おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    179
    ウチの母から最近聞いた話。

    当時、18とかそこらの母はちょっと距離のあるところで就職してた。
    百貨店の接客と長時間通勤で精神と肉体の疲労は半端なく、常に肩こりが酷かったらしい。
    熱い風呂とマッサージで誤魔化してたけど、流石に限界がきたらしく整体へ行くことに。
    整体の先生が施術しながら、ここのコリが酷いとか片足に体重かけ過ぎだとかをお説教してきて、
    すこしうんざりしてたんだけど、「枕が合ってない」って言われてドキン!とした。
    そんなに裕福じゃなかった母は昔から重ねた本にタオルを巻いて枕代わりにしてたらしく、
    その頃もまだ即席枕を使うクセが抜けてなかったそうだ。
    なんだか見抜かれた気がして恥ずかしかったらしい。二度は来ないな、と決めた。

    しっかりと施術してもらって身体も楽になった翌日、母はさっそく自分の勤め先の百貨店で枕を買う事にした。
    まだその頃は、羽毛とか綿とかソバ殻しかなくってビーズやら低反発やらは置いてなかった。
    母はある程度固くて高さの調節がしやすそうなソバ殻の枕を選んだそうだ。
    その日、早速買ったばかりの枕を使ってみたら、自分でも驚くくらい熟睡していた。

    しばらく快眠が続いて、同僚からは「最近、○子さん(母の名前)がんばってるね」みたいなこといわれて
    なんとなく話の流れで肩こりとか整体とか新しい枕の事を話したんだってさ。
    そしたら同僚の人も「私も枕変えてみようかなぁ」とかいってその人も同じソバ殻の枕を買ったらしい。
    その日を境くらいに同僚の人はものすごい遅刻が増えたそうだ。
    理由を聞くと「熟睡しすぎて起きれない」って。
    かくいう母もこのところ物凄く熟睡してるせいで朝一人で起きれないことが多々あった。
    当時はまだ実家暮らしで母の母(私の祖母)が起こしてくれてたからいいけど、休日は寝疲れするまで寝てた。
    肩こりは以前ほど酷くもないし、なにより熟睡できるなら良いかってことで気にもかけてなかった。

    だけど日に日に眠りが深くなりすぎて、今度は仕事中でも眠気が酷い事になってた。
    それは同僚の人も一緒でとにかく眠くって、家に帰ったらすぐにあの枕で寝てた。
    最初は疲れてるのかなーと思ってたけど、祖母が心配になって「最近寝すぎちゃうか?」って聞いてきた。
    -続く-



    【【不気味】母は買ってまもない枕を突然ハサミで開けた←その理由…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    不思議ンゴねえ


    2
    人は氏ぬ為に生きるんだよ


    67
    >>2
    おはエージェントスミス


    129
    >>2
    哲学が強い!


    【人間はいつか絶対死ぬのになぜ生きるのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    ワイ片目見えなくてもう片方もいずれは失明する可能性が高いんやが
    いずれは振られるかもしれん思ったら不安で仕方がない



    2
    性格が大事やで


    3
    >>2
    彼女はそう言ってはくれてるけどなあ



    7
    白内障か?


    8
    >>7


    緑内障(りょくないしょう、英: glaucoma )は、目の病気の一種。青底翳(あおそこひ)とも呼ばれる。
    緑内障は網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、特徴的な視神経の変形と視野異常(視野欠損)を呈する。
    基本的には現時点では一度喪失した視野は回復させることが困難なため、失明の原因になりうる。
    日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっている。
    視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須である。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/緑内障


    16
    >>8
    うわ、まじか
    地獄やな


    19
    >>16
    地獄や

    彼女は薬剤師やから病気のこともわかってる
    せやけどワイと付き合ってくれてるねん



    【片目が見えない彼氏ってキツイよな?フられるかもと不安で仕方ない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    どこ


    3
    人口分布


    6
    >>3
    確かに



    7
    少子化ってこと?
    増加し続ける方が問題だが


    13
    >>7
    経済が一国内で完結しがちな昔ならそういえたかもしれんが
    経済がク"口ーバル化した現代では人口増加した国が世界的にみて正義


    【「日本衰退」と言うが、一体どこら辺が衰退してるんだよ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    27
    土日に実家へ遊びに行き、父母、わたし、子2人みんなで隣町に買い物にでかけ
    途中子どもが「おやつ」「おしっこ」というのでコンビニに立ち寄りました。
    父だけが車で待っていました。

    コンビニ入り口付近で、曇ってはいたけどなぜかドス緑色の傘を差して
    すごく痩せた50代くらいの清楚な(というか色素の薄い物静か系)の風体の女性がじっとわたしたちが入店するのを見ていたのをしっかり覚えています。

    わたしたちが店から出ると父が駐車場(田舎なので広い)で車をものすごい勢いで移動しており、なにやってんだと見ているとわたしたちを見つけ、まるでアクション映画のように横付け。
    全員乗り込むとギャウンと発車。

    ・・・したけど車道の車が多くてなかなか駐車場から出れないでいると
    父がバックミラーを見ながら話し始めました。


    【【ヤバイ女】父「あの変な女知り合いか?」私「え?いいや」変な女『わたしはあなたの妻です』←おまえ誰だよ…】の続きを読む

    このページのトップヘ