身体に目覚ましい変化が起きたのだった。

TOCANA 2015年10月02日
http://tocana.jp/2015/10/post_7479.html
http://tocana.jp/2015/10/post_7479_entry_2.html

「(投与前よりも)長時間働けるほど丈夫になり、
過去2年間はインフルエンザにも感染していないのです」(ブロチコフ博士)

画像:「The Siberian Times」より引用
no title

ところが、である。
博士は、なぜ「バシラスF」が動植物の生命力を向上させるのか、
現在もそのメカニズムを解明できずにいるというのだ。
この点について彼は、「もしかしたら副作用があるのかもしれない」としながらも、
次のように語っている。

「このような実験は、確かに医師の管理下で行われるべきかもしれません」
「でもそんなことを言いだしたら、アスピリンが効く仕組みだって
本当はよくわかっていないのです」
「それと同じことです。メカニズムは不明だが、その効果は確認できる」

◇不老不氏の実現に向け、研究は続く

とはいえ、ブロチコフ博士はメカニズムの追求を決して放棄したわけではない。
永久凍土で350万年も生き続ける「バシラスF」の強靭な生命力を
解き明かすことが、人間の長寿、そして不老不氏の実現へとつながると信じ、
研究を続けることを宣言している。

画像:「YouTube」より引用
no title




【バシラスFという350万年前の“不死”バクテリアを注射した科学者→】の続きを読む


東北 鬼

日本の伝記や小説などに登場する伝説の生き物「鬼」ですが、スレ主は10年近く前に東北のとある山中で「鬼」を目撃したといいます。その鬼には、大きい角が2本あり真っ赤な般若のような顔をしていたそうです。東北地方の鬼といえば「なまはげ」が思い浮かびますが、山にいたモノの正体は何だったのでしょうか――。



1
俺が二十歳なりかけのヒキニートだった時に体験した話なんだけど
あんまり怖くないしオチが無いからつまらないと思うが、誰かに聞いてほしいので書きます。


【10年近く前ヒキニートだった時、山で鬼を見た話をする】の続きを読む


恐竜絶滅 隕石

恐竜絶滅の原因は、「惑星衝突」や「火山噴火」といった説が有力視されていますが、そのどちらか一つが原因ではなく、両方が同時期に起こったという説が米大学の研究チームによって発表されました。恐竜が地球上を支配していた時代は長く、その時期は2億年に近いと言われていますが、その恐竜を滅ぼしたと言われる「火山噴火」と「惑星衝突」。まるで、宇宙と地球が強制的にリセットをかけたような恐ろしさを感じます。



1
【AFP=時事】約6600万年前に起きた大規模な小惑星衝突が激しい火山噴火を連続的に誘発し恐竜の絶滅につながったとする研究結果を1日、米大学の研究チームが発表した。

恐竜絶滅の原因をめぐっては、科学者らの間で多くの議論が交わされてきたが、米科学誌サイエンス(Science)に発表された米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の 最新研究結果は、小惑星衝突か火山噴火の一方ではなく、両方の事象が原因だとしている。

同大の研究チームは、インドにある火成活動の痕跡「デカントラップ(Deccan Traps)」の溶岩流を調査し、これまでで最も精度の高い年代測定を行った。
その結果、地球上で起きた最後の生物大量絶滅の引き金となった小惑星もしくは彗星(すいせい)の衝突と非常に近い時期に、溶岩の噴出量が倍増していたことが分かった。

研究を率いたカリフォルニア大のポール・レニー(Paul Renne)教授(地球惑星科学)は「今回の溶岩の年代測定結果に基づくと、噴火と衝突が大量絶滅の5万年間のうちに起きたことは、まず間違いないと考えられる。
そのため、どちらか一方だけが生物の氏滅に作用したと考えるのはやや不自然。両方の現象は明らかに同時期に作用したわけだ」と説明する。
(略)
この壊滅的状況から地球と陸や海の生物が再生するまで、約50万年を要したと思われる。

http://a.msn.com/01/ja-jp/AAf1tiJ


【恐竜絶滅は惑星衝突と火山噴火の両方だった!種の強制リセットか…】の続きを読む


都市伝説ロゴ

都市伝説「エドワード・スノーデンが暴露した内容と地底人宇宙人」 No316

日本時間の9月30日未明、元CIA、NSA職員であり、現在ロシアに亡命中のエドワード・ジョセフ・スノーデン氏が、twitterを開始したことが話題になりました。
開始直後にフォローが増え続け、10月1日現在、既にフォロワーが100万人以上に達しています。

なぜ彼がここまで注目されているのか。
それは彼がこれまでに、アメリカの謎や、地底人、トールホワイト(宇宙人)の存在などについて暴露したことも関係していると思われます。

twitterを開始したことで、新たな暴露が今後聞ける可能性があります。

彼がこれまでに暴露したことについて振り返ってまとめてみたいと思います。


エドワード・ジョセフ・スノーデン(英語:Edward Joseph Snowden、1983年6月21日-)は、アメリカ合衆国の情報工学者。中央情報局 (CIA) 及び国家安全保障局 (NSA) の局員として、アメリカ政府による情報収集活動に関わった。

2013年6月に香港で複数の新聞社(ガーディアン、ワシントンポストおよびサウスチャイナモーニングポスト)の取材やインタビューを受け、これらのメディアを通じてアメリカ国家安全保障局 (NSA) による個人情報収集の手口を告発したことで知られる(PRISM計画)

【スノーデン氏のtwitter】

スノーデンアカウント

twitter側が「本人」と認証した「認証済みアカウント」マークが付いているため、なりすましではないようです。


「Can you hear me now?」
直訳すると「聞こえますか?」といって始まった氏のつぶやきですが、
これはNSAで働いていた彼が、NSAへ皮肉で言っているとの推測もあるようです。
100万人以上にフォローされているスノーデン氏がフォローしているのはNSAのみです。
現時点ではNSAはスノーデン氏をフォローバックしていませんが…。


「火星に水があるんだってね!入るのにパスポートは必要かな?友達が知りたいって」
2回目のツイートでは、火星に水があったという最新ニュースに触れると同時に、
アメリカ政府から犯罪者として扱われ、亡命先探しに苦労している自身の境遇にあわせてジョークを言っています。



スノーデンが暴露した内容と地球外生命体の謎


【アメリカ政府のインターネット情報傍受】

「テロ対策を口実に、国民の通話記録やネットの個人情報を極秘に収集する仕事に、私は従事していた。(スノーデン)」

スノーデン氏はアメリカのスパイ網「エシュロン」の新システム「PRISM」を内部告発しました。

「NSAは、自由自在にあなたの通話を傍受し、アクセスログを収集し、あらゆる行動形態を分析している」と彼は、事前に接触していた米紙「ワシントンポスト」、英紙「ガーディアン」に、NSA内部から持ち出した機密文書を手渡しながら告発したのです。

スノーデン氏によると、アメリカ政府は誰もが知っているような大手IT企業に協力させ、ネット上の通信情報を秘密裏に傍受しているそうです。
個人情報はもちろん、企業の機密情報、発表前の研究機関の情報などを収集していたとの噂も。
またスマホでは、例え電源を切っていても情報を送信する仕組みになっているそうです。

エシュロン スノーデン
エシュロン
エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システム。

同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などが指摘している一方、アメリカ合衆国連邦政府自身が認めたことはない。エドワード・スノーデンの告発により、PRISMで有線データ通信さえも盗聴されていることが明らかになった。

収集・分析・分類・蓄積・提供の各機能によって構成されていると考えられている。
エシュロンはほとんどの情報を電子情報の形で入手しており、その多くが敵や仮想敵の放つ電波の傍受によって行われている。1分間に300万の通信を傍受できる史上最強の盗聴機関といわれている。

日本では、公式にはその存在が認めていませんが、青森県には「エシュロン」が設置してあると言われています。
以前、ジャーナリストの池上彰氏がテレビ番組でエシュロンの存在に言及したこともあり、

「日本国内全ての情報傍受ということでそれをまとめるコンピュータには大きな負担がかかるため、特定の人物、特定の電話番号、特定の地域と絞り込んで優先順位の高いものを決めての傍受を行っている。」

と取材結果を明らかにされていました。
また、日本に関する情報収集の対象は主に経済分野だそうです。

アメリカの内情を暴露したスノーデン氏は、アメリカに犯罪者として指名手配されています。
彼が亡命先に選んだのは「ロシア」でしたが、ロシアは無条件で彼を受け入れるとは考え難く、
まだ世の中には公表されていない秘密と引き換えに、ロシアに保護されているのではないかと考えられます。

そしてその秘密とは、「宇宙」に関するものではないかという都市伝説も囁かれています。


【都市伝説「エドワード・スノーデンが暴露した内容と地底人宇宙人」】の続きを読む

  • カテゴリ:

エドワード・ジョセフ・スノーデン

中央情報局 (CIA) 及び国家安全保障局 (NSA) の局員のエドワード・ジョセフ・スノーデン氏がtwitterを開始したとしてネットで話題になっています
スノーデン氏といえば、「地底人の存在」「アメリカ政府について」などの暴露で世間を騒がせたことも記憶に新しいかと思います。twitterを始めたことで、新たな暴露がされるのではないかと、注目を集めています。
1
開始早々、70万人ものフォロワーが殺到しています。

NSA(アメリカ国家安全保障局)の元職員エドワード・スノーデン氏が
日本時間の30日未明、ツイッターを開始しました。

アメリカ政府による諜報活動を暴露し、現在はロシアで亡命生活を
送っているスノーデン氏ですが、開始直後からフォロワーが殺到し、
すでに75万人以上を獲得。一方、スノーデン氏がフォローしているのは、
内部告発した古巣のNSAだけです。

*+*+ TBS News i +*+*
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2601651.html
引用元
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1443588740/


【元CIA、NSAのスノーデン氏がtwitter開始、一瞬でフォロワー75万人超】の続きを読む

このページのトップヘ