おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    461
    不思議実体験をひとつ 

    私の住んでいる地域は神社や寺の行事が未だにしっかり残っている土地
    しかし少子化のせいか廃れてなくなってしまった行事が幾つかある

    その内のひとつに、小学生が近くのお寺にお泊りするというのがあった
    私は友達とお泊りできるので大変楽しかったのを覚えている


    【【不思議】お寺でお泊り会、わらわらと沸いた“アレ”が次々と私に覆いかぶさり…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    161
    当時、俺は某特殊法人に就職していた。
    俺が就職した時、すぐに本部ビルの建て替えが始まったんだが…
    新本部ビル建設工事中に、遺構やら遺跡が出てきてしまった。
    本部のあった土地は都内でも歴史が古く、そういうものが出てきてもおかしくはない。
    問題は、考古学調査のため工事中断となってしまうことだった。

    で… 上層部判断でやっちゃったんだ、証拠隠滅。
    遺構やら遺跡やらを全部埋め立てて、教育委員会には一切知らせることなく工事続行…
    総務部の俺は、嫌なことを知っちゃったなと思いながらも口を閉じているしかなかった。


    【【最恐の呪地】数多の神主・坊主に断られ“神様”と呼ばれる拝み屋ですら鎮魂不可、ヤバいもん埋めてる呪われた恐怖のビル…】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    2018年01月12日 15時33分

    WHO(世界保健機関)が、病気の世界的な統一基準である「国際疫病分類」の最新版に「ゲーム障害」を盛り込むと発表した。
    草案では「ゲームをする衝動が止められない」「ゲームを最優先する」「問題が起きてもゲームを続ける」などと例示、生活に支障をきたすほどゲームに熱中する状態を「ゲーム障害」とするとしている。
    また、幼少期は進行が早いとし、診断に必要な症状の継続期間は「最低12カ月」としながらも、重症であれば短期間でも依存症であるとみなす方針だという。

    ネットゲームに熱中するあまり、「ゲーム障害」のような生活を送ってしまう"ネトゲ廃人"が日本でも急増しているという。
    (略)

    ■全部お小遣い...「ガチャ」に500万円以上を投入

    「現実の世界が第2の世界で、ネットの世界が第1の世界だと考えていた。ゲームが上手くない自分は生きている価値はないと思って、お金をたくさん使った」

    千葉市内の一軒家に歯科医の父親と暮らす櫻井慎太郎さん(24)がネットゲームにハマったのは中学1年生の時。
    高校生になり、大学受験を控えている時期には親の目を恐れ1週間ほど家出、ネットカフェに泊まってゲームをした。

    将来の夢も特になく、経済的に恵まれた環境で育った櫻井さんは、父親に促されるまま大学の歯学部に入学。
    しかし去年、映像系の大学に入学しなおした。
    「やりたいことを見つけたって父に相談したら、『やりたい仕事をやるのが一番だ』と」。

    机には4台の台のディスプレイが並ぶ。ゲーム用、調べ物用、LINEやTwitterなどの会話用、などと使い分けている。
    パソコンのスペックは2年ごとにパワーアップ。
    手汗防止の特製キーボードカバー、仲間たちとフリーハンドで話すためのマイク、腰に負担がかからない椅子など、周辺機器だけで総額40万円以上かけた。
    夜10時に始まる"ネトゲタイム"では、2つのゲームを同時にプレイ。

    ランダムにアイテムを獲得できるゲーム内の課金システム「ガチャ」にもお金を注いだ。
    「レアのモンスターやアイテムが出た時のアドレナリン出るみたいな感覚がたまらない」と、中高の6年間で200万円以上を投入、これまでに総額500万円以上を費やしたという。
    しかし櫻井さんにアルバイト経験はなく、資金はすべて親からもらったお小遣いだ。

    ■海外から取り寄せたカフェインの錠剤を用意

    5年前に母親が亡くなり、父親は多忙なため、1人で過ごすことが多い櫻井さん。
    今ハマっているのは、FPS(First Person Shooting game)と呼ばれるシューティングゲームだ。
    一日に20時間もプレイすることもあるといい、部屋にはインスタント食品が箱買いされている。
    「食べながらゲームできるし、ゴミが出るだけなので食器を洗う必要がない」。
    食事はただ空腹を満たすためのものなのだ。

    そんな生活に欠かせないのが、カフェインを摂って、ゲームを捗らせるためのエナジードリンクだ。
    「ゲームで忙しい時にもパッと開いて取り出せる」と、机の脇に置かれた冷蔵庫に常備している。
    しかし最近では「飲みすぎてもはや効かなくなってしまったんじゃないか」と、海外から取り寄せたカフェインの錠剤を用意している。
    ゲームを始めて6時間後も、全く疲れた様子を見せなかった。

    (略)

    http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/netoge-haijin_a_23331480/?utm_hp_ref=jp-homepage

    2
    よく金が続くな


    216
    >>2
    親が金持ってるからな。
    ニートにしてもネトゲ廃人にしても、自分で稼がなくても生活できる環境があるから存在するのよ。
    家賃も光熱費も食費も、全て賄ってくれる存在があるから生きていける。
    ネトゲ依存症なんて言ってるけど、要は親の躾がなってないのと、社会から逃げて仮想空間に引きこもってるだけでしかない。


    3
    全部お小遣い ...「ガチャ」に500万円以上

    おおおいいいいいいいいいいいいい
    寒い中腰痛我慢しながら仕事して今日は休みの俺を敬え


    173
    >>3
    お大事に


    4
    趣味の世界じゃ言うほどじゃないな
    もっと頑張れ


    9
    ほらな
    ネットゲームに依存症はあるだろ


    12
    終わりの無いゲームはあかんわ


    13
    ソシャゲやってせいぜい月二万とかくらいなら経験もあるし理解もできるが
    ああいうのでトップクラスになるやつって、
    どう考えても金と暇が無限にないとできないはずなんだが
    金と暇とを両立させてここまで非生産的なことにつぎ込めるやつって
    ほんとにどんな生活してるのか見てみたい


    16
    スポンサー付きガチャ動画で食べてるYouTuberもいるくらいだからな


    【【壮絶すぎィ!ネトゲ廃人の実態】1日20時間プレイ、500万円以上をガチャへ、エナジードリンクも効かない体に…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    原稿出して暇やから寝るまで質問に答えるで

    最近流行りのアシスタント賃金問題とかも結構語れるけど
    どんな質問でもええぞ



    13
    代表作と年収と漫画家歴


    16
    >>13
    作品は言えへんけど去年の年商はだいたい1300万、年収は900万ちょい
    漫画家歴は8年ほどや



    17
    週刊?
    月刊?
    それなりに有名?


    24
    >>17
    デビューは週刊や
    今は月刊をかけもちやけど
    作業量は週間ほどはないな



    26
    出版社はどこ?


    28
    >>26
    デビューはケンシロウと同郷や



    29
    >>28
    集英社


    30
    >>29
    そや



    【年収900万ちょいの「漫画家」やけど質問あるか?アシスタント賃金問題とか答えるで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    812 2018/01/11(木)
    高校生のころだから、かれこれ20年以上前の話になる。

    市立図書館に夏休み行った。午前中の早い時間。
    クーラーが効いてるから涼みに行ったようなもんなんだけど図書館なんだし、
    ただ歩いてるのもなんなんで書棚を順番に見ながら、暇潰しをしていた。

    夏休みであるけれど、かなり人は少なかったと思う。
    歩いていると前方に小学校高学年から中学生くらいの男子がいた。
    視線が一瞬だけ合ったんだけど、
    自分はその子の後ろにある書棚を見ている振りをして、視線をそらした。
    それでもじっと男の子は自分を見ていて、
    何だか気味が悪いと思い、図書館を出ることにした。

    当時、自転車で図書館に来ていたんだけど、
    その男の子も同じ駐輪場に自転車を置いていたみたいで、
    その後も1時間ほど追い掛けられた。
    しかも自転車と自転車をピッタリとくっ付くような感じで。
    最高潮に恐怖と気持ち悪さと、警察に行くかどうか、
    このまま自宅に帰ったら自宅を知られるかも知れない恐怖とか、頭がこんがらがった。

    そのとき、自分の通っている高校が近くにあることと、
    高校に同じクラスで野球部に所属している同級生が部活動で出ているかも知れないと頭に浮かんだ。
    すぐ、高校に向かった。



    【【正体不明】アレは人間じゃない!?変な奴がついてくる!と助けを求めても誰にも見えない“人型のナニカ”】の続きを読む

    このページのトップヘ