日本の歴史ミステリー謎

日本には、未だに解明されていない数々の歴史の謎が存在していると言われています。よく話題にあがるのが、「坂本龍馬の不審死やフリーメイソン説」、「聖徳太子は実在したのか」、「歴史上の人物の肖像画や写真は偽物ではないか」といった話ではないかと思うのですが、そんな日本の謎をスレ主は打線にしてみたそうです。みなさんには、真相を知りたい日本の謎はありますか――!?(おうまがタイムズ)



1
1 中 聖徳太子は実在したか
2 二 古事記、日本書紀
3 投 邪馬台国の場所
4 捕 天皇家
5 一 本能寺の変
6 三 坂本龍馬を暗サツしたのは誰か
7 左 謎の4世紀
8 右 任那の存在
9 遊 上杉謙信女説

異論は認める



2
聖徳太子は存在しないで決着したぞ


5
>>2
マ?


6
>>2
あら、そうなん?知らんかった


3
4世紀ってなんや?空白ってことか?


7
>>3
なんか国内で劇的な変化が起こってるのに何も記録されてないらしい



15
>>7
大陸側が記述してる暇無かったからしゃーない


8
奈良、大阪にある大量の古墳も結局誰の墓か分からんしなぁ・・・


14
龍馬は見廻り組説でだいたい解決してなかったっけ
あと謙信のはただのなんちゃってな噂であって謎じゃなくね


16
>>14
最後は思いつかんくてネタに走ったんや…



17
日本史とはちょっと違うかもしれんが日本人や日本語の成立過程も謎が多いで


59
>>17
日本語の成り立ちってあまり聞かないけど、あんまり解明されてなかったからなんか


64
>>59
大陸から渡ってきたのが混じってるでいいんじゃ?
曹操とか日本語読みだとソウソウだけど古代中国語もそれで良いらしいし


18
憲伸女性説って"まんとら様"から邪推したあれちゃうんけ


26
>>18
多分、どっかの宣教師が本国に送る書簡に「上杉景勝の叔母」なる人物が記されて他のが始めやない?


19
古事記日本書紀ってそんなに謎なん?


23
>>19
古事記、日本書紀の神話部分やな
出雲の国譲りとか神武東征とか天孫降臨とかが事実をモデルに書かれていたとしたらすごいやろ



20
何故か馬がいないはずの日本に4世紀から馬の骨とかは発見されたりしたり、古墳の作りが大きく変わったりしたけど、魏史倭人伝みたいな記録書が4世紀の日本にはほぼ無いから、なぜそんな劇的な変化が起こったのか分からないってことやな

女性説と言えば将軍の一人が骨格的に女性っぽいって聞いたことがあるで


24
>>20
ほーん……普通に考えたら大陸から馬やデザインが入ってきたんやろけど
デザインはともかく馬なんて変な生き物何の風聞にも記録にも残らんもんかね…?


徳川(に限らず)埋蔵金は歴史的に大変なものがあるから
大人の事情で隠してるみたいな都市伝説でワクワクしたものンゴねぇ


29
>>20
騎馬民族征服王朝説とかいうスケールのでかい話好きやわ



31
一応、なぜ魏史倭人伝を出したかと言うと
その魏史倭人伝に「日本には馬や牛はおらへんで!」と記録されてるんや。
でも、邪馬台国の滅んだ3世紀末から馬の骨などがたくさん出土してたり、墓のデザインの劇的な変化から>>20のような説が論じられているみたいやで。

天皇陵さえ見られれば謎が少しは明らかになるとも言われてるとらしいで


32
>>31
天皇陵が見れたらなあ
宮内庁が許可したら済むことなんやが…



25
馬を使う地域と使わない地域があって使わない地域が先に魏に接触したとか?


35
ピラミッドと古墳がそっくりとか色々あるしな


36
邪馬台国にも触れよう(提案)


40
>>36
卑弥呼が日の巫女の当て字で天岩戸が皆既日食の事で
九州と近畿で二つの大国だったりとかそういう話?


43
>>40
邪馬台国どこにあるんやろっていう話よ
でも皆既日食の話は面白いよな



45
>>43
近畿地方のどっかって話やしそのうち確定すんじゃね?


50
>>45
魏志倭人伝読めば九州っぽいし、遺跡跡見れば近畿っぽいんよな
歴史家と考古学者が対立してるらしい



37
なんか古墳とか土偶とか怖いのワイだけやろか
なんでか分からんがヒヤッとする


38
>>37
わかる 氏体っぽい


39
天草四郎が豊臣の子孫かみたいなのもなかったっけ?


41
>>39
秀頼の息子説やろ


42
>>41
それや


46
源義経=チンギスハン説もあるぞ


47
>>46
それ否定されてたはずやで、ロマン枠でボッシュートです


52
あとは服部半蔵伊能忠敬説もあったな


57
>>52
なんやそれ…



60
>>52
違った
松尾芭蕉やった


54
徳川家重女性説って知ってるンゴ?


57
>>54
それもなんやそれ…



69
>>57
確固たる証拠はないんやけど
・将軍の声を聞いたものがほとんどいない、いたとしても数名の側近のみ⇒女声を悟られないための策
・大奥に入り浸りの割りには子供が少ない
・太平洋戦争後の遺骨調査の際、なぜか正面からの写真を撮られておらず、また正座(普通は埋葬される際は男はあぐら、正座は女)で埋葬されていた


73
>>69
家重は確か極度の吃音で側近しか聞き取れなかったっていう話を聞いたことがあるな



62
松尾芭蕉忍者説はきいたことあるけど服部半蔵とは知らなんだ


63
魏志倭人伝はどこまで信用できるか怪しいで

例えばもっと近年の『明史』の日本についての記述では

日本国にはもともと国王がいた。そして、その下に「関白」と称する者があり、
臣としては最も高貴な地位である。そのころ、山城州の主、信長が関白に
任じられていた。彼がたまたまある日、狩りに出たとき、樹の下に寝そべっていた
一人の男に出会った。その男は飛び起きて信長にぶつかってきた。信長は彼を
捕らえて問いつめると、その男は自ら、平秀吉、薩摩州の人の奴隷であると名乗った。
力強く、すばしっこく、そしてなかなか弁が立つ。信長はすっかり気に入って、彼に馬の
世話をさせた。樹の下で出会ったことから彼に「木下人」と名づけた。
(中略)
信長の参謀に阿奇支(あけち)という者がいたが、あるとき信長のきげんを損ねるような
ことをした。信長は秀吉に命じ、兵を率いて彼を討伐させた。ところが、信長は家臣の
明智の不意討ちにあってころされた。秀吉はその時、阿奇支を攻め滅ぼしたところだったが、
変事が起こったことを聞くと、部将小西行長らとともに、勝ち戦に乗じて軍を引き返して
明智を誅ころした。
『倭国伝』(講談社学術文庫)431~432ページより引用

みたいにだいぶガバガバやで


66
>>63
ガバガバやな
中国の歴史書は結構忠実やって聞いててんけどな



70
>>66
遣唐使あった頃までの情報は割と正確なんじゃないかなぁ
人の手で改ざんされてるのは仕方ないとしても


65
大正時代の短さよ


71
>>65
大正時代から溢れ出るロマン感
なおくっそ短い模様


74
金印と高地性集落の存在で歴史書の記述は信憑性があるからね


85
>>74
ワイも歴史書結構信じる派やわ
邪馬台国もマイナー九州説信じてるし



92
日本語ってモアイの近くの島がどうとか聞いた事ある


94
すべての言語は最初一つやったんやで


96
>>94
神様「人間ウザいから言語分けるンゴwww」



95
バベルの塔かな?


97
あのまま積み上げても成層圏あたりで察して引き戻すやろうな


106
>>97
強化人間かな


98
漢委奴国王の時代には後漢とやりとりして金印もらえるだけの
語学力がある人材がいたというのはすごいことやと思う


103
>>98
あの時代やったら留学とかして習得したんやろなあ
当時は海渡るの危険やろしそのバイタリティーが凄いわ



107
龍馬暗サツに関しては見廻組でほぼ間違いないってことやけど
正確な情報は結局闇の中なんよな
元見廻組の今井信郎の証言と渡辺篤とで結構食い違ってたりして


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1447083679