おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    10位 アスモデウス

    Asmodaeus


    アマイモン配下の東方の悪魔の首座で、72の軍団を率いる序列32番の大いなる王。
    敬意を払って丁寧に応対すれば非常に喜び、指輪やガチョウの肉をくれたり、幾何学や天文学などの秘術を教えてくれるという。



    【【※画像あり】俺が「好きな悪魔」を紹介するぞ!ベスト10】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    俺は氏んだら魂というか意識が今後産み落とされる生物にランダムに割り振られると思ってる


    2
    そんなんねーよ

    氏んだら完全終了


    197
    >>2
    なぜ断言出来るのか


    3
    無だ
    無に還るのさ


    7
    無って
    死後の世界を否定することで簡単に氏なないように広まった説じゃないかな



    4
    信じてる世界にいくんだよ


    【【オカルト】“死後の世界” っていつ解明されんの?】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    149 2013/05/21(火)
    どこに書いたら良いんだか分からない内容で
    もし全然スレ違いだったらごめんなさい。

    私は20代後半、趣味のお稽古で40前の独身女性と仲良くなった
    静かな農村?に住んでいて、公務員で凄く真面目でとにかく良い人。
    私と違ってゲスいところが無く、いつも笑顔で嘘が無い。
    雨にも負けずみたいだなーこんな人も居るんだなーと思ってた。
    そしてその人が主催するあるイベントを手伝う事になった。
    そのお稽古事に関係ある、地域のご老人の為の小さなイベント。

    そこからその人との家族ぐるみのお付き合いが始まってしまった。
    イベントは、地域の人達で協力してやるのかと思ったら、
    その人(以下Aさん)のご家族だけで運営していた。
    ご両親は70代後半で、やっぱりとても良い人達だったけど
    なんとなく違和感があった。普通はAさんが同世代の人に
    声をかけて設営したりすると思うんだけど、
    誰にも声をかけずに家族内だけで企画したんだって。
    勿論悪い事じゃないけど、40歳76歳77歳でイベントって
    大変じゃないのかな、私財を投じて凄いなって思ったけど
    家族内だけで全部やりたかったんだって。
    外の人は入れると大変だから。私ちゃんは特別だよって言われた

    で、まあ楽しく終わったんだけど、その後お茶会にも出席して
    って言われて参加したらAさんご家族と地域のご老人だけ。
    ほっとかれるなら良かったんだけど凄い話しかけてくる。
    むしろ囲まれてる。質問攻め。圧迫感が凄い…。
    ようやく終わったと思ったら、自宅が近くだから寄って行ってと
    Aさんに言われた。どの道、駅から凄く遠い会場で、
    Aさんに車を出して貰っていたから断るすべは無かった。


    【【アレな家族】「私ちゃんは特別だよ」私への質問攻めに過剰なもてなし、圧が凄い…そこまで必死になる理由が分かった時、恐怖に膝が震えた】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    生き物を無駄に殺生し過ぎっしょ…


    2
    ひどいな
    俺そんなことせんかったで


    4
    >>2
    はい、浄土行き決定



    3
    今はしてるけど


    4
    >>3
    やめろォ!



    【【無垢な残忍さ】子供ってどうしてあんな残酷なんだろうか…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/08/11(土)
    ・2014年の法改正で、いかなる年齢でも安楽死が合法となったベルギー
    ・2016~2017年の間で、11歳と9歳の子どもが安楽死されたと分かった
    ・身元は明かされていないが、これまでの記録上、最も若い患者という

    親にとって子供に先立たれることほど辛いものはない。しかし我が子が末期の病を抱え、痛みに苦しみながらかろうじて生きている姿を目の当たりにしなければならないとしたら、そして辛さに耐えかねた我が子が「死」を望んだら、どう選択すべきだろうか。このほどベルギーで、安楽死した子供の年齢が9歳と11歳であったことが発表された。これまでの記録上、安楽死された最も若い患者になったようだ。『Mirror』『Washington Post』などが伝えている。

    安楽死を合法化したベルギーでは、国内だけでなく海外からも安楽死を求めてやってくる人は多い。しかし安楽死が施行されるには、医師により心理カウンセリングや様々なプロセスが必要だ。最も重要なことは「耐えがたい痛みが持続し治療回復の見込みがない」「心身ともに苦痛を味わっている」「本人に死の意思がある」ということである。

    (略)

    11歳の子供は嚢胞性線維症、9歳の子供は脳腫瘍を患っていたようで、いずれも末期の病で激しい痛みを伴っていたことが分かっている。

    (略)

    2018年8月11日 4時0分
    Techinsight
    http://news.livedoor.com/article/detail/15143682/



    3
    親類のおじさんの最期はみてて辛かったな。抗がん剤もききにくくなって、毎日ころしてくれえって娘(従姉妹)に懇願しててかわいそうだったわ


    4
    生きる権利があるなら氏ぬ権利だってあるだろうよ


    25
    >>4
    日本にはないな
    過労氏ぬまで働け、だ
    オランダベルギーフランス辺りの人は日本のこと狂気だと思ってるよ


    148
    >>4
    権利があるのなら義務もある。
    思うに、「安楽死」というのは甘えだね。
    自らが死を欲するのなら、自分の命のケリは自分自身の手でつけるべきだ。
    他人にころしてもらわなきゃ氏ぬこともできない人間は、与えられる死を待つべきだ。


    【【安楽死についてどう思う?】ベルギーで9歳と11歳の子供が安楽死 世界最年少】の続きを読む

    このページのトップヘ