怪談ロゴおうまが

『正しく終了しなかった“こっくりさん”の呪いと視える彼女の因果律』怪談

友達に霊能力がある女の子がいる。外見はごく普通なのだがその能力には何度か驚かされることがあった。彼女はいつから“視える”ようになったのだろう、そんな疑問が浮かび彼女に起因を尋ねてみたのだが――

俺の友達にいわゆる「見える」奴がいる。

大学の新入生歓迎会で知り合った奴なんだが、外見は至って普通。
でも、カンのよさというか、第六感が半端じゃない。
知らない道に迷い込んだ時、いきなり立ち止まって、

「この近くで猫死んでるね。」

とかさらっと言い出す。
面白がって辺り探してみたら、自販機の裏についさっき轢かれたみたいな猫の死体が
隠すように押し込められてたなんてこともあった。

「いつから見えるんだ?やっぱきっかけとかあるのか?」

ある日、喫茶店で話していたときに、冗談半分で彼女に聞いてみたことがある。
初めはお茶を濁そうとしていたんだが、俺があまりにしつこいせいか、結局折れて話してくれた。
後悔しないでね、と前置きを入れて。


--------------------------------------以下、彼女の話-----------------------------------

私が小学校3年の時にね、クラスでコックリさんが流行ったの。
私は当時はまだ「見えなかった」から、そういうの信じてなくてね。
でも、私のクラスにコックリさんに夢中になってるグループがいたんだ。
霊感があるって子が中心のそのグループは、なんかあるたんびに、
「コックリさんが当たった。」だの「コックリさんが言う通りの事が起こった」
だの言ってのよ。
私、正直嫌いだったわ、その子。

で、ある時、私とその自称・霊感少女が喧嘩になってね、コックリさんの事で。
「いる」「いない」の水掛け論だったんだけど、「証拠を見せてやる。」なんていうから、私もついのっちゃったのよ。
まぁ、本当かどうか、興味はあったし。
その霊感少女グループと私の合計4人で、コックリさんをやることにしたわけ。

放課後になるの待って、私達は屋上に向かう踊り場に行ったの。
何でもそこが校舎の中で一番いい「ポイント」らしくてね。
バカバカしいと思いながらもコックリさんの準備手伝ったわよ、使われてない机並べたりしてね。
で、いよいよ始まった。
何回か「コックリさん、コックリさん・・・おいでください」って呼びかけてる内に、
10円玉がすぅーっと「はい」に動いたの。
他の皆はコックリさんが来たって騒いでた。
その様子見てたらなんか馬鹿らしくなって、私はふざけて
「コックリさん、コックリさん、お願いですから私達に幽霊を見せてくださぁ~い」
って言ったの。10円玉は『はい』に動いた。

「真面目にやりなさい」
なんて霊感少女は言ってたけど、それ以上付き合う気になれなかったから、
10円から指を離したの、私。
いや、コックリさんやってる途中で指を離しちゃダメってことくらい知ってたわよ。
でもね、その霊感少女への当てつけのつもりで、離したの。

『バンッ!!』

指を離した瞬間、凄い音が鳴ったわ。
屋上に通じるドア、あるじゃない。鉄製の。あれが外側から思い切り叩かれた音だった。
みんなビックリしてね。放課後だし、屋上は元々立ち入り禁止だから外に誰かいるわけないし。
『バンッ!!・・・ドンッ!!』
また叩かれた。というよりは、殴りつけたみたいな音だった。
それが段々激しくなっていくの。もう何人もが一斉に叩いてるみたいな感じで、
『ドン!ドン!ドン!』
怖かった。とにかく怖かった。
でも、あんまり怖いと、映画でよくあるみたいに泣き叫ぶってしないみたいね。
目に涙一杯溜めたまま、みんな固まってた。
「逃げよう」
誰が言ったのか分からないけど、誰も反対しなかった。
扉はもう破られそうなほど激しく叩かれててね。
ドアノブなんかも狂ったみたいにガチャガチャやられてるのよ。

片付けなんかしないで、セット一式放り出して逃げてきたわよ。
何日かして先生にばれて、むちゃくちゃ怒られたけどね。

--------------------------------------------------------------------------------------


「・・・それだけ?」

拍子抜けした。確かにドアを叩かれるシーンでの大声には驚いたが、
それはあくまで驚きだ。恐怖とは違う。
話自体も中途半端のままだ。

「その話、なんか続きないのか。どうも中途半端だ。オチが弱い。」

だから、正直に聞いた。元々、遠慮するような間柄じゃない。

「人がせっかく話したってのに、そんな酷評をしやがりますか。」

そう言いながらもニヤニヤしている。どうやらまだオチは先らしい。

「次の日その場所に行ってみたら、コックリさんのセットは無かった。
きっと、見つけた先生が片付けたんじゃないかな。
でもね、コックリさんのルール、最後は呼び出したものを鳥居を通して帰さなきゃならないじゃない。
私達はそれをやってない。だから、あの時のコックリさんはまだ続いているのよ。」

ゾクッとした。
10年以上続くコックリさん。
呼び出されたものは何処に行ったのか。

「あ、だったらさ、その時の面子集めて、またコックリさんやればいいんじゃないか?
それで帰ってもらえば、万事解決だろ。」

・・・それは無理、と彼女は言った。

「だって、私以外もう死んじゃってるんだもん。」

絶句した。
固まってる俺を気にもせず、彼女は続けた。

「死に方は事故だったり自サツだったり、色々だけどね。
結局、一番最初に指を離した私だけが今のところは無事。
さて、私はそろそろ行くけど、嫌な話させたんだからここ奢りなさい。じゃ、またね。」

俺は何も言えなかった。自分のせいで死んだかもしれないクラスメート。
思い出したくも無いだろう話を俺は彼女にせがんだ。
激しく後悔していた。
一言謝ろう。そう思って顔を上げると、彼女と視線がぶつかった。
店を出る準備をしていた手を止めて、彼女は俺を見ていた。

「するなって言ったのに、後悔してるみたいね。」

頷く。
すまん、と言う前に彼女が続けた。

「じゃ、後悔ついでにもう一つ。
私ね、小学校までは垂れ目だったのよ。」

自分の眼を指差して、彼女は笑っていた。
呆気にとられて固まっていると、彼女は軽い調子で「そんじゃね」と店を出ていった。

10年以上続くコックリさん。
呼び出されたものは、目の前にいたんだろうか。

彼女は吊り目だ。