おうまがタイムズ

怖い話や都市伝説などの他オカルト全般をまとめています。心霊、意味怖、洒落怖、実話恐怖体験談や管理人の気になる情報を毎日更新しています。

おうまがタイムズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    わるいすらいむじゃないよ


    【お前らドラクエでスライムをコロしまくってるけど、スライムにも親がいるんだからな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    蒸し暑さをふっとばす、怖いアレやアレの話しようぜ。

    ちなみに俺は蛾が怖い!鱗粉系がすごく怖い!


    【【最恐】この世で一番怖い生き物といえば!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    249
    高校に入学した初日に、一人ずつわざわざ教壇に立って自己紹介させられた。
    その時初めて会った人の中に寺田という女子がいたのだが、
    自己紹介中に俺と目があってショックを受けたように固まり、
    気を取り直して無難に話をまとめているようだった。
    俺は「?」となったが気のせいだと思い直した。
    俺が自己紹介する番になって教室を見渡すと寺田と再び目が合い、食い入るように睨まれている。
    気味が悪くなって早々に自己紹介を切り上げた。
    初日を無事に終え帰宅の準備をしていると寺田が俺の前にやってきた。

    「あたしのこと覚えてる?」
    「??? 寺田さんだっけ?」
    「違うよ。」
    「あっ、ごめん。名前を間違えたかな?」
    「名前のことじゃないよ。本当に覚えてないの?」
    「えっ? でもキミとは今日初めてあったんじゃない?」
    「そうか、あたしのこと覚えてないんだ。あの時の約束も…。」
    「あの時の約束?」
    「そう、生まれ変わっても、きっとまたお前を見つけだしてやるって言ってたのに…。」
    「生まれ変わっても…??? ごめん意味が分からないや。」

    正直これほどほんのり怖かったことはない。
    だけどなんとなく見覚えがあるような気がしなくもなかった。
    今から数十年前の話だ。


    【【前世の記憶】「あたしのこと覚えてる?」と聞く彼女、「人生がスタートする時点」に過去とか未来はないらしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    280
    私の父は、戦争中「海軍兵学校」にいたエリート(自称)でした。

    その父のはなしです。

    もともと父は機関が好きで、海軍機関学校を受験しました。
    しかし、戦局もはかばかしくなく日本海軍の軍艦は
    戦力として用いられるような物はなかったのです。
    そして、機関士官を養成する「機関学校」は
    一般士官を養成する「兵学校」
    に統合されました。

    機関学校は京都府舞鶴にありました。
    今の海上自衛隊舞鶴総監部です。

    そこでの出来事です。


    【【心霊】戦争中「海軍兵学校」にいた父が体験した怪奇現象】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    107
    今の嫁とまだ付き合って間もない頃の話。

    俺が以前住んでいたアパートが所謂出る所で、
    付き合いたての彼女を怖がらせたくなかったから、
    部屋に連れて行かないように努めていた。が。
    なんやかんやで俺の部屋に泊まる事になってしまい、
    何も起こらないよう祈るように寝ていたのだが、
    夜中の3時頃彼女が誰かと話す声が聞こえて目が覚めた。

    (ヤバイ。とり付かれたのか?!)

    と心臓バックバクで、
    とりあえず寝がえりをうって彼女の方を向こうとしたけれど、
    話声を聞くとなんだか状況が違っていた。

    「はぁ、へぇー…んだかぁオメぇも苦労したんだなぁ…
    あぁ?だから違ぇっつってっぺー?あぺとぺな事言ってー
    そいづとほいづは違ぇよーもうそのほでなすは氏んだんでねぇか?
    だいだいいづの話なのっしゃ?ええ?」

    訛っている。
    だが紛れもなく彼女の声だ。
    以前宮城の出身と言ってたが、
    こんなに訛っているのは聞いたことが無い。
    しかもなんだか【誰か】と喋っている。


    【笑える霊体験『んだすぺー!訛りながら深夜に“誰か”と喋っているうちの嫁』】の続きを読む

    このページのトップヘ