怪談ロゴおうまが

邪視(じゃし)とは、世界の広範囲に分布する民間伝承、迷信の一つで、 悪意を持って相手を睨みつける事によって、対象となった被害者に呪いを掛ける事が出来るそうです。 邪視の力によっては、人が病気になり衰弱していき、ついには死に至る事さえあるとさえ言われていますが、報告者はその“邪視”のようなモノに出会ったそうで――(おうまがタイムズ)
313 2017/03/21(火)
邪視ってたまに化け物の姿で話に出るけど人型のに出会ったのでその話

先週の土曜18日にちょっと離れた所に住む母親の様子を見に自転車で向かっていた時
道中で茶髪にウェーブ掛かったセミロングの若い美形な男がママチャリ乗って
こっちに凄いスピードで向かってきたのね

で、「あー、下手したらぶつかるかも?」と思ってそいつを見たら
目が何て言うか、両目とも義眼みたいで虹彩の色が金色だった
しかも瞬きを一切せずにジッと俺の目を見つめてた

その時はぶつからないように一旦停車して結果的に相手が避けて走り去ったんだけど
そいつ避けた直後まで頭ずらして俺の顔というか目を覗き込んでいたんだよ
自転車乗ってて両目が義眼な訳も無いしカラコンって感じでも無かった
そもそもカラコン付けてお出かけって感じのオシャレな格好じゃなかったし



274
で、その時は何なんだったんだうなー、アイツくらいの感じで終わって
母親の所にも顔を出してから帰って何事もなく過ごしてたんだよ

異常が起きたのは寝ようかと思った時
厳密にはそれ以前からちょっと具合悪いとは感じていたんだけど

寝ようと思ったら急激に腹が痛くなって手足の先まで冷たくなって
食あたりか?それとも風邪をもらったか?なんて考えながら
とりあえず胃薬飲んで寝ようと思ったけどなかなか寝付けず
しかも一回寝たのに1時間もせずに目覚めてしまう
俺はどんなに具合悪くても寝付けば結構眠れるタイプだから
余程具合悪いのかと死を覚悟するほど不安になった

で、ふと思い出したのが昼間の通りすがりであからさまに目を覗き込んできた奴
あー、アイツに呪い掛けられたのかな?って気づいた瞬間に急激に体調が回復してきた
とりあえず翌日は大事を取って、できるだけ横になって休んでいたけど
朝になった時点で夜中の苦しさからは信じられないくらい楽になってた

呪いは掛けた相手に気づかれた時点で効果が無くなるとか返ってくるって言うから
もしかしたらアイツに呪いが返ったかもしれないけどアイツ大丈夫かね?
本当に死を覚悟するほど苦しかったからさ






引用: ほんのりと怖い話スレ 122