1
あなたの職種はなんですか?
過去にどんな仕事やバイトなどをしましたか?

その道の人しか知らない、怖い体験談や裏事情等を
書き込むスレでございます。



7
元自衛官

某部隊の隊舎で霊障が酷いので隊舎裏に慰霊碑を建てました。

大して怖い話でなくてゴメン


22
工場職 35歳

うちの現場では、よく作業服を着た、足だけの人が歩いている。
夜に限らず、昼間の休憩時間に現場で寝転がっていると見える。
みんな慣れているから、ああまたか、と思うくらい。
氏んでも尚、働いているのかと、ちょっとした励ましにもなる。


26
俺も元工場勤めだったけど夜誰もいないはずなのに機械の音がするらしい。
後は警備の人が腕だけ動いているのを見たとか。

まぁ色々あるかもね。


29
以前、品川の天王洲の高層ビルに常駐設備をしていた。
そこの地下2階の電気室にお化けが居る。
そこだけ昼間でも、えらく(居る)気配が強い。
俺が一人で掃除機かけていると、俺達と違うユニフォームの奴が
何か大声で言いながら近付いてきた。
びっくりして掃除機を止めて顔を上げると居ない。
体だけは視界にしっかり入っていた。
白と明るい青のツートーン。
たちまち背筋が寒くなり、片付けて出てきた。
建設時、鳶が二人墜ちて氏んでいる。
その電気室のみ神棚があり、真下にある普段は使わない事務机には
いつも誰か座っている気がする。


30
事故でバンパー、フロントガラスのみ破損した高級車の修理の話
まず、脳みその飛び散ったフロントガラスを交換するんだ
もちろん車内にもガラスの破片が散乱してるから、かたずけるんだが、
肉付き頭蓋骨がシートの下にあったりもする。。。ナンマンダブ
あと、修理の時は必ず二人で、作業するんだ

なぜかって?

そういう車の修理中は昼間でも出るからさ
出たら一人だとパニくって怪我するしな

もちろん線香をたきながらの作業になるのは言うまでもないし、綺麗に修理された後に普通に中古車として売りに出されてる
見た目はほとんど新車同然


34
新聞販売店
マンションのポストに刺さってる他社紙の抜き合い。本当に不毛な業界だった。


35
不動産鑑定士事務所で働いてます。
主に競売物件の査定なんですが、競売後に物件内で自サツする人が結構います。
顔を覚えている人も何人かいて、憂鬱な気分になります。
夜中にふと思い出したりして、コワイです。


37
病院勤務だけど、俺の夜勤がない夜に、患者の自サツがあったりする。朝礼の時にそれを聞かされるけど、場所は秘密になって教えてもらえない。何か後味悪いよな


40
以前、産廃工場で働いていたのですが、
処理する物のなかには食品メーカーのレトルトカレーやお菓子などが搬入されることもあり、その品がはいってくると作業員がかなりの量をもってかえってました。


41
硫黄島で設備点検の仕事してた。いろんな霊をみた


57
彼氏が不動産屋だったけど同僚がお客を案内した物件で(家具付)部屋に入った途端いすが飛んできた。
そして女の人が(当然この世の方ではナイ)「出てけ~!」って。


58
友達の看護婦は「病院?いるよ~。夜中の誰もいない部屋からのナースコールは良くあるし、仲の良かった患者さん同士が相次いで亡くなると『連れてったんだね』なんて話すしね~。新月の日は良く患者亡くなるよね」
なんてサラッと話してくれるし。
病院ってコワイとしみじみ感じます。


67
パチ屋カウンターやってた時の話。客が来ないので暇だなーとぼんやりしてたら、急に事務所から主任が怒って飛び出して来た。
「お客さんいるのに、何やってんだー!」って。
もちろん誰も来て無い。主任もアレッてな感じ。
事務所のモニター見てたら、私の前に野球帽の男がずっと立ってたらしい。モニターの記録にも、確かに映ってた。
その店は、閉店後にいきなりファインプレーが回り出したりが良くある店だった。あんま怖くなくてごめんなさい。


64
写真屋のオカルトというよりロマンな
話をひとつ。
チェーンに属していて、売り上げが目標達成すると銀の置物を
もらえる。
この銀、フィルムを現像する時に出る廃液から再生されたもの。
銀塩って言うだろう? フィルムには銀を含む薬が塗られてるんだよ。


66
>>64
客に見せられないようなヤバイ心霊写真とかって
本当にあるの?


69
>>66
残念ながらない。
一度お客が「この写真は心霊写真だ!」と怒鳴り込んで
きた奴には白煙が写り込んでいたけど、寺で撮影したら
線香の煙くらい写るってw



103
>>69
以前、鎌倉に観光に行き写真を撮った。
40枚近く撮ったが、現像されたのは20枚だけだった。
不思議に思って写真やさんにきくと、『お客さまがどうしても、と言うなら現像したものをお渡ししますが…』と言われた。
いわゆるインデックスは渡してもらえず、所々で切れてるフィルム本体が帰ってきた。



74
私も写真屋さんだよー。
心霊写真、ありました。ただ、うちの店で現像プリントした写真じゃないんですが。
ネガが無くても写真から写真をつくれるってサービスがあって、かなり古ぼけた写真を持ってきたお客さんが一言。
「シャツの胸のとこにある顔を消してもらう事はできますか?」
写真を見ると、80年代って感じの家族写真で、ワイシャツ姿の男性の胸に小さい人の顔が。
シャツの影とかシワじゃなくて、はっきりと。握りこぶしよりちょっと大きい感じの顔。
心霊写真ってあるんだな~っと思いました。


76
>>74
>胸のとこにある顔を消してもらう事はできますか?

うはぁーーーーー。。。
淡々と怖いですね。消せたんですかね。
写真から写真をつくるサービス、1枚幾らからですか?


78
修正も大変なんだね。
大事な写真に写り込まれたら
困るな…


75
すれ違いを承知で同業者(建設業)に聞いてみたいんだけど
仕事柄大量に写真を撮るんだけどその中に心霊写真ってあったことある人いる?


104
>>75
おいらの兄貴が建築士で兄貴の経験したのでは
現場を見に行けないクライアントの為に現場の進行状況の写真を撮るらしいんだけど(詳しいことは解りませんが)
ときどき、あからさまにこの世の者じゃないのが写るらしいですよ。
兄貴が一番カンベンしてくれと思ったのは、打ちっぱなしの部屋を写したさいに
壁に大量の血飛沫みたいのが写ってたらしいのと、年末年始の休みの間に入り込んだ浮浪者を、仕事始めの時に凍氏体で見つけたときだそうですです。


143
>>104
レスありがとう。やっぱりあるんだな~…
自分、病院の改修に出入りするので
いつかは出くわすんだろーな…



83
俺はビル管
去年の秋にリニューアル工事した都内のビルに勤務している
地下の監視室にはインターホンがあり、夜間の入館者には警備の代わりに
俺たちビル管が対応することにしていた
ビルは古く、夜になるとビルのすぐ脇を走る
営団地下鉄の列車の走行音が響く
毎晩メンバーの誰かが泊まるが、皆、寝苦しいと話すことが多い
何せ江戸時代は武家屋敷が多い場所だ、…何か有りそうな気がする

その夜は俺が泊まり勤務に当る日だった
監視室の隅にあるベッドに潜り込んでいたが、いつもに増して寝就けない
午前3時頃には地下鉄の線路補修車の音がゴトゴトと響いて通り過ぎる…
ふとその時、施錠されている監視室の扉の前で誰かが歩いている音がした
あれ…?誰だろう
監視室前は、地下駐車場とエレベータホールを繋ぐ短い廊下である
その足音は暫く廊下を行きつ戻りつし、やがて遠退いていった…
そうか、IDカードを忘れたテナント社員が、セキュリテイの掛っている
地下駐車場に入って出られないってことか…
そう思っていると再び足音が戻って来た
ああ、確かに誰かいるなあと思っていると突然チャイムの音がした…

── ピンポーン ──

うわ、こんな夜中に何だよもう…
仮眠ベッドから嫌々起き上がり、インターホンの液晶を見た
ツバ付きの帽子を被った男が、横向きに映っている
一見、施工工事業者か荷物搬入の運送業者風だ
変だなあ、今日明日は引っ越しや工事の予定はないし…
しかし退館はさせてやらないと不味い
すぐにドアを開けて外を見た

薄暗い残置灯の点いた廊下と駐車場には、誰もいなかった…


85
ホテルの客室係をやっているのだが、夜勤の晩にお客から呼び出しがあって部屋に向かった。
お客は30歳半ばの女と、その娘3歳位と息子1歳位。
何があったか尋ねると、『子二人が一点を見つめて泣き続けてるから、部屋を変えてくれ』との事だった。
おれじゃ判断しかねるからって、内線で上司を呼んだら『すぐに変えさせて頂きます』だと。
後々なんでか聞いてみたら、良くある出る部屋だったらしい。それを知ってからあの部屋入るのが怖くてたまらん。

二、三日前も客があの部屋に泊まってて『どうでもいいからあの部屋じゃない部屋にしてくれ』って理由言わずに喚いてた。



101
シティホテル勤務です
客室数がそれなりにあるので、自サツや事故、病死はやはり年に何度かあります
まだ息がある場合や事件性がありそうな場合ならともかく、たいていは発見時亡くなってからすでに時間が経っているので、
救急車はサイレンを鳴らさずに来て、バックルームから搬出用エレベーターでご遺体が運び出されていました

最近総支配人が替わり、ご遺体は全てフロントから運び出されることになりました
新しい総支配人曰く、「お客様なんだから、フロントからお帰りいただくのが当然だろう」
実に筋が通った人だ、と感心しました
とはいうものの、物々しい搬出を見た他のお客からの問い合わせに苦慮することになり、
社内会議でこの事が議題に挙がりました
そこでまた総支配人曰く、「前任地の経験から、ちゃんと『お帰り』いただいた方が遺恨が少ない。いろいろと。わかるでしょう」
そのまま議題は流れて、現在でもご遺体はフロントから「お帰り」いただいております


126
>>101
経営者としては評価できないが人間としてはすごく感銘を受けました。
私もそういう上司の下で働きたかったな~。そのひときっとなくなった方たちに感謝されてると思うし
きっと霊たちがそのホテルつぶれないようにしてくれると思いますよ。⇒根拠はないけど


107
某小売店勤務。

いろいろ店舗あるんだけど、もう閉鎖した店舗っていわく付きの話が多かった。
衣料中心なので駅前など立地条件はいい場所なんだけど、何故か鬼門のような所。
A店舗は、何故か地下の女子休憩室に仏壇があり、勘の鋭い人(自称見える人)は、
気分が重いと絶対に近付かなかった。
閉鎖後、1ヶ月ぐらい残務処理で数名残っていたんだけど、上司始め警備の人達が
暗い店舗内で走る人影やら物音を頻繁に聞いたり見たりしてた。
(それ以前に、営業後、残業で残っていた人が見た聞いたっていうのはよくあった)
その店舗は何故か1年おきに自サツ者が出る店舗で自分がいた数年でも事件があったから、
出るのも判るし引きつけるのかなあと思った。

B店舗では、乳児の氏体が発見され事件にもなったんだけど、その後夜中になると、
赤ちゃんの鳴き声がすると噂…実際に聞いた同僚もいて、お払いもしたりいろいろしたんだけど、
結局、経営上の問題で閉鎖。



127
やっぱりホテル勤めって恐怖体験多いんだね。

以前営業で遅くなって、東京都下のビジネスホテルに泊まった時。
(一人だから勿論シングル)
シャワー浴びて、缶ビール2~3本呑んでぼちぼち寝ようかなって思ってたら
フロントからちょっと憮然とした口調で
「お連れの女性はもうお帰りになりましたか?」
って電話があった。
まるでおれが女連れ込んだみたいな言い草。
「はあ?女なんて知らないよ?」
って答えて電話切ったんだが、やっぱり気持ち悪いよね。
誰か憑いて来たのかな?


129
土木業界の者だが経験談を一つ
高速って性格上、直線が好ましいけど結構曲がりくねってるやろ
用地交渉が上手く行った所を這わす訳だが
やっぱり面倒な交渉無しで地値が低い場所を狙うんよ
そこで高度成長期当時の公団が選んだのが管理者を失った古い墓地だったのな
だから現場で新規入場者(作業員)に塩を撒いたりする事も珍しく無い訳よ
漏れが学生の頃行ってた某大橋インター建設現場も墓地やった
そこでは毎日不思議な事が起きててな
とうとう若い監督に吊り荷が落下して即死
無風で熟練したオペが扱う新品のワイヤーが突然切れた
嫌な思い出やな


130
消防士です。
頭部が切断されたものに、たまに出くわす。
なぜかゴロンと横倒しではなく、首で立ってるんだよなぁ。


132
昔、ビジネスホテルに勤務していました。
上司が言ってましたが、自サツしに来る人は
チェックインする時から、挙動が怪しいそうです。

私の働いていたホテルでは、私が働く以前に3人、
自サツ者が居たそうです。
夜勤は一人でフロントに泊まるんです。
フロントのある場所は昔、広間だったんですが、
その広間で首を吊った人が居たと聞かされました。
最初は、恐いなと思いましたが、慣れは恐ろしいものです。
個室のシャワールームで浴槽に浸かって
感電自サツした人も居たそうです。
ちなみにそのシャワールームでシャワーしたことあります
慣れは恐ろしいんです。



134
自閉官

旧軍からの基地を引き継いでいる所が多いので
目撃している人が多い。
有名な所で、江田島、硫黄島基地など。
江田島の参考館ていう、資料館みたいな所は
ネルソンや東郷の遺髪や広瀬武雄の返り血を浴びたコートなどが
あり、不気味であるが同時に、偉大な先人への敬意を感じる。
硫黄島は御供えもののお神酒がなくなっていたりするらしい。



137
元警察官
警察署の留置場は表が鉄格子、裏にのぞき窓が普通。
サツ人の被疑者は、だいたい裏ののぞき窓から被害者がのぞき込むと行って騒ぐ。
裏は巡回の通路になっていて、留置人の洗濯物なんかも干してある。
この巡回通路もよく出たっけ。
当時有名だった心霊捜査官はしょっちゅう見えない相手に説教してた。


138
心霊捜査官について。
実際の役職ではなく(当たり前だ)、霊感ある警察官だったからそう呼ばれていた。
何年か前の氏体遺棄事件でも霊視をして、事件解決の端緒になった。

その事件は子供の遺体がボストンバックに入れられて池に遺棄されていた。
遺体の身元も判らず、目撃者もいない。
捜査に行き詰まった幹部は、知り合いの心霊捜査官にボストンバックの写真を見せた。
心霊捜査官は写真を見るなり「池か湖が見える」と言った。
さらに、「男と女が見える。女は日本人だが男はアジア系の外国人に見える」とのこと。
その線で捜査をしたところ、あっさり容疑者が浮上。
結局、中国人とつきあいたかったバカ女が子供をころして遺棄したものだった。

写真を見せて云々は、私が退職する前に目の前でやりとりされたもの。
ボストンバックの写真を見せてもたっらけど、当然何も感じなかった。
この心霊捜査官、符術系の拝み屋もやってて、私もお札もらったことがある。


140
>>138
やっぱ、そういう人いるんだね・・・


142
>>138
そういう人ならすべて解決できそうなのにね。
霊的に犯人だと直感しても確たる証拠がないと
どうしようもないのかな。


139
何年か前に会社の同僚が辞めたんだわ。
その同僚、毎日残業しててろくに家にも帰ってなかったみたいで。
辞めるときなんてズタボロだったよ。
で、おれがそいつのやってた仕事引き継ぐ事になったんだけど、
殆ど終わらせてたみたいで後は仕上げだけのようなもんだったんだ。

だからその仕上げをするためにプログラムのソース開いたら

コメントアウトに

遺 書 が び っ し り 書 き 連 ね て あ っ た

遺書だけじゃなくて
疲れたとか帰りたいとかめちゃくちゃ書かれてた。

以後その同僚の消息を俺は知らない


141
従姉兄のふたりが長距離トラックドライバーなんだけど、
高速走ってるのに窓を叩かれたり、寝て覚めたらバックミラー越しに自分のとなりに人がいるのが見えたりするらしいよ。


145
占い師なんですが、所属する会社のオーナーに頼まれとあるホテルへ。
部屋に入るとそこには誰もが知ってる大物が。
私は以外に二人、計三人の占い師が呼ばれていました。
占いの内容は愛人女性が、浮気相手と逃げたのでその行方を観る事。
三人の占い結果は一致。
女性とその浮気相手は見つかりました。
それからしばらくして、浮気相手の男性が不審死。
女性は大物との関係をぶちまけスキャンダル発覚。
何とも後味が悪い一件でした。


164
高圧電気設備の保安管理業務なんだが、毎日同じ事の繰り返しなんです。
だから、時々考え事をしながら作業をして、感電する馬鹿がいる。
腕を感電して、内部の神経が損傷したら直りが遅いんです。
でも、見た目は大やけどだが本人には痛みは無い。
神経がやられて痛まないそうです。

しかし、俺も何時も思うんだ。高圧6600Vの充電部を見ていたら
思わず手で触れそうになる。 本当に感電するのか人体実験したくなる。
触ればこの世からバイバイ出来るのか?この暑い夏場は直射日光に当たる職からオサラバか 
この業務に携わる人々の実感です。


169
>>164
慣れてくると油断が生じるんですね。
読んでて怖いと思いました・・・怪我しないように頑張ってほしいです。


165
>>164
大変な仕事ですね。気を付けて下さい


170
>>165 
レスありがとう。

仕事で不注意一撃ひっさつの業種の場合は、ボーッとそんなに考えるのでしょう。
以前従事していた火力発電所のタービンの強力な回転体のメンテナンスの場合も、引き込まれる魅力を
感じましたから、高層ビルのゴンドラに乗っての窓拭き仕事の方々も
同じことを考えるのではないかな。 上空100mの世界は経験ありませんが。

注意一秒怪我一生でなく、注意一秒即あの世。


199
千葉県某所で業務委託社員として働いている。
深夜に施設の点検に行くんだが、施錠引継の際にたまに言われる。
「ここでますから気をつけてくださいね。」
気をつけて出ないなら十二分に気をつけるんだけどなあ・・。
幸いにして、自分はまだ遭遇してないですが同僚は遭遇し最初は挨拶したが、
ふと、その窓の外に足場ねえよと気付きちびりそうに成ったそうです。
後、目の前を光が横切って行ったというのも有ったといっていた。


209
建設業だけど昔は大きな現場では最初から「○人死亡」と予算に組み込ん
でおくのが普通だったらしい。あとよく聞くのが大きなダム工事で作業
員同士で気に食わないやつはコンクリート打設のとき後ろからいきなり
押して型枠の中に転落させそのままコンクリートを流し込んだとかw



210
建設省OBの設計事務所が都市開発の管理だけ請け負った。
民間ばかりが設計管理施工したら、悪い事するだろうからとの事で仕事が来た。
予算をチェックしていたら、訳の判らん項目があったので
ゼネコンの担当に聞いた。 「完成までに2人くらい死ぬでしょう、その予算です」

まあ、30年くらい前の話ですから、今はもっと安全です。



237
ウチの母親が事務をやってたプレス工場で
作業をしていた人が
プレス機械に腕を根元から持っていかれる事故が有った。
現場は血の海で大惨事だったそうだが
幸い命に別状は無く、驚く事に2週間ほどで退院したそうだ。
おそらく切断された腕は使い物にならず
接合する手術が出来なかった為だろう。

まだ若い人だったと思うが、片腕での生活は本当に大変だろうな。


239
病院に勤めてると
「工場で腕切断」(でもくっついた)
「チェーンソーで顔面切り裂いた」(でも縫った)
とか普通に聞きます

ミンチになりましたってのは来ないけど。


246
機械に巻き込まれた話に便乗。
ボーリング場で点検のため、ピンの並んでるとこに入ったときに
リセット押されてバーに流され奥に消えていった店員さんを見た。
その後どうなったかは知らない。


462
>>246
後ろから出る事は可能。



247
俺が勤めていた自動車メーカーでは「指を落としても労災は使えない」だった。

そういう俺も治具の不良が原因で右腕の親指に大きな傷がある。
俺を病院に連れていった区長は医者の「これは労災でしょ?」との問いに
「いや~休み時間にやったみたいなんですよねぇ」

そして帰り際に「なるべく課長に見つからないようにしろ」
月曜日の朝礼では「先週、ちょっとした事故が発生しました。本人が"間違えて"しまったのが原因で~」

「無事故操業が0000時間を越えて新記録達成」
この看板を見るたびに反吐が出る気分を味わったよ。


256
>>247  
相当悪質だなあ・・・・


250
企業なんてどこもそうだ。
俺も機械の誤作動で怪我して病院に連れていかれたが
上司に「本人の不注意でやった」といわれてむかついたからその場で機械の誤作動云々バラしてやった。
もちろん次の週にはやめてやった


251
不注意っだろうが誤動作だろうが、意図的でない限り労災になるのでは?


252
普通なるよね。労働基準局駆け込めば確実になるはずだよね。

でも、そうはならないオカルト。


260
見えるという後輩が居たけど、仕事をより好みするなと怒られたあげく辞めて行った位かな。
決定打は、某百貨店(閉店済み)で飛び降り自サツしたと思われる女性に「あたしの足を知らない?
どこ?隠してるでしょ?」と付きまとわれたらしい。
ちなみに、俺は足だけを見た。
天井から生えてる感じで宙を歩いてたよ。「くぁswでfrtgyhじゅきおl・・」って驚いてたら壁に
消えて行った。その時は木の精にしておいたが、後日後輩の話を聞いてびびった。


269
初めて勤めた会社であった話。

某車メーカーで 夜勤をしていた社員のおじさんが夜勤明けで会社を出たところ、同じ会社の日勤社員の車に引きコロされた。その日勤者は 倒れてる人を介抱すらせず、自分の車の割れたフロントガラスを拾ってた。
ゾッとする光景…。

結局、出勤してきた周りの同僚達が救急車呼んだりしたけど被害者は亡くなってしまった。


270
続き

その何日か後に亡くなった社員の仕事する声が聞こえると その職場にで騒ぎになった。
お払いしても効果なく、暫く他の夜勤社員と仕事をしていたらしい。
まだ 子供も小さかったしこれからが 頑張らなきゃって時に不慮の死。
未練あったんでしょうね。

加害者は 保釈金だか払って のうのうと社内不倫して会社にも来てました。

被害者の霊体になっても仕事する未練。
加害者の金払えば自由の身で 罪の意識が無い奴。

いろんな意味で恐怖を感じました。

今も いるのかな?あの二人…。


271
職業ヘアメイク。
ズラの人のセットはまじ勘弁。
ズラの人にズラをかぶせるだなんて…
(´;ω;`)ウッ…


284
某歯科で働いてます。
昼飯食って歯磨きせず来る患者
にんにく臭くていっぱい食物のつまった歯こそ恐怖


290
結婚式場や国際会議もあるけっこう大きなホテルの夜間のフロント係りを派遣でやった。
フロントの脇にドアがあってその奥がクロークルームになっている。
一応 ハンガーとか棚とかあるが、客がいっせいにチェックインする時間になるとハンガーも数足りなくなるし、面倒くさいから、ミンクのコートだろうとなんだろうと
くしゃくしゃに丸めて(毛皮は皺にならない)その辺にほうりこんでいた。
奥様のまえではきちんとコートをかけてさしあげたりする、その辺のマナーは一流ホテル。


291
施設関係で働いてるが、呪われた枕ってのがある。
最初に枕使ってた人が急死(これは呪いではなく)。その次に枕を使った人(入所時めちゃめちゃ元気だった)が3日で死亡。
その後5、6人連続で1週間以内に亡くなった。
まぁ偶然かもしれんが、その枕は今は封印されてる。そんだけの話


317
個人タクシーの運ちゃんにタクシーから降ろされたとクレーム
調べた所、亡くなったばかりの運ちゃんの車だった
客曰く運ちゃんは数珠を手にし急用が出来たから降りて欲しいと言われた
客は空港へ急いでいたのでかなり怒り、運ちゃんを罵倒した
しかし運ちゃんは「火葬場に急用が出来た」と繰り返したそうだ
数珠を持って火葬場に急用が出来たて言うもんだから
気持悪くなり客はタクシーを降りたが腹の虫が治まらず
タクシー会社にクレームを入れた。メモっていた車のナンバーと
運ちゃんの名字で調べたら亡くなったばかり
その客が乗車した日はちょうど運ちゃんの初七日の日だった



324
>>317
ヒッ!


335
某大都市のし尿処理場の計画責任者が、経験談を語ってくれた。

「処理済みの排水を何度も飲まされたなー」

新規の計画に反対する住人に「安全ですよ。 ほら 飲めます」 ←本人信じてるか不明。


336
旅館清掃のバイト
洗面台や風呂を掃除するスポンジで備品のコップやなんかも洗浄してた。
全ての宿泊施設がそうだと思わないけど、もう備え付けのものは使わない。


377
>>336
とある有名な高級リゾートホテルで友達が清掃のバイトしてたんだけど、
部屋に備え付けてあるグラスなんかは、
使用済みのシーツで拭いてたって言ってた。
みんなそうしてるから、それが普通だと思ってたらしいけど。
その友達はそれからどこのホテルでも備品は絶対使わないって言ってた。


381
>>377
そういう話の大半はガセだよ。もしくは、余程いい加減な人間がたまたま働いていたとか。
普通のビジネスホテルでバイトしてたけど、備品はきちんと洗ってた。ただ、使用するスポンジなんかが常に清潔かどうかは疑問。


338
自分の知ってるとある公務員宿舎にはいわゆる「出る」部屋があり、鈍い人でも何かを感じるらしく
その部屋は無意識に避けられている。
ただ、この四月からその部屋に入居する人がいるらしい、他の部屋が全部埋まったため
そこしか場所がないそうだ。

公務員宿舎にすらそんなオカルト物件があることに驚いた。


340
>>338
安い家賃で住めるんだから、多少の事は我慢しなくちゃw



341
何年か前に氏体に化粧するバイトしたことあったけどすぐやめた。
社員で働いてる人たちがもうアッチの世界の人つーか・・・コワイ


346
レンタルビデオ店員。

夜中の1時頃に事務所からバイト君が血相変えて飛び出してきて、
「○○さん!(俺の名前)監視カメラのビデオ見てください」

何だと思って見てみたら、一昨日の日付にあたるビデオに
丸1時間くらいずーっと30代くらいの女のどアップが写ってた。
軽く貞子入ってる表情で微動だにしないで延々。

夜中はほとんど借りる人がいないスポーツ関連のブースだから
気付かなかったんだけど、あれからしばらくの間夜中の仕事は怖かった。


347
昔はたらいてたビルでエレベーター内で自サツした事件があった。
で、その当日の監視カメラにはっきりと映っちゃってるのでお祓いして捨てに行く前の日に
同僚が面白がってこっそり見てみねぇ?っていうので
その当時の怖いもの知らずな俺はついつい見ると言ってしまった。
映像で映ってたのは開いたエレベーター内でまだ血が噴出してたもの。
それまではよかったんだが急に映像乱れてかすかに声が聞こえる。
おかしいな、監視カメラだから声なんて・・・と思ったけど確かに聞こえた。
疑問に思ったので少し巻き戻ししてもらってさっきと同じところを見ると
今度はピュー、ピューって確実に聞こえる(首を切ったらこういう音が鳴るらしい)
少しして画面を見ると血を噴出しながら奇声を発し突然走り出すその遺体
俺らはそこで怖くなってすぐ消した。

翌日聞いて見てもエレベーター内で氏んでいたので動くはずはないと。
神社でお祓いする際あのビデオにとりついたと言っていた。


356
映画関連の仕事。

ちょっと聞いただけで自分では確認も出来てないんだけど、
優香の出てる『輪廻』には霊が映りこんでるらしい。
映画が映画だけに制作サイドに連絡したら喜ばれたそうな。


372
>>356
テレビで優香も言ってたね、それ。
なんか霊感ある知り合いが映画を観たけど、本編中うじゃうじゃ霊がいて
ストーリーなんか覚えてないって言われたって。


358
照明の卵してます。
古い会館なんかになるとやっぱり出るらしくて
ピンスポットの部屋があるんだけど
一人のはずなのに物音がしたり人の気配がしたり
作業が終わって帰るときに電気消しますよーって言ったら
「あれ、まだピンルームに人残って…あ、いいや。」
って言われたり…
まだ半人前で、チーフに怒られるほうが怖いのと必死なので
作業中はあんまり気にならないですが
やっぱりちょっと怖いです


376
坊さん

霊感少しあるんだが、枕経の時に突然死した人のは行きたくない。大抵未練が残ってるせいか、仏さんを前にすると息苦しくてお経が読めない(´・ω・`)
けど、お櫃に入っちゃうと皆パタッと諦めるのか、何も感じなくなる。
でも檀務に行くと、ちゃんと供養してなかったり、土地神に筋を通してなかったりすると息苦しくなる。
後、自分の知ってる先祖には好きな食物を供えてあげましょう。お経中に出てきて、腹減った喉乾いたってのはよくある。


378
ペット供養に関する話。
今、ペットを火葬にする事が多いけど、出来れば骨は貰ってきて、どこかに分骨(寺に収めるとか)じゃなくて家の仏壇の中や横に置いてあげて下さい。
骨を一括にペット火葬で捨てちゃうのは可愛そう。ってか、お経あげてもいない事がある。家の仏さんもたまに居ない時があるけど。それは別の所にいるから。
ペット小話
檀務の時にペット供養もした。骨があるのに、出てきたワンちゃんが淋しそうにしてる。変だなって思って家族に聞いてみた。その会話
「ワンちゃんが淋しそうにしてましたが、思い当たる事ないですか?」
「え!?今年は分骨先のお寺に行ってないです!行きそびれてめんど…」
「うは(;^ω^)それは駄目だお。行かなきゃいけないお。分骨も引き上げてきて一緒にしてあげるべきだお。」
後日
「和尚さん、あれからすぐ行ってお骨一緒にしました。」
「それはよかったお、じゃあお経上げますお。」
チーン…チーン…(ばたばたばた!)「ちょwww犬欝陶しいおwwww嬉しいのは分かったから離れるお!離れろってのが分からないかお!ケルベロスになりたいかお!」
(^ω^;)…犬は適わんお。全身で喜びを表現するから、欝陶しくてお経読めなくなるお。
(^ω^;)…
( ^ω^)気を取り直すお。
壇務行ってきたら、何書こうとしてたか忘れたからここまで
供養は大切ですよ。



382
>>378
そこまでする必要があるんだね。
骨は共同で燃やしちゃったし、形見と写真しか備えてないから
もしかしたら何十匹の愛猫や愛犬がうちで寂しそうな顔してんのかな。
だとしても祈ったり食べ物を備えたりしか出来ないけど。


380
病院でレントゲン技師をしとるのだが、一度だけ現像が出来上がったばかりのフィルムを
その場で破棄。撮り直した経験がある。
末期の肺ガンの患者さん。胸部写真で病巣が何故か真っ白に写ってた。不審に思って良く
見てみると、病巣全面に渡って小さな顔がビッシリ(全部同じ顔)。
ドクターに相談して患者には見せずに破棄。次に撮り直した写真には、何故かちゃんと癌
組織が写ってました。
病院勤めだからいろいろあったが、あれほどゾッとした事は無かったな。
ちなみに撮影した患者さんは三ヶ月後に亡くなられた。どんな境遇の方だったかは知らん
のだけどね。


411
>>380
こわい。


412
>>411
怖いよな。

一番ぞっとした話だった。


414
>>380
読んでる分には、顔が写ってること自体より
小さい同じ形のものがびっしりというのが怖かった


425
昨日病院で膝のレントゲンを撮ったんだけど>>380を読んだらリアルな光景が想像出来ちゃったよ。
今夜眠れないじゃないか!どうしてくれる。


429
>>425
私は全部が全部同じ表情だったのかが気になった。
同じだったら芸の無いやつだ。



388
親類に養豚業を営んでいる人がおりまして、昔そこに時々バイトしに行っていたんですよ。
実情はどこも同じだと思うのですが、豚舎内はゴキブリ・ウジ・ハエは何万匹単位でうじゃうじゃいますよ。
特に冬場の豚舎の中は20度以上に暖房してあるので、壁や天井はゴキブリで真っ黒です。
衝撃で天井からGさんがバラバラと降ってくるので、扉を開け閉めは慎重でしたね。

それから、皆さんあまりご存じないかと思うのですが、豚さんは雑食なので同じ柵内で飼われている個体が死ぬと、 みんなで食っちゃいます。
小さな骨なんかも食べてしまうらしくって、見つかったときには頭蓋骨や大腿骨くらいしか残っていません。

そこでバイトしていた時期は、生命の生き死を仕事として見続けていたので、感覚が麻痺していたんでしょうね。
我が家のペットが氏んだときも、大泣きする妻の横で無感動でしたよ。

他に動物関係の仕事をしている方がみえたら、なにか体験談が聞きたいです。


390
>豚さんは雑食なので同じ柵内で飼われている個体が死ぬと、
>みんなで食っちゃいます。
>小さな骨なんかも食べてしまうらしくって、見つかったときには頭蓋骨や
>大腿骨くらいしか残っていません。

小説&映画「ハンニバル」で人喰うように仕込まれた豚が出てくるけど
それ聞くと人喰いもありえそうでコワス


392
>>390
「ハンニバル」は観ましたよ。
オスはあれに出てくるような、ごつい牙持った巨体ですよ。
生後3~5日でどの個体も牙はペンチで折るんですが、種付け用はそれが伸びてくるのですね。
出荷用は伸びる前にドナドナです。
そこの親類のおじさんは若い頃にそいつの牙で太腿を突かれて、大怪我を負ったそうです。


416
ホテルのラウンジでピアノを弾く仕事をしています。
もう何年も前になるのですが以前から「でる」という噂のホテルでピアノを弾いていました。
その日は弾く前から変な空気(におい)がしていました。
お客はまばらにいたのですがピアノを弾き始めてから数分後
自分のピアノの音に変な音が混ざっているのに気がつきました。
ふと高音部の鍵盤を見るとタッチしていない鍵盤が動いていました。
ひとつずつ沈んで中音部の方に迫ってきます。
自分の指と重なる瞬間、演奏を中断し呆然としてしまいました。
演奏をやめると鍵盤の動きも止まりましたが、大理石の床を誰かが去って行く足音が聞こえました。
ラウンジには数名の客がいて不審そうにこちらを見ていましたが
手の震えがとまらなかったので演奏を中断して控え室に戻りました。
10分程してラウンジに戻ると、
ピアノの椅子の後ろの壁に掛かっていた大きな絵画(縦2メートル、横1.5メートルほどの)
が落下してガラスが粉々に飛び散り大騒ぎになっていました。
あのまま弾いていたら・・・


420
建築業やってるのだが
前に、あるマンションで一家で夜逃げした部屋の
改装工事に行ったんだ。
んで、部屋の一部を解体してたんだが…

土壁の繋ぎに大量のオフダが使われてたり
押し入れを解体したら天井に仏像が置いてあったり
間仕切りの中から写真が大量に出てきたりでもう最悪だったことがある。


君達の部屋は大丈夫かな…?


424
>>420 
間仕切りの中の写真には何が…

うちは今度引っ越すアパートの家相があまり良くないとのことで
お札を置くことになっている。


423
某カメラ屋勤務

最近はデジタルカメラの普及で、データを会社に直接送ってくるお客さんとかいます。
「このカメラで写真撮ったら変なものが写った」
中にはカメラ本体を送ってくるお客さんも。

気のせいとか、お客さんの思い込みが大半だが中には、どう考えてもありえないモノが写っているブツがあるのは事実。
ペーペーなんで2.3枚しか見せてもらえなかったんだが‥
本社には、そんなデータが山ほどあるよと先輩に冷静に言われた日にゃ
本社に忍び込みたくなるつーの。


426
母が入院したので、娘が時々通勤途中に見舞いに寄っていた。
どんな薬を飲ませているのか、チェックしたら全然違う他の患者の
薬だったそうだ。

指摘したら、その看護師がビビッテいたそうです。
母は胃がんと痴呆の症状でした。でも上司にはチクリはしませんでした。
働いている人たち慢性過労ですからね。指摘したら退職?は可哀想だし。
娘は某地方公共団体の保健婦してますので知識はあります。

全国で投薬治療を受けてる患者さんは、何十万人?何百万人いるでしょうか
その中で、違う薬を飲んでる患者さんは、今現在何十人か居るね。


465
ちょっとオカルトじゃないけど職場でキモイ事件があったので・・・
アニメ制作会社に勤務してます
会社から番組が終了して必要なくなった、
デザイナーさんの下書きとか、いらなくなった
絵コンテとか作画資料のコピーまぁ資料をシュレッダーにかけて
ほかのごみと一緒にゴミ袋で燃えるごみの日に捨ててるんですが。
ある日そのゴミ袋がおかしな事になってたんです。
その日の朝ゴミを出しに行くのに裏口の外のところにまとめて
ゴミ袋を6個、置いておいたんです。
そんでちょっと用事があって社内に戻って
すぐ5分後くらいに出てきたんです。そしたら何と、わずか5分の間に
袋が全部、破られてうまくアニメ関係の資料のゴミだけ持ってかれてたんです。
ゴミを盗んだ犯人があんなシュレッダーで細切れになった紙をわざわざ
盗んでったって事はもしかして資料を修復するつもりなんだろうか・・・
それにわずか5分であの中から細切れになってる
資料だけを全部持ち去ってくなんて神業じゃないか、別の意味で凄過ぎる・・・
で、結局出したゴミが盗まれただけと
解釈したので、まだ警察に被害届は出していません。



487
親が昔働いていた割り箸工場での話。

丸太をかつら剥きの要領で、長い板にしてそこから割り箸を作るのだが
その機械に軍手を引っ掛けて指飛ばした人が多数いた。

木の破片や、割り箸にするには向かない部分をおが屑として処理する
ミキサーのような機械があるのだが、これに巻き込まれて下半身をミンチにされて
氏んだ人がいた。
その後、親や同僚がその人の下半身が工場内で歩いているのを目撃。

十数年前にその工場は倒産して閉鎖されて建物も取り壊しになった。


488
ついでに自分が昔、地方のタウン誌をつくってる編集部でバイトしていたときの話。

夏の定番として、白黒ページで怪談特集をやることになった。
記事はその地域でちょっと名のしれた心霊ライターさんが書いてくれたので
自分はそれを文字数あわせでちょっと編集して、印刷所にデータを渡す担当。

その時おきた不可思議な現象

・編集中にPCが何度もフリーズ(他のPCでやってもフリーズ)
・データを保存して開くと改行やスペースがはいりまくってバラバラになって表示される。
・バックスペースで文字を削ると文字化けした別の文章が表示される(深夜にやってたので本当にビビった)
・どうしても編集できない一文があった(諦めてそこ以外を削って入稿)
・印刷所から「データが壊れて開けない」と言われた(3回目に渡したデータでやっと初稿があがった)
・↑の補足、2回目に渡したデータをもって印刷所に戻る途中に印刷所の人が事故った(車がヘコんだ位でケガはなし)

ただ文字数合わせて入稿するだけなのに、このページの編集が
その月にやった仕事の中で一番時間がかかった。





引用: あなたの職業に関するオカルトな裏話