日ユ同祖論 都市伝説

2016年6月24日に「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2016夏」が放送されますが、過去にやりすぎ都市伝説でMr.都市伝説 関暁夫氏が「日本とイスラエル(ユダヤ)の繋がりをあらわす“日ユ同祖論”」について語っていたことがあります。24日放送のやりすぎ都市伝説でも「死海文書の預言と聖地エルサレムに隠された秘密」と銘打って、イスラエルに関する都市伝説が語られるようですので、イスラエルと日本を繋ぐ都市伝説「日ユ同祖論」について詳しく語られているスレッドと日ユ同祖論」についてご紹介いたします。(おうまがタイムズ)

あくまで都市伝説ですので、信じるか信じないかはあなた次第です――
日ユ同祖論は、
日本人(大和民族)とユダヤ人(古代イスラエル人)は共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説。スコットランド人が滞日中の明治時代に著した論を発端に、一部の日本人とユダヤ人によって提唱されている説。
日ユ同祖論は、主に以下の立場がある。
古代イスラエルの「失われた10支族」は、日本に渡来したという説。
古代イスラエルの「失われた10支族」のみならず、12支族が、日本に来たという説。
英ユ同祖論における、世界に散らばった10支族の1支族であると言う説。
古代日本人は、ユダヤ人の先祖であるという説。
https://ja.wikipedia.org/wiki/日ユ同祖論 

【日ユ同祖論】の根拠となる数例

・イスラエルのエルサレム宮殿 ヘロデ門に描かれている菊のように見える紋章(太陽を表しているという説もあり)が日本の代表的な天皇および皇室を表す紋章、菊花紋(十六八重表菊)とそっくりであり、日本のパスポートもまた菊の紋章をあしらったものとなっています。

ヘロデ門に描かれている菊の16花紋
ヘロデ門の菊紋章

十六八重表菊
十六八重表菊(靖国神社)

どちらも花びらの枚数が16であることが興味深いのではないでしょうか。


・イスラエル象徴するものといえば国旗にも使われている六芒星(光と闇、想像と破壊を意味している)ですが、この六芒星が刻印されているのが日本では先日サミットが行われた伊勢にある伊勢神宮なのです。
伊勢神宮では、内宮から外宮に至る参道の石灯眥(石灯籠合計約700基)に、ダビデの星と菊紋章が刻み込まれています。

イスラエルの国旗 六芒星 都市伝説
イスラエルの国旗

伊勢神宮とイスラエル
伊勢神宮の石灯籠

伊勢神宮とは、天皇家の氏神様(天照大神)を祀っている格式高い最高峰の神宮です。
なぜ、そこに六芒星が存在しているのでしょうか―― 

また、伊勢で祭事の際に唄われる民謡がヘブライ語で「呼べ、呼べ、ヤーハウェを 憎しみを砕く」と歌っているといった説も存在します。(ヤハウェとは古代イスラエルの唯一神の名)
 

・2000年に発行され、現在では滅多にお目にかかれなくなった「二千円紙幣」ですが
この二千円札に描かれているのが「平安京」、そして平安京をヘブライ語に訳すと「エル・シャローム(平和の都)」つまり「エルサレム」となるそうです。
また、エルサレムの主要都市の名前が「ZION(シオン)」であり、平安京があった京都の都市名は「祇園(ギオン)」「シオン」と「ギオン」とで発音がとてもよく似ているともいわれています。
 
二千円札都市伝説
平安京が描かれている二千円札

上記より、二千円札は失われた10支族が平安時代に日本にやってきたことを象徴しているといった説も存在します。


【聖書の預言】


人類を滅亡から救うのは“イエスキリストの血を引く”日本人である
といった都市伝説が存在しますが、
イスラエルでは聖書の預言で

「この世の終末、メシアが現れる時、
ユダヤの失われた10支族が、ある人々の導きで再びイスラエルに戻ってくる
それは東の果ての海沿いの国、聖書をしらない人々」

だと伝えられているそうです

「東の果ての海沿いの国、聖書をしらない人々」
それはユダヤと繋がりのある日本人ではないかといった説が存在します。





1
都市伝説好きな奴集まってくれ


2
まず日ユ同祖論とは

「日本人の祖先が古代ユダヤ人である」
もしくは
「太古の日本人がユダヤ人の祖先となった」

って説
後者の方は根拠が薄いから、前者の方について述べていく



8
できる限り中立的に進めるつもり

古代ユダヤ人の動向は旧約聖書に見ることができる
エジプト人の奴隷にされていたところ、モーゼの導きがあって中東に逃れる
これが出エジプト


5
キリストと厩戸皇子の話は宗像教授がちょっとしてた


102
>>5について何か


105
>>102
聞いたことない話だからググッた
意外と興味深い話だな
もちろんキリストと聖徳太子が同一人物だなんて言わないけど
古事記日本書紀が部分的に聖書を模倣してるってのは事実
今でも日本の片田舎にキリスト的文化の残った地域がいくらかあるけど
そんな地域には「来栖」なんて苗字が多かったりする



6
三種の神器とか
言語が似ているとかだろ


23
まず>>6の言った言語

「古代ヘブライ文字と平仮名・カタカナに類似性が見られる」

結論から言うとこれは話にならないほどガセ
何故なら平仮名とカタカナには「漢字」という明確な由来があるから
よくヘブライのHaとカタカナのハが似てるなんて主張があるけど
「ハ」の由来は漢数字の八であってこじ付けに過ぎない
他の文字も全てにいえる



7
古代ユダヤ人の多くは現地に残ったんで、パレスチナ人こそが古代ユダヤ人の末裔といえる


9
つまり日ユ同祖論に基づくならば、日本人はパレスチナの民を救い、ユダヤを名乗る民族と敵対する運命にある


10
この同祖論はいつ広まったの?


12
古代ユダヤ人には12の部族があった
彼らは中東の地カナンに住み、ダビデ王の時代に統一されたが
ダビデ王の死後に南北分裂

>>10
きっかけはイギリス人の一言



14
>>12
イギリス人なのか…


15
北に住む10部族は紀元前8世紀に滅ぼされ
南に住む2部族もやがて紀元前6世紀に滅亡

前者の行方は未だ掴めておらず「失われた10部族」なんて呼ばれてる



17
>>15
根絶やし?


18
>>17
どちらも捕虜になったことは分かってる
ころされたかどうかは不明

ちなみに南王国の2部族が後につくったのがユダヤ教
それはその時まで存在していたユダヤ教とは少し質の違うものと言われる
恐らく元々はYHVHの一神教ではなかった



22
>>18
ありがたや

はよ


20
ここから本題
日ユ同祖論でよく取り上げられる根拠に白黒つけたいと思う



24
次に三種の神器

「ヤタの鏡の裏面にヘブライ文字が刻まれている」


この根拠はあちこちで散見される
だが総じて情報ソースに信憑性がない、あくまで伝聞
そもそも三種の神器自体、本物が残っているのか神社庁宮内庁が曖昧にしてるし
この主張は根拠としてあまりに弱い



25
草薙の剣って壇ノ浦で沈んでなかったか


26
>>25
歴史書にはそう書かれている
後で漁師が拾ったなんて伝承もあるけど正直ウソ臭い
一応は草薙の剣とされるものが愛知県の熱田神宮に安置されている模様



28
続いて京都祇園祭

「祇園祭の鉾にユダヤ文化らしき描画がある」


これはそもそもシルクロードからやってきた文化のひとつと考えるのが妥当
ご存じ正倉院に格納された品物と同じようなものか
日本人の祖先をユダヤ人に求める材料としては弱い



29
次に君が代の解釈
まずはこちらをご覧いただこう


クム・ガ・ヨワ    立ち上がり神を讃えよ
チヨニ        シオンの民
ヤ・チヨニ      神の選民
ササレー・イシィノ  喜べ残された民よ 救われよ
イワオト・ナリタ   神の印(預言)は成就した
コカノ・ムーシュマッテ 全地に語れ



32
>>29
そもそも元ネタは冒頭が「我が君は」なんですが


33
>>32
その通り
一見すると気味が悪いくらい辻褄通ってるけど
実は君が代ってのは和歌集の中から適当に引っ張り出してきたもの
元来は違う音の和歌だった

この事実がある限りこじ付けであるし
こじつければ何でもありになってしまう



35
>>29
古代ヘブライ語の発音って、どこまでわかってるんだろう?
YHVHをどう読むかも分かんないんだろ?


37
>>35
ヤハウェじゃないの?


40
>>35
そう
日本では一般的にヤハウェって言ってるけど実際の読みは不明
海外ではヤーヴェとか言われてたりする



43
>>40
おお楽しみだ
俺が秦氏と繋がりがあるんじゃないか?という中二病なものでw


30
「日本人の祖先がー」っていうのはどうかと思うけど
「秦氏がー」って話は好き


40
>>30
秦氏はかなり重要
また出てくる



49
伊勢神宮に刻まれてる六芒星の意味はホント気になる


50
>>49
そうだね、次にダビデ紋について

三角形を重ねた形で籠目紋、六芒星なんて名もある
これが日本各地、例えば京都の古社「籠神社」に彫られているって一時話題になった


だがこのダビデ紋ってのは古代ユダヤ文明には一切関係がない
なぜならこの形は17世紀に作られ、たまたま「ダビデ紋」と名付けられただけだから



51
>>50
なんと


62
>>50のダビデ紋の補足だけど
古代イスラエルに見られたのはヒソプっていう観葉植物みたいな形



52
話が逸れるけど、有名な長篠の戦いの図で
信長の近くにダビデ紋の入った服を着た人たちがいる

信長が今も皇室と関わりのある忌部氏の末裔と言われるから
そこから日ユを語る人も中にはいる



56
じゃあDNAの話も

今はDNAを調べれば大方の祖先が把握できる
よく引き合いに出されるのは男から男に伝わるY染色体解析



58
日本人に見られるY染色体グループは
多い方から順にO D C
この内グループDはお隣の国ではほぼ見られないタイプ
つまり縄文人の系統であるとされる



59
グループDは珍しい型
日本とチベット、ベンガル湾あたりにしか見られない
恐らく地理的に隔絶された地域でもあるため

では、このグループDの祖先は古代ユダヤ人なのか?


答えはほぼ確定的にNO
なぜならグループDは現在の中東に全く見られないため
逆に現在の中東に見られるJグループなどは日本で全く確認されていない



111
>>59で言っている
Y染色体グループで日本人と現代ユダヤ人を比較しても意味が無いのでは?
それとも古代ユダヤ人と現代ユダヤ人は血統的に関係あるの?


60
脱線して悪いけど
オセアニアとは?


62
>>60
オセアニア?



63
>>62
オセアニア地域とのDNAの関連性とか知ってるかな?って


65
>>63
大学の専攻が弥生時代だったから詳しくまで分かんないけど

縄文人にも何系統かあったらしい
北方からの縄文人に南方からの縄文人
アイヌなんかはモンゴロイドの先駆けだったはず

個人的にオセアニアの先住民族は南方からの縄文人に近い系統だと思う
雑な解説ですまん



64
そして時代の話

十部族が離散したのと、神武天皇が日本を統治しだした年の開きがおよそ60年
このことを根拠にする人がいる


根拠として筋は通ってるけど、そもそも神武の実在が怪しい
本当は十代目の崇神天皇からが実在した天皇と言われる
神武と崇神の間の天皇たちの記録が雑すぎるのと、それら天皇の名前がどうも後付けっぽいことから



66
ここまで否定しまくった
とりあえず「日本人の祖先が古代ユダヤ人である」
って説は却下したいと思う

日ユ同祖論は例えば「義経がチンギスハンになった」説と
同じような展開の主張が多いから、そういう所も興味深い



67
神輿が、十戒の石版(かなんか)を入れた櫃と、同じように運ばれる、
とかいうのは?
そもそもよその国に神輿みたいのがあるのかどうか知らないけど


69
>>67
その話もしようか
俺は日ユ同祖論こそ否定するけど、一部のユダヤ人は日本にやって来たと思ってる



72
>>67
それな!


71
神輿の話をする前に補足

古代イスラエルには聖櫃という宗教的なお宝があった
中にはアロンの杖、マナの壺、そしてモーゼの十戒の石版が収められている
(三種の神器と類似か?)
聖櫃は今や「失われたアーク」と呼ばれ、世界のどこかに隠されているとも伝わる
インディージョーンズでも扱われた
その失われたアークの外観が、実は日本のお神輿にそっくり



73
>>71
京都だったか?のお神輿で西洋的な絵柄が描かれたお神輿なんかもあったよね、たしか


74
例えば京都の祇園祭
一番盛り上がる山鉾巡業は7月17日に行われる
これはノアの方舟が地表に漂着した日と同じ



75
ちなみに、オセアニアとの関連性はムー大陸的な話w


76
こじ付けかもしれないけど、「祇園」の音は「シオン」の音と類似してる
伊勢神宮には「しおん太鼓」なる由来が謎の楽器があったりする


>>75
そうか、ムー大陸の伝説は全然知識がないんだ



77
有名な話だけど
失われたアークの伝説が色濃く残っているのは徳島県の剣山
剣山でも神輿担ぎがあって、それが行われるのも同様に7月17日



79
それから既出の秦氏にも触れたい

秦氏は恐らくヤマト政権の確立の時代に大陸からやって来た渡来人
彼らがユダヤ人と何らかの繋がりを持っていた可能性は十分考えられる
なぜなら最初の神輿をつくったのは秦氏
加えて彼らが根城にしたのは祇園祭と関係の深い八坂神社付近だったらしい



80
岡山の荒戸山が秦一族によってアララト山に見立てられて命名されたではないかと思ってた時期が僕にもありました


82
>>80
そんな名前の山があるとは知らなかった



81
秦氏キター!


82
>>81
秦氏は不思議な民族だね
神社信仰と繋がりが深いようだけど、今も神社には古代ユダヤに似た信仰がある



83
だいたい今言えるのはここまで
正直まだ調べる余地がありすぎる
あと個人的に徳島県は不思議な土地
邪馬台国阿波説なんてのも最近話題だから、何か歴史的な秘密があるんだと思う
ちなみに徳島県には「大和」姓が多い



85
長崎の諫早(元は伊佐早)って音が渡来系っぽいと思ってたんだがググってもそれらしい記述は無かった


90
>>85
長崎は地理的に大陸からの影響を受けやすいな
根っからの同祖論者ならすぐにイザヤと結びつけそうだけど
地名のやり繰りって進めるうちに何でもありになる



87
>>1乙!

俺が信じてる…わけではないけど面白いと思ったのが
秦氏がユダヤ系で聖徳太子は実在しておらず秦氏(初代誰だっけ?w)と同一人物
ってやつ

俺の名字がハタから始まる名前で、親父の兄弟が皆背が高くてガッシリしていて、俺の親父がジャンレノにそっくりなんだw


90
>>87
秦氏の子孫は意外に多いみたいだね
ちなみに俺は聖徳太子自体は実在の王子だけど、
蘇我氏を悪く描くために英雄譚を加えられた凡人だと解釈してる



100
弓月君とかどうなのよ?


101
>>100
秦氏の始祖だな

有名な話に
アジアに弓月国という国家があり、それはユダヤ国家だったのではないか
ってのがある
根拠は万里の長城の建設に駆り出された民族があったと目される(労役から逃げるため日本へ?)こと
そして現に中央アジアにはヤマトゥなんて地名があること


だが俺自身はこの説には反対してる
秦氏は養蚕から酒造からかなりの技術をもった一族であるし
そのヤマトゥ付近にユダヤ文化の痕跡が無いどころか仏教とヒンドゥー教が栄えた場所にある
ヤマトゥの地名から生み出された都合の良い説と断じたい



103
>>101
秦氏が灌漑施設を持ち込んだとか聞いたことがある


108
神道は元が自然信仰だから
組織化して仏教に対抗するために他の宗教の体系を取り入れた
それこそキリスト教やその原点にある古代ユダヤ教だと思うんだ

>>103
農業技術はあったみたいだな、機織りなんかもそう
もっとも灌漑は日本でもある程度確立されていたらしいが



106
来栖とか黒須は切支丹関係の可能性の方が強くないか


108
>>106
まあ普通に考えるとそうか
苗字とか探るの面白いけど、その歴史が長いとは限らないからな
剣山の近くに栗枝渡って神社があるのは面白い



113
まな板の語源は、伝説の食料マナをすりつぶすのに使った板だからと
聞いたことがある。これもこじ付けかな、、


118
離散したなら古代ユダヤ人のDNAなんて分からないんじゃ?


119
>>118
そうだ、詳細を答え忘れてた
極論言えば今のアシュケナジーなんかは古代ユダヤ人と遺伝的繋がりがゼロかもしれない
この辺りは遺伝子調査が進まない限りどうともいえないけどな

でも日本人固有のグループDが古来中東にいたかと問われれば、その可能性も極めて低い
古代ユダヤ人がグループDなら、「じゃあ縄文人はどこに消えたのか」って話になる
日本人に多いグループOが弥生人であり
弥生人が縄文人より優勢になった結果、今のY染色体解析ではグループOが多数を占めている
こう考える以外ないだろうな



120
>>119
サンクス
ユダヤ人が祖先ってわけじゃないが、
ユダヤ人の文化は根付いてるってスタンスか

結局いつユダヤ人文化がやってきたわけよ


121
>>120
まあ簡潔にまとめればそんな感じだな

俺の考えだと、やはり古代ユダヤ人の文化は秦氏が持ち込んでると思う
5世紀頃になるのか
秦氏が渡来したのと同時に神社信仰も加速してるみたい

ちなみに全国の八幡宮は八幡神への信仰が元になっていて
八幡信仰の原点も秦氏にある 神輿もその派生



122
古代ユダヤ人の特徴的なY染色体グループが解っているなら
その分布図で消えた士族の行方も分かるんじゃないの?


126
よく考えたら別に古代にユダヤ人と呼ばれてる人達が日本に来て
文化残してても不思議じゃないよね


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1431958515