洒落怖ドライバーの男

洒落にならない怖い話で「銭湯で覗いた鍵穴」の話がありますが、その怖い話を再現するように洒落にならない男が出没したという報告者。洒落怖は読んで楽しむぶんには良いのですが、それを再現しようとする人間が存在することが洒落になっていません。みなさんも、洒落怖の恐怖の世界に取り込まれぬようお気を付けください――(おうまがタイムズ)



927
近所にお気に入りの露天風呂付きの温泉があって、仕事帰りに一人で行って
1時間位露天風呂に浸かっていたら、湯船を出て直ぐに石の下り階段が気になって
興味本位で降りてみた。

下には鉄製の扉があって古めの鍵穴も付いていた。

オカ板を結構みてたからマイナスドライバーの話ももちろん知っていてふざけて桶で
鍵穴を塞いだら同じタイミングで鍵穴からドライバーが突き出てきて唖然とした

かなりびびりながらもドアのノブを押さえつけたら内側側から開けようしてきていたから
大声をだして、見に来た客のおっちゃんに説明したら警察呼んでくれた

結構な騒ぎになり始めてからもたまに内側からドアノブをガチャガチャしてきたり
鍵穴からドライバーが突き出したりしていて、おっちゃんも集まってきていた
従業員もドン引きしていた
20分くらいしてから警察官が4、5人きて従業員も俺達も階段の上に
登らされて、ちょっと待ってたら警察が大声でなんか叫んでわいわいやりはじめた

警察官達が階段登ってきた時に素っ裸の中学生位の男が手錠を掛けられていて、
当事者の俺と温泉のマネージャーっぽい人も事情聴取で一旦警察署に連れて行かれた

俺は警察署の事務室みたいな所で座らされて、担当の警察官にオカ板の怖い話も合わせて
全部説明すると「こいつ訳わかんねぇぞ」みたいな顔しながらどっか部屋の外に行ったけど
しばらくしてから合点がいった表情で戻ってきた


928
警察官の説明によると、
中学生っぽい奴は最初は黙り込んでたけど俺が話したオカ板の
マイナスドライバーの話をしたら全部吐いたらしい。

そいつもオカ板にいつも貼りついて怖い話を漁っていたようで、
マイナスドライバーの話をみて自分でやってみようと一人で
ドライバー持参で温泉にきて、そのドアは基本鍵が開いていたから内側で貼りつきながら
鍵穴を覗く奴を待っていたそうで、覗いてきたのは俺がはじめてらしく(プラスチックの桶だが)
嬉々としてドライバーを突きさしたらしかった。
思いついて実行してからもなかなか鍵穴を覗く奴がいなくて、週一ペースで温泉にきては試していたらしい。

唖然としていると警察官が「俺は悪くないけど不用意な行動は極力控えるように」
みたいなことを言ってきて、その日はそのまま家に帰された

その中学生がなんでそんな心境になったかは知らないけど、動機は一番気持ち悪くて、
ただ怖い話を見てやってみたいと思ったかららしかった

それからは別の洒落怖の模倣犯みたいな奴がいないとも限らないから、
ベットの下とか帰るたびに毎回チェックしてる



引用元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1465654961