海の怖い話

海の怖い話「釣り上げた人間の手首と海から這い上がる腐乱女」

友達と海で釣りをしていたら、友人がまるで漫画みたいに変なものを釣り上げて大笑いしていた。でも、俺が釣り上げた“手袋”は、ちょっと洒落にならないシロモノだった――

まぁ、ありがちな話だけど友達と防波堤で釣りをしてたんだけど、
友達の一人がトランクスを釣り上げて
みんなで「おまえ漫画かよ」とか大笑いしてた

それから結構してから今度は俺がゴム手袋を吊り上げて
「こんどは手袋だよ」とかまた笑った


ところがその手袋には爪が生えてて赤いマニュキアまで塗ってあった
それはゴム手袋なんかじゃなかったんだ

もうぶよぶよした人間の手首だったんでみんなで驚いたのだけど
まだ携帯とか無い時代だったのですぐに警察に電話もできず
海に捨てちゃうわけにもいかずとりあえずクーラーボックスに入れておきました

帰り際にでも警察に届けようという話にもなったんだけど
結局みんな落ち着かずに警察に行くことにしました
車の持ち主が車にそれを乗せるはいやだと言い出したので
クーラーボックスはそこにおいたままでとりあえず皆で交番を探しに車でいきました

交番は10分もしないくらいで見つかり話をしましたが
交番のおまわりは一人しかいなくすぐ仲間を呼ぶんでじきにパトカーがきて
そのパトカーをひきつれて釣り場に戻ったんだけど
そのときにクーラーボックスは堤防のへりから1mくらい?のとこにおいてあって
堤防から海面までは3mはあったんだけど
おそろしいものを見てしまったんだ

ぶよぶよってゆうかヌメヌメした感じの女が海から堤防に這い上がってきて
クーラーボックスに手を伸ばしてた

俺は思わずわーと声を出してしまったがおまわりの一人も見たようで同じように驚いてた
女は一瞬で消えてしまったけどそれは気のせいとか間違いではなかった 
その証拠におまわりの一人も見ていたしその部分に水が残っていた

もう一人のおまわりや俺の友達は見えなかったようだけど
俺たちが嘘を言ってるとは思わないみたいだけど
でも信じ難いみたいな感じで微妙な空気だったし
もう一人のおまわりはまったく信じてないようだった

見ちゃったほうのおまわりはかなりてんぱってて俺も余計に怖くなった
見てないほうのおまわりがクーラーを開けて「うわっ」と言った

クーラーの中の手首が中の魚(どんこって言う奴)をぎゅっと握りつぶしてたんだ

俺たちがいたずらでやったみたいにさんざん疑われたけど
そんな事するわけないし
見たほうのおまわりが説得してくれて
俺たちはちゃんとした警察署に言って事情を詳しく聞かれることになった

手首自体はバラバラサツ人の被害者でちゃんとした物体(霊ではない)で
犯人もしばらくして逮捕されて事件としては解決したようだった

手首がどうやって魚を握ってたのかは
俺たちが説明を受けることはなかったので謎