歴史上のサイコパス

サイコパス(精神病質者)は日常においては滅多に存在しないように感じますが、実は25人の中に1人は存在しており、欧米では人口の約4%ほどはサイコパスだといった説もあるくらい身近な存在のようです。サイコパスはIQも能力も高いため社会的に地位の高い職業についており、大企業の社長や医師、弁護士などに多くいるとも言われています。そのため、歴史上の偉人の中には「サイコパス」だったのではないか?と疑われる人物もいるようですが、はたして――!?(おうまがタイムズ)



1
チンギス・ハーン ティムール など
チンギス・カン

チンギスカン

大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服し、最終的には当時の世界人口の半数以上を統治するに到る人類史上最大規模の世界帝国であるモンゴル帝国の基盤を築き上げた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/チンギス・カン 

ティムール

ティムール

中世アジアを代表する軍事的天才と評価され、中央アジアから西アジアにかけてかつてのモンゴル帝国の半分に匹敵する帝国を建設した。しばしば征服した都市で大規模な破壊と虐サツを行う一方、首都のサマルカンドと故郷のキシュ(現在のシャフリサブス歴史地区)で建設事業を行う二面性を持ち合わせていた
https://ja.wikipedia.org/wiki/ティムール 


2
サイコは東洋系の人間が多いね。
西洋人は人権と自由に基づく平等な支配しかしないのに
東洋は独裁と粛清ばっかり。
アテナイからヘレニズムによって東方に伝搬した民主主義はどこに
いったのか。


39
>>2
サイコパスは西洋人に多いんだけど


70
>>39
数自体は変わらないかもしれないが、特に日本みたいに和を重んじる社会だと、サイコパスだと頭角を現しにくいんじゃないの。
最近はかなり変わってきてるかもしれないが、昭和までだったらアウトサイダーになりやすい。


3
アレクサンドロス大王


4
>>03 アレクはペルシャ征服で止めときゃ良かったのに、部下からすればどこまで行くねんだ。
途中で熱病で氏んでくれたから部下は助かった。
それでも後の時代のコロンブス、コルテス、ピサロ、ヒトラー、スターリン、トルーマン、
ジョンソン、ニクソン、レーガン、ブッシュ親子よりはましだろう。
西洋支配は古代より新大陸発見後の近世の方が明らかにキツイよね。むごい異端裁判は続くし、
奴隷の労働強度も余計キツくなっていると思う。


5
多くの人はサイコパスだろう。
ジル・ドレとかいうのも居たらしいな。


6
歴史上の皇帝や国王なんかサイコパスの系譜じゃないかとすら思う。

お前ら、なんでここまで平然と人をころせるんだ、奴隷にできるんだ、
裏切れるんだ、尊厳を蹂躙できるんだ、ってのが多い。

日本ではたとえば後鳥羽上皇や後醍醐天皇や織田信長がそうじゃないかと思う。
後醍醐天皇の言葉なんか全く信用できないんだよな。よくよく史書を読むと。

わが子にすら譲位するといって北陸に送り出しながら
いつの間にか譲位したはずの皇子と二重に綸旨が出されている。

大塔宮も、『梅松論』読むと、父帝の意志で足利尊氏討伐を企てていて
尊氏側に発覚しそうになったら責任をぜんぶ父からなすりつけられて
尊氏に身柄を引き渡されている。宮は「尊氏よりも父君が恨めしい」と。
実の皇子ですらこの扱いなんだから
公家、いわんや武家なんかほんと使い捨てにされている。

サイコパスは弁舌さわやかで魅力的な人間であることが多いらしい。
尊氏が自分を討伐しようとした後醍醐天皇を慕っていたのはあるいはそうかもと思う。


7
残酷な専制君主にも擁護出来る部分はある
しかし、エリザベトバートリ、こいつはホンモノのサイコパス


16
イヴァン4世は典型的だな
専制君主のサイコパス率が高いのは、幼少期の微妙な環境が影響してるんだろう


21
20世紀の自国民虐サツでは李承晩も
スターリン、ポル・ポト、毛沢東、金正日らと並んでトップクラスだな


22
張献忠さんを忘れるなよ


23
スターリンと朱元璋はサイコパスというより重度の被害妄想だな。


24
99%無実だろうという人間でも500人いれば、全員が無実である確率は数学的に1%未満となる
自分に刃を向けてくる可能性のあるものは、どんな小さいものでも全て摘んでおくという偉人の智恵


25
その挙句、自分の有能有力な後継者までころしてしまったのが豊臣秀吉。
猜疑心に取り憑かれたためにその後が続かなくなったワンマンは大物小物、枚挙に暇がない。


26
これって個人的な好き嫌いでサイコパス認定されたりしない?
日本史の主要人物なんかは全員一度をこのレッテルが貼られてる気がする


30
ヒトラーは?


31
ヒトラーも頭おかしいけど
サイコパスとは違うと思う
誇大妄想狂とかそんな感じに思える


36
日本史で申し訳ないけど
源頼朝の評価は両極端、冷酷で救いようのないサイコパスという人も多い
方や日本史上最高レベルの偉人というのも多い


44
サイコパスとその他の見分け方
それは倫理観の面ではカリスマさえ感じさせるような強烈さがあるのに
欲望の側面では遅らしいほど俗物根性で社会改革とかには興味がない


45
コロンブスの新大陸発見からガリレオ死刑判決までの欧米のサイコパス率の多さは異常
一旦、ルネサンスから18世紀直前までは人権と自由に基づく平等な支配、民主主義から逆に遠ざかっている
西洋近世とは人類史上稀に見る奇怪な時代だ。この時期はローマとキリスト教の両義性の内、専制的な側面が極大化した
これは米英やスイスなど新教圏でも同じ


49
明末に四川省を壊滅状態に陥れた張献忠


53
俺、自分さえ快楽のうちに一生送れるなら、
親兄弟含めて他人がどうなろうが平然と出来る人間なのよ。
そんな自分がおぞましいと思うと同時に、思ってるだけなんだから
別にいいだろ、とも考えてしまう。
俺、やはりサイコパスだわ。


56
>>53
一生どころか、人間の心理として
どんな快楽でも3日で飽きる。持って1週間かな。
君は単に欲求不満なだけさ。


57
サイコな時代に流されてサイコな事をしてしまった、という奴と
コイツはどんな時代に生まれても似たような事をしただろう真正、
という区別は必要だろうな


58
ベリヤとかラインハルト・ハイドリッヒみたいな諜報機関の親玉に多いって感じ。


59
FBIのフーバー長官かな
政敵の身上調査をして、調査ファイルを作って、
たいていの場合は封印して、ここぞといった場面で公開すると脅して
相手のがおびえるのを楽しむという。
キング牧師の場合は、かえって開き直ってしまったから、処分されたけど


61
歴史的サイコパス
一位;チンギスハン(英国人によって世界最初の戦争犯罪者とされている)
二位;スターリン(2000万人を気に食わないという理由でサツ害)
三位:ティムール(インド征服の際にとった行動はまさに典型的なサイコパス)
四位:毛沢東(6000万人を農業政策の失敗で氏に追いやる。現在
       それは日本の侵略の犠牲者数としてる。典型的なサイコパス)
五位;ポル・ポト(典型的なサイコパス。自国民の三分の一を気に食わないという理由で
         サツ害。スターリンの弟子)
六位:金正日(スターリン主義のエリート。餓氏させた人数は数千万人以上)


62
征服地に幸福をもたらせた者
一位;アレクサンドロス三世(民主主義、自由、人権、文明の伝達者。イスラム科学の
              起源)
二位;カエサル(欧州の平和的な統一。北アフリカは彼によって文明化された。
        英国はローマに征服されたことを文明化と言って喜んでる)
三位;エリザベス女帝(インドと中国、アフリカ、ミャンマー、中東への民主化・自由化・
           人権思想の普及に貢献。世界最大の領土を保有。ギネス記録)
四位;コロンブス(新大陸に文明、民主主義、人権思想の普及)
五位;ルーズベルト(ドイツなど枢軸側に民主主義、人権、自由の繁栄をもたらす)


65
ある種の性質(サイコパス)を持つ人格が権力と結びつき、
裁量権と機会を持つと、強烈な悪を実現する

であれば、そうした人間を権力に近づけないこと、
ある種の人間不信を働かせ法的規制をかけること、
裁量権を適度に小さくすること、裁量権を監視をすることが必要になる

共産国家では常態だったが、民主国家でも十分起きうる
病院とか、学校とか、看守とかね


72
信長秀吉がサイコパスだしな。
最近でも政治家には多いよ。巨大自治体の首長なんかは特に多い。

和を重んじるなんて関係ないんだろう。


73
家康だってサイコパスチックじゃなかったか、それ言うなら


74
>>73
んなことはない。
家康は合理主義者。
無駄な飾りとか贅沢が嫌いで「実質」に拘ったし。


79
権力の座に座った後の秀吉は、ころし方がいろいろエグいね


78
フーシェなんかどうだろ


82
レオポルト2世
なんでこいつの名前が出ない!


83
>>82
>レオポルト2世
別にサイコというほどじゃないな。
今でもブラック企業の経営者にありがちなタイプ。
極悪人というのとは違うが、現場がどうなっているか
自分が見たくないことは徹底して見ようとしない。


87
>>82>>83
現在のアフリカ内戦手首切り文化に多大な影響を与えた人やな
今のアフリカの内戦は現地の人同士が勝手にころし合っているように見えるが
反政府武装勢力が支配する鉱山では未だに多くの児童が強制労働させられている
アフリカ支援を訴える団体の多くがこの内戦システムを不問にしているが故に
いくら金を送っても現地のマフィアと国際資源メジャーにしか金が行かない可能性も大きいと思われる


84
アッティラ


86
>>84
アッチラ大王は、意外とまともだったと思うぞ
と言うのは「大王は良い報告をした人間には不機嫌な
対応を取り、悪い報告をした人間には愛想よく対応した」と記録に
残されているだろう?
西ローマ帝国を実質的につぶした野蛮人の親分にしては
比較的好印象が残っていると思うのだが
略奪云々といったら、武田信玄だって経営者の鏡と言われているけど、
略奪三昧を繰り返していたのだし


100
ニクソンはサイコパスというよりADHDだな。


103
ニクソンだったらカーチス・ルメイの方が恐いよ


105
カーチス・ルメイはキチだと思うわ
でも、戦争中はああいう奴が役に立つんだろうけど


110
ルメイが参考にしたのはイギリスのハリス


118
明智光秀はサイコパスだろう


119
>>118
信長の方がヤバいと思う
明智光秀の友達の頭蓋骨に金粉貼り付けて酒飲んだとか
しかも明智光秀の目の前で…


120
信長の方が露骨で分かりやすいというだけでは?
光秀の方は計算を働かせて周囲には善人である事を見せつけているが、実際の人物像は悪そのもの。共感性皆無といったイメージ。
こいつの本来の人間性に気付く人は数十人に1人といったところだろう。
本当に厄介なのは光秀みたいなタイプ


121
秀吉も側近などを突然数十人サツ害するなど訳のわからない行動取って入るね。
統合失調症を患った時期でも有ったんじゃないかと思えるほど。


122
秀吉の晩年は認知症初期の典型的な症状だと専門医が書いていたのを読んだ事がある。


123
歴史漫画で「昔は兵の命を大事にしていた秀吉様が人がかわったな戦い方をしなさる」
だかみたいなシーンがあったが信長の野望をやるとその意味がわかるな…
最初は兵は貴重なのでいかに減らさず戦うかを考えるが終盤はもうパワーゲームという


126
『秀吉の出自と出世伝説』には秀吉の残虐行為は早くから見られたことが書かれている。

 (天正五年上月城攻めの時)…12月3日に城を落とした。敵兵の首を悉く刎ね、その上に敵方への見せしめとして、女、子供二百人余を播磨、美作、備前の境目において、子供を串さしにして、女を磔にして並べ置いたのである。

とある。当時の刑は残虐だったが、子供まで串さしにしたのは秀吉以外には例がない。
「秀吉晩年」と言われているのは若い頃の行為を知らないからだろうな。
権力が増大するに従ってサイコパス特有の快楽サツ人を大々的に行ったということだろう。
母親を大事にしたと言う話もポーズだったんだろう。家康懐柔のためにさっさと人質に送ったわけだし。


128
>>126
戦国時代はやはり嫌な時代だな。


引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/whis/1393928721