おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    めっちゃ怖いの希望


    【【心霊・恐怖】おまいらの本当にあった怖い話教えてよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    たったら答える


    【【職業体験談】船員(調査船)だけど質問ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    暑い夏といえば、やはり怪談や肝試し、そして“怖い映画”がピッタリ。背筋が凍るような恐怖を味わって、涼をとるという人も多いのでは? そこで今回は、これまで見た映画の中で「一番怖かった映画」を、10代から50代までの100人にリサーチしてみた。

     同率の第4位(5%)に選ばれたのは、『呪怨』と『オーメン』。『呪怨』は、2000年にビデオ版がリリースされ、その怖さが話題となり、2003年に劇場版が公開された日本を代表するホラー映画。郊外の一軒家で起こる惨劇を描いた作品で、本作に登場する“佐伯伽椰子”は、日本のホラー作品の中で、『リング』の“貞子”と並ぶ有名な存在だ。『呪怨』を選んだ人からは「雰囲気がとにかく怖かった」(30歳女性)、「子どもの霊が不気味だった」(31歳女性)などの意見が寄せられた。

     もう一つの第4位は、1976年に公開されたアメリカのホラー映画『オーメン』。6月6日午前6時に生まれ、頭に“666”のアザを持つ“悪魔の少年”ダミアンをめぐる物語だ。この作品を選んだ人は「怖いシーンになると音響も大きくなるので、ビクビクしながら見ていた」(54歳女性)、「心理描写が怖い。映像も古くてよけいに怖い」(49歳女性)と、本作独特の「恐怖心をかきたてる演出」を理由に挙げる人が多かった。

     続く第2位(10%)には、『エクソシスト』がランクイン。73年公開のアメリカのホラー映画で、日本では74年に公開された。少女の肉体に取りついた悪魔と、エクソシスト(悪魔払いの祈祷師)との戦いを描いた作品だ。この作品を選んだ人は「女の子の首が回るシーンが怖すぎ」(54歳女性)、「人間が浮いたり、どう考えても恐ろしかった」(56歳女性)など、いまだに忘れられない衝撃的なシーンが強く印象に残っているようだ。

     そして、見事第1位(25%)に輝いたのは、98年に公開された日本のホラー映画『リング』。“見たら一週間後に氏ぬ”という「呪いのビデオ」をめぐる物語で、呪いの主である“貞子”の名は、ホラー映画ファンならずとも広く知られている。この作品を選んだ人からは「貞子が井戸から出てくるシーンがトラウマ」(40歳女性)と、有名な井戸のシーンを理由に挙げる人が多数。他にも「幼い頃に見たので、現実に起こったらどうしようと不安になった」(33歳女性)、「ストーリー自体が良くできていたので、さらに怖く感じた」(36歳男性)など、リアリティのある作品設定やシナリオを絶賛する意見も多かった。

    (略)

    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_28747/



    【【怖い映画】呪怨は4位!「人生で一番怖かった映画」1位は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    実話恐怖ロゴ おうまが

    ある日家の近くで、晴れた日なのにずぶ濡れで立っている黒いワンピース姿の気味の悪い女を見かけた。直観的にヤバイと思い急いで家の中に入ったが、その後、家から外に出るときに俺はソイツをじっと見てしまって――(おうまがタイムズ)



    268 2017/08/13(日)
    怪談の日って事なんで実体験語ってみる



    271
    その日は、お昼から深夜まで近所の人たちやらが集まってBBQを幼馴染の家の庭でやっていた。
    夜の九時前くらいだったと思う、ニンテンドウー64が出始めで
    当時の僕(たぶん小4)が本体を持っていて
    お酒も飲めない子供は基本飽きているのは当然で、
    僕の家から64持って来て幼馴染の家でやろうと言う話になった。

    幼馴染の家はT字路を曲がって直ぐの所で、
    僕の家からは300m位の場所にある。
    無駄にテンション高くキャッキャと走って向かったが、
    僕の家の玄関に着く時には二人とも口を閉じ逃げるように家に入った。
    僕の家は十字路に面して立っており、その十字路には街灯が点灯している。
    その街頭の下に髪が長くて黒いワンピースを着たずぶ濡れの女性が立っていた。
    僕らに背を向ける形で俯いてただ立っていた。



    【実話恐怖「快晴の日にずぶ濡れで立つ黒い服の女と繰り返し見る死なないように予習する夢」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    警備員の体験した怖い話

    地方の大きなスーパーで警備員をしていたという報告者の知人。ある日、勤務中に同僚が差し入れついでに怖い話をしてきたが、特に動じた様子もない知人は、そのままスーパーの見回りを始めたそうで――(おうまがタイムズ)



    234 2017/08/14(月)
    見てくれる人がいるかわからないけど書いてく

    知り合いのおっさんから聞いた話
    そのおっさんは警備員で地方の大きなスーパーで働いていた
    もう警備員歴も長く、大抵の事には動じなかったらしい
    そんなおっさんのある日の勤務中に、同僚が差し入れを持ってきた事があった

    その同僚は夜だった事もあり、動じないおっさんをからかう為に、
    色々と怖い作り話をしてきたそうだ(この店が建つ前ここは墓場だった。みたいな話)

    そんな馬鹿な話をしているうちに店内の見回りの時間になった
    おっさんは見回りに行くから同僚に帰るように促すと、会社から大事な話をしてくれと、頼まれていた事を思い出したから部屋で待ってると言ってきた

    どうやら本当なようだったのでおっさんもそれを了承し、
    「俺が帰ってくるまでこの部屋をでるな」と念押ししてから見回りに出掛けた



    【【心霊】「口は災いの元だから気を付けろ!」スーパーの警備中に怖い作り話をしたら…】の続きを読む

    このページのトップヘ