藁人形とお遍路怖い話

ある夏の日、車で田舎へ帰省する途中コンビニに寄って休憩していたら、お遍路さんが歩いてくるのが見えた。夏にお遍路さんが増えるのは珍しくもなかったのだが、その人は人の形をした藁のようなものを背負っていて――(おうまがタイムズ)



56
夏に田舎へ帰る途中で体験した事なんだ。

車で田舎まで2時間半程度なんだけど、
流石にずっと運転はしんどいから途中コンビニで休憩してた。
軽く体操して目薬差してお茶飲んで・・・
ってしてたら東の方からお遍路さんが歩いてきた。

まぁ夏はお遍路さんも増えるから気にもならずいつもの光景・・・・・・
だったんだけど、よく見ると人の形をした藁?みたいなのを背負ってる。
店の入り口で荷物を置いて、そのお遍路さんは飲み物を買いに行ったみたいだった。
あんまりジロジロ見るのも失礼だと思ったんだけど、
その人形はなんていうか人形と言うよりも人を藁で覆った様なそんな不気味さがあった。
(なんで人形を背負って・・・?)とすごく気になってジーっと見てた。
するとコンビニから出てきたお遍路さんがオレの視線の気がついたみたいで、
荷物の中に買い貯めした飲み物を入れながら話しかけてきた。

「なぜ人形を・・・という顔をされてますね?」

「はい、お遍路さんはよくお見かけますが、人形を背負って周ってらっしゃる方にははじめてお会いしました」

「はは、実はこれ私の女房のつもりでして」

「奥さんの・・・?と言うと?」

「女房は昨年うつ病をこじらせて自サツしまして・・・少しも女房の気持ちに気づいてやれなかったことが申し訳なくてね」

「それは・・・突然の事で寂しくなられて・・・」

その男性は埼玉の方から来たと話していた。
他愛ない会話、四国のここがいい、とかそんな事を話していたと思う。

話に花が咲いて30分ほど喋っていただろうか、
男性がそろそろ出発します、と荷物を背負い人形を抱えた。
オレも田舎に昼までには着きたかったから挨拶をして別れた。

「それじゃあ、僕も西の方へ行きますんでまた機会があれば。お身体大事にしてください」

「ああ、どうもありがとう、キミも気をつけて」

コンビニの駐車場から出てミラーでお遍路さんを見る。
右手を振って挨拶してくれている姿に(奥さんも一緒に周れたらよかったのにな・・・)と思った。


57
次の瞬間助手席のドアがガチャッと音を立てて開いた。

開いたといっても半ドアになっただけなんだけど・・・。
でも60キロくらいで走ってたから、
人やバイクに当たったら大変だと思って
すぐに路肩に車を停めて運転席から腕を伸ばして助手席のドアのリムをひっぱった。
ふぅ、とため息をついて運転席に戻りシートベルトをしめて安全確認、
右のドアミラー、左のドアミラーと順番に見たら、
助手席側のドアミラーに一瞬だけ髪の毛が写った。

は!?と内心ビクッとしてバックミラーを見た。
遠くでお遍路さんがオレが停まってるのに気づいてまた手を振ってくれている。

その後ろで人形の右手も一緒にゆらゆら揺れていた。

本気で怖くなってフルアクセルで走り出した。
ルームミラーを見るのが怖くて怖くてどうしようもなかった。
田舎についてじいちゃんにコンビニでこんなお遍路さんに会った、
と話したらため息をつきながら話してくれた。

「昔っから人の形したもんには人の魂みたいなのがつきやすいって聞いたわ。そりゃ氏んだ奥さんの魂なのか、全然知らん人の魂いれて歩きゆうがやろ」

「そんなバカな話し、マンガやホラー映画じゃないんやから・・・・」

「アホ、藁人形もそうやし市松人形もそうじゃろうが?人の形したもんは安易に持ち歩いたりせんほうがええがじゃ。そりゃその旦那さんは奥さんの事考えてそうしたがやろうけど、周りに居るのが奥さんやとは限らんきの」

結局この後そのお遍路さんには会わなかったし、
知り合いのお寺にも来てないって言われた。
周りの店で聞いても「人形を背負った人らぁ40年ここにおって見た事ない」と言われてしまった。
車のドアロックも異常なし、それ以降身の回りにも異常はなし・・・・。





引用: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part89