897
親父が内緒で教えてくれた話なんだが

10年ほど前のある夜、ふと目が覚めると金縛りのように体が動かない自分の上に誰かがのしかかっていた。
触れてきた手が冷たくて水がポタポタおちていて、必死で目をあけたら、大学の頃に付き合ってた女がいた。
ただ、その女は親父と別れた後、海の事故で氏んだと聞いていたので
未だに俺の事を恨んでいるんだなぁと思っていると、その女が腹の中に手を突っ込んでぐりぐりしてきて凄い激痛に襲われた。
次の瞬間、目が覚めたら女は消えて、激痛だけが残った。

翌朝になっても痛みが引かず、痛み止めを飲んでも効かなかった。
さらに、その翌日も翌日も女がでてきて腹に手を突っ込んでくる、痛みと寝不足で仕事も集中できずミスが連発。
怒った上司に「今すぐ病院にいってこい」と命令を受けて渋々病院にいくことになった。

親父は以前から背中や腰の痛みがあり、座り仕事だし腰痛が酷くなったのだろう整形外科にいったところ、
当初医師も腰痛だろうという話だったが、お喋り好きな高齢の医師に
つい、「夢かもしれないけど・・」という前提で、女の幽霊がお腹をグリグリしてから酷くなった、という話をしたところ

「そういうのは何かの前触れだったりするかもしれないから
念のためお腹のほうも見てもらったほうがいいかもしれない」

と言われた。
医者が言うには、幽霊そのものは幻覚だろう、とのこと、ただその幻覚は自分自身がつくりだしたもので
自分のお腹に対する痛みや不安がそういう形で無意識で出てきているんじゃないか、とのことだった。





898
親父は、まあ、そういうこともあるかもしれん、と思い
念のために別の病院にいってみたら、そっちの医者はかなり若い医者だった。
一応、とここに着た経緯を話したところ「幽霊ですか~」と苦笑いしながらも
「じゃあ安心のめMRIでもやっときましょうか」ということになった。

で、MRIをやったところ、膵臓に影があるということになり専門の治療ができる病院に紹介状を貰い
すぐに病院にいっていくつかの検査を受けたところ、初期の膵臓がんということがわかった。
その時、医者が興奮しながら「膵臓がんで手術ができるというのはラッキーですよ!」と言っていたらしい。

実際、膵臓がんは自覚症状が無いのでかなり悪化してから発覚することも多いのは後で知った。

医者が言うには、この初期の段階で痛みがそこまで酷いとは思えないので
その整形外科の医師の判断が素晴らしかったのだろう、と褒めていた(ちなみに幽霊の事は言わなかったらしい)

結局、親父は転移もなく、膵臓がんを全摘した。

インシュリンの注射は必須ながらも現在も元気に生活をしている。
あの時の元カノの幽霊が、果たして親父の幻覚なのか、病気を運んできたのか、それとも病気を教えてくれたのかはわからない。

でも、とりあえずカーチャンには一生黙っとけ、といわれている。



899
>>898
別の病院の若い医者とMRIやった医者は別人なの?
前者には完全に幽霊のこと話してるよね?


902
>>899
わかりにくくてスマン

高齢の整形外科に幽霊の話をして、腹も見てもらえとアドバイスを受ける
 ↓
近くの総合病院で若い医者に見てもらい、経緯(幽霊も含めて)を話したところ
安心のためにMRIをすすめられて、影があるからと膵臓の治療をやっている大きい病院を紹介される
 ↓
ここでは病院が大きく待ち時間が長かったため、無駄話はせず
紹介状を渡して症状を効かれたりして即色んな検査を受けて膵臓がん確定
そのため、最初の整形外科医が「通常であればただの腰痛と見逃すところを、
内臓の疾患を疑い他の病院へいけとアドバイスする名医」と勘違いした、という流れ



903
>>899
高齢のベテラン医者(夢の話をした)
別の病院の若手(夢の話をした)
紹介状持っていった病院の医者(夢の話してない)


904
>>902
なるほど了解





引用: ほんのりと怖い話スレ その118