10
昨日は海に足を運んだ
今日は山に足を運んだ
明日はどこへ行こうかと
俺は頭を抱えた



148
長々としたストーリー系もええけど
>>10みたいなシンプルで巧いの好きやな


14
元素表とかいう満場一致の絶許

【関連記事】
意味怖「亡くなった母からのメッセージ」

http://www.oumaga-times.com/archives/1034950427.html



23
>>14
あれ考えたやつすごいよな


60
長期の海外旅行良かったわ~
でも日本暑すぎィ!

ただいまニキー…あれ、部屋が妙に涼しい…



68
>>60
怖すぎる
もう旅行出来ない


67
あと、マッマが毎日夜中に家出て近所徘徊してる
今晩も出ていった⇒帰ってきた


書き込みテスト

うそうそ冗談だからね(明らかに口調が変わってる)



70
>>67
これも怖かったわ


74
人気メニューは...ナポリタン...


77
>>74
いまだに意味わかんない


79
>>77
英語のジョーク
「ここはとあるレストラン 」⇒This is a Restaurant
「人気メニューはナポリタン」⇒famous for neapolitan
「ナポリタン 」⇒英語のスラングで血の入った料理、または不潔な料理
繋げて読むと「This is a restaurant famous for neapolitan (ここは不潔で有名な店だよ)」


80
>>79
そんなん英語分からな分からんわな


76
あと、これ系の一番の代表作は
途中のバス停で降りた夫婦
⇒その後そのバスが落石で乗客全員氏亡
⇒降りなければよかった

かな


【関連記事】
意味怖「バスを降りなければよかった…」

http://www.oumaga-times.com/archives/1034950509.html



78
かな、って書いてて思い出したけどお爺さんが孫娘に

「かなしんでくれるかい?」ってのもあったな


【関連記事】
意味怖「おじいちゃん大好き」

http://www.oumaga-times.com/archives/1035083934.html



84
>>78
これすこ


110
78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:37:16.01 ID:CRs53pu60
もう昔の話だが、ガキの頃はいつも親友のAとお喋りしながら学校から帰っていた。

俺「なぁ来週テストだろ?明日一緒に勉強しようぜ」
A「わりぃ、明日はドラクエ1の発売日だから学校サボって買いに行くわw」
俺「お前毎日徹夜でゲームばっかやってて授業中も殆ど寝てるクセに、成績いいよな」
A「・・・俺、実は未来予知能力があってさ。テスト内容分かるからいい点取れるんだ・・・」
俺「はぁ?wそんな能力あるんなら俺にくれよ、競馬当てまくって金稼ぐわー」
A「・・・バカ、冗談だよw」
俺「つまんねー」

次のテストで、Aは満点を取った。今思えばそれは当たり前の事だったのだ。



114
>>110
これはちょっとおお…ってなった


138
>>110
これなんやっけ


140
>>138
初作やのに「ドラクエ1」なんて言うのおかしいやろ?


139
>>138
何故かその時点で次回作が出ることを知ってる


118
793 heta 2010/01/03(日) 01:09:23.44 ID:r/DlWCQQ0
1人の男が、雪山で遭難した時のことだ。
あてもなく歩きつづけていた男は、やがて猛吹雪の中で1軒の山小屋を見つける。
男は荒れ狂う吹雪から身を守るために、山小屋の中へと入っていった。
ところが、その山小屋は長い間使用されていないようで、中には暖をとれるような物がなにも見当たらない。
夜になるにつれ気温はどんどん下がっていく。
もし眠ったら凍死してしまうだろう。
男は体を温めるためと眠気を覚ますために運動をすることにした。
まず山小屋の4隅に一人ずつ立つ。
そして最初の一人がとなりの角へ走りそこにいる人にタッチする。
そしてタッチされた人は次の角へ走りタッチ、そしてタッチされた人が次の角へ・・・
明かりもささぬ山小屋の暗闇の中、彼らは朝になるまでこれを繰り返しつづけた。

その翌日、小屋に訪れた救助隊員によって男は助け出され、無事に下山をした。
しかし男あることには気づいてしまった。



121
>>118
一人でやっとるやんけ!
ワイは三人でやって一人多いって話しか知らんわ


122
>>121
それの改変でそういう突込み待ちのコピペやな


130
部屋に忍び込む系やと、

あるアイドルグループの一人の子にビデオテープが送られてきて、
怖いからメンバー全員で見るんやけど、そこに映ってる映像が
おっさんが部屋の中で半裸で踊ってるっていうやつ。
メンバーみんな笑ってるんやけど当事者の子だけ真っ青になって一言
「これ私の部屋だ・・」



131
>>130
パッパやったんやろうなあ


143
>>130
そのおっさんの後ろでその子が寝てるんやで


134
あとこれ

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。

その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。

背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの。

これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。

そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。

あ~あ、ビックリさせやがって全く。



136
>>134
本物の人間が居たんか
怖杉内


144
部屋に泥棒が入って、その泥棒がトイレに隠れてるのに気付かずにトイレに入る話あったよな


155
ワイと友人らの間で話題になってた学生の話
そいつはよく落書きしとるんやが、それが妙に怖い絵やった
ワイらも実際に見たんやがたしかに不気味な絵やった
それからもっと怖いのはそいつが自サツしてしまったこと
遺書のようなものには例の怖い絵と、「誰かが俺を見ている」とただ一言書いてあった
あの学生に何があったのかは未だにわからん



158
>>155
分からんずっと見てた「ワイら」が実は人間やなかったんか?


162
>>155
「ワイら」が学生じゃなかったら落書きしてるところを見ることなんてあるか?ってことかな
ようわからん


157
>>155
これなんや?


161
>>157
ワイと友人らは他人の生活を覗き見ている←人間ではない得体の知れぬ「何か」である

学生が描いていたのはお札(「ワイら」にはただ怖い絵と認識され効果なし)

得体の知れぬ「何か」により精神を病み学生は自サツした


165
>>161
ほーんサンガツ


190
ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。
「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。
ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。
「もしあいつが氏んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見ころしにした。
窓側のベッドの男はそのまま氏亡した。
晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、
打ちっ放しのコンクリートの壁だった。



188
隣の奴エエ奴やったんやな


189
ええ奴ととるか、自分の死期を悟った窓際の奴が自分だけ氏ぬのが癪だから嘘をついて、
隣りの奴に後で絶望感を味わわさせてやると思ったと取るかで
ちょいちょい意見が分かれたりする



199
太ったおばさん 豚
痩せこけたじいさん 鶏
エリートサラリーマン 人間


ワイ こぇぇぇぇぇぇ



200
>>199
お前だけ変なもん食っとるなぁ


201
>>199
>>200



203
>>200
なるほど、声を食い物にしとるんか


205
>>199
これすこなんだ
超能力持ってる老人の話やな


207
>>205
そうなんやけど、返しがうますぎてワイ氏亡


208
超能力と言えば必ず意味怖集に出てくる電車の話
年齢を当てることが出来るけど5分後に電車が事故で全員氏ぬであろうことが予測される奴な

【関連記事】
意味怖「年齢を言い当てる男」

http://www.oumaga-times.com/archives/1033645410.html


209
>>208
あれほんとすこすこトレイン
一番好きかもしれん


211
>>208
全員事故死ってオチやっけ


212
バッバ「ラクダ乗ったろ!」
ラクダ「お!振り落すゥーんだ!」
バッバ「…1…ラクダ乗ったろ」
ラクダ「また振り落すゥーんだ!」
バッバ「…2…乗ったろ」
ラクダ「お!またまた振り落すゥーんだ!」
バッバ (パァン
ラクダ「」

ジッジ「おいおい!可哀想やんk」
バッバ「…1」



214
>>212
世紀末バッバすここ


215
>>212
これのおかげで夫婦円満になったっていう


238
>>212
これ分からん


241
>>238
嫌なことあったらカウントダウン
3つ数えたらぶち殺


236
意味が分からなくても怖い系やと

ホテル止まったら夜中に呻き声とドアを叩く音が止まらんくて必氏にドアを押さえてた
⇒次の日話聞いたら昔ホテル火災があって、部屋に閉じ込められて氏んだ客が大勢いたらしい



240
>>236
中におりますやん


246
>>236
つまり外から叩いてた音じゃなくて内から・・・


243
友「本当にごめんな」
俺「おいやめろって!」
友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」
俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」
友「…ありがとう………」
俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」
友「本当にありがとう…あと、その…なんていうか…」
俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」
友「ありがとう…」
俺「…なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」
友「実は自サツしようと思ってて…お前がいなかったらもう…」
俺「そんなに気にすんなよ」
友「こんな夜中にごめんな」



244
>>243
これ好きやけど分かるわけないよな


245
>>243
ログが逆さま


268
有名なたこ焼き屋があるというので行ってみることにした
三浦半島にあるそのお店にいってみると、小汚いし客もそんなに居ないようだ。
隠れた名店だと考えることにしてたこ焼きを1パック注文した。

しかし、食べてみると肝心の蛸が入ってない。たこっぽいものはあるのだが
食感が違う。
俺はおやじに問い詰めた。

俺「おやじ!大きい蛸入りたこ焼きと銘うっといてまったく蛸がはいってないじゃないか!
どうしてくれるんだ!」

おやじ「お客様、それは大きな誤解です」



270
ゴカイっていうのは釣りの餌のミミズみたいなやつ


283
後味悪い系でも時々出てくる話

ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。

「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
家で一緒に住んでもいいかな?」

息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」

その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。

あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」

やっとのことで母親がそれだけ言うと、
息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、
青年兵士の両親は彼がビルの屋上から飛び降りて氏んだことを知らされた。

氏体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。



284
>>283
悲しいな


287
>>283
これは息子の頭が悪いわ


286
>>283
よく言われるけど実の息子と他人じゃ違うよな


289
>>286
せやな
赤の他人のために毎日しんどい思いはしたくないしな


285
でも愛情を試すような事をするのは不誠実やで


290
ある日、そっくりな双子の少女が誘拐された。
双子はガムテープで目と口を塞がれた。

犯罪者は
姉の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら妹をころすよ。」

そして次は、妹の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら姉をころすよ。」



291
>>290
普通は姉と妹の区別付かない定期


292
>>290
犯人は身内定期


295
>>290
胸に「姉」「妹」って書いてあるTシャツ着てたんやぞ


296
>>295



297
>>295
親もわからんのやな


298
>>295
姉が妹、妹が姉のシャツ着てたらどないすんねん


306
>>298
妹(あれ?ワイ姉やったっけ?せやせや姉や)
姉(あれ?ワイ妹やったっけ?せやせや妹や)


308
>>306
えぇ…


310
認知症気味のじいちゃんが施設で氏んで、遺品整理してたら
じいちゃん携帯の未送信メールに「いわ」と「いら」の文字が何度も打ってあったのが謎

ってやつあったな


321
私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出て
そのまま連絡が取れなくなっても困るので携帯電話をもたせていた。

父はボケていた。
父に携帯を買い与え、アドレスを交換したころは
「これでいつでもお前と連絡が取れるなあ」なんて言っていたが、
どんどんボケが進行する父には結局メールはおろか電話さえも使うことができなかったのだ。

ところがある日私の携帯に父からメールが来た。
件名はない、本文にただ
「いわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわ」と打たれている。
はぁ?と思った。意味がわからない。
と言ってもボケた父のことだ、意味などないのだろう。
そう思っているとまた父からメールが来た。

今度も件名はない、
本文に「いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいら」と打たれている。
何のことやら。結局ボケた父が訳も分からず携帯を操作しているうちに
私にメールを送信してしまったのだろうと思って放っておいたのだが、

まさかこれが父からの最後のメールになるとは・・・

その日父は施設で大暴れをし、階段から転落して亡くなったそうだ。
もしや二件目のメールの「いらいら」とは何かいらいらすることでもあって私に伝えたかったのだろうか?
あの時、私がしっかりとメールを返していれば、父も暴れたりすることはなかったのかもしれない。



320
>>310
たすけてって打とうとしてたんやっけ?


317
>>310
なんにゃそれ


325
>>317
ガラケー方式のひらがな入力で「110」「119」押すと「いわ」「いら」
ってなる


330
>>325
はえーさんがつ


333
>>325
だからそれを何で娘へのメールに向かって打つねんて話やな
まともに打てたとしても娘に110って送ってどうする


342
>>333
使い方が分からなくなって、とりあえず通報しようと連打したはいいがメール作成画面になってたために文字羅列になってしまった

ってことちゃうのん?


343
ある時ある男が氏んでしまった。

彼には自分の想いを伝えられなかった女性がいた。
男は自分をあの世へ連れて行こうとする神の遣いに頼んだ。
「もう1度彼女と話がしたい」と。
神の遣いはダメだと言った。
氏んだ人間は人間と関わってはいけないルールなのだ。
しかし男は食い下がった。
「伝えたいことがあるんだ! 一言だけでいい!」
そんな男を見た神の遣いは言った。
「そこまで言うのなら…しかしルールは破れない。だから人間に関わらずに彼女にメッセージ伝えろ」と。
男は必氏に考えた…。彼女に想いを伝えたくて必氏に…
そして神の遣いに言った。
「彼女の家の時計を5つ止めて欲しい。彼女が時計が止まっているのに気付く毎に1つずつ」
「それだけでいいのか?」
「今から言う時間に、順番に止めて欲しい」
「わかった。時間は?」
「(1:11)(3:34)(4:44)(1:17)(3:33)だ。間違えないでくれ、彼女が時計が止まっているのに気付く毎に1つずつこの順番でだぞ?」
「わかった」
それから5日後、彼女の部屋には彼の写真が飾られていた。
その横には5つの時計が順番に並んでいた。



356
>>343
わからない


359
>>343
わからぬえ


360
>>356
>>359
携帯(ガラケー)で時計の数字を文字入力していく。
すると「あいしています」という言葉になる。

らしいで
3:34があったから書き込んだだけや怖くはない


361
>>360
そう思ったけど、普通に打ったら「うしています」になるよなあ…
まあええわ、サンガツ


368
>>361
「:」で区切られてるから
1 あ
11 い
までは理解できるわよ

3 さ
34 せ

もう分らん


370
>>368
1⇒あ
11⇒い
33⇒し
4444⇒て
みたいに都合よく区切るんやろなあ


362
「パワポケ、げんきでいますか?
母のお仕事を手つだったりしていると、
やけに時間がたつのが早く思えます。
くるしいこともあるけど、
たいせつな思い出をかてに、なんとか
すごしています。
ケガや病気に気をつけて、野球せんしゅ
になれるよう、がんばってください。
きっと、いつの日か、またあなたと
であえる日をしんじて。」



363
>>362
遠くの親族・友人からの手紙とかいうSOSフラグ


365
>>362
早く助けに来て、か
よく考えられてるな


402
友達から怖い話を聞いた夜。私は怖くなって、全部の部屋の電気を点けてお風呂に入っていた。そろそろ出ようとバスタオルを手にしたとき、自室から物音がした。恐る恐る電気をつけたが、何もいなかった。…なあんだ、気のせいか。


409
>>402
電気点けたはずやのにまた消えとるな


417
30 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[] 投稿日:2006/07/10 09:33:54 ID:1eItpzrc0
どの局が一番実況うまい?

31 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[sage] 投稿日:2008/12/7 10:01:19 ID:EG2wzFY80
何でこのスレこんな過疎ってんの.

32 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[sage] 投稿日:2008/12/7 10:01:50 ID:8bF6c/wo0
ここにいるよ^^



418
>>417
なにこれ


420
>>418
二年ぶりのレスに即返信してる


421
>>418
投稿日
二年間レスなかったのに即レスきたのがなんか怖い


422
>>418
二年以上も誰も居なかったスレに書き込んで30秒くらいで返信が来るのはおかしい

解釈は二つあって、一つが「返信したのが二年以上張り付いてた説」ともうひとつは「自演説」


461
仕事が終わって今日もバスに乗った。
客は他に数名しか乗って無く、途中で仕事の疲れもあり寝てしまった。
何分経ったろうか、「ピンポーン」と降車チャイムが鳴った。
起きたら家の最寄りバス停の直前。慌てて準備をしてバスから一人降りた。
去りゆくバスを見ながら客の乗ってないバスで一人ぼっち、
回送帰りの運転手も夜道は怖いのかなと思いつつ家路についた。



475
>>461
寝とる客一人やと誰もボタン鳴らせへんわな


465
最近一人暮らしを始め、寂しさを減らす為一緒にオウムを飼い始めた。
オウムは私の言ったことを真似して挨拶をするようになった。
朝はオハヨーと挨拶してくれるし、夜はオカエリと挨拶して迎えてくれる。
本当に賢い子だ。



466
>>465
お帰りっていうやつは誰って事やな


473
会社の同じ課に気になる人がいます。
それは先輩のKさんです。
いつも清潔な印象で、課のみんなでキャンプに行った時、テントの設置に手間取っていたら、手際良くロープで固定してくれて頼りがいがあったし、お手製のシチューまで持参してきてくれた。
同僚の女の子がいなくなり、ライバルが減った今がチャンスだと思い、思い切って声をかけてみた。
「Kさんて、彼女とかいるんですか?」
するとKさんは困ったような笑顔で、
「あまり女性と直接話したりするのは、苦手なんだ。 休みの日は、プラモみたいなパーツを並べて、好きなパーツを眺めてニヤニヤするのが好きなくらいだから。オタクっぽいだろ。」
私は少し意外だったけど、ちょっと可愛いと思って微笑んだ。するとKさんは、
「そういえば、今日スカートなんだね。今まで気がつかなかったけど、すごいきれいな足だね。」そう言って微笑んだ。



475
>>473
夜道に気を付けろ系やな


474
プラモみたいなパーツ(プラモとは言っていない)


487
明日遠足なのに雨が止まないと息子が泣く。
そこで私はてるてる坊主を作り窓にぶら下げたが
もっと大きいのがいいと息子がせがむ。
次にサッカーボールにバスタオルを被せて作ったが
もっともっと大きいのと泣き喚く。
仕方なく毛布を被せて窓に吊るしてあげたら
満足したのかようやく泣き止んだ。



488
>>487
泣き止んだ(物理)


496
風呂上がり、わたしはくつろぎながら髪を乾かそうと思いドライヤーを部屋に持って行き、ソファーに座りテレビをつけた。
すると怖い番組でもやっていたのか、血だらけの女の人が映った。その瞬間、部屋が真っ暗になった。私はテレビの光をたよりにブレーカーを直しに行った。



497
>>496
なんでブレーカーが落ちたのにテレビが映ってるんですかね...





引用: 意味がわかると怖いコピペですきなやつ