おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    どれ選べばええんや


    【ドラえもんの「ひみつ道具」を一個選べって言われたらどれにすればええんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    死神体験談

    読書が好きで、本屋や図書館によく通っていたという報告者の姉。その当時、実家も含めた近所では葬式が相次ぎ、死者が出る状態が一ヵ月も続いた頃、姉はある家の屋根に異様なモノを見てしまって――(おうまがタイムズ)



    292
    姉ちゃんの話。
    姉ちゃんが高校生の頃、おかしなことに気がついた。

    姉ちゃんは読書が好きで、
    毎日本屋か図書館へふらふら行っては
    二時間立ち読みで読破するという生活をしていたらしい。

    で、最初は俺の家だった。
    曾祖母が亡くなった。
    まぁ、色々これも話があるが、それは割愛。
    翌週、三軒隣のおじいさんが亡くなった。
    また翌週は、そのお隣の婆さん。
    家族でも「不幸が続くね」なんて言ったのは、俺も覚えている。

    で、同じ地区だと回覧板で回るから、葬式とかわかるんだが、
    地区が違うとよくわからない。
    姉ちゃんは、また、本屋へ向かって自転車を走らせた。
    すると、地区を外れた辺りにまた葬式が出ていた。
    また翌週は、その5軒先。

    少し薄ら寒い思いがしたが、
    姉ちゃんは本が読みたいから通い続けた。
    もう1ヶ月は葬式が続いている。
    でも、地区を移動していくから、
    誰も気づかないのではないか?と思ったらしい。
    葬式はまだ続いた。
    もう10軒目という頃、姉ちゃんは見た。


    【【死神の迎え】本屋と図書館通いをする姉の行くルートで次々と死人が出ていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    映画「呪いはビデオテープをダビングして他人に見せれば解けるよ」

    ワイ「は?」


    【ワイ彡(゜)(゜)「『リング』ってホラー映画怖そうやな・・・よっしゃ観たろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    お坊さんの心霊体験談

    前回、前々回と、お坊さんの職業にまつわる不可思議な体験談を語ってくれた報告者が、今回は祈祷師や霊能力、自坊の不可思議な現象などについて語ってくれています――(おうまがタイムズ)



    38 2017/08/15(火)
    こんばんは

    前スレで書いた者です

    実は祈祷師は宗派内でそこまで高い地位ではありません
    みんな僧侶になったら祈祷師の資格を取りに行くのが当たり前になっていますからね(例外もありますが…)
    寧ろ勉学に秀でた人の方が上(いわゆる本山)にいける様な気がします
    これはどこも共通だと思います
    なぜなら、仏教宗派にとって祈祷はあくまで布教方法の一つでしかないという認識だからです
    実際、後世にまでなお残した僧侶で祈祷のみで貢献のあった人は少なく、
    勉学・布教に優れた人が多いです

    あと霊能力とかについて
    まず霊能力が実際存在するかどうかについてはいったん置いといて、
    僧侶になるのに霊能力は必要ありません
    実際私自身も無い方だと思います。
    祈祷も霊能力とかそういう個人的な力が必要ありません。
    理由は祈祷の内容に触れる可能性があるので書く事が出来ませんが…
    中には生まれつき持っている人もいますし、
    祈祷の修行中に開眼したと言う人もいるみたいです(私ではないので実際はわかりませんが)

    確かにあれば有利かもしれませんが、
    祈祷の作法と違った事や祈祷に関する宗派内の法規に逆らう事はできませんので
    あっても無くても変わらない気もします
    まぁ、そういう力がある人はある人なりに大変らしいですよ。
    以前も修行中に「幽霊が見えた」とか言ってやめた人がいたみたいですし
    実際そういう力が変な能力にシフトした友人もいます



    【【お坊さんの心霊体験談】祈祷や霊能力、私の家の寺の不思議な現象について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    4000日以上にわたって同じ場所にある自動販売機の様子をひたすら観察し続けた謎のブログ「私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。こめんなさい。」(原文ママ)が、開設12周年を目前に「とりあえず」、更新終了となった。

    終了の理由は、観察対象だった自販機が撤去されたため。2005年のブログ開設以降、同じ自販機の写真ばかりをほぼ毎日公開し続けてきた。これまでに公開した記事の総数は3000本以上に及ぶ。

    2017年7月31日、撤去前最後の自販機写真(画像はブログより)



    跡地には何もなくなった(同)



    ブログ開設直後、2005年の自販機(同)



    ■撤去され、「とりあえず終了」

    ブログの更新終了は17年8月4日の記事で発表された。観察を続けてきた自販機が1日に撤去され、その後も新しい自販機が設置される様子がないとして、

    “「とりあえず終了と致します。再び同じ場所に自販機が置かれることがあれば再開します。それまでちょっとさよなら」

    と報告した。ブログがスタートしたのは2005年8月5日で、更新終了は開設12周年を迎える目前のことだった。

    このブログの運営者が観察していたのは、札幌市内にある焼肉屋の店先にある自販機だ。約12年、ほぼ毎日のように自販機の元に通い、写真を撮影してブログに掲載。商品ラインナップや本体に張り出された広告が入れ替わると、その「変化」を詳細に伝えていた。

    とはいえ、もちろん自販機の様子が頻繁に変化するわけはなく、投稿されたブログ記事の題名はほとんどが「変化なし」。全3183本の記事のうち、「変化」というカテゴリに分類された記事はたった139本だった。

    ただ、12年に及ぶ観察の過程では、大きな出来事も数回あったようだ。まず、開設から4年ほど経った09年8月7日に、自販機本体の入れ替えがあった。この時の変化について、ブログ運営者は翌日の記事で、

    “「Edy対応になった、取り出し口が下がった、鍵が厳重になった、(編注・管理端末の)アンテナが見えなくなった、値段が見やすくなった」

    と報告。突然の本体入れ替えを知った際の心境については、「(家に)帰ったら嫁が新車に買いかえていたらこんな気分になるんでしょうか」としていた。

    ■震災の「影響」も記録

    その後も、東日本大震災が起きた11年の6月には、震災の影響による供給量不足に対応するためペット飲料のキャップが白無地になるとの告知チラシが本体に張り出されたり、16年7月に2度目の本体入れ替えがあったり......と、このブログは自販機をめぐる様々なドラマ(?)を伝えてきた。

    しかし、なぜ自販機を観察し始めたのだろうか。その理由を、ブログ開設から3年を迎えた08年8月4日の記事で、運営者本人が次のように明かしている。

    “「妹の一周忌に彼女が好きだった『馬鹿馬鹿しくて無意味なもの』を何か作ってみようと思いつき、その翌日2005年8月5日から記録を始めたのが、このブログを作ったきっかけです」

    また09年8月5日の記事では、「この間抜けなブログがなんと4年も続きました」として、「妹もあちらで呆れてることでしょう」との思いをつづっていた。

    なお、12年にわたって見守り続けてきた自販機の撤去後、運営者は17年8月5日にツイッターを更新。自販機が置かれていた跡地を撮影した写真をアップすると共に、

    “「設置場所の前側と後ろ側に高低差があったことがわかる」

    と新たな発見を報告。その後、9日の投稿では、観察していた自販機が無くなった焼肉屋の外観写真をアップし、「もしかしたら私には見えないだけかもしれません」とどこか寂しげな一言を寄せていた。

    J-CASTニュース (2017/8/16 07:00 )
    https://www.j-cast.com/2017/08/16305877.html?p=all



    【【謎ブログ】「毎日自販機の写真を撮っています。こめんなさい。」 12年前に始めた「せつない」理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ