都市伝説ロゴ

都市伝説「地球人は元火星人?世界に存在する人類エイリアンの痕跡」 No315

NASAは日本時間29日午前0時30分から行った火星に関する特別記者会見にて、「火星には四季があり、かつて海や水が存在していた証拠を発見した」「地球と火星は似た惑星だった」と語りました。
以前より、火星には水があり地球外生命体が存在するのでは、といった推測がされていましたが、今回NASAの探索チームが塩類と水の証拠を発見したことにより、ますます火星に生命存在の可能性が高まったといえます。
そこで、証拠が科学的に発見された今だからこそ、35億年前、水と生命体に溢れ四季のある豊かな星「火星」が存在していたとして、「火星には高度な文明があり、星が滅ぶ前に地球に飛来し、人類誕生と深く関わっていた」説についてまとめてみたいと思います。

人類エイリアン説 宇宙



世界各地で伝えられる「人類エイリアン説」


【ハンガリー人宇宙人説】

ハンガリー宇宙人説

ハンガリー人宇宙人説とは、ハンガリー人は地球以外の惑星(特に火星)から来たエイリアンという都市伝説です。
はるか昔、異星人たちは宇宙船に乗って地球を訪れ、現在のハンガリー領に着陸した。
しかし当時、ヨーロッパに住んでいた諸部族は野蛮であったため、自分たちが他の星から来たよそ者だということが知られると、迫害される恐れがあった。そのため彼らは自らの出自を隠し、地球人としてふるまい、地球人そっくりに生活するようになった

この説は、フェルミのパラドックスに対する回答としても知られている。
フェルミのパラドックスとは物理学者エンリコ・フェルミが1950年に投げかけた疑問で、宇宙には幾多の星があり、その中には生命が誕生してもおかしくない星も相当数あるはずなのに、未だに地球に異星人が来訪しないのは不思議だ、というものである。
フェルミがこの問いを発したとき、昼食仲間のレオ・シラードは、回答としてハンガリー人宇宙人説を挙げた。
すなわち、異星人はすでに地球に来ていて、自分はハンガリー人だと名乗っているというのである。
現在では、ジョークとして語り継がれているそうですが、
この都市伝説の根拠となったのは下記3つの特徴からだといいます。

1.ハンガリー人には放浪癖がある。
2.ハンガリー語は周辺諸国のどの言語とも類似性が無い。
3.ハンガリー人は並はずれた知能を有する。


上記の特徴を裏付けるかのようにハンガリー人は世界で活躍していました。
原子爆弾開発などに関わったハンガリー生まれのアメリカの物理学者・分子生物学者レオ・シラードは、「1900年頃、確かに火星人の乗った宇宙船はブダペストに降り立った。そして出発するとき、重量オーバーのために、あまり才能の無い火星人たちをそこに置いてこなければならなかったんだ」と述べたことがあるそうです。

ハンガリー出身のアメリカ合衆国の数学者フォン・ノイマンに至っては、IQ300以上あったとも言われるその明晰な頭脳から、火星人と噂されたこともあったそうです。

フォン・ノイマン 火星人
フォン・ノイマン

「フォン・ノイマンの頭は常軌を逸している。人間より進んだ生物じゃなかろうか」と恐れられていたとか。


【人間の遺伝子の中に宇宙人の遺伝子が発見される】

ヒトゲノム 宇宙人の遺伝子

宇宙考古学者のゼカリア・シッチンが、
「地球に40万年前から植民していた異星人“アヌンナキ”が、今から30万年前、遺伝子操作技術でアフリカの原始人類のDNAに自分たちのDNAを加え、採鉱作業用の労働力としてホモ・サピエンスを創り出した」と語ったことは有名です。

また、生物学・人類学者のアーサー・ホーン博士は、
「類進化の歴史を考えると、異星人が数度に渡って遺伝子工学的干渉を行った明白な証拠がある。おそらく異星人はその度に、自分たちのDNAを人間のDNAの中に導入したものと思われる」と語りました。
アヌンナキ (Anunnaki)とは、
シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団であり、「アヌンナ (Annuna) 」(五十柱の偉大なる神々)と「イギギ (Igigi) 」(小さな神々)という言葉が合わさったものである。宇宙人と言われる説もある
アヌンナキ
アヌンナキが描かれた古代シュメールの印章

つまり、現在の人間の持つ遺伝子は宇宙人の遺伝子を混ぜて作られている可能性があると…。

さらに研究が進み、ヒトゲノム解析センターのゲノムマップ部長スティーブン・シェアラー博士は、
「過去10万年間のどこかの時点で、ヒトはだしぬけに223個の新遺伝子を獲得し、新たなヒトとして大躍進を遂げたことが判明した」と語り、
シントン大学ゲノム解析センターのロバート・ウ ォーターソン教授は、
「追跡研究で新遺伝子223個のち113個は他のバクテリアの中に見つかったが、それ以外は高等下等を問わず、他のどの地球生物にも発見できなかった。」という驚きの研究結果を発表しています。

地球上の他の生命からは検知されない特殊なDNAが人間には備わっている。
謎の113個のDNAが宇宙人が人類の原型に植え付けたものだったとしたら、我々人類は宇宙人の子孫でありハイブリット生命体と言えるのではないでしょうか。


【パンスペルミア説】
この説は、地球の生命の起源は他の惑星から飛来したというものです。
パンスペルミア説とは、生命の起源に関する仮説のひとつで、生命は宇宙に広く多く存在しており、地球の生命の起源は地球ではなく、他の天体で発生した微生物の芽胞が地球に到達したものであるという説

1996年、ジョンソン宇宙センターとスタンフォード大学の研究グループは、火星から飛来した隕石の中からは微細な原始的なバクテリアのような生命体の化石らしきものが確認されとた発表しました。この隕石はALH84001とよばれています。

ALH84001

ALH84001を分析して分かったことは下記4点です。

・ALH84001に含まれる炭酸塩が生命に適した温度で形成されたこと。
・ALH84001から見つかった有機物は炭素13を比較的少量しか含んでいなくて、生化学反応の痕跡であること。
・磁性粒子がバクテリア由来であること。
・ALH84001から見つかった奇妙な構造はバクテリアの化石であること。

ALH84001の年代は45億年ととても古く、どのように形成されたのかまだ謎は解明されていません。
もしこのALH84001の中に古代火星人がいたとしたら――。


【火星人の記憶を持つボリスカ少年】

火星人 古代文明
火星

人間は命が尽きると、他の惑星に魂が転生するといった説もありますが、
火星で生きて生活していた頃の記憶を持つというロシアの少年が、過去に話題になったことがあります。
彼の持つ知識の凄さには物理学者のホーキング博士も驚いたとか。
ボリスカの愛称を持つボリス・キプリアノヴィッチ少年は、1996年1月11日朝8時半、ロシアのヴォルゴグラードの北320キロほどの街ジルノフスクに生まれた。
ほとんど泣くこともなかったボリスカ君は、生後4ヶ月にして簡単な単語を発し、8ヶ月目には完全な文章を話した。
2歳になると、火星について話を始め、他の太陽系の惑星や遠い文明に関しても語りだした。
ポリスカ 火星の記憶
ボリス・キプリアノヴィッチ

彼は幼い時に、他人には見えない相手と話しながら、
オモチャのブロックをDNAの螺旋構造を表す形に並べていたそうです。
また、ラテン語で、こう話していたとか

「僕は宇宙船の科学者だけど、人間と爬虫類の遺伝子の掛け合わせは絶対にしない。だってそれは自然に反することだから…」

彼は火星で生きていた頃の様子や、当時地球と交流があったことを語ったそうです。
また、火星では核戦争が起こりすべてが焼け落ち、文明は消失してしまったとも。

なぜ、現代に火星の記憶を持った人間が現れたのでしょうか?
火星移住化計画が進んでいることと、人類へ転生した者の火星の記憶の蘇りとは何か関係があるのでしょうか?


【マヤ文明「パレンケ」のレリーフに記された宇宙船】

パレンケ 古代人
パレンケ遺跡の建物

マヤ文明は宇宙人が作った文明である、といった説が存在します。
マヤ文明とは、メキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズなどいわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明である。メソアメリカ文明に数えられる。

マヤ文明の一番の特徴は天文学である。
技術が発達していないのがマヤ人の特徴といわれるが、 天文学だけは唯一発達していた。
天文学が発達していたために 「異星人が飛来し、マヤ人に知識を授けたからである」と一部の研究家は考えている。
その根拠となるものが、メキシコのパレンケにある神殿中のパカル王の墓から見つかったレリーフ(オーパーツ)にあります。

パレンケ「碑銘の神殿」というピラミッドの地下で石棺が発見され、中の遺体は翡翠性の仮面を付けていました。
また、この石棺は、縦3メートル、横2.1メートル、高さ1.1メートル、重さは5トンにもなる1枚の岩をくりぬいたもので、驚いたことに、表面の中央には古代の宇宙飛行士と思われる人物が、前傾姿勢でロケットを操縦しているように見える姿が彫られていました。

石棺内の人物はパレンケ王の1人と考えられており、彼は激しい熱風で亡くなったとされています。
不思議なことに、当時のマヤ男性の平均身長は155cmだったのにに対し、その遺体は180cm近くもあったそうです。

パレンケ 宇宙飛行士

レリーフの向きを変えることで宇宙船ではなく、マヤ人の死生観が描かれてるといった解釈もあります。


火星に帰る地球人「人類火星移住計画」


人類火星移住計画
2030年人類火星移住計画 イメージ

世界各地で噂される「宇宙人の痕跡」は、宇宙人が地球に飛来していたと考えられる証なのではないでしょうか?

かつて、火星で豊かな生活をおくり超文明で栄えていた火星人。
大きな天変地異が起こったのか、それとも文明の暴走か、海を失い生命が滅びてしまった火星。

もしかしたら、滅びる前に火星によく似た地球を見つけ、そこに移住し先住民である人間の原型にDNAを移植、改造したのかもしれません。
また、長年地球で暮らすうちに地球の重力や環境に合わせて容姿が変化した結果、現在の人類の形に進化した可能性も…。

イギリスの日刊紙『ザ・サン』では、過去に「あなたの目の前にエイリアンが?」という大見出しの特ダネ記事を掲載したことがあります。
エリザベス女王のお付きである、天文学顧問のマーティン・リースがエイリアン問題を議題とする天文学会議のホスト役を終えた後、記者団にこうコメントしたといいます。

「エイリアンは想像を絶した驚くべき姿なのかもしれない。目の前にいるのに、我々がそうだと気づかないような…」

もしかしたら、宇宙人は私たちが気がつかないほど自然に「人間型」として存在しているのか、
それとも私たち人間が火星から移住した、地球という惑星にとっての宇宙人なのかもしれません。

そして、動き出している「2030年人類火星移住計画」は、火星という母星に帰るための計画だとしたら――。