1
『遺体』と『死体』の違いは、『身元が確認できるかできないか』

『死亡』と『死去』の違いは、『事件性があるかないか』


3
どっちがどっちなんだよ


5
>>3
『遺体』=『身元が確認できる』、『死体』=『身元が確認できない』

『死亡』=『事件性がある』、『死去』=『事件性がない』

順番に書いてくれてるじゃないか




8
<<交通違反で『罰金』を払った場合は前科がつくことになる。>>

友人から聞いてちょっと驚いたので、ここに流してみた。

ちなみに罰金を払うのは重大な違反の場合(時速40オーバーとか)だけで、
軽度の違反の時には『違反金』を払う。その場合は前科として記録されない。
警官の言葉を聞いてると、しっかり使い分けているらしい。


10
>>8
『違反金』って『科料』とは違うの?

ちなみに『科料』は最低20円。


123
>>8
「違反金」じゃなくて「反則金」だよ。


11
法的には生年月日の先日に年齢が増加する

例1 4/18 生まれは 4/17 に
例2 2/29 生まれは 2/28 に
例3 3/1 生まれは 2月の最終日 に


12
>>11 補足
だから学年は 4/2 から (翌年の)4/1 で区切られている。


14
「前科」という言葉。
一般に、確定判決で刑の言渡しを受けたことをいいますが、
法令上の用語ではありません。
また、「前科が戸籍に記載される」という話を耳にすることがありますが、
前科が戸籍や住民票に記載されることはありません。
ただ、罰金以上の刑(道路交通法違反の罰金を除く)を受けた者については、
本籍地の市町村役場に保管される犯罪人名簿に一定期間記載されます。
これは、一定の職につく資格又は選挙権・被選挙権の有無の調査・確認のためのもので、
この名簿を見ることができるのはごく限られた機関のみです。
本人も見ることができません。
そして、上に書いた「一定期間」ですが、刑の執行を終わり、
またはその執行の免除を得てから、罰金以下の刑(罰金・拘留・科料)の場合は5年、
禁錮以上(死刑・懲役・禁錮)の場合は10年、
罰金以上の刑に処せられずに経過すると刑の言渡しは効力を失い(刑法34条の2)、
犯罪人名簿からも削除されます。
また、恩赦・特赦によっても刑の言渡しの効力が失われ(恩赦法3条、5条)、
犯罪人名簿から削除されます。


15
>>14
ホントに助かる雑学ですね


24
もし突然うなぎをさばくことになったら、その血には毒があるので気を付けよう
血が付いたままの手で目をこすったりすると失明の恐れもあります


25
と、ミスター味っ子では言ってました。


32
ガラスは液体


68
>>32
ガラスは液体ではない。
液体と固体の中間、いうなればガラス体。
プラスチックもココ。


33
自動車のナンバーは縁起が悪いということで
下二桁が 42 (氏に) か 49 (四苦) になることはない

つまり不良系漫画でよくある 46-49 というナンバーは存在しない


なお三桁ナンバーは真ん中に - が無い


60
>>33
普通に知り合いの車が4649ナンバーなんですが。


231
>>60
番号を希望した場合は取れる


57
銃口に指を突っ込んでも暴発させることはできない。普通に指を吹き飛ばして弾が出る。


58
とマスターキートンに書いてありました


59
マツタケは古くなると毒キノコになる。ぬめりが出たら食べるな危険。


61
金曜日に目の前を黒猫が通りすぎた場合、

道路に唾を3回吐いて13歩後ずさりするとアラ不思議、
祟られません。


93
テニスでの「15」⇒「30」⇒「40」というスコアの数え方は、
もともとは「15」⇒「30」⇒「45」であった。

それは当時のテニスのスコア表示板の形から来ている。
円形で、中心から伸びた針がポイントを指し示すようにできており、
ポイントが加わる度に、針が90度ずつ回転する
(すなわち針が0分⇒15分⇒30分⇒45分、を示す)。

が、いつごろ、どういう経緯で45が40になったのかは謎とされており、
歴史学者も説明できずにいる。


94
>>93 が言うように fifteen thirty forty-five
って言ってたけど
結局 40 台の数字は 45 だけしか使っていないので
それなら forty まで言えば状況が分かるんだから
語調を合わせるために 40 を使うようになったんじゃなかったと空覚え

17, 18 世紀の機械時計は 15 分ごとに鐘が鳴っていた
(そもそも 0, 3, 6, 9 のところにしか印がなかったらしい)
のでそのころからなんじゃないのかな

時計については「シンデレラ」の解説でも読めば書いてありそう


96
>>93
テニスはフランス発祥なのでフランス語を使っていたが、

0 zero(ゼロ)
15 quinze(カンズ)
30 trente(トラント)
45 quarante-cinq(キャラント・サンク)

と、スコアを読み上げるのに45だけ長いので語呂を合わせるために40にした。
ちなみに0は、卵(l'oeuf)の形に似てるから「ラブ」と呼んだという説がある。


95
12進法について。

12進法の起源は古代シュメール文明までさかのぼるが、
なぜ10進法ではなく12進法なのか?

10の約数は「2」「5」の2つだけ。それに対し
12の約数は「2」「3」「4」「6」の4つ。
10と比べると、12は倍の約数を持っている事になる。

時間や角度など、分割して扱う事が多い事象は
約数を多くもっている方が扱いやすいのは自明であり、
故に12進法が用いられるようになった。
(厳密には「5」を約数に加えた60進法との併用)


127
>>95
親指以外の4本の指は、それぞれ相似形で1本の指につき3つの節がある。この節を数えていけば片手だけで12まで数えられる。
って何かの本で見た


97
スカンクのおならは、液体。

まあ霧状になってるわけだが、


103
テレ東が緊急報道したら日本崩壊


110
二人組は「ににんぐみ」
二人乗りは「ににんのり」
と読むのが正解。


122
烏龍茶は中国全土で飲まれており、その代表的産地が福建省である、
と思っている人が多いが誤っている。
中国では各地方ごとに独自の茶を飲んでおり、烏龍茶は、
福建、台湾のローカルな茶であるに過ぎない。


123
>>122
茶を広東省周辺では「チャ」、福建省周辺では「テ」と発音して
前者から広まった地域(主にアジア)は「チャ(日本)」「チャイ(インド)」
となり、後者から広まった地域(主にヨーロッパ)が「ティー(イギリス)」
「テ(フランス)」となった、だったかな?


157
>>122らへん
中国では、ウーロン茶に砂糖を入れるのも当然らしい。
苦いまま飲むのは日本人の文化
台湾で緑茶飲んだらカルチャーショック…午後ティーよりも甘い…


124
確かに地方によって飲む茶は違うけど
ある程度の水準のいわゆる近代的な生活が出来ている所は大概緑茶。
民族色が強い所になると違うお茶を飲んでいるらしいよ。


174
日本で二番目にまずいお菓子は北海道のジンギスカンキャラメルらしい・・・
世界で一番硬い食べ物は日本の鰹節とのことです


175
ジンギスカンキャラメルは本当にまずいぞ。


177
ジンギスカンキャラメル食ったが、ごはんが欲しくなった


198
身近な物で一番燃えやすいのはポケットの中のゴミ


199
>>198
なに田一少年の事件簿だそれは?


200
酸素は??


201
酸素はそれ自体が燃えるのではなく、手助けをするだけ。
自身が燃えるのは水素だな


203
果汁100%じゃないとジュースとは言えない


209
関連

100%じゃないとジュースのパッケージには果物等を切った絵・写真は使えない。


229
JR職員の持ってる定期は全国どこでも行ける


260
>>229
JR東日本の業務エリアだけだよ。
新幹線とかは割引つくけど有料


275
竜巻発生時には、橋の下に隠れるとよい





…一回ぐらい試してみたいんだがな


276
>>275
それなりの条件があるだろ


284
助けられるかどうかは分からんが、

水とお湯を冷凍庫に入れると、お湯の方が早く凍る。
悪路で車を運転する際は、より高速で走る方が揺れが少ない。


285
>>284
過冷却の水と100度近いお湯なら、間違いなく水の方が早い。
「そうか高速の方がいいのか」と思い切りスピードを出すとギャップに嵌った時に大ジャンプw

”蒸発を考慮すれば”お湯の方が凍る時間が短いのは分かる。
車の方は”ある程度”を追加しておいた方がいいと思う。


299
既出かもしれんが



現行犯逮捕は誰でも出来るんだぞ
絶対いつか役に立つ


300
>>299
逮捕監禁罪がらみで 面倒なことに…


306
アイスクリームに賞味期限はない


308
「井の中の蛙大海を知らず」は続きがあって
「しかし、その深さをしる」という、結構哲学的な諺


316
>>308
中国から伝わったのが「井の中の蛙、大海を知らず」で
その後日本で「されど空の蒼の深さを知る」が付け加えられた。
と、聞いた事がある。

ちなみに付け加えられた言葉は
空の蒼さを知る、空の深さを知る、だったりと色々聞いた事がある。


317
>>308
オリジナルは永六輔だという説もある。


309
足をセメントで固められて海に鎮められそうなとき
なんでもいいから糖分を固まる前のセメントに混ぜる
糖尿の人は脱出できるよ


322
映画なんかでよくある漏れたガソリンにタバコをポイッ⇒爆発のシーン。
実際にはタバコの火では温度が低すぎるため、ジュッと消える。


324
>>322
便乗して追加。
ガソリンは、かなり地下深くに密閉されて保存してるので、
車が突っ込んでドカーンとか、そんな簡単には爆発しない。

万が一爆発したら、地面吹き飛ばすは、火の玉降ってくるはの大惨事。
ヒーローみたいにジャンプで回避は無理。←当たり前


327
ガス臭いという言葉があるが天然ガスは無臭
なので安全のために匂いをわざとつけている
ちなみに関西地区では硫化メチル


360
瓦が葺いてある屋根の場合、どんなに緩やかに見えても
大抵の坂道よりは格段に急である。


361
瓦の角度と屋根の角度を混同するとそうなるよな。


出たばかりの尿は清潔。
(不潔と言われるのは空気中の雑菌が混ざった時に繁殖しやすいから)

尿の中にアンモニアは含まれていない。
(正しくは尿素。アンモニアに近い成分だが性質は異なる)

ハチや蛇の毒は傷口に尿を掛けると解毒できる・・・というのは嘘。
(尿素に解毒作用は無い。むしろ感染症の原因になる。
 アンモニアには解毒作用があるが、動物の毒には効かない)


366
昭和二十年ごろ駄菓子屋などで売られていた漫画は「赤本」と呼ばれていた、
何故そう呼ばれていたかというと表紙に派手な赤い色が使われていたから。
ちなみに手塚治の「新宝島」のおかげで大阪発祥の赤本は全国に広まった。

とかでいいかな?


367
漫画が本と言うのなら


368
>漫画が本と言うのなら
(;゚Д゚)…うーん、じゃあ事典は本かな?

「ブリタニカ百科事典」はイギリスの有名な事典だけど、
それより350年前に作られた世界最古の事典は「節用集」といって
なんと日本で編集されています、

で変わっているのはこれを作ったのが饅頭屋さんだそうで、
なので「まんじゅう屋本」って呼ばれていました。
ちなみに甘酒を皮に入れた常与饅頭ってのを売って儲けたお金で作ったそうです。


369
ちなみに本の概念はこんなんです
「本とは表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」


373
茶の話

ヨーロッパに最初に伝わったのは緑茶@ポルトガル
しかし、ヨーロッパの水は硬水なので香りや味が薄くなる。
よって発酵が進んで風味の濃くなった紅茶が飲まれるようになった。

なお、洗剤も水が硬水で石鹸では泡立ちにくいために開発された。


380
蚊取り線香は煙で蚊をころしている訳ではない
燃えているところを中心にして放射状にピレスロイドという成分が広がっていく
このピレスロイドが蚊をころしている


386
寄生虫対策として基本的にあらゆる食べ物は火をよく通して食べる。
公衆浴場はできる限り避ける。

暗い場所で突然光を浴びた人間は脳の構造上しばらく意識が奪われることから、
懐中電灯は護身用になるとされる。予めライトの光を消しておく。


387
色の形容詞は「赤い」「青い」「白い」「黒い」の4つだけ。
古来日本では、この4つの識別しかなかった。

なお、「○色い」のパターンは「黄色い」「茶色い」の2つだけ。


392
網戸なのに虫が入って来るよウワアアアンって時は網戸の場所を確認してみるといいかも

左側に網戸がある場合は左の窓を全開にしないと網戸と窓の間に隙間が出来てしまう
右側にあるのに入って来るって場合は…知りません






引用: いつか助けられるかも知れない雑学