ドッペルゲンガーの正体

「自分と似た顔の人は世の中に3人いる」と言われていますが、ただ似ているだけではなく本人そのものにしか見えない存在をドッペルゲンガーと呼びます。ドッペルゲンガーは本人が見てしまうと近いうちに亡くなってしまうとも言われていますが、もしそのドッペルゲンガーが第三者の目撃情報もなく自分にしか見えていないとしたら、こんな可能性も――!?(おうまがタイムズ)



845
ドッペルゲンガーの正体についてこんな話がある

誰でも真っ暗な中でも見えなくても自分の手足が今どこにあるかは把握出来るだろ
ドッペルゲンガーに会ったと言った後に亡くなった達を解剖すると脳に腫瘍が出来ているそうな
自分の体の位置を把握する機能を司る部分に

つまり
まず脳の体の位置把握を司る部分に腫瘍が出来る
そして自分の体の位置把握能力に障害が起きる
それが原因で自分の実在する位置とは異なる場所に「自分がいる」と感じる
これが自分以外に自分が存在する「自分のドッペルゲンガーと会った」体験の正体
そして脳の機能に障害を及ぼす程に大きくなった腫瘍が原因で氏に至る
これが「自分のドッペルゲンガーに会ってしまうと氏ぬ」現象の正体

これがどこまで検証された説なのかは知らん



849
>>845
体の位置ってのが良く分からんが、平衡感覚とかなら司ってるのが蝸牛とか小脳。しかし小脳に異常を来しても意識に影響を及ぼすことはない。


851
>>849
自分も読んだか聞いたかの受け売りなんで詳細に説明はし切れない
でも確かこういう感覚の事らしい
>誰でも真っ暗な中でも見えなくても自分の手足が今どこにあるかは把握出来るだろ

「平衡感覚」ってんではなくて
目をつむってても自分の手や足が今上に上がってるか下がってるかどの位置に存在するかはわかるだろ?
その感覚に支障をきたした場合には自分の体が自分の実在する位置からは
ありえない離れた位置に存在してると感じられるんじゃないかって説らしい

勿論全てのドッペルゲンガー現象にピッタリ当てはまるとは思わないけど
ドッペルゲンガー現象が科学的に実在する可能性として自分にはすごく腑に落ちる説だったんで
強く記憶に残ってるんだわ



855
>>845
少し違うかもしれんが、それに近い話
うちの従兄は脳に腫瘍があって今まで二度手術をしている

最初は、車の運転中に居眠り運転で自損事故
その前から仕事中に居眠りをすることもあり、疲れがたまった居眠り運転と処理されたんだが、
二度目に同じ事故を起こして運びこまれた病院で、二度はおかしいということで検査をして腫瘍が発覚
ただ、場所が悪くて完全に取りきるのは難しく再発の可能性が高い、と言われた

その後、しばらくして法事で田舎に帰ったんだが
その従兄に調子を聞くと「居眠りはしないんだが・・・」と言いながら話してくれたのが「自分を轢いた話」だった。
車を運転しているとき、目の前に自分が突然現れて轢いてしまった。
急いで車を降りて痕跡を探したのだが何も無し。
幻覚でもみたのか?と思っていたが、家の中に入ると自分がたっているという幻覚を見たり
自分から電話がかかってきたりということを繰返したので
病院にいったら再発していて、法事の後、二度目の手術をする予定、という話だった。
余談だが、この時期従兄は驚くほど太っていて、後に脳の腫瘍がホルモンをつかさどる部分を圧迫していて
その影響で太っていたことが発覚。
腫瘍を取り去った後、食事療法等しなくても痩せていった。

腫瘍だけではなく、何らかの脳のエラーや異常でこういうことはおきるんだろう。
大量サツ人を行った人の脳に異常が見られる確率が高いという話もあるよなぁ・・・

視覚・聴覚・意識・ホルモン(体型)だけじゃなく性格まで脳でつくられているんだから
脳腫瘍ってのは怖い病気だよなぁ



854
他人も自身も見るのがドッペルゲンガーであって、
自分しか見えないのは単なる病気だ


859
子供の頃同じ方向から2回祖母とすれ違ってさっき通らなかった?って聞いても知らないようで自分だけが他人のドッペルゲンガーを見たような体験した


引用元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1477608447