マンドラゴラのいる神社

小学生の時に祖父が亡くなり、急遽東北の祖父の家に行くことになった報告者。大人が葬式の片づけをしている間、暇つぶしに家の裏手にある山を散策すると、神社の鳥居とボロボロになったお寺が見えてきて――(おうまがタイムズ)



470
俺は霊とかあんまり信じてないんだが
所謂妖怪ってのはいると確信している
今まで俺が妖怪を見たのは人生で2回だけ
その内の1回をちょっと書いてみようと思う

当時俺は小学5年生だったかな?
祖父がガンで氏んでしまったので急遽東北のド田舎に帰る事になった
お葬式もなんなく終わって
大人は片づけがあるからお前は散歩してこいと言われ
祖父母の家の裏手にある山を散歩する事にした
この山は何度も遊びに来てるし慣れたもんで
迷う事なく一人で山をブラブラしていた
30分ぐらい山の中をうろうろしていると遠くに神社の鳥居が見えたんだ
そういえば いつも車の窓から山を眺めていると山の中に無数の鳥居が見えた
当時の俺は「何で山の中なんかにたくさん神社があるんだろー」って不思議に思ってたんだ


471
ちょうど山をブラブラするのも飽きたし
1番近い鳥居の方へ行ってみる事にした
鳥居の下までたどり着くと無数の階段が上の方まで続いていた
正直ここまで来るのにかなり疲れていたが
せっかく来たんだし1回拝んでから帰るかーと思いそのまま階段を上った
ようやく階段を上って辺りを見回すと
そこにはボロボロのお寺とは思えない建物があるだけ
「そりゃーこんな山奥に作ったらそうなるわなw」
と当時の俺は特に不気味に思う事なくそのお寺に近づいて1回拝んだ

拝んでいると神社の裏の方から水の流れる音がしたんで
裏手に回ってみると案の定細くてあんまり深くない川が流れてた
水遊びするにはもってこいの場所だ
「いいとこ見つけたわーw今度みんな連れてこよう!」とか考えて
一人で川に足突っ込んで遊んでた
そしたら川を挟んだ反対側に何やら動く物体が見えた
「うわー熊かな?やべぇ・・・どうしよ」とgkbrしてると
それはゆっくりと木の物陰から出てきた


472
なんて説明したらいいのか自分でも分からんが
調べた中で一番似てると思ったのはマンドラゴラ
ぱっと見た感じただの木みたいな感じなんだけど
たしかに歩いてるし下の根っこのような物が蛇みたいにくねくね動いてる
人間と同じぐらいのサイズかな?もしくはちょっと大きいぐらいで
4つ葉のクローバーみたいな形した頭があって口みたいなのがついてる
下半身は木の幹みたいな感じで
足には根っこのような物が無数についててそれが蛇みたいにくねくね動いてる

分かり辛かったらすまん・・・俺にはこれが限界だ
とにかくそんな見た事もない生物がたしかに俺の目の前にいて動いてる
勿論すぐに逃げて全力疾走で山を駆け下りた


473
家に駆け込んで
とりあえず姉と従兄弟に事情を説明した
そりゃーもう必氏になって見た事ない生物がいた!やばい!って
そしたら案の定大爆笑
姉は漫画に夢中で聞く耳持たないし、従兄弟は腹抱えて笑ってる
こうなったら実物を見せようと思って
姉と従兄弟を強引に引っ張って山の方へ連れていった
先ほどの鳥居まで行き階段を上がって神社の裏手に回り
物陰からバレないように覗くと奴はまだそこにいた

未だに文句を言ってる2人を神社の裏手まで連れていって
たしかにそこにいる見た事もない生物を指指して2人に見せた
もう2人とも唖然
それを見た瞬間従兄弟は口開けたまま動かないし
姉は「やばい!早く逃げるよ!」って言って真っ先に逃げた
俺と従兄弟もすぐに姉を追って家に逃げ帰った



474
いつの間にか恐怖感も薄れて
俺はとにかくワクワクしていた
だって見た事もない生物がたしかにいてそれを目撃できたんだから

姉に「明日も見にいこうよ!」と言うと
姉は「もう・・・行くのはやめよう」と言った
「あれはきっと私達の見間違い、風で木が動いてるように見えただけ」
と言ってそれ以来姉はあの生物の話をしなくなった
もう20年も前の事だけど久々にあの時の話を姉にすると
「もう忘れちゃった」とバレバレな嘘をつく

でも実は5年後ぐらいにまた一人であの場所に行ったんだ
どうしても見間違いじゃないって事が証明したくて
カメラを持って一人であの場所へ行った
鳥居は前と変わらずそこにあって
上へ続いてる階段を上がっていけば神社があるはずだった
でも階段を上がると視界を塞ぐ程雑草が生えてて前が見えない
神社がどこにあるのかすら分からないぐらい雑草が生い茂っていた
そしてやけにここだけ蜂が密集してて丸で神社を守ってるみたいに
無数の蜂がブンブン飛んで俺を威嚇していた
これじゃ神社に近づけない


475
でも普通に考えて
5年前までは雑草なんてまったくなかったんだ
ということは・・・誰かが管理してる
管理してる人があいつの存在を知らないわけがない
と思って近くの住民にさりげなく聞いてみた
「あそこの神社で前不思議な物見た気がするんですよー」って
そしたらあからさまに嫌な顔をして「もう近寄るんじゃないよ」って言われた
多分地元の人はあいつの存在を知ってるんじゃないかなと思ってる
でもどんなに聞いてもそれ以上は教えてくれなかった

以上
長文&乱文失礼しました
ちなみに全て実話です



485
マンドゴラ?みたいなのはウネウネする足があるのに移動しないの?
翌日見に行っても同じ場所?


492
その謎の生物はいきなり木の物陰から出てきたので移動します
でもまたあの場所に行けば会えるかもしれないと思ってるだけで
会える確証はありません


494
目撃した時、大人には言わなかったの?
もう1つの目撃談も青森?
そちらもプリーズ!


495
>>494
父親(青森出身)には言いましたが・・・
普通に大爆笑されましたね

もう1つは東京です
そちらも書いていきたいと思いますので少し時間ください


497
もう1つは
たしか中学1年ぐらいだったかな

その日は学校が終わって当時1番仲の良かった友達と遊んでた
友達の家は一軒家で大きめの庭があり
当時はよくその庭で遊んでてその日もキャッチボールとかして遊んでた
だんだんキャッチボールにも飽きてきて
家の周りで鬼ごっこをする事にしたんだ
たしか俺が鬼で友達が逃げてて家の裏手の方まで来た時に
友達の家の裏手は物置?みたいな感じで
使わない冷蔵庫とか洗濯機とか色々置いてあってかなり狭い
俺が友達に「裏手はちょっと通りにくいから通り道作ろう」って言って
邪魔な物をどかしたんだ


498
2人で持てそうな物をどかして
最後にサーフボードをどかせばやっと人が通れる道ができる
それで2人でサーフボードを持ってどかした時だった
サーフボードの下に何やら動く物体が見えた
となりのトトロの真っ黒くろすけを想像してもらえばいいと思う
色は茶色で目とかはなかったと思う
最初はほこりの塊だと思ったんだけどそれは俺達に気づくと
物凄い勢いで動いて慌てた感じでぐるぐる回りだした
俺と友達は唖然として頭の中はパニック
そしたらその真っ黒くろすけみたいなのは
家の壁に向かって猛スピードでダッシュして
壁の隙間に吸い込まれるように消えた

説明下手かもしれない 
分かり辛かったらすまそ


499
いやいや、よく解ったよ
マックロクロスケ、本当にいたんだ
そういう話を時々聞く
いいもの見たね、うらやましい


500
>>499
文才なくてごめんね
壁の隙間って言葉は適切じゃないなー
裏手だから扉とかないし本当に普通の壁で
どんなに小さい虫でもそこから家に侵入するのは不可能
でもそいつは地面と家のほんの僅かな隙間に吸い込まれるように消えたんだ

今ではその友達とは疎遠になったけど
昔は何かある度に「俺らすごい物見たよなー!」って話してたな


509
>>470 すっごい楽しめました。ありがとうございます。


510
>>509
楽しめてもらえたなら書いて良かったです

妖怪ってのは案外身近にいると思う
真っ黒くろすけみたいな奴も本当にいきなり出てきたし
まさか東京にそんな生き物がいるなんて思わなかったよ
青森で遭遇した大きい奴は
山とかにいかないと会えないかもしれないけど
小さい妖怪は身近にいると思う
人間に見つからないように上手く隠れてるだけでね
死ぬ前にもう一度会えたらいいなー


574
妖怪ではなく神様の眷属かもしれないですね。


576
>>574
たしかに神様かもなー
真っ黒クロスケみたいなのを見た友達の家はかなり裕福で
お父さんは20歳ぐらいに会社作ったとかで
おまけに成功して小金持ち
家も友達の中では1番広くて綺麗だったな
お母さんもモデル並みに美人だし友達もイケメンで性格良くてスポーツ万能
考えてみたら神様なのかもしれないな





引用: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part84