おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    不思議な話毛玉美人

    山奥に住みバス通学をしていたある日、間違って途中でバスを降りてしまったという報告者。日も暮れて暗くなった山道を恐怖で怯えながら帰っていると、ふと道路脇のお堂が目に入って――(おうまがタイムズ)



    526
    小学生の頃、山奥に住んでた俺は一人だけバス通学だった。

    ある日、間違ってバスを途中で下りてしまい、いつも帰宅ルートを半分程歩いて帰るハメになった。
    舗装道路は一本なので迷う事は無かったが、周囲には民家も無く、まず人も通らない。
    しかも、道路は急な傾斜を腸の様にクネクネ曲がりながら続く上り道で、体力的にもキツかった。
    俺は半泣きで歩き続けたが、坂を上り切った頃には完全に日が暮れていた。
    坂道を上り切ると、あとは平坦な道を進むだけだったが、それでも長い道のり。
    もう完全に泣いていたが、俺は泣き声が山に響いて怖いので、必氏に堪えながら歩き始めた。
    道沿いの電柱には、ポツポツと外灯が光っていたが、周りはほとんど暗闇だった。

    歩き出そうとした俺は、そこで道路脇にある小さなお堂に気付いた。
    道路の両脇は高いススキが生えていて、お堂はススキの奥の方に立っている。
    バスに乗っていた時は気付かない位置で、見つけたのはその時が初めてだった。
    月明かりでぼんやり浮かぶお堂は、子供心に恐怖を感じさせるもので、
    俺は疲れた足のままお堂から離れようと歩き出した。

    すると、お堂から「キィ~」と扉の開く様な聞こえた。
    もうお堂を見るのも怖く、離れよう離れようと思ったが、足は疲れて思う様に動かない。
    多分、悲鳴みたいな声を上げていたと思う。
    恐怖のズンドコにいた俺を救ったのは、頭を優しくポンポンと撫でる手だった。


    【【毛玉美人】白い毛玉から人間の腕が!中を覗くと浮世離れした美しい女がいて…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    在京キー局のAD。
    最近この手のスレを見かけるので立ててみた。
    特定されない範囲で応える



    【【職業体験談】“テレビの仕事”某ワイドショーのADだけど、質問ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    時空のゆがみ おうまが

    学生時代、某ファストフード店でバイトをしていた。ある日、頬杖を着いて本を読んだままの体勢で2時間以上も動かない奇妙な女性を目撃してしまい、怖くなった私は声をかけてみることにしたのだが――(おうまがタイムズ)



    671
    学生の時某ファストフード店で働いていた。
    冬のある日朝ピーク時間の前にフロアにトレーなどを下げに行ったら、
    窓際の席に女性のお客様がいた。
    コーヒーとポテトを召し上がりながら、頬杖を着いて本を読んでいらした。

    1時間くらいしてまたフロア清掃に行ったら同じ格好でいらっしゃる。
    まあ別にファストフードなので何時間でもいらっしゃる方は居る。

    1時間位してまたトレーを下げに行った時、まだその方は同じ格好でいらっしゃった。
    その時手が滑ってトレーを落としてしまった。
    バターンバタバタン・・・・・音が響き渡る。
    フロアにいらっしゃったお客様が一斉にこっちを見る。
    でも窓際の女性の方は、ぴくりとも動かない。

    また30分位してフロア清掃に行くと、まだ窓際の女性はいらっしゃった。
    机を拭きながら近くに寄ってみると、その方は瞬きをしていない。
    もう日差しが窓から入っていて、そこそこまぶしいのに。
    えっ?とおもいながらよく見ると、やはり瞬きをしていない。
    頬杖をついている腕もぴくりとも動かない。
    当然本のページをめくる様子も、コーヒーを飲む様子もない。
    本当によく出来た置き物の様だった。


    【【時空のゆがみ】置き物の様に動かない…1人だけ2時間以上も時が止まっている女性を目撃した】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    祓い屋ばあちゃん

    河童や竜神、はては悪魔まで、数々の人外と闘った事があるという報告者のお婆ちゃん。戦闘方法も一般的な除霊ではなく、かなり個性的だったようで――



    790
    守護霊は一人とは限らないってお払い屋だった婆ちゃんがいってた


    【【最恐の祓い屋】竜神をぶん殴り、悪魔をいじめ、河童とかけをしたうちの婆ちゃん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    オランダの博物館所蔵 北斎の西洋画だった 作者不明6枚

    オランダのライデン国立民族学博物館に所蔵され、作者不明とされてきた絵画6枚の作者が、 江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760?1849年)だったことが同館の調査で分かった。長崎市で22日にあった「国際シーボルトコレクション会議」で、同館シニア研究員のマティ・フォラー氏が発表した。西洋画の特徴がみられ、フォラー氏は「北斎が西洋の技法をよく理解していたことが分かる。非常に画期的だ」と話している。

    (略)



    http://mainichi.jp/articles/20161023/k00/00m/040/039000c



    【葛飾北斎は規格外の天才だった!オランダ博物館所蔵、作者不明の西洋画は北斎が西洋風に描いた絵と判明】の続きを読む

    このページのトップヘ