職業のオカルトな怖い裏話おうまが7

【職業のオカルトな裏話】その道の人しか知らない怖い体験談や裏事情 その1 http://www.oumaga-times.com/archives/1066592238.html


あなたの職種はなんですか?
過去にどんな仕事やバイトなどをしましたか?

その道の人しか知らない、怖い体験談や裏事情等を書き込むスレでございます。

9
昔の都市開発ビルな建設費見積もりには、氏亡事故の裏予算があった。
指摘されたら、「多分2人くらい氏ぬでしょう」


15
>>9
建築系や鉄鋼系では普通のことだって聞いたな。
事故=死につながるレベルのことが多いから、
あらかじめ予算に示談金を組み込んでおくって。


23
>>15
友人が建設現場でバイトしてた時落ちてきた鉄材が胸に貫通した
数日間意識不明になったけれど奇跡的に一命を取り留めた
細い鉄材だったのと貫通した場所が良かったらしい
事故後の会社の対応はめちゃ早かったそうだ
明らかに「慣れてる」感じがしたらしい
ちなみに友人はそれからかなり長い間入院し
軽い後遺症があるものの元気に生活しています

無事故達成×日の横断幕が嘘ばっかりなのをその時知った


41
深海魚を苦労して捕ってくるよりノルウェーから養殖物を持ってきた方が安い


42
鮭は生でも普通に安いし量もあるから
無理に深海魚使う理由はないと思う
オスはイワシより安い時があるよ


50
俺内科医。死相ってのがわかる。あ~この人氏ぬなって。それは病気のひとだけじゃない。普通に何事もないひとも。見えたひとは100%一週間くらいでなくなった。でも医師として役に立ったことない。単純に患者の家族「そろそろヤバいです」って言えるくらい
何かむなしい


54
とある田舎の骨董屋。
昔の話ですが、買取に行ったお宅が強烈な異臭。
買い取ってきた物にもついてきた強烈な異臭。





腐乱死体が出たお宅だったそうです。
でも全部ちゃんと売れたそうです。

御祓いなんかしませんよ、もちろん。


55
プロではないから職業じゃないけど、同人で心霊漫画を描いていた頃はよく心霊現象がおきてた。


57
夜の商売してるんやけど、やっぱりずっとしてると変に霊感強くなる
店があるのが兵庫の有名な街で、その場所は昔処刑場だったらしい。
霊感強くなっちゃったから客のとか見えちゃうんだよね
ときたまホッコリする霊もいるから良いんだけど


58
ホッコリkwsk


59
店の地下にシャワー室あって、いかにもでそうな感じするんだ
そこだけ空気が冷たくて張りつめてる
特に出入り口入って真っ正面に見えるシャワー室は出るんだ。
他の女の子も怪奇現象にあってるしヤバい空気がわかる
その店に入って何ヶ月目かに初めて体調くずしたんだ…めったにくずさないからおかしいなぁって…その日、休憩時間にシャワー浴びようとしてシャワー室に続く階段降りてた
そしたら、急に激しい耳なりと目眩+耳元で声が聞こえた。よく聞いたら
「真ん中危ないよ…ダメだよ」ってきこえて…その声が消えた途端に目眩と耳なりがなくなったん。
そんなこんなで怖くなってシャワー行くのやめて待機室に戻ったん
冷静に戻って考えれば「真ん中」ってのは出入り口から真っ正面に見えるシャワー室じゃないかなぁって思った
あと予告してくれた人は自分の守護してくれる人でもないって…私の守護してくれてる人は、ひいおじいちゃんだってわかってるからね
ホッコリ終わり


62
病院で事務してるんだけどね。

夜間の救急外来に風呂で溺れたって6歳くらいの子供が心停止で運ばれてきた。
…が、風呂で溺れたという割には着衣も髪も濡れていない。
確かに肺に水がたまってるけど、吸い出したら血が混じってたとも聞いた。
スタッフは「…虐待??」と誰もが思った。そうじゃなくても不審死なので警察に届けないといけない。

だがその日の当直師長は、師長の中で一番仕事が出来ないくせに一番気の強い奴だった。
先生も丸め込み、渋るスタッフを怒鳴りつけ、遺体を返してしまった。
以前から虐待問題を鼻で笑うような人だったらしいので面倒だったのだろう。
翌朝、他の師長や医師が出勤して来て事実を知ったけれど、今更怪しいとも届け出られなかった。

結構こうやって闇に葬られる虐待死の子供、いるんだろうなあ


63
>>62
おっかないね


64
山の上には、テレビ局やら公共機関やら通信事業者やらの、無線中継所という施設があります。
それぞれの機関が使用する電波を、文字通り中継する設備です。
私は、その中継所が故障した時に、昼夜を問わずに赴き、修理する仕事をしてます。

ある夜、中継所を束ねる中央監視室で待機していたら、警報を出す中継所があったので、先輩と急行しました。

中継所につくと、中継装置は妨害電波を検出した旨、告げていました。

妨害電波自体は、それほど珍しいことではなく、大気の影響で起こり得るのですが、その発生間隔が、実に奇妙でした。

規則正しく0.5秒間隔で妨害電波発生、停波を繰り返したかと思えば、数秒ほど完全に沈黙。かと思えば、また0.5秒間隔で発生と停波―をループしてました。
すぐに妨害電波の強さを測定した結果、電界強度は限りなくゼロでした。これは、妨害電波など存在しないか、仮に妨害があったとしても、もはや装置には電波と認識できないレベルである事を示唆します。

私は、すぐに中継装置の妨害検出基盤の故障と判断し、持参した予備装置に交換しました。

ところが、交換した装置を再起動すると、また同じ警報を出力します。



66
私は困りはて、思い付く限りの基盤を、片っ端から予備に交換していきました。
しかし、ぜんぜん効果はなく、もう心の中では「この妨害がおさまったら、修理できた事にして帰ろう」と諦めました。
とは言え、何もしない訳にはいかず、無駄と知りながら、あちこち調整したり交換したりを続けました。

小一時間、そんな不毛なあがきをしていたら、突然、パッタリと妨害電波の検出がおさまりました。

しばらく様子を見て、何事もなかったかのように正常稼働する装置を見て、私たちは帰路に着いたのですが、この数年、帰り道に先輩が言った言葉を、良く思い出します。

「あの妨害の出方、モールスみたいやったな。」

オカ板で某県で拉致られそうになったとか、北の話を聞くと、「まさかね」とは思いつつ、あの日を思い出します。

まさかね。
日本海を眼下に見る中継所ではありましたが。

モールスったって、「トンツー」のうち、「トン」の短点しか当てはまらないですし。
でも、モールスを知らない人が、何か伝えたい時に、どうするか考えたら─

まさかね。


107
>>66
プロにこういう話をするのも気が引けるが、
電電公社に郵政省の時代から
ずーーーーーーーーーーーーーーっと監視している
ある特定の周波数の謎の電波があるとか。
その一種かな。
ちなみにある電波は何十年も
一定の三桁の数字に当たる信号を
どこへともなく送っているそうだが
不意にその数字の組み合わせが変わるときがあるそうな。
追跡調査してみると
在日米軍に何か大きな動きがある時期と一致していたとか。


110
以前アコギなペットショップの店主がいました。
そこの店主は犬猫の販売だけでなく繁殖もやっていて、その繁殖させた犬猫を店頭に出してました。
で、その繁殖用の犬猫が病気になったり歳で繁殖できなくなると、その犬猫をこれはいい血統なんだけど一万円!とかで何も知らない人に売ってました(繁殖に使った犬猫は大概体調を崩していて短命なので、そーいう事を良く知ってる人はまず買わない)
私の知ってる人も何人かそーいう犬を安価で買い、買った時は喜んでましたが、どの犬も買って一年も生きてませんでした。
で、そこの店主はある日突如心臓発作で店で急死。
アコギな事をしてるのを知ってる人はみな“犬猫のタタリやで”と言ってました。
ペットショップや繁殖業者の間ではそーいう事は珍しくもないのでしょうが、私もタタられ死だと思いたいです。


123
>>110
犬猫のタタリで思い出したのですが、とあるバス会社の話。

割と最近なので地元の方なら記憶があるかもしれませんが
あるバス運転手さんが宿直中に営業所の2階から落ちて亡くなった。
自サツとか事故とかで警察も入って調べたが、結局酔って落ちたのだろう…
と言う結論になったらしい。

ただ、このところバス運転手の酒気帯び運転にはとても厳しくなっていて
翌朝の始発で出ないといけない宿直中にそれほど飲酒するとは考えられない。

後日、他の運転手さんから聞いた話では、その人はとにかくネコが嫌いで
営業所や自宅の近くでネコを見つけると箱に詰めて酷いコロし方をしていたらしい。
みんな止めさせようとしていたけど、その人は頑として止めず、むしろ自慢していたそうだ。

「やっぱりタタリってあるんだろうなあ…
 その人、死に顔が凄くて葬式の時も棺の蓋しめたままだったんだ」


129
田舎の路線だったんだけど道に動物が出ることも珍しくなかった
ある日誰もいない山道の最終運転してたら
いきなり目の前が赤っぽくなったんで急ブレーキ踏んだ
幸い(?)なことにお客さんいなかったからよかったんだけど
さっきのも中身がある感触じゃなかったけどなんだろうって何か気になったんだ
でゆっくり前進しながら見たら服っぽい、女物のワンピースみたいな
でもそんなとこでそんなもの落ちてくるはずないし…
なんか怖くなってきたんで発進して後ろは極力見ないようにしてた
てかそれよりも途中のバス停に誰かいるんじゃないかってほうが怖かったけど


156
漫画描いてるんだけど、同業者の人は皆ちょっと売れ始めると…

もう寝ない、見事なほどに寝なくなる
私も人の事は言えないけど、ほんっと皆同様に睡眠時間が短い。

売れてる漫画家が霊媒体質になりやすいのは
寝不足のせいもあるんじゃないかなー…と思った。


159
>>156
俺の妹も描いてるが、年末とかGW前とか詰まってくる時にアシの人が
仮眠室で触られた!とか、首が窓から見てる!
とか言い出して終わってからこなくなって辞めていったりが何回かあるみたい。

それに尾ひれがくっついて妹の仕事場は幽霊が出るってことになったらしいw
妹は何も見たことないし、俺も試しに何回か泊まったりしたけど見れてない。


172
以前働いてたお寿司屋では、落としたネタ(握る一切れね)を流しでちゃちゃっと水洗いして平気で使ってました。…あれ?普通かなぁ??


173
つ3秒ルール


174
飲食店で3秒ルール…
(;゚Д゚)シカモ ナマモノ


175
飲食店バイトならそういうのあるあるwwwww


176
いたって普通のことです
バイトしてたパン屋も10秒ルールあった


177
アイスクリーム屋の兄ちゃんがすくうやつなめてた
ファミレスの野菜は洗ってないらしい

外食の衛生概念は信用ならん


178
おれも以前外食産業勤務だったけど野菜を洗ったことは無かった。
サラダ用は水にさらすからいいけど火の入るものは洗わず。
外食産業の舞台裏ではあんなことやこんなことが普通にまかり通っている。


179
冷凍食品製造にアルバイトに行った
知人がしばらく働いたある日
「俺は見てしまった」
という言葉をおびえながら言い出した。
それ以来そいつはグラタンを食べれなくなってしまった。


185
昔働いていた魚屋のまな板(横幅1㍍以上あるやつ)は
表は業務用ハイターで毎日漂白するんだけど、裏は掃除してるの見たこと無かった
裏側は白濁したぬらが糸引いてて気持ち悪い

あと、排水用のパイプにはあん肝がつまってる
油と水垢が固まった物だと思うんだけど感触も色もまんまでびっくりした


195
案外人間の胃腸って丈夫なのかもなあ。



202
実家がフランス料理屋なんだけど
毎日けっこう綺麗に掃除するよ。


209
>>202
そりゃーフランス料理ならネー。

友人がパティシエの修行をしていた頃には
そのカフェでは最初の半年は掃除だけ、
次の半年でやっと食器を洗わせてもらった。
それでもよほど見込みがあってのことである。

今はただの大衆食堂のオヤジだがw

それより>>202のおうちではどんなごはんだったのか気になる。
それとも日々の食事と職業上の料理は別なのだろうか。


227
うちの会社あんまり無いなあ
ふっつーの中小企業なんだけど
受付に座ってると、誰もいないのに玄関の自動ドアが開くくらい
扉は2枚あるけど、同時じゃなくてちゃんと順番に開く
出てったら「いってらっしゃいませ」
入ってきたら「いらっしゃいませ」
って心の中で思ってるけど、
幽霊て足があるのかねえ


229
>>227
出て行ったのか、入ってきたかが分かるほうが凄い!


233
父の会社の話。

父の職場(工場)では地域住民との交流、という名目で夏祭りが開かれる。
…が実のところ、鎮魂が目的なんだそうな。
工場建設中、およびプラント稼働中に機械に巻かれて
亡くなった人が何人かいて、夏祭りを開くまで白い影が夜中にうろつく、人魂が飛ぶ、
勝手に機器類のスイッチが入る、ラップ音etcと悩まされたらしい。
そこで盆おどりを開催したら(盆踊りの前に坊さんが読経をする)出なくなったそうだ。
ちゃんと祭壇が組んであってなくなった人の名前が書いてあった…
いまは事故で亡くなった人と退職後に亡くなった人の名前なんかも加えてるようだけど。


257
金融機関(非ブラック)でふ。

3年前の秋に、他の支店の人が顧客の金に手を出してニュースになった。
小額だったし、本当に魔が刺したとしか思えないほどの事件。
その人のことは個人的にもよく知っていたし、解雇された後も一緒に飲みに行ったりもした。
で、その時に聞いた言葉が「俺は嵌められた」だった。
結局その人は自サツしてしまった訳だが。

ここからがオカルトチックと言うかなんと言うか。
店の鍵をかけて帰るんだけど、物の配置が微妙に変わっているという事が何度かあったそうだ。
それは決まって自サツした人の直属の上司の机の中。
「氏んだ○さんがやってるんじゃ・・・」なんて噂も流れた。
実際に暫くの間、帰宅前に複数の行員が机の配置をデジカメで撮影、次の日照合って事を何度かやったが、
消しゴムの位置やゴム印の配列、ファイルの並び順など、微妙な何かの位置が変わっていた事が発覚。

店の鍵を持ってるのは3人。
そのうちの誰かか?と内部犯行説も出た。
が、セキュリティー会社の報告に依ると、「ロック解除の形跡は無い」との回答。

その人の上司が異同でその店を離れてから、その現象はパタッと収まった。
今でも謎のままの話し。
もうすぐそいつの命日で、ふと思い出したんで書いて見た。
ただ、一番不可解なのが、「嵌められた・・」って言葉なんだよな。
調査機関が極秘で入ったのかなぁって思う今日この頃。


279
ネット上で掲載する企業広告媒体の会社にいるんだが、
俺の仕事は店の紹介用で写真を何枚か提供し掲載している。
当然、画像処理メインでやっているので1日に100枚以上の
写真の日付消したり、汚れや折り目を消す。
その中に霊と思われる物もあ1日に1枚程度見つけるんだが、
しっかり画像処理で消して、何事もなかったように使っている。
全ての写真を保存しているから俺のPCはある意味宝箱。


293
>>279
そんなあからさまな異常に気付かない(気付けない)事自体が、
何かの現象のような気がして怖えええええ!
始めは普通だった写真が徐々に変化したとかもあり得そう。


294
>>279
怖いですね…
あなたが一番怖い若しくは見ないほうが良かったと
思った写真について語って貰えないでしょうか。
怖がりのくせに怖い話が好きで、聞いた夜はお風呂で髪を洗うのが超恐怖。
でも聞きたいっ!



295
>>294
話、長くて申し訳ない。

「便利屋さん」って業種があるんだが、写真の中にリフォーム(掃除付)って写真を掲載してくれって依頼があった。
某支店が会社から近い事もあって、営業担当者と一緒に支店に赴いてたくさんの写真をその場で見せて貰う事に。
リフォーム前、リフォーム後の写真10枚くらい。部屋の左にキッチン、奥に窓、右側の壁にも窓があるタイプ。
その中の1枚、リフォーム前の奥の窓の右下隅に男の人の顔がうっすら写ってる。外から窓を掃除している人をにらむように。
映ってる姿は顔の右上だけ、右目だけがギョロって。
うっすらの割には肌色と黒髪と黒目が印象ある感じ。
俺が固まってるのに担当の方が次に「この部屋のリフォーム後です」って写真を見せて来た。
そしたら、おそらく同じ男の霊が、今度は右側の窓からカメラ目線でにらんでる。左目だけで。
10枚近くの写真の中で、その2枚だけ。

で、お客さんなんで言いにくかったが、その場で指摘してみたんだ。
「この写真、それぞれ同じ方が写ってるみたいなんですが」って。
そしたら、担当の方が「ええ、お気付きになられました?」って。
どうやら写真の中でも綺麗に部屋を撮影出来たもので、どうしても使ってほしい、と。
画像処理で、その部分だけ消して使ってほしいって言われた。
もちろん断れないから、その写真を持って帰ったよ。


296
つづき。

スキャナで写真を読み取ろうとしたらスキャナが故障。
やっとの思いで読み取ってフォトショップで表示してみたら、写真全体は綺麗に写っているのに、
その部分だけ分身したかのように何十も写って実際の写真と違うのさ。
当然、消す作業の時は画像を拡大表示にしないといけないから、ビビりながら拡大。
拡大してもギョロ目だけが生きてるみたいにこっち見ててスゲー怖いの。
普通拡大したら荒くなるんだが、
鮮明なんだよな、目だけが。髪とか顔の輪郭はぼやけてんのにさー。
明らかに危ない。
俺がギャーギャ言ってるもんだから周りの同僚も見に来て、大騒ぎ。
スタンプで徐々に消えてくんだぜ、その顔。
消してんのは俺だけど。
その徐々にってのがまた怖かった。

その写真をデスクトップに置いておけなくて別サーバに保管してある。
誰も使わない倉庫サーバにね。
あの部屋、誰か住んでるかもしれないよなー。


301
>>279
無茶苦茶怖かったです。
仕事でそんな思いをするなんて。。。
長文の丁寧なレスありがとう。
まだ他にありましたらお暇な時にお願いします。
お仕事頑張ってね。


307
>>279の話を聞いて思い出した話。

WEBデザイナーやってるんだが、顧客に素材で渡される写真に不穏な物が写ってる事はたまにある。
昔、某ホテルのトップページの写真の椅子に女の顔上半分が写ってた事があるが(いつのまにか修正されていたw)

で、俺が仕事で使ったやつはもっと奇妙だった。
中世ヨーロッパの家具を扱ってる店の、アールヌーボーってやつ?天使が描かれた鏡台や椅子なんかの集合写真なんだけど
すっげえ数の霊?みたいなモンが写ってるの。しかも奇形、右目が腫れ上がってたり、右手が途中で二股に分かれてるような人の姿が
もう画面いっぱいに、鏡やら椅子の裏とかに居まくり。
思わず「これ、どなたか画像加工しましたか?」って聞いて、顧客に見せに行ったの。
そしたら「え、なんですかこの写真?」って驚いた後に
「・・・この鏡、もう何年も昔に割れちゃって処分したんですが」と、鮮明に写ってる鏡台を指差した。
つまり、あるはずのない商品が写ってるワケよ。

さすがにその写真は使えませんでした、修正しようがない程だったし。
>>279の話を見て思い出したってのは、霊の部分だけ拡大しても解像度に比例しない鮮明さがあったトコ。



319
>>307
心霊写真は映っている霊の姿が
崩れていくほど凶悪(うらめしい)になっていくらすぃ。


321
>>319
>霊の姿が崩れていくほど凶悪

そういえばホラー系の本で読んだけど、
はっきり顔がわかる霊とか、笑ってる霊はヤバいらしい。
特にゲラゲラ笑ってる霊とか。
うつむいてたり、顔がぼやけてよくわからない霊は危険ではない、とか。
霊感ゼロなので真偽は不明だけど。


288
写真の話、私も聞きたい~!
私も以前バイトで少しの間だけ、卒業アルバムで使う写真の色調整をMacでやってましたが。心霊…とまではいかなくとも、?なものはありました。


291
写真もいろいろあるけど、店舗の前で社員一同が写ってる時に、
1人だけ「リング」のように顔がぐちゃってなってるのとか、
体の一部が消えているシリーズもあって、それはどうしようもないので、
顧客に説明する。正直、こっちに提供する前に写真の異変に気づけと思う。
ただ、病院の建物内外とか不動産物件等は掲載できないって法律で決まってるから
もし、それがOKだったらもっと増えてる所だったよ。

そういえば。
喫茶店の写真をもらった時に、人物が写ってないのに、
写真中央に小さい影(楕円形)が3つ横に並んでた事あった。即消したけどwww


304
前、百均でバイトしてたんだけど、そこはお寺&お墓の隣…。
一度、誰も通ってないし風も吹いてないのに
自動ドアが勝手に開いたり閉まったりしたことがあった。
その時、疲れてて「うるせー」と呟いてしまった。
その日の帰り、何もないところで自転車が滑って、
左膝、太股に消えない傷跡が残ってしまった…。


306
叔母が高校勤務なんですけどね・・・。
何かがおかしい。
何年か前に教員が近くのお寺の雑木林で亡くなり、
その後生徒が自転車で坂道を降りてマンションの門にぶつかり死亡。
ここ2年半の間にも
まず教員が病気で1人亡くなり、次に生徒が事故で1人亡くなり、事務の人は入院、退職。
昨年は教頭先生が亡くなり、また事務の人が1年病休、
さらに新しく来た教頭先生が手術・・・。
今年は、事務のおじさんが入院したらしく、昨年病休だった人もものすごく体調が悪く休みが多いらしい。
杉の木を切っていた業者さんが高さにして3階部分くらいのところから落ちて
救急車で運ばれたっていうのもあった。
おととしの文化祭で先生が生徒を撮った写真にオーブがたくさん写っていたり
人の顔らしきものが映っていたのを見せてもらった。
そのほか、夜中残業していると白い影がよぎったりラップ音もするらしいよ。
この学校、目の前がお寺とお墓なんだけど関係あるのかなぁ?
「お払いをした方が・・・」と言ってる先生もいる。
誰か霊感ある人、教えてプリーズ!


308
俺、極悪人が集まる刑務所で刑務官してんだけど…
古い刑務所だから出るんだよ、深夜の見回りの時とか
でも、一番怖かったのが








暴動


309
>>308
ブラジル?


310
>>309
日本です。
刑務官2人VS受刑者50人みたいな。
緊急ボタン押してから他の刑務官が駆けつけるまで長かったな


311
>>310
(((((;゚Д゚)))))
報酬は相当良いんだろうね?


312
>>311
公務員だから、何が起きようと給料は変わらない


314
>>308
日本でもあるんだね。驚いた。
オカルトではないけど怖いね。



316
土木関係の仕事。積算業務。
ただしこの話は現場のもの。

近くに残土処理場があるんだけどね、そこで数ヶ月前に事故があったんです。
残土処理と言っても、廃材(木材)を処理する機械もあったりして、産廃や再生資源の
仮置場みたいにもなってる。

そこで、木材を破砕する機械に作業員が巻き込まれた。
昼前に1人で作業していたら、何かのはずみで巻き込まれたらしい。
(梅雨なのに暑い日ざしが続いてたんで、熱中症じゃないかと推測されてる)
発見されたのは昼過ぎ。つまり数時間、彼の体は破砕機に巻き込まれ続けてたことになる。
警察が来たり、一時期封鎖されたりして騒ぎになった。
(なにせ田舎なんで、こんな惨事は非常に珍しかったから)

そしてここ最近、残土処理場で変な事が起きている。
破砕機が作業中、勝手に止まるらしい。スイッチが入った状態のまま止まるのだそうだ。
業者に点検してもらっても「異常なし」と言われる。
「早く見つけて、機械を止めてほしかったんだろうなぁ」
と、安全協議会で工務部長がそんなことを言っていた。

神主さんに来てもらったんだけど
今日も止まったらしい。
涼しくなったら、成仏してくれるだろうか。


330
俺鍵屋やってるんだけど、一人暮らしの爺さんの家の鍵を開けてくれって事で、爺さんの息子さんの嫁が電話かけてきたんだよ。なんでも爺さんと連絡が取れないとかで。
実はこういうのはよくある事なんだ。大概亡くなられてる事が多い。
前回扉の前で吐血して亡くなられてた事があったので鍵を開けて扉は開けなかった。
その女性は「おとうさーん」と声をかけながら入って行った


331
声がしなくなって5分ほどたったけど出てくる気配がない。
もしかして死体を見て失神したのかと思い、とりあえず上がってみた。
少し腐敗臭がする中探してると寝室にいた。
入ると案の定爺さんの死体の横に女性が座り込むように倒れてた、○○さーん呼びかけても返事がない。
臭いで吐きそうになりながら肩を揺するが起きる気配もない
後ろから肩を揺らしてたんだけどふと足下に目をやると腐敗した爺さんの手が女性の足を掴んでたんだよ。
理解するのに数秒かかって気づいた時には知り合いの刑事に電話してた。


332
怖いのと気持ち悪いのとでその手を取って上げる事もできずにいた。
10分ほどその手を凝視してたと思う、警察が来てからは大分落ち着き店帰った
後日調書に呼ばれ話しを聞くと女性は何も話さないらしかった。
その女性に連絡もとれず集金も出来ないで最悪な仕事だった。
ゾンビなりかけだったのかな?


360
営業でいろんな病院回っているけど
普通の人格の医者は300人に一人くらいだと思う。
おかしくなっている人が多くて怖い。

健康は自分で守ってくださいね。



362
>>360
どうおかしくなってるのか、詳しくお願いします。


363
>>362
想像つくな。
患者を自分と同じ人間として見られなくなってるんだろうな。
実験動物か何かだと思ってるっぽい。



364
>実験動物か何かだと…

それ、言えてますよね。
欧米あたりだと“自分が尊敬する人”に自分がいつも診てもらってる医師をあげる人も多いそうですが。動物を飼ってる人は自分が診てもらってる人間の医師より獣医の方をより尊敬してる、と言う人が多いとか。
理由は“人間の医師は人間を家畜扱いするが、動物の医師は動物を人間扱いする”から、だそおな。

ちなみに私が以前診てもらってた総合病院の内科医も、精神的に病んでいた様でした。



365
医者が書き込むスレだと実際に「ヒトを物としか見れない」ってヒトが大量にいたりするね


369
医者のような人の生き死にに直接関わるような職業だと
感覚を麻痺させでもしないとやっていけないんだろうけどな。
それぞれの人に深入りしてたら絶対に発キョウしそう。


370
それとこれとはちがうのだ。

深入りするしないではなくって、「お客さん」「患者さん」扱いもしないような心持ちの人もいる、って事。


371
>>370
だね
だから、患者を練習台にして失敗したら平気で誤魔化すようなことがまかり通るんだろうな。



373
その点に関しては人間の良心という物に期待するしかないわけだ。


374
医者もそうかも知れんが。介護の場も悲惨だぞ。
入所者を風呂に入れる時はライン真っ青の流れ作業状態。
実習で行ったが次第に人を扱っていると言うか、モノを扱って
るかのような錯覚を覚えた。なぜそうなったかは理由は分からんが。

こなすべき人数が多いのに時間は制約されていると言う理由で
タクトを上げなきゃこなしきれない、と言うのに近いのだろうか。


375
>>374
それで普通。
だからニュースでやってたような事件が起こるんだな。
薄給なのも要因かと。


401
元不動産仲介です。
法律では事故物件(自サツ、他サツ)は借主に告知義務があるんですが、それはその事故の次に借りる人のみだそうです。(あと1年以内とか期間もあった気がする)
だから管理会社さん達は自社物件で事故物件がでたら、社員に1年位借りさせて、その後は何も無かったように通常家賃で貸し出す。という仕組みを聞いてちょっとぞっとしました。
東京じゃ近所付き合いもないからわからないですよね。
本当にこの業界この他にも怖い事たくさんありましたよ~



404
その事故物件、借りさせられた社員の人の話キボウ



405
借りさせられた社員については知らないんですが、補足。
管理会社は仲介業者にも事故の事隠すんですよ、お客紹介して欲しいから。
もちろん有名な事件だと口コミで知ってたりもしますが、小さなものだと把握しきれないので、知らずに紹介してしまう時もあります。
私の後輩はお客のカップルと物件巡りをしていて、何件目かの物件で彼女のほうが「ここには入れない!」と入り口にうずくまった事があったそうです。
見える彼女曰く、その物件は霊の通り道になってるとの事。
びびった後輩が管理会社に問い合わせたところ、やっぱり「実は昔…」という物件だったらしい。
まれに事故物件は家賃が安いと聞いたと、事故物件限定で探すお客がいたが、世の中そんなに甘くない



406
>>405
たいていは名貸しだけで実際には住まないケースがほとんど。
月1回ペースで掃除しに行くぐらいで、ほぼ無人。
経営に余裕がない、しがない不動産会社の場合は、大手に物件を譲るか
ガチで社員を住まわせたりしないと、名貸しだけでは大損するそうだ。


410
当方保育士。子どももよくいろんな物を見ているらしいが、職員にも見る人が居る。
朝7時開演19時閉園の職場で、7時に一人で鍵を開けるのがイヤだといつも言っている人がいた。
早朝の誰もいないはずの広く静かな室内で、明らかに自分の物ではない衣擦れの音やすり足の音が聞こえるという。
子どもが登園してくる頃にはその音もだんだん消えていくらしいんだけど、
子どもが皆帰って一人で施錠に回っている時には、また同じ様な音が聞こえるらしい。
昼間に人が多い施設は、無人になった時のギャップが大きくて怖い‥‥



430
某湖畔にて土産物屋勤務。宅配便で来るおじさんが霊感あるそうで, 
「ここに来る途中ま~た窓にへばりついてたよ~。カーブで振り落としたけど。」 
とさもありがちに言うんだ、これが。以前自サツや事故が結構あった場所だからかなあ。 


442
自動車整備業界のものです。 
貸し店舗型の細長い工場で、奥が明かりをつけていても 
薄暗いのです。車が3台も入っていると陰気な暗さです。 
水銀灯のせいで、全体が緑白く見えます。 

3年ほど前から、数人の常連さんたちが、おかしなことを言い始めました。 
店を閉める時に奥の壁に人影あったとか、奥から視線を感じる、 
ブースを横切った人影を見たという報告を何度か受けました。 
また、営業に来る方が、事務所に私しか居ないのに、 
ブースの奥に向かって「おつかれさまです」と 
声を掛けていくこといがありました。 

気になって最近うちの寺に相談したら、塩と水を置くことを進められました。 
ブースの奥の薄暗い所に、それらを置いて、窓という窓に御札を貼りました。 


429
昔、ヒショをしてたときの話。
仕えた代議士センセが占い師のもとに通っていた。
こんなマンガだかTVみたいな事あるんだなぁ、なんてちょっとびっくり。


437
>>429
こちらは占い師のほうからそんなこと聞いたことある。
大切な分かれ目になるような時、決断に迷う時などは聞きにくるらしい。
人生とかかかってるからね。

でもその占い師はけして有名な人じゃない。
そっちのほうがいいのかな。
それともやっぱ地元を信頼なのかな…。

ちなみにウチのママンは去年たまたま見てもらって
早期胃がんと言われて医者行ったら大当たりだった。すげー…と思ったよ。


440
>>437
よくある話なのかな。
通っていた占い師については有名かどうかはわかんらが所謂地元ではなかった。
車で数時間かかる他県の人だった。
もっともオレ自身は直接会った事なくて、いつも車で待機してたよ。
帰りの車内で占い師の話をいくつか教えてもらったりしたけど、
すげーと言うより何か気味が悪かった。


438
霊能者でも本当にデキる人は近しい人しか知らない、っていうね。
見すぎて疲れたり、金欲にまみれて人生間違わないようにするため、てさ。
調子がいい時に趣味で見る程度なんだと


449
うちの祖父も占い師。
偉い人も見てるが決して目立とうとはしない。
ガキの頃電話とると「先生いらっしゃいますか?」とか・・・。
センセイってだれ?と思ってたよ。
祖父の仕事を理解したのも思春期過ぎた頃だし。
稀に仕事の話してくれるがあの世界はオカルトが多すぎる。





引用: あなたの職業に関するオカルトな裏話4