1
ピピッ ピピッ

彡(-)(-)「ファッ!? 朝か…」 ピッ

彡(-)(゚)「さて…準備して会社行かんと……」 ギシ…

 ゴソゴソ

彡(゚)(゚)「ほな行くか…」 ガチャ ギィ…

 バタン

彡(゚)(゚)「…」 コツ…

隣のOL「…」 ガチャ

彡(゚)(゚)「おっ」

彡(^)(^)「おはようございます」

OL「あ」

彡(^)(^) ニコッ

OL「あのー、夜にテレビの音うるさいんで、静かにしてもらえますか」

彡;(゚)(゚)「あっ、え、えらいすんまへん……」

OL「チッ…」 スタスタスタ

彡;(゚)(゚)「…」

彡(´)(`)「…会社行くか…」


2
───
 
  電車

 ガタンゴトン…

彡;(´)3(`) ムギュー

  ガタンゴトン…

───

 会社

課長「やきう君、ちょっと」

彡(゚)(゚)「アッハイ」

課長「君ねぇ、例の取引は進んでるの」

彡(´)(`)「あっ、いえ、その件は目下鋭意進行中でして…」

課長「何割ぐらい。100点中何点進んでるの」

彡(´)(`)「あっ、いえ、あの、五分五分といいますか…」

課長「あれぇ? おかしいねぇ、この前も五分五分って言ってなかったかなぁ」

彡(´)(`)「……」

課長「ってことは何かい? ここ最近は全く仕事してなかったと、そういうワケ?」

彡(´)(`)「あっ、いえ、そういう訳ではなくてですね、あの、そもそも数字で表しづらいと言いますか…」

課長「数字で表しづらい? じゃあなんで五分五分って言ったの? 数字だよね? それ数字だよね?」

彡(´)(`)「……」

課長「あっ、ふーん 適当に言ってたんだ。僕には分からないだろうと高をくくって適当に答えてたんだ」

彡(´)(`)「いえ、そういう訳では…」

課長「君ねぇ、そういうところがねぇ」 ネチネチネチネチ

彡(´)(`)「……」


3

───

 ガチャ…

彡(´)(`)「……ふぅー……」

彡(´)(`)「ただいま…」

彡(´)(`)「……」

彡(´)(`)(コンビニで買ったシャケ弁と発泡酒で晩酌や…) ガサガサ

彡(゚)(゚)「さて、夜のスポーツニュースを見ながら…」 ピッ

彡(^)(^)「ちびちびと酒をやる……ささやかな楽しみや…」

TV『本日のハイライト!』

彡(^)(^) ニコニコ


   ド ン ッ !!


彡(。)(゚)「ファッ!? 壁が!?」

彡(゚)(゚)「はっ…お隣さんか……テレビがうるさい言うとったな…」

彡(゚)(゚)「音量下げて…」 ピッピッ

『…を……して…』


 ド ン !


彡()()

彡(´)(`)「アカンか……壁薄いからな……もうええわ、テレビ消そ」 ピッ

彡(´)(`)「…」 ちびちび


4

彡(´)(`)「…テレビ見れへんしスマホでスポーツニュース見るか…」

 カチ スッスッ

彡(゚)(゚)「はえ^~ 筒香向こうで生き生きしとるな…」 スッスッ

彡(゚)(゚)「ん」

 『会話不足が健康に悪影響を引き起こす』

彡(´)(`)「…せやなぁ…人と話さんと気が滅入るで…」

彡(´)(`)「せやけどワイ、友達も彼女もおらんし……」

彡(´)(`)「……」

彡(^)(^)「せや! 鏡に話し掛けたろ!」
 
───

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「ははは、自分の顔をまじまじ見るってのも変な感覚やなぁ」

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「ふふっ、ワイこんな顔しとったんか」

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「誰やねんこいつ」


7
>>4
鏡の方の目がおかしいですね


5
(アカン)


6
期待


8
FF4の試練の山かな?


10

彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「えーと、何話たらええんやろな」

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「んー、今日も色々あったけど、まあ頑張らんとな」

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「もっと強くならんとな」
 
彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「色んな嫌なことを無しにする強さを身に付けんとな」
 
彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「ま、こんなもんやろか」

(゚)(゚)ミ    |    彡(゚)(゚)
「寝よ寝よ」


     (゚)(。)ミ
   クラッ


     (゚)(゚)ミ ?


11
───

彡(゚)(゚)「さて、弁当片付けて寝…」

  「ちょっ…」
 「いいじゃん」


彡(゚)(゚)「ファッ!? お隣さん始めたんか…」

彡()()「こっちにも音響くから寝れんやんけ…勘弁して欲しいンゴねぇ…」

彡(゚)(゚)「しゃーない。 軽く壁叩いて知らせるか」

 コンコン

彡(^)(^)「ちょっとお静かにお願いしますやで~」

 「…あ゙? 何? 隣?」
  「いいよ無視して なんかキモいおっさんだし。モテない嫉妬でしょ」

彡(;)(;)「……」

彡(´)(`)「もうええわ……疲れた…耳塞いで寝たろ…」

 ゴソゴソ…

彡(´)(`)「頭痛がするンゴ……」

 ゴソ…

   ゴソ…


12
悲しい世界


15

───
  

 ピピッ  ピピッ
   ピピッ

彡(-)(゚)「ん……」 ピッ

彡(-)(゚)「ふわあ、朝ンゴねぇ……」

彡(´)(`)「なんか疲れが取れてないンゴねぇ…やっぱり無理がたたっとるんやろか…」

彡(-)(゚)「ん?」

彡(゚)(゚)「あれ…指に血がついとる… 寝てる時に何かぶつけたんやろか」

彡(゚)(゚)「まあええわ、準備して出社せな…」 ゴソ…

 ゴソゴソ

彡(゚)(゚)「…」 ガチャ

彡(゚)(゚)「…今日はお隣さん出て来ないんやな。まあ文句言われそうやしええか」 テクテク


16
ヒェ…


17
あっ…(察し


18
あっ…


19
おぉ、序盤からとばすなぁ...


20
ヒエ...


21
夢遊病の引き金になったり悪化させたりするらしいな
長時間自分の姿を眺める行為が、意識がぼんやりしてるときに離人症的な傾向を強めるんだと
自分のやってることを夢だとぼんやり思いながら実行してしまい、睡眠挟んで目覚めた時には覚えてない


23
彡(゚)(゚)「お前は誰や」
彡(^)(^)「ワイやで」
彡(゚)(゚)「なんやワイか」


24
ワイ仕事行く前に今日も一日頑張ろうって鏡見て話しかけてるんだが、もしかして駄目なんか?


25
適度に鏡を見る行為はストレス発散になるんやで
鏡の向こうの自分を他人と認識するとヤバいけどな


27
───

課長「それで、シンチョクは?シンチョク」

彡(´)(`)「進捗はですね…後は課長にA案かB案かを検討していただいて…」

課長「は?その資料は?」

彡(´)(`)「あの、もうこの前課長のデスクに置いたと思うんですけど…」

課長「は? デスクに置く?それで俺に言ったことになるわけ?」

彡(´)(`)「言いました…課長スマホいじってましたけど…分かった分かったって言ってました…」

課長「は? それで本当に伝わったと思ってるの? ねえ、本気でそれ100%絶対に確実に伝わったと思ってるの?」

彡(´)(`)「……百パーセントでは…ないですが…」

課長「あっ、ふーん 百パーセントじゃないのに放置したんだ。へえ」

彡(´)(`)「あっ、いえ、放置というか…」

課長「今まで再確認したっけ? 本当に伝わりましたか、って。 俺聞いてないよ? 何も聞いてない。あれ?俺健忘症かな?」

彡(´)(`)「あっ、いえ、今初めて二度目の声掛けをしました。すみません」
 
課長「だよね。しかも俺がシンチョク確認しなかったら一生言わないつもりだったよね」


28
彡(´)(`)「あっ、いえ、言わないというか、もう課長が把握している前提でチームが動いてますので…」

課長「あっ、俺が悪いんだ」

彡(´)(`)「……」

課長「俺が悪いなら謝らなきゃね、チーム全員に謝らなきゃね。7人だっけ。全員に今から土下座してきますわ。ダメな上司ですみませんって」

彡(´)(`)「あ、いえ、すみません、私が悪いです」

課長「あーいいよいいよ。俺が悪いんだもんね、さっきそう言ってたもんね」

彡(´)(`)「いえ、私が悪いです。申し訳ありませんでした」

課長「最初から素直に謝ればいいんだよ。自分の非をきちんと認めてさ」

彡(´)(`)「……」

課長「それって社会人としての常識、いや人としての常識っていうかさぁ、
   俺小学生の時に道徳の時間に習ったと思うんだよなぁ。ゆとり教育で変わったのかなぁ」ネチネチネチネチネチネチ

彡(´)(`)「………」


34

───

 ガチャ

彡(´)(`)「ふぅー……」 ノソ…

彡(´)(`)「今日も疲れたンゴねぇ…」 シュル…

 ギシ…ギシ…

彡(´)(`)「今日は適当に…キャベツ刻んで…卵入れて…うまかっちゃん茹でて…」 ゴソゴソ

冷蔵庫「パカッ」

彡(´)(`)「キャベツと卵…」 ヒョイ

彡(´)(`)「包丁…」 ゴソゴソ

彡(゚)(゚)「あん?」 ゴソゴソ

彡(゚)(゚)「包丁が無い……」 ガサゴソ ガサゴソ

彡(´)(`)「何でや……無くなるもんでもないやろ……はぁー……」
 
 パリパリ ペリペリ

彡(゚)(゚)「キャベツは手でちぎって入れるか…」 チギチギ

 グツグツ

彡(゚)(゚)「できた」


37

彡(゚)(゚)「テレビ付けて」 ポチッ

『MVPは~』

彡(゚)(゚)「いただきまーす…」

彡(゚)(゚)「…」 ズルズルズルー

彡(´)(`)「…」 ズルズルズルー

 ズルズル… ズズズ…

彡(゚)(゚)「あ」

彡;(゚)(゚)「やばい、音量下げんとお隣さんが……」

彡(゚)(゚)「?」

 シーン

彡(゚)(゚)「静かンゴね……今日はお隣さんおらんのやろか。 まあええわ、ラッキーや」

『ここで珍プレー!』

彡(^)(^)「あははー」
 


彡(゚)(゚)「さーて、歯磨いて寝るか…」

彡(゚)(゚)「あ」

彡(゚)(゚)「そういえば今日も人と会話してへんな…」

彡(゚)(゚)「会話って言ったら上司とや……」

彡(´)(`)


38
あっ・・・


39
ああ...


40

───

彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「……」

彡(´)(`)    |    (´)(`)ミ
「…今日も話聞いてや…」

彡(´)(`)    |    (´)(`)ミ
「あのな…上司がえらいけったいな奴でな…ワイばっかりイジメるねん」

彡(´)(`)    |    (´)(`)ミ
「ほんま、もういなくなってほしいわ」

彡(´)(`)    |    (´)(`)ミ
「はあ…ワイも強くならんとな」

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「…今日も話聞いてくれてありがとうな」

彡(^)(^)    |    (^)(^)ミ
「頼りにしとるでほんま」

彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「さて…寝るか…」

(゚)(゚)ミ    |    (゚)(゚)ミ
「明日も早いンゴねぇ」


 テクテク

  バサッ

 …zzz……zzZZ…

───

彡(゚)(゚)「おはよーございまーす」

彡(゚)(゚)「さーて、課長が来る前に資料まとめとくか」 ゴソゴソ

 …

彡(゚)(゚)「遅いンゴねぇ」


43
>>40
なんで後ろ向きじゃないんですかねぇ…


46
>>43
間違えたんやろな(願望)


47
>>43
そらもうあれよ


41
ア!
これはまずいですよ!


44
ヒェッ…


45
こわE


48
後ろのカーテン開いてるんやけど怖くて見れへん


49
>>48
すまんな すぐどっかいくわ


52
なんで指に血付いてたんや?


54
>>52
どっかにぶつけたんやろ(震え声


53
鼻血でしょ(適当


58

 
彡(゚)(゚)「来ないやんけ」

「どうした?」「課長が来ないんだよ」
 「えー何、電車?」「今日何の事故も無いだろ」
「電話は?」 「出ないって」

部長「あー、もしかしたら病気で倒れとるのかもしれん、誰か行ってくれないか」

彡(゚)(゚)「あ、せやったらワイが……」

───

彡(゚)(゚)「えーと恩慈英町三丁目34番…ここか」

彡(゚)(゚)「ええマンション住んどんな」

 管理人室

彡(゚)(゚)「…」 ドンドンドン

管理人「はい?」

彡(゚)(゚)「あのーえらいすんません。私こういうもんです」 スッ

彡(゚)(゚)「課長さんが会社を休んでまして…しかも連絡取れんのですよ。心配なんで来たんですが…」

管理人「あー、なるほど。 じゃあ私も玄関のとこまで付き添いますわ」

彡(゚)(゚)「えらいすんません」

 …

 ピンポーン

彡(゚)(゚)「課長さーん 課長さーん やきうですー」 コンコン

彡(゚)(゚)「……」

彡(゚)(゚)「反応ありまへんなぁ」


59
ゲシュタルト


60
下手なホラー小説より怖e


61
(アカン)


62
(アカン)


63
J( 'ー`)し


64
>>63
オカン


66
>>63
(オカン)


67
さぶいぼ出てきた


74
管理人「はあ。 どっかの居酒屋で潰れたりする人なんですか?」

彡(゚)(゚)「いや~今までこういうことは無かったんですがねぇ。 ケータイも出らんのですわ」

管理人「はあ……」

 ジャラ…

管理人「う~ん、仕方ない。 中で倒れてても大変だしね、私が先に入って見てきます。貴方はここで待っててください」

彡(゚)(゚)「お願いしますー」

 ジャラ… ガチャガチャ

管理人「ん?」

彡(゚)(゚)「どないしたんですか」

管理人「…てる…」

彡(゚)(゚)「え?」


  ガ パ ぁ


管理人「開いてる…」

 
  ギ ィ ィ ィ ィ ィ …


彡(゚)(゚)「え……?」


75
ヒエッ…


76
(アカン)


86
このガキ言う事


87
>>86
(キカン)


93
このスレ、なんか嫌な感じがする


94
>>93
(おかん)


97
>>93
(ヨカン)


101
帰ってきたでー


102
>>101
(キカン)


103
勇猛


105
>>103
(かかん)


109
以下(~カン)禁止やで


114
せやな
すまンゴ


130
イッチ課長説


132
イッチ!イッチ!返事をしろ!


135
イッチいいああああああ


138
イッチまだ生きとるか?


139
イチは今鏡とお取り込み中やで
契約更改で未だに揉めとるんやろ


141
イッチが上司やったんやろなぁ


146
管理人「……課長さーん?」 ギシ…ギシ…

管理人「課長さーん 失礼しますー 返事してくださーい」 ギシ… ギシ…

 …

彡;(゚)(゚)「…」

彡;(゚)(゚)(何があったんやろ……何か妙な胸騒ぎが……)

  「うわああああぁああぁッ!!!」

彡( )( )「ッ!?」

彡;(゚)(゚)「どっ、どないしたんですかっ!?」 ダダッ

 ドタドタドタ…

「あ…ひ……」

彡(゚)(゚)「! 洗面所か!」

彡(゚)(゚)「大丈…」 ガラッ

彡(゚)(゚)「あ……」

  「血生臭い匂い」
「何やこれ」 「血」 「赤い」
 「課長」 「ひび割れた鏡」
「鏡に突っ込んどる?」 「頭から?」
 「頭が割れて」 「中身」
「脳みそ」 「飛び散り」

 「管理人さん」「腰抜かして」

彡;( )( )「ハッ!」

彡;(゚)(゚)「か、管理人さん! 大丈夫でっか!」 ガシッ
 
管理人「あ……あ……あれ…」 ブルブル

 震えた指の先には、頭が潰れたトマトみたいになっとる課長…やった物。

彡;(゚)(゚)「あ、あ、あれ、課長……課長、が……」

管理人「え、えらいこっちゃ…えらい……」 ガタガタガタ


147
イッチ生きとったんかいワレェ!


153
まずいですよ!


158
課長、氏亡w


160
し、しんでる…


162
ヒェッ・・・


163
???「あれれ~?なんかこの氏体おかしいぞ~?」


168
>>163
失せろ死神


171
申し訳ないが小学生の癖に事件現場入る奴はNG
ちな金田一


184
>>171
お前も大概やろ!


172
彡;( )( )「と、と、とにかく、けいさ、警察……あ、あ、ひゃくとうばんって…何番……」 ワタワタ

 …


 ピーポーピーポーピーポー

警察「で、部屋に入ったら、ああなってたと」

彡(´)(`)「はい……」

管理人「入ったら……もうあんな感じで……」

警察「ふーむ……」

彡(´)(`)「……」

警察「…」ビンビン←刑事の勘

警察「ねえ、やきうさん…貴方…」

彡(´)(`)「はい?」

警察「この…課長さんと、最近トラブルとか無かったですかねぇ」

彡(゚)(゚)「ファッ!? ま、まさかワイを疑っとるんですか!?」

警察「ん? ああいえ、やきうさんが知ってる範囲で、課長さんと誰かがトラブってなかったかと聞いたんですよ」

彡(゚)(゚)「そ、そうですか…」

警察「…えらい取り乱しましたねぇ」

彡(`)(´)「ファッ!? いや、ちゃいますよ! あんな言い方されたら誰だって……」


173

警察「もう少し詳しくお話聞きたいですねぇ…」

彡;(`)(´)(何でワイが疑われんといかんのや! ころすぞこのクソ警官!)

 結局、ワイが解放されたのは夕方になってからやった。



彡(´)(`)「…」 テク…テク…

彡(´)(`)「はあ……疲れた……」 テク…テク…

彡(´)(`)「結局今日は仕事行かれへんかったし…またどっかで残業や……」

彡(`)(´)「それもこれもあのクソ警察のせいや! ったくもー」 プンスカ


174
あっ…警官…


177
サツ人鏡


178
>>177
うまい(確信)

タイトルはこれでいこう


181
お隣さんはどうなってるんですかねぇ…


268
さっき風呂入るついでに鏡をじっくりと見たンゴ
このスレのせいか鏡の中のワイがワイじゃないみたいだったわ
特に目を合わせると引き込まれるような感じがするンゴねぇ...


269
ワイらは鏡をみて自分が映っとるなー思っとるけど
もしかしたらずっと鏡に騙され続けとる可能性もあるよな


275
鏡に向かってストレッチをしていた女性が後ろ向いたのに
鏡の中の女性がこっち向いた動画思い出したンゴ


276
なんかコピペでみんな同じ画像見てるのに、1人だけ女が見えて
最後におっけー病院いくわみたいな感じでおわるやつ思い出した


288
~~~~

警察『いやねぇ…氏体がどうも、不可解なんですよ』

警察『死因は頭部への激しい外傷。これは間違いありません』

警察『その後、ガイシャは腹をこう、サされとるんですよ。』

彡(゚)(゚)『腹を?』

警察『ええ…刃物か何かで、腹をメッタさしにされとるんですよ。氏んだ後に、ですよ……』

警察『私はねぇ、これぁ尋常じゃない恨みを持った者の犯行やと見とるんです』

警察『こう……恨みを持った人間……心当たりないですかねぇ…』

彡(゚)(゚)『……』

警察『ま、指紋取らせてくださいよ。発見時に付いたかもしれないでしょ? それを除く為に、ね』

~~~~

彡(`)(´)「あの目……明らかにワイを疑っとった! 気分悪いわぁ!」
 
彡(`)(´)「はあ…しかも課長のマンションからの帰りやから、いつもと道ちゃうし…」


290

彡(゚)(゚)「ん……」 キョロキョロ

彡(゚)(゚)「あれ? ここ何処や? 駅に向かって歩いとるはずやのに、だんだん寂れて来たで?」 テクテク…

彡(´)(`)「道に迷ったんやろか……参ったなぁ…」

彡(´)(`)「…」 グーキュルル…

彡(´)(`)「腹も減ってきたし…」

 ザッ…

彡(´)(`)「ん?」

彡(゚)(゚)「何やこのボロボロの店……」

 『虚霊裏屋 屍影』

彡(´)(`)「? こりょう、り、や、しえい…? えらいけったいな名前やな…」


292

彡(´)(`)「何か見るからに怪しいし、こんなん近付かん方がええな…」
 
彡(´)(`)「早いとこウチに帰って…」

  ガ ラ ッ

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ

彡(゚)(゚)

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ

彡(゚)(゚)

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「お客さんだー!!!」 ガシッ

彡( )( )「ファッ!?」

彡( )( )(何やこのちっこいガキは!?)

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「たいしょー! たいしょー! おきゃくさーん!」 ズルズルズル

彡( )( )「わあああぁああ待て待て待てワイは客や無ぁぁぁ」 ズルズル

彡( )( )(こいつなんちゅー力や!!?) ズルズル

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「はいって!はいって!」 ドシン!

彡;(゚)(゚)「わっ…とっ…!?」 タタッ

 中は…すえた臭い…カビ臭…何やここ…
 訳分からん食材がぶら下がって…ビンが所狭しと並んで…
 一応カウンターらしきもんはあるが…こんなん飯食うとこちゃうで!
 ええい、はよ出て行かんと……

「おい、寒ぃだろうがはよ閉めろ」

彡( )( )「!?」


293

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「はーい」 ガラララッ! ピシャッ

彡;(゚)(゚)「あ…」

(´・ω・`)「ったく、何だよ店はまだ開けてねぇよ」 ノソ…

 カウンターの下から、今まさに起き抜けという感じの不機嫌な顔の男が出てきおった。

(´・ω・`)「何だあんた、客か。珍しいな」

彡;(゚)(゚)「あ、い、いえ、ワイは……」

(´・ω・`)「待ってろ」 ゴソゴソ…

 ドン!

(´・ω・`)「ほい、駆け付け一杯」

 そう言って出されたんは、なんや赤くてドロッとしとって…白いモヤみたいなもんが浮いとって…

彡;(゚)(゚)「な、何でっか、これ」

(´・ω・`)「トマトジュースとマムシの血をブレンドして、猿の脳みそのシェイクを混ぜ込んだ逸品だ。効くぞ」

彡(゚)(゚)「え…」

  ドロッ  ドロッ… ボタ…

 脳みそ…血…シェイク…

彡( )( )「おプぇ」

(´・ω・`)「あ?」

彡( )( )「おげええええぇぇええぇああぁぁぁぉぉぼごぁぇぇッッ!!!」 ゲロゲロゲボボビチャビチャビチャビチャァッ!

(´・ω・`)「げらげらげらげら」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「んもー」


294

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「うんしょ、うんしょ」 フキフキ

(´・ω・`)「おう、しっかり拭けよ」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「わかってるよー」 フキフキ

彡(´)(`)「す、すまんなお嬢ちゃん…」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「いいのー! おしごとだから!」

(´・ω・`)「ったくよぉ、ゲロの臭いが染みついたらどうしてくれんだよ、ったくよー」 スパー

彡;(`)(´)(その前にカビ臭い店をどうにかしろや!てか臭い気にすんならタバコ吸うなや!つか客おらへんやろ!) ムカムカ

(´・ω・`)「あ? 何? 文句あんのか? 弁償さすっぞ?」

彡(。)(。)「…」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「うんしょ、うんしょ」

(´・ω・`)「で?」

彡(゚)(゚)「はぁ?」

(´・ω・`)「何があったんだよ、話せよ」

彡;(゚)(゚)「は?え?」

(´・ω・`)「これでも客商売だからよー、俺ぁある程度"人を見て"んだよ」

(´・ω・`)「お前ぇ、俺の特製紅白ドリンクを見て、"何かを思い出して"吐いただろ」

(´・ω・`)「何思い出したんだよ。 かなり近ぇ記憶だ。人身か?グモか?教えろよ」

彡;(`)(´)「な、何であなたにそんなこと…」

(´・ω・`)「ゲロの臭いってなかなか取れねぇんだよな」

彡(゚)(゚)

(´・ω・`)「カウンター全取っ替えかな」

彡( )( )


296

 
(´・ω・`)「へえ~、上司がねぇ」

彡(´)(`)「ええ……」

(´・ω・`)「でも、お前はぶっちゃけ氏んで欲しかったんだろ?」

彡;(`)(´)「な、何てこと…!」

(´・ω・`)「だって、恨んでたんだろ、そうやってイジメられて」

彡(。)(。)「まあ…でも…ワイも悪いし…」

(´・ω・`)「心にも思ってねぇこと言うんじゃねぇよ」

彡;(`)(´)「そ、そんなこと…!」

(´・ω・`)「で? どうやって氏んでたんだ、その氏体」

彡;(゚)(゚)「それは…うぷ…鏡に、こう、頭を突っ込んでる感じで…おぷ」

彡;(゚)(゚)「警察は…犯人に頭を掴まれて、鏡に叩きつけられたんだろう、って…うぷ」

(´・ω・`)「はぁ~ 鏡に頭ドーン!でグチャーッ!ってか」

彡( )( )「うぷ…そ、そうです」 オエッ

(´・ω・`)「ふぅん……」

(´・ω・`)「……」

彡(゚)(゚)「な、何ですか…」

(´・ω・`)「いや、何か話聞いてるとよう」

(´・ω・`)「その氏体、鏡に突っ込んだって言ってるが…鏡に吸い込まれた、とも取れるよなぁと」

彡(゚)(゚)「……」

彡(^)(^)「あはは、なんかそういう話見たことありますわ。鏡の世界って。アリスやったかな?」

(´・ω・`)「……」


297

(´・ω・`)「ま、つまみながら話そうや」 トン

彡(゚)(゚)「これは?」

(´・ω・`)「煎り豆に荒塩を振ったものだ…シンプルだが、結構止まらねぇぜ?」

(´・ω・`)「それと、自家製の果実酒だ。 シナモン酒」

彡(゚)(゚)「シナモン酒?」

(´・ω・`)「ああ、ホワイトリカーにシナモンスティックを漬けてな。これをブランデーに混ぜる…」 クルクル

(´・ω・`)「呑め」 トン

彡;(゚)(゚)「は…はい」

彡;(゚)(゚)「…」 ゴク…

彡(゚)(゚)「ファッ!? 美味しい!」

(´・ω・`)「だろ」

(´・ω・`)「それに、シナモンは目に良いんだ。 視えるようになる。 色んなもんが、な」

彡(゚)(゚)「…」 ポリポリ ゴク…

彡*(^)(^)「ああ^~ 香ばしい豆と塩味がたまらンゴねぇ…それにブランデーも、強いけどサラッと呑めるわ」

彡(^)(^)(結構いい店なんかもしれんな~)

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「……」


298

(´・ω・`)「じゃ、話してくれよ」

彡*(゚)(゚)「はえ?」

(´・ω・`)「全部だよ、ぜーんぶ。 この数日の全てをな」

 …

彡*(-)(-)「ヒック…ほんで、ワイは鏡のワイと話して……ほんで、今日も帰って、鏡のワイと…」

(´・ω・`)「はー、なるほどねぇ」 ゴクゴク

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「わたしものむー」

(´・ω・`)「お前はこの紅白ドリンクでも飲んでろ」 スッ

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「わーい」 ゴックゴック

彡*(^)(^)「ほんで、その鏡のワイと話すってのが、これまた意外とええんですわ」

彡*(^)(^)「なんかこう…スッキリしますわ」

(´・ω・`)「……」

(´・ω・`)「お前、謝った方がいいかもなぁ……」 ボソ

彡(゚)(゚)「ファ? 謝る?」

(´・ω・`)「んー、なんつーか…押し付けてんじゃねぇかなぁ…」

彡(゚)(゚)「押し付け? は?」

(´・ω・`)「それと……あー…最後は、自分を強く持てよ」

彡(゚)(゚)「?」

(´-ω-`)「ま……いいわ。 今日は帰んな」

彡(゚)(゚)「……はぁ……」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「…」 ガラ…

彡(゚)(゚)「お、ありがとさん」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「……バイバイ」

彡(゚)(゚)「? ああ…」

彡(゚)(゚)「ばいばい」


299
───
 
 テク…テク…

彡(゚)(゚)「はあ…」 テクテク

彡(゚)(゚)「変な店やったなぁ……」 テクテク

 ジャラ… カチャチャ

彡(゚)(゚)(お隣さん、電気消えてるンゴねぇ。 今日もおらんのやろか) ガチャ

 ギィィ…

彡(゚)(゚)「ふぅ……」 シュル…

彡(゚)(゚)「……」

  鏡…

彡(゚)(゚)「…」

 ギシ…ギシ…

彡(゚)(゚)「鏡……」


300

彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「……」


彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「あのな…ワイ…」


彡(゚)(゚)    |   (゚)(゚)ミ
「今日は……課長が氏んで…」


彡(゚)(゚)    |  (゚)(゚)ミ
「警察が…」


彡(゚)(゚)    | (゚)(゚)ミ
「ワイのことを…」


彡(゚)(゚)    |(゚)(゚)ミ
「疑っ……」


彡(゚)(゚)   (゚)|(゚)ミ ズュルッ


彡( )( )「ファッ!?」


301
ひぇっ


302
怖すぎィ!


303
ついにこの時が来てしまったか


304

  (゚)(゚)|ミ  ズズ…ズ…


彡( )( )「あ……あ……」 ガクガク

~~~~

(´・ω・`)『視えるようになる。 色んなもんが、な』

~~~~

彡( )( )「あ、あ、あいつか…? あいつが言ってたのは…こういうことなんか…!?」


    (゚)(゚)|ミ ズズズズ…


彡( )( )「あ……あ……お前が…お前が課長をころしたんやな…鏡に引き込んで…」


    ズズ…ズ… ズリュ…


彡( )( )「ワイが…ワイが恨みを込めたから…お前は…ワイの為に…? ワイの…」


    ズリュ… ズズ…


彡( )( )(ど、どうし…どうしたらええんや…)


305
鏡がこわい


306

彡;(゚)(゚)「ハッ…」

~~~~

(´・ω・`)『お前…謝った方がいいかもなぁ』

~~~~

彡;( )( )「す……す……すまんかったぁ!!」


    ズズ…… ピタ


彡;(゚)(゚)「ワイが…ワイが悪かったんや……」

彡(;)(;)「全部お前に押し付けて……ワイは…ワイは自分自身で何とかしようと思っとらんかったんや」

彡(;)(;)「お前に愚痴ばっかりぶつけて…その癖自分では何も行動を起こそうとしない…」

彡(;)(;)「やから、お前が代わりに動いてくれたんやろ?」

  
      「……」


彡(;)(;)「すまんかった…ワイが悪かったんや…お前を都合よく利用しただけやったんや…」

彡(;)(;)「すまん…ほんまにすまん……でも、もうええんや。 もう、お前は動かなくてええんや」

彡(;)(;)「ワイが…自分のことは、自分でなんとかする。 やから、お前はもうええんや」



      「……」


   ズル… ヒュルッ…

彡(;)(゚)(鏡の中へ引っ込んで行く……)

彡(;)(゚)(すまんかった……全部……全部ワイの弱さが原因やったんや…)

   ススッ…    シーン…


彡(゚)(゚)    |    (゚)(゚)ミ
「もう…出て来なくてええで」


307

───

(´・ω・`)「ふいー、ハリガネムシのソバはうめぇなぁ」 ズズズズズズ

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「ねーねーたいしょー」

(´・ω・`)「あ?」 ズルズル ウゾゾゾゾ

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「あのおじちゃん、だいじょうぶかなぁ」

(´・ω・`)「あのおじちゃん? ああ、鏡の奴か」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「うん。 ねえ、鏡ってなんなの? 鏡の中にはもうひとりのわたしがいるの?」

(´・ω・`)「さあな…… ただひとつ言えるのは、鏡には魔力があるってことだ」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「魔力?」

(´・ω・`)「ああ、なんせ鏡は三種の神器のひとつだしな。 それに、鏡をご神体として祀ってる神社なんてゴマンとある」

(´-ω-`)「アマテラスを引きずり出し、この世に光をもたらしたのも鏡…そういった聖なる力を持ってるんだよ」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「聖なる力…」

───

彡(゚)(゚)「……」 ゴソゴソ

 出社の準備。

彡(゚)(゚) チラ

 鏡で確認。

彡(^)(^) ニカッ

 今日も良し。

彡(゚)(゚)「ほな、行って来るわ」

 鏡の自分に、挨拶。

    ガチャ…

彡(^)(^)「ほな、今日も一日頑張るか!」 テクテク…

大家「あら、おはよう」

彡(^)(^)「おはようございますやで!」


308

───

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「で、鏡の自分に謝ったから、もうおじちゃんは大丈夫だよね!」

(´・ω・`)「……」

(´・ω・`)「どうも、腑に落ちねぇ点がある」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「ふにー?」

(´・ω・`)「あいつ、朝起きたときに手に血が付いてた、つってた。 鏡の自分が動いただけで、そんなこと起こり得るか?」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「…寝てるときにケガしたかもって言ってたー…」

(´・ω・`)「同時に包丁が無くなった。 そんな偶然があるか?」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「……」

(´・ω・`)「それに、あいつが氏体を発見したときの状況も変だ」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「?」

(´・ω・`)「あいつ、氏体を見つけてすぐに『課長』つったそうだ。 顔が潰れた相手だぞ? すぐに判断付くか?」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「そ、それは課長さんを探しに来たんだし、部屋に人がいたら、当然そう思うよ!」

(´・ω・`)「それに、あいつはすぐに"警察"を呼んだんだ。救急車じゃなくて警察だぞ?」

(´・ω・`)「なんで素人が即座に『氏んでる』って判断できんだよ。フツー呼ぶなら救急車だろ?」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「……」

(´・ω・`)「それに、課長とやらの氏体も変だ。 腹がメッタさしにされていたそうだが…」

(´・ω・`)「鏡人間は頭をカチ割った時点で目的は達してたはずだ。どうしてそこまでする必要がある?」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「……」

(´・ω・`)「答えは簡単だ。 別の奴がヤったんだよ。 そしてそいつは、都合良く忘れちゃいるが…無意識に深層の記憶を思い出してやがるんだ」


310

───
 
 駅

彡(^)(^)「さーて、今日も電車に揺られて通勤…」

彡(゚)(゚)「電車…満員電車…」

彡(´)(`)「大変ンゴねぇ…人が多すぎるんや…」

───

(´・ω・`)「恐らく、鏡の闇の力の部分が出ちまったな」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「闇の力?」

(´・ω・`)「ゲシュタルト崩壊つってな、鏡に向かって『お前は誰だ』と言うと自我が崩壊する、っていう都市伝説がある」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「げしゅたるとほーかい…」

(´・ω・`)「有名な伝説だからググりゃすぐ出る、後で調べろ」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「うん…」

(´・ω・`)「もし、そいつが鏡に向かって『お前は誰だ』っつってたら…そこから緩やかに…無意識のうちに自我が崩壊していったとしたら…」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「……」

(´・ω・`)「そいつは『理性』を失う。 ただ本能のまま、欲求のままに行動する、肉の塊になっちまう」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「欲求…」

(´・ω・`)「産まれたばかりの人間にはな、欲望しか無いんだよ。 成長していくにしたがって、"理性"や"思考"を獲得し、"自我"を作る」

ヘレハ ゚ヮ゚ノ!ヽ「じゃあ……自我がほーかいしちゃったら…」

(´・ω・`)「もう、"欲"しか残らねぇ」


311
───

彡(゚)(゚)「嫌やなぁ…こいつらが減ればええのに……」

彡(゚)(゚)「こいつらが氏ねば…」

彡( )(゚)「ハッ…ワイは何考えとるんや。 ワイは何を…」

彡( )(゚)「ワイ……? ワイって何や… ワイ… ん? 何が、何、を、何」

彡( )( )「あ、"在る"…確かなモンが在るで……ワイはこいつらをころしたいんや」

 ゴソ…

彡( )( )「あ…鞄の底に……」


   ズ ル ッ…


彡( )( )「包丁が入っとった…血で汚れとる……あはは…ちょうどええな…あはは…」

───

大家「……」 コンコン

大家「OLさーん、いますかー? あの、悪臭がするって苦情が来ているんですけどー」

大家「OLさーん? 入りますよー?」

  ジャラ…  ガチャ

  ギィィィィィ…

大家「ゲホッ…!? な、何この臭い… OLさん……?」

大家「OLさ…」


   グチャ…  ビチャ… ぐちょぁ…


312
ほげっ...


313

───


彡( )( )「あ、お前邪魔やで」 ヒュッ

  ザシュッ!

男「うっ、ぐお、ぁ、あ゙あ゙ぁあ゙あ゙ぁァァあ゙ぁああ!!?!」 ブシュゥゥウゥッ! ボタ…ボタ…

彡( )( )「お前も邪魔や お前も お前も」

 ザシュッ  ドシュッ

  「いいいぃひぃぃい」「いぃ゙ぃやあ゙あぁ゙ああ゙ぁ!!!」
   「さ、サツ人鬼だッ!!」 「逃げろぉぉぉおぉぉ!!!」
 「助け……」 「あがっ、お゙、」「誰かァァ── ッ!」 「ああ゙あ゙ぁああぁ゙ああ!!」

彡( )( ) シュッ ザシュッ ドシュッ

彡( )( )「あは、はは、は」 ドシュッ ザシュッ

───

(´・ω・`)「だから自分を強く持てっつったんだ」

(´・ω・`)「馬鹿が」 スパー

───

 
  「お、お、お前何なんだよお゙ぉ゙ぉお゙おぉぉ!!!!」


彡( )( )「ワイは……」



      彡 ( ● ) ( ● ) ミ

      「 ワ イ は 誰 や ?」



        完


314
イッチおつやで…


315
ひぇー
怖かったけど面白かったで!
お疲れ様です


317
おんJにまた一つホラーの花が咲いたな...

乙一


318
今日から鏡みるのやめるわ


319
面白かったわ


325
上げて落としていくホラーはガチで怖い


326
世にも奇妙な物語に使われそう


334
実際これ捕まったら自我がないってことで軽軽くなるの?


339
>>334
自我っちゅうか診察の結果によるやろうが
統合失調症あたりやろな


347
>>339
犯行時に心神喪失がみとめられたら免除やな


335
まあとりあえずは精神鑑定やろなあ


340
寝言でヨッメと会話できるワイ、記憶のない朝に震える


346
おもろかったで


350
乙!
面白かったンゴ!


351
全部イッチが書いたんか
おもろかったでサンガツ





引用: 彡(^)(^)「せや! 鏡に向かって話かけたろ!」