海外の幽霊と会話

幽霊は言葉だけではなくイメージで伝えてくることもあるので、言語が異なっていても意思の疎通がとれることもあると聞きますが、中には聞いても分からない母国語で必死に語りかけてくる霊もいるそうで――(おうまがタイムズ)



686
霊感ある人ってどこの国の霊とも通じ合えるんだろうか。
昔パリのホテルで霊を見たあと、そのまま日本に連れ帰ったらしくて
散々フランス語であれこれ言われてフランス語習い始めた人の話を聞いたが。


688
>>686
霊界の同時通訳として活躍できそうだwww
てか、その幽霊も折角日本に来たのなら日本語を
覚えて日本の幽霊達との異文化交流すりゃいいのにねー

でも国が同じでも、生まれた時代が数百年違ったら
もう言葉での意思疎通は無理なような気がするけどなぁ

古事記や徒然草とまでいかなくても、東海道中膝栗毛や
曽根崎心中でも原文ではワケマカラメだもん



689
>>688
そういえば美輪さんが天草四郎の霊と話した時、
現代語にしかない言葉は理解してもらえなかったらしいよ。

霊の異文化交流の話をひとつ。
兄と一緒にバイトしてたバングラディシュ人が住んでたアパートが幽霊部屋だった。
毎晩、女の幽霊が出て同じことを呟くので、彼が最初に覚えた日本語は

「ドウシテ コナイノ」

なんだって。
意味がわからなかったからあんまり怖くなかったよ、
とバングラディシュ君は笑ってたそうだ。
彼はお国でもよく幽霊を見たそうで、一番怖かったのは、
ヨーグルトまみれのお婆さんの死霊らしい。


691
霊感もちだけど、現地の言葉でそのまま聞こえる人の方が
たぶん霊感強いか、霊の力が強いか、どちらかですよ。
自分は現地の言葉と感情両方で聞くんだけど。

ずっと前、バリ島に行った時に、部屋に現地人と日本兵?の霊がいて
体調が悪くなった所に持ってきて、友人が占いに行こうと言い出した。
その占い師はバリのシャーマンらしく雑誌にも載っていたが、
占い自体はぜんぜん普通のモノで、霊の話もできなくてがっかりしていた。
その夜、夢の中に昼間の占い師が現れて、

「通訳がつたない英語しか喋れないから昼間は話せなくてごめん。
現地人の霊はこっちで何とかするけど、日本兵の霊は
日本に帰る事が望みだから、連れて帰ってくれ」

って言われた。
日本語で、はっきり。
生きている人からこういう形でメッセージ貰ったの初めてかなりビビった。
その瞬間に、自分の目のまえに、快晴の空に真っ青な富士山が見えた。
んで、帰国して、富士五湖を回ったわけだが、
富士に行く前にすでに日本兵の霊は感じなくなってたな。


694
>>691
その兵隊さん、帰国できて良かったですね。
そういえば、昔読んだ本に激戦地だった密林に日本兵や看護婦の
幽霊が出没する話が載ってました。
深夜に日本兵たちが何か叫びながら走り、撃たれて倒れるところで
その姿が消えるらしい。
日本語で叫んでるので現地人は意味が分からないそうなんだけど
よくあることらしく、村の人々がすっかり慣れっこになってたのが切なかった。
当時思ったのが「彼らはいつ終戦を知るのかなあ」ってこと。
昔の話なので現在は成仏してるといいなあ。


697
戦中、外地で全滅した部隊がいまだに隊列組んで
国内の営地のあった場所に夜中に帰営して来るって話もよくあるよね。

>>694
それに似た話で、生還できた部隊の隊長が戦後遺骨収集に行った時に
やっぱり出てきた「兵士」たちに(微妙に形が歪んでたりしたとか)
「お前達は戦死したんだ。頼むから迷わず成仏してくれ」って
涙ながらに語った、ってのを何かで読んだよ。
それを聞いた「兵士」たちがようやく自分が氏んだことに気がついて
男泣きしながらぼろぼろ崩れて消えてって、
それっきりその場所には出てこなくなったとか。

成仏してくれたって信じたいよね…





引用: 【恐怖】春がきても怖い話【心霊】9