都市伝説ロゴ

都市伝説「エドワード・スノーデンが暴露した内容と地底人宇宙人」 No316

日本時間の9月30日未明、元CIA、NSA職員であり、現在ロシアに亡命中のエドワード・ジョセフ・スノーデン氏が、twitterを開始したことが話題になりました。
開始直後にフォローが増え続け、10月1日現在、既にフォロワーが100万人以上に達しています。

なぜ彼がここまで注目されているのか。
それは彼がこれまでに、アメリカの謎や、地底人、トールホワイト(宇宙人)の存在などについて暴露したことも関係していると思われます。

twitterを開始したことで、新たな暴露が今後聞ける可能性があります。

彼がこれまでに暴露したことについて振り返ってまとめてみたいと思います。


エドワード・ジョセフ・スノーデン(英語:Edward Joseph Snowden、1983年6月21日-)は、アメリカ合衆国の情報工学者。中央情報局 (CIA) 及び国家安全保障局 (NSA) の局員として、アメリカ政府による情報収集活動に関わった。

2013年6月に香港で複数の新聞社(ガーディアン、ワシントンポストおよびサウスチャイナモーニングポスト)の取材やインタビューを受け、これらのメディアを通じてアメリカ国家安全保障局 (NSA) による個人情報収集の手口を告発したことで知られる(PRISM計画)

【スノーデン氏のtwitter】

スノーデンアカウント

twitter側が「本人」と認証した「認証済みアカウント」マークが付いているため、なりすましではないようです。


「Can you hear me now?」
直訳すると「聞こえますか?」といって始まった氏のつぶやきですが、
これはNSAで働いていた彼が、NSAへ皮肉で言っているとの推測もあるようです。
100万人以上にフォローされているスノーデン氏がフォローしているのはNSAのみです。
現時点ではNSAはスノーデン氏をフォローバックしていませんが…。


「火星に水があるんだってね!入るのにパスポートは必要かな?友達が知りたいって」
2回目のツイートでは、火星に水があったという最新ニュースに触れると同時に、
アメリカ政府から犯罪者として扱われ、亡命先探しに苦労している自身の境遇にあわせてジョークを言っています。



スノーデンが暴露した内容と地球外生命体の謎


【アメリカ政府のインターネット情報傍受】

「テロ対策を口実に、国民の通話記録やネットの個人情報を極秘に収集する仕事に、私は従事していた。(スノーデン)」

スノーデン氏はアメリカのスパイ網「エシュロン」の新システム「PRISM」を内部告発しました。

「NSAは、自由自在にあなたの通話を傍受し、アクセスログを収集し、あらゆる行動形態を分析している」と彼は、事前に接触していた米紙「ワシントンポスト」、英紙「ガーディアン」に、NSA内部から持ち出した機密文書を手渡しながら告発したのです。

スノーデン氏によると、アメリカ政府は誰もが知っているような大手IT企業に協力させ、ネット上の通信情報を秘密裏に傍受しているそうです。
個人情報はもちろん、企業の機密情報、発表前の研究機関の情報などを収集していたとの噂も。
またスマホでは、例え電源を切っていても情報を送信する仕組みになっているそうです。

エシュロン スノーデン
エシュロン
エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システム。

同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などが指摘している一方、アメリカ合衆国連邦政府自身が認めたことはない。エドワード・スノーデンの告発により、PRISMで有線データ通信さえも盗聴されていることが明らかになった。

収集・分析・分類・蓄積・提供の各機能によって構成されていると考えられている。
エシュロンはほとんどの情報を電子情報の形で入手しており、その多くが敵や仮想敵の放つ電波の傍受によって行われている。1分間に300万の通信を傍受できる史上最強の盗聴機関といわれている。

日本では、公式にはその存在が認めていませんが、青森県には「エシュロン」が設置してあると言われています。
以前、ジャーナリストの池上彰氏がテレビ番組でエシュロンの存在に言及したこともあり、

「日本国内全ての情報傍受ということでそれをまとめるコンピュータには大きな負担がかかるため、特定の人物、特定の電話番号、特定の地域と絞り込んで優先順位の高いものを決めての傍受を行っている。」

と取材結果を明らかにされていました。
また、日本に関する情報収集の対象は主に経済分野だそうです。

アメリカの内情を暴露したスノーデン氏は、アメリカに犯罪者として指名手配されています。
彼が亡命先に選んだのは「ロシア」でしたが、ロシアは無条件で彼を受け入れるとは考え難く、
まだ世の中には公表されていない秘密と引き換えに、ロシアに保護されているのではないかと考えられます。

そしてその秘密とは、「宇宙」に関するものではないかという都市伝説も囁かれています。


【地球の内部には地底人が住んでいる】

地底人 マントル スノーデン

「地球の地下に、人類よりさらに"知的な現生人類"が存在することを記した文書をスノーデンが明らかに(インターネット・クロニクル)」

アメリカの情報傍受暴露と同時期にスノーデン氏は「インターネット・クロニクル」というニュースサイトに「地底人の存在」を暴露したと言われています。
この記事が掲載された時には既にロシアに亡命が成功していたので、ロシアへの手土産の一つだったのかもしれません。

掲載された記事に語られた地底人
「UFOについての政府公式見解として発表されて来た『風船』や『自然現象』はもはや無理がある。いくつかの秘密文書は、我々よりはるかに高度な知的生命体の存在を示している。最も確実で不可解な観測は、海底の熱水噴出孔へ入って行ったり、太陽の軌道に入って行ったりする"乗り物"だ。そして、その"乗り物"を操っている存在については、〈弾道ミサイル追跡システムと深海ソナーの情報が、国家機密になっている。機密に触れられる国防高等研究計画局の請負業者のほとんどは『地球のマントルに我々よりはるかに知的な生命が存在する』と確信している」

つまり、地球の内部(地下)に人間とは異なる高知能生命体が存在していると…。

地底人の知識レベルについては、スノーデン氏は、
「地底人の技術は進み過ぎていて、戦争になったら我々に生き残るチャンスはない。地底人からすると我々は地面にはいつくばったアリのようなもの」
と語っているそうです。

地底人が我々人類に接触してこないのは、人類の文明がとるにたらないレベルなので、相手にしていないだけだそうです。

地底人は、地下に篭っているだけではなく、地表に出てきたりUFOに乗って宇宙に行くこともあるといいます。
その出入り口となる場所が北極と南極にある巨大な穴だといった説もあります。

北極の巨大ホール 地底人
1968年に気象衛星 ESSA-7 が写した「北極に開いた大きな穴」

世界には、地球の内部は空洞で地底人が存在したという神話や伝承が残っていますが、
もしかしたらそれらはファンタジーではなく、目撃した人によって語られた真実の可能性も…。


【エイリアン・トールホワイトが大統領を操っている】

トールホワイト 宇宙人

スノーデン氏が暴露した機密文書の中に「エイリアンが大統領を操っている」と記載されていた、といった都市伝説が存在します。
「トールホワイト(Tall White / 背の高い白いエイリアンの意)は地球に到着した後、1930年代にナチスドイツの先進的な潜水艦の艦隊を構築する手助けをした。1954年、当時のアメリカ大統領アイゼンハウアーと、エイリアン"トール・ホワイト"が会談し、提携関係が成立した。
会談後、アメリカ政府を陰から操る"秘密政府"が設立し、今日に至るまで連携関係が続いた結果、アメリカは現在、トールホワイト勢力と反トールホワイト勢力の二極化になっているそうです。

トールホワイトの特徴

・身長2~3メートルもある、北欧人似で金髪で色が白い。
・700~800歳まで生きるという。
・トールホワイトは、その時代の"覇者"に接触してくる。
・性別は男性と女性が存在している。
・テレパシー能力を持っている
・傷などの治癒速度は人間の10倍はかかる。
・歳を重ねる毎に高くなり3mを優に超える長身になる。
・骨格が伸びていくのに対し、内臓などの臓器が対応できずに亡くなってしまう。

カナダの元国防大臣だったポール・ヘリヤー氏曰く
「トール・ホワイトはフードかぶって街中を歩いても多分気付かれないだろう」

また、トールホワイトは火星人と羊の合成で生まれた人造宇宙人といった説や、
2013年2月15日にロシアで起こった「隕石落下事件」に関わっているといった説もあります。

日本とトールホワイトの関連は今のところ聞いたことはありませんが、寿命が800歳というと、日本では800歳生きるという、肌の白い八百比丘尼が思い出されます。

八百比丘尼 人魚
人魚の肉を喰らうと不老不死になると言われている
八百比丘尼(はっぴゃくびくに・やおびくに)とは
長寿伝説の尼。人魚の肉をたべて800歳までいきたとされ,肌が娘のように白く白(しら)比丘尼ともよばれる。若狭(福井県)小浜の空印寺を中心に植樹伝説や椿をもって諸国を巡歴した話が各地に分布する。宝徳元年(1449)若狭から京都にあらわれたという記事が「康富記」「臥雲日件録」にみえる。

このように、人々が驚くような衝撃の暴露をしてきたスノーデン氏ですが、
世界の情報が集まるNSAにいたというだけあって、まだまだ人類に秘密にしている情報を持っているのではないでしょうか?
twitterを開始したことで、これからどんな情報が提供されるのか目が離せません。