風車だらけの異世界

引っ越しをして、仕事にも環境にも慣れてきたので近所の散策にでかけたという報告者。入り組んだ路地を進んでいくと、人の気配が消え、風車がささっている民家が並ぶ奇妙な場所に出たそうなのですが――(おうまがタイムズ)



549 2016/11/30(水) 
一度よくわからん経験をした。
去年の春仕事の関係で引っ越しをして、去年の9月末頃に生活にも慣れたしこの辺がどんなんなってるか知りたくなって
昼過ぎから夕方にかけて、暗くなる前には家に帰ろうって決めてクロスバイクで好き勝手探索してたんだ。
結構路地が入り組んでて、住宅街にも普段生活しててそういやこっち行ったことなかったな、みたいな道が結構あってさ。
穴場的な飯屋とか見つかったらいいなーなんてどんどん入ってみたんだ。



550 
そしたら、なんていうのかな、人家はすごく立ち並んでるのに、生活感がないっていうか、人の気配がしないっていうか、そういう感覚と
あととにかく、風をびっくりするくらい感じないのよ。自転車乗る人はわかると思うけど、向かい風とかあるとめっちゃペダル重く感じたりさ。
なんだかすげえ無風だなあ。と思いながらずっと進んでたのね。
で、進行方向が90度カクっと曲がるような角になっててさ。先が見えなくなってて。
こっからよく覚えてるんだけど、歩行者とか車とか来たら危ないなーと思って、ミラーとか確認しようと思ったら無くてさ。
なんだ危ない道だなーと思ってゆっくり角に差し掛かったのね。



551 
そこからなんか、直感というか危険察知というか、あっ違うところ来ちゃったって感覚になってさ。
まずなんか色味が違うのよ。なんだろうな・・・CMYKをRGBにした感じっていうか、なんかやけに鮮やかに感じるっていうか。
あと、もう鳥肌立ったんだけど、家という家の入口に風車がさしてあって、無風だなってずっと感じてたのに、ぐるぐるぐるぐる回ってんのよ。
すげえなんかきさらぎ駅みたいな、2chで読んだオカルトみたいだなあとか思ってたら、進行方向の家からおばちゃんが出てきて、すげえ不思議な顔をしてる。
あー、これはなんかやばいやつかなーと思って急いで引き返す事にしたんだけど、例の角を過ぎても色味が変わらないし、風車は無くならないしさっきまで全然感じなかった人の気配を感じるのね。
ここから恐怖感に変わってきて、とりあえず現在位置の把握をしようと思って、一回止まって電柱の住所表示読もうとするんだけど読めない。
日本語なんだけど文字化けしてるような感じで、「お枚そケぎ」みたいになってる。全然読めねえ。
マジかよと思いながら携帯出してみたら圏外。すげえこんなん2chでみたら絶対釣りって言うわって慌てすぎて逆に変なところ醒めてたのよく覚えてる。



552 
でも内心恐怖が全然消えなくて、あーほんとどうしよう、って焦ってたら、気づかないうちに「あうにぷー?」みたいな音だったと思うんだけど、そんな感じで声かけられて
めちゃくちゃビビッて後ろ見たらすごいしわくちゃなんだけど、紺色の浴衣みたいなん着た髭の似合うダンディなおじいさんがおってさ。
なんて聞かれたかわからなかったから答えられずにびくびくしてたんだけど、爺さん続けて何回か、多分最初の言葉と同じようなニュアンスで発音の違う声をかけてきて。
それもわかんなかったんだけど、したら爺さん合点のいったような顔になって、今度は「どうした?」って、あっ日本語だと思ってすごい安心して。
とりあえず状況を説明したらうんうん真剣な顔で聞いてくれて、私の家が近いからこっち来なさいと案内されて。
自転車押しながら爺さんの後に付いていくんだけど、風車がとにかく刺さってる。回ってないのもあるんだけどアルゼンチンの国旗みたいな顔があったり、もうなんか設定ガバガバだなって思ったのよく覚えてる。
家にたどり着いたらそこで待ってなさいと玄関で待たされて、爺さん台所の方へ入って行って、木製の器みたいなのに水を入れてきて、突然俺の顔面にかけたのよ。

んでハッと気が付いたら家。んな馬鹿なって感じ。
証拠もなんもないけど、ものすごい怖くなって隣町へまた引っ越し。その路地は怖くってもう行けない。
なんかコピペしようと思って書き溜めたらすごい読み物っぽくなっちゃったわ。長文でごめん。実体験だけど嘘くさいなと思ったら読み飛ばしてくれ。



引用元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1475847844