おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    未来がみえる予言するホームレス

    ブラックな環境の職場を辞め、やることもお金もなくなった報告者は、近所の公園をたびたび散歩していたとか。数カ月も経つと、そこにいるホームレスの方とも顔なじみになったのだが、その人はとても博識で紳士的で不思議な魅力を持っていて――(おうまがタイムズ)



    376
    初めての書き込みで、とても不安だが書かせて下さい。
    長文です。

    激務薄給の仕事を辞めた俺は、しばらく抜け殻のような生活をしていた。
    やること無いし、金も無いしで、俺はよく近所の大きな公園を散歩していた。
    数ヶ月ほぼ毎日通っていたら、公園のおっさん(ホームレス)と知り合いになった。

    そのおっさん、みすぼらしい格好はしていたが、言葉遣いは紳士的で知識も豊富。
    ホントに色んなこと知ってて、地理・歴史・政治・経済・哲学・数学なんでもござれ。
    話の内容を家でググるとどれも確かにホントだった。

    いつしか俺はそのおっさんと話するのが唯一の楽しみになっていた。


    【【未来が見える人】紳士的で知的な予言するホームレスに会った、その予言は当たっていて…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    5月10日、インドネシアのセラム島のビーチに正体不明の巨大生物の亡骸が打ち上げられ地元民を騒然とさせた。

    (略)

    巨大生物は15メートルを超える大きさで、この巨大生物の正体を明らかにするために海洋専門家に連絡。
    専門家によると「死んで3日経過した超巨大なダイオウイカ」と推測。また「正確な種類を明らかにするために追加の調査が必要だが、 深海には人間が知らない未知の世界があるというのは確かだ」と述べた。

    それに対して一部の専門家は「イカは無脊椎動物であるが、この巨大生物の亡骸には骨が発見された。 おそらくクジラの一種である」と反論。
    (略)
    http://gogotsu.com/archives/29264









    【海岸に打ち上げられた15メートルの謎の巨大生物の亡骸 専門家も混乱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    785
    九州某県にある実家に住んでた時に、有名な占い師というか霊能力者というか
    いわゆる「その人の色んなものが見える」という方に見てもらいました。
    その人に見てもらうときには予約の電話で名前を言うだけ。
    ちなみに予約は常に三ヶ月待ち。
    その方は昼は普通に働いていて、週に2~3日(かな?)だけ夜の7~10時まで見てくれます。
    しかもお酒を飲めば飲むほど「見える」らしいです。

    その占い師さんに会った時に言うのは、名前と生年月日だけ。
    それを聞くや否や、こっちが質問しようとすることを全て言い当て、
    それについて、次々とアドバイス(占い?)してくれます。

    子供が出来なくて悩んでたことや、その他諸々の悩みを言い当てられました。
    今まで誰にも言えなかった悩みだったので、つい泣いてしまった。
    「子宮に難があるから子供が出来にくい。」と言われたので、後日産婦人科に行ったら子宮筋腫が見つかりました。
    さらに「将来、男の子が一人生まれるわよ。」とも言われました。
    その時には今のダンナと既に結婚していたのですが、
    その男の子がいつ生まれるとか、誰との子とかと言う話は一切触れませんでした。
    (ちなみに小梨でダンナとは離婚寸前ですw)

    その方はお金は貰わないという方なので、お礼にお酒を持っていきました。
    教えても無い家族のことや先祖のことまで言い当てられて、本当に驚きました。
    また田舎に帰ることがあったら、見てもらいたいです。


    【【霊能力】当たる占い師や身近にいる幽霊などが視えてしまう人々の話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    過去数十年、地球の最北端で熱心に作業を行う専門家たちによって、いく種類かの古代のウイルスが発見されてきた。
    2015年、シベリアでは3万年前のモルウイルス・シベリカムが発見され、実験室の中で目を醒ました。

    こうした状況に警戒する向きもある。
    温暖化により北極圏の永久凍土は溶け続けており、古代のウイルスが解き放たれる恐れがあるというのだ。

    ■永久凍土は古代ウイルスの宝庫

    仏エクス=マルセイユ大学の進化生物学者ジャン・ミシェル・クラベリー博士は、温度が低く、酸素も光もない永久凍土は「微生物やウイルスを保存するには最高の環境」と述べている。
    彼によれば、永久凍土の古い層には人間や動物に感染する病原性ウイルスが保存されているかもしれず、その中には過去に世界的に大流行したものも含まれている。

    2011年の研究では、永久凍土が融解した結果、18世紀や19世紀に数多くの犠牲者を出した感染症が復活する可能性があると懸念が表明されている。
    特に注意が必要となるのは、感染症で氏亡した者が埋葬されている墓地周辺であるそうだ。

    (略)



    http://karapaia.com/archives/52239326.html



    【永久凍土から「古代ウイルス」が解き放たれ世界的に流行の恐れありと懸念も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    くノ一になりたいんだが


    【【くノ一】忍者を職業としてる人現代にいるの?なりたいんだが】の続きを読む

    このページのトップヘ