泣ける霊体験 おうまがロゴ

泣ける霊体験『友人の代わりに遺品のロングボードで海に出た』『突然止まったオフクロに貰った時計』


『友人の代わりに遺品のロングボードで海に出た』

一昨年友人が亡くなりました。
サーフィン仲間で、いつもいっしょに海に入っては、
夜は時にはナンパしたり、
時には今後のことなんかを真面目に朝まで語り合ったりと、
ホントに気の通じ合える友人でした。

葬式には本人の意思とかで
親御さんと親族だけの出席しかなく、
ひっそりとした葬式でしたが親御さんの希望で
なぜか友人代表(?)のような形で自分が出席しました。

その時、彼の親御さんに
「あいつの遺品やけど是非君に持っていてもらいたくて」
と波乗り日記(その日の波のコンディションや、いい波の立ったポイントなんかを毎日つけていたもの)と、彼がそのシーズンオーダーした新品のお気に入りのロングボードを、譲受ける形になりました。

遺品の波乗り日記には大雑把な彼が書いていたとは思えないほど、
本当に細かく丁寧にほぼ毎日書き込んであり、
私のことも簡単にですが
書かれていることがありました。


彼の死因は海中での頭部打撲による失神のための窒息死でした。
たまたま一人で夕方に海に入り、
パーリング(ボードから落ちること)してしまった際に
自分のボードが頭にぶつかって
失神してしまったまま海水の中で窒息してしまったそうです。

その前日の彼の波乗り日記には、
いつもは箇条書きで5行くらいに簡潔にまとめてあった内容が、
なぜか4ページにわたって、
海に対する思いが書き連ねてありました。
そして、最後に私に対してのメッセージかと思えるようなことが
3行だけ書かれてありました。

その内容は、

「○○とは話が合わない。○○は自分の考えの中でしか生きていない。 あいつはあのままじゃだめだ。あいつはもっと旅をしたほうがいい。 とてもいいやつだから特にそう思う。今度あったらじーっくり説教。」(原文のままです。)

私は最初それを読んだとき苦笑いをしてしまいました。
前日にちょうどお互いのサーフィンに対する考えで大口論になっていたからです。
口論はそのままお互いの人生論なんかにまで発展し、
「二度とおまえとは海には入らん!」
の私の言葉でその夜はお開きになっていたからです。

そういう口論はよくあることだったのですが、
いつもは彼のほうが折れて話は終わってたのですが、
なぜかその日は絶対に折れないで食い下がってくるもので、
私のほうも頭に血が上りすぎていたのだと思います。
実は私のほうはその日は帰ってフテ寝した後、
朝になって頭が冷えると反省して、
夜電話して謝ろうと思っていました。
今思えば、なぜ朝すぐに電話をしなかったのかと悔やまれます。

読み終わった後しばらくぼうっとしていたのですが、
自分でもわからないままいつのまにか号泣していました。
衝動的に言ったこととはいえ、
本当に二度と彼とは一緒に海に入ることはないのだと思うと、
涙が止まりませんでした。
苦しすぎて声を出すこともできない、
そんな感じで仕事も休み一日中泣きつづけました。

次の日、また仕事を休み、早朝から海に行きました。
ひとつは供養のつもりで、
もうひとつはきっと彼は今も海に入ってるんじゃないかと
柄にもなくおセンチなことを考えてしまって、一言謝りたいと思い、
今は遺品となってしまった彼の新品のロングボードをもって海に入りました。

「早くのりてー」と言っていたロングボードに
一度も乗れないまま逝ってしまった彼。
さぞかし乗りたがっているだろうと思い、
遺品でもあるし、綺麗に飾っておこうとも思ったのですが、
代わりに一度だけ乗ってやろうと思い、乗ることにしました。

沖に出たとき、まず、彼に「ロング借りるよ」と、
次に「ごめん」とだけつぶやいて、
波には乗らずボードにまたがって、しばらくボーっとしながら、
いつも口論になった後はこんな感じで、
気まずい思いでいる私のことが分かってかいつも

「次ぎ行け!(次来る波に乗れよ!)」

とガハガハ笑いながら声をかけてきた彼のことを思い出していました。

その時、はっきりと

「次ぎ行け!」

と後ろから声が聞こえた感じがしました。

ハッとして、沖のほうを見るととてもいい感じの波。
夢中で波に乗りました。
涙が止まりませんでした。
すごく長い時間波に乗っていたような気分でした。

「空耳かも。。。」と思った私は、
罪悪感が聞こえさせたんだろうと苦笑いしていたのですが、
また、「次!」と声が。
さらに、確かに誰かがボードを後ろから押すような感覚がありました。

今思い返すと、やっぱり罪悪感が感じさせた幻覚(?)
みたいなもんなのかな、とも思うのですが、
確かにその時はハッキリと声を聞いた感じがあり、
押された感じも本当にリアルでした。

だから私は、勝手に「許してくれたんだな」と思っています。
なんだか一番キツイ説教をされたような気分です(笑


『突然止まったオフクロに貰った時計』

俺が大学生だった頃の話です。

念願の志望校に入学したけど、
何か自分の道が見いだせなくて、
ほとんどバイトに明け暮れ授業なんか全然受けてなかった。

ある日、本屋で立ち読みしてると、
海外語学留学というのが、突然目にとまって、
英語なんか全然興味なかったし、
喋る事も出来なかったけど、
何故かその時「これだ!」と思って、
早速家に帰ってその日の夜、
「俺、とりあえず大学休学して留学するわ」
って両親に相談というより宣言したら、
オヤジは反対したけど、
オフクロは何故か
「一回きりの人生だから好きにしなさい」
と、すんなり賛成してくれた。

それから、俺はあっちこっちで色々情報をかき集めて
留学の準備を進めていた。
そして、いよいよ来週留学だという時になって
オフクロが検査入院する事になった。
実はオフクロは俺が高校生だった頃に
子宮ガンで全摘出手術を受けていたが、
主治医曰く、手術後、5年以内に再発しなければ
完治したと思って大丈夫と言ってくれていて、
既に手術してから4年が経とうとしていた。

で、以前から検査する為に
1~2週間の検査入院はよくある事なので、
オフクロも
「入院しちゃう事になったので、お母さんは空港までは見送る事出来ないね」
と言うので、
「空港行く前病院よるから、心配しなくていいよ」
といったような話をしている間にいよいよ留学する日が来た。

朝10時の便だったので、病院には朝7時半に行った。
通常なら面会時間では無いので会えないのだけど、
看護婦さんに頼んで病室に入れてもらって、
30分ぐらい話して、そろそろ時間だから行くわ、
というとお袋が「餞別ね!」といって
枕元に隠してた包みをくれた。

1年間会えないと思うと名残惜しかったが、
「退院して、暖かくなったら遊びにおいでよ」
という約束もしてたの笑って病室を後にした。
空港までのバスの中でオフクロから貰った包みを開けると、
腕時計と手紙が入っていた。
手紙はリュックにしまい、時計を腕にはめた。

海外の生活にも馴れ、
全く出来なかった英語もなんとか普通に喋れるようになって、
「退院したなら、こっちに遊びにおいでよ」、
とかいうやり取りを手紙や電話で何度かしたのだけど、
その度に「うん、もうちょっと調子よくなってからね。」
という返事しか返ってこなかった。

でも、信じていた。
いつかはオフクロとオヤジとアネでこっちに来ると。
その為に何処に連れて行こうか
観光スポットのプランまで練ってたね、俺は。

で、それから後2ヶ月で1年が経とうとしたある日。
ずっとしてたオフクロに貰った時計が突然止まった。
その時は別に明日にでも電池交換に行こう程度に思った程度だったのだけど。
次の日、突然家(借りていたアパート)の電話が鳴った。
でると、オヤジからだった。
「お母さんの容態が急に悪化したので、至急帰って来い」と。

俺は頭が混乱して何か状況が全く掴めないまま、
飛行機を予約して大急ぎで帰国した。
到着し空港から大急ぎで病院に向かい、
看護婦詰所に行った。
夜だったので看護婦さんは窓口におらず
奥まで聞こえるように大声で、

「○○の息子ですけど、母親は何号室ですか」
と聞くと、看護婦さん達は顔を見合わせた後、
「ご存知ないんですか....、昨日の夜、亡くなりましたけど...」
「はっ?いや、○○の息子ですよ」
「ですから、○○さんは昨日お亡くなりになりました...」

その意味が素直に飲み込めなくて、
病院の電話借りて家に電話してみた。
きっと、オフクロが電話にでてくれると思って、
いや、そう信じて..。
しかし「只今、留守にしております・・・・・」。

正直、パニクった。
当時、携帯なんか存在しないから、
オフクロはおろか、家族の誰とも連絡とれない。
看護婦さんに頼んで、何処にいるか調べて貰うと、
葬儀会館の電話番号を教えてくれた。
電話するとアネが電話に出たので、
状況は依然ワカラナイまま、病院まで迎えに来てもらった。
葬儀会館についてオフクロの棺開けて顔見たけど、
不思議と悲しいという感情は湧かなかった。
たぶん、状況が飲み込めなかったんだと思う。

で、2日後やはり状況が上手く飲み込めないまま、
葬儀も終わり灰になったオフクロの骨壷見た瞬間、
この世から形が無くなったと思うと、
最後に会えなかった悔しさや、
留学を快く許してくれた事を思い出し、
何故だか涙が次から次へと溢れてきて、止まらなくなった。

それから初七日が過ぎ、1ヶ月が過ぎ、
実家で何もする気がしないのでボーッとしてた。
その間、何度となくオフクロが元気だった頃の夢を見て、
願わくば、このまま夢から覚めないで欲しいと思った。
逆に寝てさえいれば、オフクロに会える気がしたし、
現にほぼ毎日のようにオフクロの夢をみてた。

その日も早くに布団に入って寝ると、
しばらくしてオフクロの夢をみた。
でも、いつもの夢と全然違う。
何故かオフクロは船に乗ってて、

「もう、行かないといけないから」
「人生大切にして、一回コッキリの人生楽しみなさいよ」
というので、
「来週向こうのアパート片付けに行くから一緒に行こうよ」
というと、
(現に行かなきゃならんかったんだけど、日本に飛んで帰ってきてるし、アパート解約しないといけないし)
「それは無理だけど、体大事にして生きなさいよ、見守ってるから」
っていうんから、夢の中で号泣しながら、
オフクロの手を握ると強く握り返してきて、
そしたらオフクロが乗ってた船が動き出して、握手してた手が離れて。
そこで、追いかけようとしたら、
ガバッって感じで布団から飛び出して目が醒めた。

そしたら、マジに俺泣いてんのね。
しかも、手に感触が残ってて。。
その夜はそれから寝付けなくて、朝を迎えた。
カレンダーを見ると、ちょうど今日が四十九日だった。
それ以来、今まで一度もオフクロの夢を見る事はない。

所詮、思い込みの激しい夢じゃん、
と言われるとそれまでなんだけどね。
でも、今でも不思議な事はは時計が止まったことだな。

オフクロさん、感謝してますよ。
結局、その後、大学休学したまま辞めちゃったけど、
留学経験活かして自分で会社作ってなんとか飯喰えてるし。

(長文失礼しました)