葬儀社のオカルト話

報告者の義理の妹さんは田舎にある社員6~7人ほどの葬儀屋に勤めていたそうで、そこでは不可思議な現象が色々と起こっていたとか。中でも、とある寝たきりの独居老婆が心不全で亡くなられた時に行われた葬儀でのおかしな現象は、最もオカルトだったそうで――(おうまがタイムズ)



214
義妹が地元の短大でて暫く葬儀社に勤めてたんだけど
そこで色々あったと言ってた。
その中からかいつまんで。

この葬儀社、社員6-7人程度。
田舎にある平均的な古い葬儀社で
それなりの大きさの斎場を持ってた。

斎場には線香の番で泊れるようにいくつか部屋があって、
一番奥の小部屋は葬儀に使う設備や
仏様の身の回りの品を一時的に収納する場になっていたらしい。
そこの扉、普段は立て付けも悪く
締め切ってもガタガタゆれるくらいの安普請らしいんだけど、
ごくたまにまるで壁と一枚板になったように
閉じたままピタっと動かなくなるのだとか。

とある葬儀の前夜、
社員も泊まり込みで遅くまで作業してる折、
入社間もない義妹が納品されてきた香典返しの段ボールを
閉まっておこうと小部屋へ向かい初めてこの現象に遭遇した。

長い廊下の奥、薄暗い電灯の下ぴくりとも動かない
引き戸と暫し格闘する義妹。

おかしい?
中に誰か居るわけでもないだろうに何か引っかかってるのかしら?
いつも締め切っていてもガタガタ動くくらいのボロ戸なのに?

困り果てた義妹、古参の社員に相談。

義妹「あの~奥の部屋の扉が動かなくなってるんですけど」
古参社員「・・・ああ、今使ってらっしゃるんだね~」(ニッコリ

頭が???状態の義妹に追い打ちをかけるように

「小一時間もしたら開くだろうからまたあとで行ってらっしゃい」

言われた通り1時間も経った頃に再度向かうと、
引き戸は何事もなくスーッと開いたらしい。
義妹曰く、閉じた時の扉の向こうはどうなってるんだろ?別世界とか?
それとも故人の人が必死こいて引き戸開かないように押さえてるのかな?と言う話。
必死こいて反対側から故人に押さえられてるとしたらほんのり怖いです。。。


216
そこの葬儀社、ある時期と言うかその歌が流行りだしてから、
出棺の際に1000の風になって~♪
をかけるようになったんだと。
社長の趣味というか演出というか、
まあ気遣いのつもりで始めたサービス。

とある方の葬儀にて、その方町の有名な教育者で
そういう浮ついた物が大嫌いな堅物な方らしかったんだけど、
「出棺です。遺族の方、ご来席の方はお見送りを~」
となって皆が霊柩車に連なるように見送りの列を作り、
喪主の奥様が遺影を持ち、続いてお棺を抱えた遺族が待機。
そこで社長が風になってのCD再生とボタンを押した。

・・・イントロ開始~ストップ。

あれ?イントロ開始~、またストップ。

ええ?おかしいな?
チェックした時は何ともなかったのに。
もう一回ポチッとな。

イントロ~(おお今度は大丈夫そうだ)
それではお進み下さいと喪主の方に伝えた途端


「わ゛あぁああ゛ぁぁだぁぁあぁぁしぃぃいのぉぃいおいおおはぁあぁがぁぁあ゛ああ・・・(訳:私の~お墓~)」


まるで伸びきった古いカセットテープを無理矢理再生したような
不気味な歌声が大音量でなり出した。
CDなのに。

ヒッっと悲鳴めいた叫びが聞こえ怯えた子供達が泣き出す。
慌てて音楽を止める社長。

「ただいま音響設備上の不備があり音楽を流すことが出来ませんが云々」の放送の後、気を取り直し「ご出棺です」。

以降、風になっての演出は取りやめになったとか。


217
そこの葬儀社関連で聞いた一番オカ板らしい話。

ある梅雨のころ、とある寝たきりの独居老婆が心不全で亡くなられた。
不審な点はあれどそこは田舎の警察。
まあ事件性はないでしょうと検死もなく葬儀を許可。

葬儀の当日、80余名ほどの列席者が参列の中
式はつつがなく執り行われた。
読経が始まり「それではご焼香を」。
喪主を最前列に焼香が始まる。
親族が続き集まった参列者が列をなし、個人を偲びながら焼香する。

義妹も式の様子と優しげに微笑むお婆ちゃんの遺影を見比べて
「良い式だなあ。お婆ちゃん良かったねえ。私もいつかこういう風に見送られたいもんだよ」
と感じ入ってたのだとか。

ところが、とある親族の方、
遺影のお婆ちゃんの甥っ子にあたる中年男が焼香の列に加わった途端
壇上の蝋燭全てが激しくゆらゆらと揺れだした。

すわ風か?空調を仰ぎ見る社長、
いや風じゃない?
窓開いてない?
大丈夫です。
何だ何だ?とスタッフ一同

ざわつく中、件の中年男が遺影前に立ち、
お香を取り額まで持ち上げた途端
全ての蝋燭がフッとかき消えた。
何事ぞ?と参列者スタッフ全員が壇上を見上げる。
我介せずと読経を続けるお坊さん。

すると左側に掲げてあった重い真鍮あしらいの蝋燭立てが、
かき消えた蝋燭を乗せたまま勢いよくばーんと
見えない手にはたき飛ばされるが如く吹っ飛んだ。

凍り付く空気。
あうあうなる中年男。
ざわつく会場。
しかしお坊さん少しも慌てずひときわ大きな声で、
だけど優しい口調で読経を続けた。
お坊さんの声にハッとなる中年男。
そそくさと焼香だけ済ますと
親族のくせに逃げるように帰って行った。


218
目の前で起こった怪現象に微妙な空気に包まれる会場。
喪主の長男がお坊さんに何事だったのですかねえと問うと
お坊さん「私の口からは申し上げられないけども、まあ一月もすれば分かるでしょう」と。

果たして件の中年男、
お婆さんの通帳と実印他文書を勝手に持ち出したかどで御用となり、
追ってお婆ちゃんサツ害の件でも起訴されたのだとか。
それからほぼ1ヶ月後のことでございましたそうで。

このお坊さん挨拶説話の類が下手で
今まで檀家さんにはあまり人気無かったそうなのですが
この事件を境に大きく評判を上げ
田舎のご老人がたが多く相談に詰めかける寺になったのだとか。

その彼のイニシャルはT。
しかし残念ながら婿養子。
寺生まれではないらしい。


223
破ぁ!!!!


224
おつ
こういった勧善懲悪的な話が現実でも起こるもんなんですねぇ
スーッとします


220
面白かったですよ
ほんのりで良かったです

しかし、さすが坊さん肝が座ってますね


222
>>220
最後の話はありがちだなあwなんて話半分で聞いてたのですが、
弟と義妹がその場でネット検索して中年男の逮捕記事を見せてくれました。
蝋燭が倒れるのか吹っ飛ぶのか見た方の脚色が入ってるでしょうが
彼がもしかして?と感じさせる何か事件があったのは本当のようです。

お目汚し失礼いたしました。<(_ _)>





引用: ほんのりと怖い話スレ その76