おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    幽霊を信じていない人が体験した話ロゴ2

    【心霊体験】幽霊を信じていない人が体験した不思議な話を聞かせて! その1 http://www.oumaga-times.com/archives/1066968819.html


    幽霊を信じてない人が「霊体験らしきもの」をした話って、
    「オカルト好き」な人が話す十倍怖いですよね…

    そんな、「幽霊なんか信じてないけど、あれは何だったんだろう?」
    というような話を集めよう!
    もちろん、オカルト好きな人が収集した
    「幽霊を信じていない人から聞いた話」も聞きたい!

    394
    まったく信じてなかったんだが、見ちまった。
    俺の伯母夫婦がやってる天ぷら屋で、
    ちょっと早めの忘年会をやったんだが、
    午前2時頃トイレに行こうと思って廊下に出たところ、
    店の裏手の方から何か音がする。

    「よく野良猫が来て困ってる」と叔父から伯母からきいてたんで、
    動物好きの俺は何のためらいもなく人気のない裏口の方へ向かった。
    音の出所と思われた、裏の一室に張った頃にはもう音は止んでいた。

    「うわ、ネズミだったのかも」と思って引き返そうとしたところ、
    いきなりガタガタガタ!!!と物凄い勢いでドアを開けようとする音がした。
    びっくりして音の方向を見ると風呂場の扉だ。
    そこには風呂として使われていない古い風呂場がある。
    夏場にはよくそこでスイカを冷やしていた。その風呂場だ。


    【【アレは何だったんだろう?その2】幽霊を信じていない人の不思議で怖い体験談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ワイや


    【【UMA】未確認生物とか好きなやつwww【動画あり】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2014/01/21(火)
    8年前私が体験した話です。
    大学を卒業して獣医師免許を取ったばかりの頃のお話。


    【【しゃべる猫との不思議な話】動物病院に勤務してた私が19歳になる「猫又」に出会った話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    100 2017/10/20(金)
    高校のとき、なんの脈絡もなく女の幽霊を見るようになった。
    曰くありげな場所に行ったとか、罰当たりなことをしたとかの心当たりはまったくない。
    ある夜、不意に目を覚ますと布団の横に着物の女が座っていた。
    怖いのでそちらに背を向けて布団を頭までかぶって
    気のせいだという事にして寝た。
    翌日思い返してみると金縛りになっていなかったことに気付き、
    夢だったと言う事で納得することにした。

    だがそれから度々現れる。
    毎日出る訳ではない。
    朝まで熟睡する日もある。ふと目が覚めても居ない日もある。
    だが速い時は、明かりを消して布団に入って横になって
    あ、トイレいってないなと目を開けるともう居たりする。
    夢ではなさそうだ、だがよく聞く金縛りとかもない、
    だからといって触ってみる勇気もない。

    少し慣れてきたので姿をよく見てみた。
    黒っぽい着物に少し乱れた日本髪、右側の少し奥、寝ている俺の膝がある当たりに
    まるで看病でもしているかのように布団の方を向いて正座をし、
    背を丸めてうつむきぼんやりと下を見ている。
    なんとなくだが時代劇に出て来る貧乏長屋に住む奥さんといった感じだ。


    続く



    【【心霊】何度も現れる女幽霊に「俺に言いたい事あるのか?」と尋ね返ってきた衝撃の言葉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    知ってるのあったらスマソ!

    【1】
    あなたの目の前に、禁断のドアがあります。ある日、あなたは開けてはならないはずの禁断のドアに恐る恐る手を伸ばすことに。そして、いけないとわかっていながら欲求に勝てず、ついにドアを開けてしまいました。さて、ドアを開けた先に見えたものは?

    A. 学校
    B. ジャングル
    C. 大都会
    D. 草原


    【寒いしVIPだし心理テストやろうぜ「あなたの目の前に、禁断のドアがあります」】の続きを読む

    このページのトップヘ