1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-sorae_jp-sctch

2016年に発見され、2017年2月には「地球型で生命体がいるかもしれない惑星」
が3つも見つかった惑星系「TRAPPIST-1」。その初画像を、ケプラー宇宙望遠鏡が
届けてくれました。

正直レゴブロックが動いているようにしか見えない、今回の画像。これは、
ケプラー宇宙望遠鏡による12月15日から3月4日までの「K2ミッション」のさなかの、
2月22日の観測結果です。そしてチラチラと明かりや形状が変化しているのは、
約39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」の前を惑星が通過しているからなのです。
 
TRAPPIST-1にはTRAPPIST-1bからc、d、e、f、g、hまで、7つの地球に似たサイズの
惑星が確認されています。そしてそのうちe、f、gが恒星との位置がちょうどよく、
液体の水を保持しうる「ハビタブル惑星」に該当するのです。
 
(略)




4
モザイク透視で鍛えた俺の眼力でも無理だわ(´・ω・`)


6
やっぱアメリカはすげぇな


7





178
>>7
有能


198
>>1
> そのうちe、f、gが恒星との位置がちょうどよく

>>7を見ると、eは金星よりも太陽に近いようだが…?
逆にf、gに知的生命体が存在するなら惑星間で行き来している鴨試練w
あと、これだけ小さいと、とんでもない勢いで1年が過ぎる気がするけど…
質量の関係的にはどうなんだろう?


201
>>7
宇宙にはこれだけ星があるのに地球だけ独特の色してるよな
やっぱり地球って何かおかしいわ


38
>>16
惑星の大きさは2枚目にあるように
地球に近いサイズのが多い
中心の太陽が小ちゃくて暗い


28
>>16
太陽がすげー小さい
から惑星がすげー近く回ってる


30
>>28
ありがとう
なんかサンプルみたいだな
モデルケースというか


51
>>28
太陽がこんなに小さいとエネルギーが足りなくて
生命が誕生してもそれなりに進化する時間持たない気もするがどうなんだろう


65
>>51
距離が近い分、小さくても十分なエネルギーが得られるってことじゃね?
まあ実際に生物に適した環境になるかは微妙だと思うが


144
>>51

恒星は小さいほど安定するので時間はたっぷりある
太陽系の太陽の寿命は100億年ぐらいだけど、こいつは宇宙が終わるまで燃え続けるぐらいの寿命がある


97
>>51
小さいほうが恒星的に長生きじゃなかったっけ?エネルギー消費が少なくて。


102
>>97
そうなんだ
でもエネルギー消費が少ないということは
惑星での生命活動にもチビチビしたエネルギーしか供給できない、
となると時間はあっても知的生命体に進化するまでの時間も長くなって
結局ナメクジウオくらいんとこで終わりそう


132
>>102
人間みたいな知能が進化の必然かはわからんが、ナメクジウオまで来てたらゴールみたいなもんじゃね


147
>>102
そこで恒星と惑星は考えた。小一時間考えた。

「互いに近くに寄ればいんじゃね?」とw


81
>>7
向こうの惑星に住んだらクソでかい太陽が拝めるのだろうな
いーなー


91
>>81
ものすごく赤色で暗いぞ


11
これはドット人が押し寄せる


14
予想以上に分からない画像だった


29
>>1
こんなモザイクからあんな惑星群て 想像力働きすぎだろw


33
>>29
観測技術の進歩


37
こんな程度の情報で水があるとか大気があるとか生命の痕跡、地下資源は豊富
とか判明してしまうんだから現代天文学は凄い!


46
確かに水がありそうに見えるな。

でも少し寒そう


50
薄目にして目の前で手を上下に振ると見えるんだぜ


56
TRAPPIST-1って太陽の1/10ぐらいの大きさの恒星らしいんで
水星ぐらいの位置にないと熱量が足りないんじゃね?


66
気候が安定してないと文明は無理だな
今の人類も一万年の気候安定で文明を作れた


69
木星よりちょっとでかいくらいのサイズなのかこの恒星


80
>>69
ただし重さは百倍以上あり、燃え尽きるのに一兆年ほどかかるらしい


84
生命維持可能な環境が二つくらいあってどっちの惑星にも知的生命体が存在し惑星同士の交流もあるのかもな
夢が広がるわ


90
むこうの人達は既に数億年前には地球の存在見つけててでもあっこまで行けねーなんて言いながら既に文明滅亡してるのかも知れないな
夢が広がるわ


101
>>90
はるかに巨大で強力な太陽とそこから遠すぎるところを周ってる惑星を見て
あーこの星系は生命は無理と判断するんじゃね?


92
NASAはUFO情報や地球外生命体の存在を示すデータを隠蔽している。


117
良くスーパーアースは質量3倍で
地磁気バリアーが強いから恒星フレア
から守られるから地球より生命が発生する
可能性が高い、とかいうけど
質量3倍ってことは重力も3倍なワケで
そんな環境で進化できるのかね?


125
>>117
生物すべてが筋肉ムキムキなるだけ


138
>>117
それに適応した生命体が進化する
体重を支えるために
足は8本は有ると思うし
高度に進化したため頭が異常に大きいと思う
半面、エネルギー効率良く進化してるだろうから
体自体は極限まで小さくなってるはず
移動は重力に負けないため
運河を作って移動してるはず
目や頭の上から光線を出して相手を攻撃するかも


120
>>1
これマインクラフトの宇宙MODの画像でしょう?
だまされないぞ ( ・`ω・´)


134
写真見てマインクラフトでできた惑星かとおもった


141
ドット絵かよ


127
かなり四角い惑星だな


200
えぇ、白ブロック見せられても


208
LEGOかと思った


130
明るさの変化で惑星の存在を推定してるんだから
写ってるのはただの恒星だしこんなもんだろ


136
そもそも軌道面がたまたま地球の方向を向いていなければわからない。木星タイプがハビタブルゾーンを占領していない限り、水のある惑星は無数にあるだろうね。


142
生命を宿す惑星が7つも同じ恒星にあったら賑やかで楽しそうだな


149
最近のNASAはトランプに予算削減されない為に必死過ぎる。


161
>>149
トランプは予算増を言ってます
火星プロジェクト優先ですが
NASAは好意的に受け止めてるようで
他のプロジェクトも
この火星プロジェクトに関連付けて予算配分を
有利にしようとやってる模様


160
正直でよろしい


163
人類には耐えられない細菌類がいて、それを持ち帰って地球も滅亡しそう


169
>>1

そもそも赤色矮星ってのは、俺の感覚からすると
見ててもあまり晴れやかな気分にならない星なんだよなぁ

まぁその星に済む生命体にはそんな感情は無いのだろうけど


175
小型で目が大きい宇宙人は、赤色矮星の周りを回っている惑星から来たんだろ。


214
こんなミニチュアみたいに小さな恒星系だったとはなあ。
地球サイズの惑星同士の距離がめっさ近くて、超高速で公転してるわけだから、
茜色の空をでっけえ惑星がたくさん横切ってくSF感あふれる光景なんだろうな。


216
外縁に土星や木星みたいな大型惑星がないと隕石でボコボコにされてそう


217
星間戦争してるんだろなうらやましい





引用: 【宇宙】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」の画像をNASAが初公開