洒落怖 おうまがロゴ

『悪魔よ、浄化されなさい』『赤ちゃんを落とそうとする女』『郵便受けの手』洒落にならない怖い話

俺の友人がたちの悪いストーカーにまとわりつかれノイローゼになってしまった。友人は携帯番号やメアドを変更し、俺を含めた数人にしか新しい連絡先を教えなかったのだが、ある日、「彼のメルアドと番号をよこせ」と不審なメールがきて――

『悪魔よ、浄化されなさい』

俺の友人は一時期ストーカーに合って本気でノイローゼになっていた
しかし幸いにも引越しすることが決まり、
その時に携帯も変えて番号やアドレスも数人の親しいヤツにしか教えなかった
俺にもそのメールが来たんだが、
どこからそれを聞きつけたのかストーカーから

「○○(友人)くんのメルアドと番号頂戴」

と書かれたメールが届いた
他の数人には届いていないらしく、俺だけに届いた模様
そもそも俺はストーカー女とは面識が無く、
番号どころかアドレスも教えてないので
この時は誰かが悪戯でもしたんじゃないかと思った

メールはそのまま無視して友人に報告をしようとした矢先、
またメールが届いて本文は全く同じ内容
それでも無視して友人にメールを送ると、またメールが届いた。
本文以下略


いい加減ウザくなって電源切ってその日は寝たんだけど、
朝起きて携帯を見てみると何と受信メール100通(!)

俺の携帯は200件までしか保存できないので
マジふざけんなと思って一応メール本文を見てみると、
やはり昨日と同じ内容なのがずらり
ずーっと受信したメールを見ていって
多分90通目くらいに差し掛かった頃、書いてる内容が変わった

「あんたも悪魔の手先か」

意味不明である。
更に次のメールでは

「悪魔が私の邪魔をする。私と○○くんは前世から結ばれる運命なのに、お前たち悪魔は自分たちが滅びたくないからって邪魔するんだ!」

「お前の住処は私は知っている」

「私たちの愛は永遠。悪魔よ、浄化されなさい」

段々読むのが怖くなったんだけど読み続けていると、
最後のメールにこう書かれていた

「出てきなさい。いま浄化してあげる」

通報しますた


『赤ちゃんを落とそうとする女』

小学生の頃、近所に某宗教の勧誘をしている初老の女性が住んでいた
女性の旦那は亡くなっており10歳の娘が一人いたが、
いつも同じ服を着せて勧誘に連れ歩いてた

私はその人が苦手で、たまに道で会った時も
笑みをうかべたまま瞬きひとつしないその目が怖くて直視できなかった

近所で不幸がある度にその家に行って勧誘し、
時には自転車が盗まれたなどの些細なことでも
顔を出してたため気味悪がられたが
なぜかうちには一度も来た記憶がない
最近になって母がその理由を教えてくれた

「あんたね、コロされかけたんよ。あの人に。あんたがまだ赤ちゃんの時、あの人勝手にうちに上がって二階で寝てたあんたを抱いて窓から落とそうとした。 突風で押し戻されたけど間一髪だったんよ」

警察に通報しようとしたが祖母に考えすぎだと言われてやめた
それ以来女性はうちに来なくなったらしい

私が中学に上がる頃女性は出世したのか
本部のある街へ引っ越したそうだ

ちなみに突風が吹いた方角には
祖父が参拝道の整備工事の時に寄付した神社がある


『郵便受けの手』

一人暮らししてた頃の話。

友達が泊まりに来て、
二人で電気を消してから布団の中で小さく雑談してたら、
ふと玄関から淡い光が。

なんだと思って玄関の方を見ると、
郵便受けが開いていて、
そこからマンション廊下の光が漏れてた。

震えあがって息をひそめてたら、
カチャッって音とともに郵便受けが閉まった。

警察に連絡しようとも思ったけど、
折角久しぶりの友達との再会だったし、
具体的な実害もないのでその件はそのままに。

数日後、夜中にトイレに目が覚めて、
用を足して布団に戻ろうとした時、
また郵便受けから光が漏れていた。

建物の構造上、
玄関から1メートルもないような場所にトイレがあったので、
郵便受けを開けている相手との距離は数十センチ。

鍵もチェーンもかけていたとはいえ、
下手に動けば何があるか分からない。
ましてやのぞき窓から相手を確認しようなんて事も不可能だった。

そのまま立ち尽くしてると、
郵便受けから指先が侵入してきた。
そしてドアの向こうから男の声で

「そこにいるのは判ってるよ・・・」

そのまま郵便受けが閉まり、声の主は帰って行った、はず。
恐くてよく覚えてないけど。

結局単なる変質者か何かだったんだろうけど、すんごい恐かった。
その後何度か引っ越しをしたんだけど、
先々で変な人に遭遇してる。
正直もーやだ。