おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ◆死者の脳から記憶を取り出すことが可能に?経験をコード化して記憶する遺伝子マーカーの存在(イスラエル研究)

    記憶は脳にはっきりと独特な遺伝子マーカーを残すそうだ。
    これはイスラエルの研究者が発見した驚きの事実で、その遺伝子マーカーを使えば人が死んだ後でも記憶を取り出すことができるかもしれないという。
    この技術は、警察が犯罪の犠牲者の記憶を記録・再生させるという未来への扉を開くものだ。

    ■マウス実験で記憶を形成する遺伝子マーカーを発見

    イスラエル、ヘブライ大学の研究チームは、脳が記憶を神経細胞同士の新しい結合の中に蓄える仕組みを解き明かすことを目的とした研究を行っていたところ、この発見をした。

    脳は記憶を蓄えるために遺伝子によって集められた新しいタンパク質を使っていることが知られている。
    マウスを使った実験で今回明らかになったのは、異なる経験が遺伝子活動にさまざまな変化を引き起こすということだ。

    実験では、マウスに良い経験や悪い経験など、さまざまな経験を体験させた。
    例えば、病気にしたり、ご褒美を与えたり、あるいは電気ショックを与えたりといった経験だ。
    実験開始から1時間経過した時点で、マウスを殺し、記憶が形成されることで知られている脳内の7つの領域(海馬や扁桃)において発現している遺伝子を調べた。

    ■経験の内容で同じ種類の遺伝子マーカーが発現

    その結果、いくつかの経験は似たような反応を引き起こしており、その結果として驚くほど似た遺伝子マーカーが発現していたことが明らかになった。 この発現した遺伝子を観察すれば、マウスがどの実験グループに属していたのか判別することもできた。 その精度は90パーセント以上である。

    (略)

    ■脳から様々な経験を取り出す

    (略)

    遺伝子活動がピークを迎えるのは、記憶が生じてからおよそ1時間後のことであるようだ。
    実験は死んだマウスで行われたものであるが、いずれ生きた動物や人間にも応用できるようになればと研究者は期待している。

    この研究が進めば、殺人事件の犠牲者の脳から記憶を取り出し犯人逮捕につなげることができるかもしれない。
    どこかで似たような話を聞いたことあるなと思ったら、清水玲子先生の漫画「秘密 」だ。
    漫画では、科学警察研究所 法医第九研究室(第九)が、死者の脳から記憶を映像として再現する「MRI捜査」を行っている。

    これは脳に強力な磁力による電気刺激を与え、故人が生前に「見ていた」映像をMRIスキャナーで再現するというもので、今回の方法とは手法こそは異なるが、記憶を視るという点においては一緒だ。
    漫画の時代設定は西暦2060年。
    てことは近未来にあの漫画のようなことが現実になるのかもしれない?

    カラパイア 2018年04月20日
    http://karapaia.com/archives/52258394.html



    12
    清水玲子のマンガか


    15
    それなんて「秘密」


    116
    うわぁ~SFに近づいている
    てかさ、あと百年経ったら想像もつかない世界になるかもねば
    まだ人類が住める場所があればだけどね


    【【漫画『秘密』みたい】死者の脳から記憶を取り出すことが可能に!? 発見された遺伝子マーカーとは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 2018/04/20(金)
    ワイがまったく霊感ないから聞いてみたいンゴ…


    3
    些細なことでもいいから聞かせてや?


    12
    シャワー浴びてるときに浴室をノックされたことある
    誰や?思たけど一人暮らしやのに自分以外に誰もおるはずがない
    で、またノックされる体が乾くまで外出れんかったわ


    16
    >>12
    怖スギィ!ワイも家一人やから風呂は入れなくなるやんけ!



    【「怪異」に遭遇したことあるニキおる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2018年4月19日(木)19時00分

    <ヒトラー南米逃亡説にこの潜水艦が使われた線はほぼなくなったが、生存説自体が消えたわけじゃない?>

    第二次世界大戦末期におけるドイツ劣勢のなか、ナチス崩壊とともにベルリンの総統官邸の地下壕で妻と自殺したとされる独裁者アドルフ・ヒトラー。だが一方で、極秘に南米に逃げ延びたという説も長年囁かれ、戦後ミステリーの1つとして知られている。

    戦後73年の今年、そのミステリーを解く重要なカギが発見された。

    デンマークのTV2の報道によると、連合軍の手を逃れたヒトラーを含むナチス幹部が乗っていたと有力視されていたドイツ軍の潜水艦(Uボート)「U-3523」が、デンマーク最北端スカーゲンから北に約18.5キロメートルの沖合、深さ134メートルの海底で見つかった。撃沈された当時の報告から、西に約14.5キロメートル離れた地点だった。

    「U-3523」発見に繋がったのはTV2が企画した、北海に眠る遺産を捜索するプロジェクト。デンマーク海戦博物館の研究者らが中心となって進めていた。

    全乗組員が死亡。でも...

    「U-3523」がヒトラーらの逃走に使われたと考えられたのには、理由がある。第二次世界大戦末期の1945年5月6日(英メトロ紙)、コペンハーゲンに連合軍が入り、ナチスの占領を解いた。

    まさにこの日、スカーゲン沖で爆撃されたUボートが「U-3523」。長時間の潜水航行(水中で630キロ)が可能な同艦は連合軍にとって格好の標的だった。イギリスのB-24爆撃機によって撃沈させられ、乗組員58人は全員死亡とされていた。

    しかし「U-3523」の残骸の行方が分からなかったため、実は撃沈は嘘で、ヒトラーを逃走させる極秘任務に当たっていたという噂が独り歩きした。

    史実上、ヒトラーの命日は1945年4月30日だが、その死は今日まで多くの謎を秘めたままだ。遺体に関する証拠も曖昧なものが多いと言われ、生存説が根強くある。なかでも、南米アルゼンチンに逃げ延び、偽名で長寿を全うしたという説が真実だと仮定すれば、行方のわからなくなっていた「U-3523」が逃亡に一役買った、というストーリーが有力だった。全長76.7メートルの「U-3523」が当時最先端の潜水艦だったことも噂に真実味を加えていた。

    ヒトラーが乗っていた証拠はない

    英メトロ紙によると、ナチス幹部が「U-3523」に乗っていたとされる証拠はない。

    これについて、プロジェクトに参加したデンマーク海戦博物館のゲルト・ノーマン・アナスン館長は、「戦争が終わったにもかかわらず、『U-3523』がドイツから離れたので、ドイツから貴重な何かを持ち出したと噂が立った」と説明。さらに高性能で長距離を移動できる「U-3523」だったことが噂の信ぴょう性を高めたと考えている。

    しかし今回の発見で、「U-3523」が南米に向かっていなかったことが明らかになった。ナチス高官が逃亡の際に持ち出したと考えられていた貴重品なども見つかっていない。

    ヒトラーの南米逃亡説は立ち消え?

    「U-3523」が注目される理由はもう1つ。それは、ナチスが「U-3523」と同レベル(XXI型)の潜水艦を他に1艇しか持っていなかったこと。その1艇である「U-2540(ヴィルヘルム・バウアー )」は現在、ドイツのブレーマーハーフェン・ドイツ海事博物館に展示されている。

    U-2540
    U-2540(ヴィルヘルム・バウアー ) manfredxy-iStock

    アナスン館長によると、連合軍の銃撃に遭った際、「U-3523」が極秘の任務に就いていたことが、噂を助長したという。

    今のところ、デンマーク海戦博物館では海底に沈む「U-3523」を引き上げる計画はない。だから結局はヒトラーの生死をめぐるミステリーが消滅した訳ではないという。

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-10004_1.php



    5
    ヒトラーが生きてたら絶対にひっそり生きて余生を過ごしたなんてありえないよね


    13
    ヒトラーはアメリカの保護下になったよ
    南米逃亡説はフェイク


    【【ヒトラー生存説】「ヒトラーが南米逃亡に使った」とされるナチス高性能潜水艦 “U-3523” が見つかる!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    462 2018/04/19(木)
    初めて書き込みするんだけど
    最近何故かふと思い出したから心霊体験?みたいなやつ書いてみます

    前に夜勤のバイトをしてるときに、バイト先に向かってる最中になんかよくわからないやつを見たんだけど
    自分は携帯を見ながら歩道を歩いてて、何故か急にふと道路を挟んだ反対側の歩道に目を向けたのよ

    そしたら全身真っ黒の何かが東の方に向かってずっと小さくお辞儀をしてて、見た瞬間「あ、やばいわこれ」って思ってダッシュでその場を離れたんだよね

    それで息切らしながらバイト先に着いて、とりあえず頭切り替えようとタバコを吸おうと思ったら、ジッポが無くなってて
    やばい、落としたのかなって思ってとりあえずライター借りてタバコ吸った

    それから夜勤終わりの朝に明るいから大丈夫だろうと、ジッポを探しにまた同じ道を辿って帰ったんだけど
    黒いやつを見たところにジッポが落ちてて、何故か灰?すす?みたいなものが付いてて真っ黒のジッポになってたんだよね

    霊感とか無いと思ってた自分でも流石にこれはやばいと思って、その場ですぐに寺を検索して友達の車で寺に行くことにしたんだよ



    【【坊さんの悪霊祓いは正しかったのか?】全身真っ黒のナニカかがお辞儀をしてるのを見た→ヤバイ!と逃げたが憑かれてお祓いしたけど・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    188
    人によっては気分悪くなるかも知れないので注意。


    高校の頃チャリ通してたんだけど、家の近所のアパートの前をチャリで通り過ぎた時に何とも言えない匂いを嗅いだ。
    上手く表現出来ないのだけど気持ち悪くて不安でヤバい匂い。
    家は親は会社員なんだけど、祖父母が商売をやっていた関係でそこの大家のお爺さんを知っていたのでその家まで行って変な匂いがすると伝えた。

    お爺さんにその事を告げると変な顔をしたけど私が匂いを嗅いだ場所まで来てくれた。
    その匂いを嗅いだお爺さんは顔色を一瞬で変えて家まで戻り合鍵を持ってアパートまで再度戻り
    私にケータイで警察に電話を掛けさせて、繋がるとケータイを私からひったくり何かを話して電話を切った。
    すぐにやって来たのは警察と救急。
    お爺さんは警察と救急の人に何かを言い扉を開けて中に入って行った。
    開いた扉からは何か虫がバーッと一斉に出て行き、それを見た私は呆然。

    部屋の中を覗くと中はゴミだらけで匂いだけで吐きそうになった。
    恐ろしい事に、その中には足を紐で繋がれた子供が置き去りにされていた。
    救急の人が担架に乗せて運んで行ったんだけど、匂いが凄かったのを覚えてる。
    足首がチラッと見えてしまったんだけど、骨と皮だけで黒と白のブツブツが見えた。
    後から聞いたら、虫の幼虫と成虫がたかっていたんだって。

    そこの部屋に住んでたのは母親と子供だったんだけど、母親は部屋の窓に新聞紙を貼って目張りまでして失踪したらしい。
    部屋にあったゴミからわいた虫が子供にたかっていたそうだ。

    その子はしばらくは喋れなかったり、人を見るとパニックになったり大変だったけど
    8ヶ月位経った頃にはだいぶ元気になって遠くの親戚に引き取られて行った。

    とにかくそんな現場を見てしまった事が修羅場だった。
    大家のお爺さんが私に即警察と救急を呼ばせたのは、戦時中これと同じ匂いをいつも嗅いでいたからだそうだ。
    修羅場をくぐった人間はやっぱりどこか違うんだな、と思った。


    【【闇が深い】近所のアパートでヤバい臭いがする…人によっては気分悪くなるかも知れないので注意。】の続きを読む

    このページのトップヘ