心霊いい話私を救ってくれた幽霊

高校生の時に同級生を好きになって、猛烈なアプローチの結果付き合うことになったけれど、お互いを分かり合う前に事故で亡くなってしまった彼。悲しみを乗り越え新たに好きになった人がいたけれど、今度は一方的に婚約を破棄されてしまい――(おうまがタイムズ)



930
まだ高校生の頃の話から始まります。
かなり長いですがすみません。 

当時私には彼氏がいました。
クールで口数が少ないけどかっこいい同級生の彼のことが好きになって
私から熱烈にアタックして付き合うことになったんです。
付き合うことになったのはいいけど、
彼は私が憧れてたような愛情表現がなかったんです。
ぶっきらぼうだしいつまで経っても名字で呼び捨てだし…。

ただ、私と二人で喋ってる時はほかの人には見せないような
とても優しい目で真っ直ぐ私を見てくれてました。
それでも私は不安になってました。
もしかしたら女としてではなく、
自分の姉妹を見るような感覚なのかなって。

思い切って彼に気持ちを確かめようと思ってた矢先、
彼は車に轢かれて突然亡くなってしまいました。
手を繋いだこともなく、彼のぬくもりを知らないまま
私の目の前から突然去って行きました。


931
押しつぶされそうな悲しさをこらえながら彼のお葬式に出席しました。
お葬式が終わり、泣きはらした目で会場に背を向けた時に、
彼のお母さんに呼び止められました。お母さんも泣きはらした目をしてました。

「これ…中身読んじゃったの…。ごめんね。あなた宛の手紙だったの…」

そういって封の開いた封筒を渡されました。
ふらふらと家に帰り、もらった封筒の中身から紙を取り出しました。
彼の字を見た途端、その場にへたり込んで大声で泣いてしまいました。
その手紙には

『○○へ 面と向かってでは どうしても照れくさくて言えないから
手紙で勘弁して欲しい。
○○のこと一番大切に思ってる。
誰よりも幸せでいてほしい人だと思ってる。 □□より』

と書いてありました。
彼は私の不安な気持ちをちゃんと察してくれてたんです。
しばらくは小さい子供の頃に戻ったように泣き狂いました。


932
それから5年後…。

私は小さな会社で事務の仕事をしてました。
5年の月日が流れてやっと、好きな人ができました。
婚約もしました。
幸せでした。
でも、その幸せは長く続きませんでした。
「この人となら」とまで思ってた人が二股をかけていて
婚約を一方的に破棄されてしまったんです。

不幸なことは続くもので、
婚約が白紙になったと同時期に両親を失いました。
バブルの崩壊で多額の借金があり、
それを私に隠したまま自サツしてしまいました。
私一人残して。
借金は祖父が全額払ってくれました。

「なんでこうなる前に親に一言でも相談してくれなかったんだ」
と頭を抱えてました。

私は重なる不幸に押しつぶされそうになってました。
外をふらふら彷徨い彼と両親のところへ行こうと氏に場所を探しました。
完全に自分を失っていて、
心のコントロールが効かなくなっていました。
冷静に考えれば後追い自サツなんていけないことだとわかるのにそれも失ってました。



933
夜、生きる気力を失った私は操られるように
人気のない通りの雑居ビルを見つけ、
誰にも見つからないように無断で屋上に侵入しました。

ビル内にまだ仕事をしてる人がいたからなのか、
鍵はかかってませんでした。
屋上に着くと手すりを乗り越えて、靴を脱ぎました。
目をつぶって体の力を抜きました。

その時、誰かが凄い力で私の腕を引っ張りました。
腕が折れそうなぐらいに。
見つかってしまったと思い、
小声で「離して」と引っ張られたほうを向くと
そこにいたのはあの彼でした。

ぶっきらぼうだったあの彼が、
あの優しい目で真っ直ぐ私を見てました。
とても暖かい、安心感のある目。
あの時のままの姿・年齢。
彼は口元にかすかな笑みを浮かべて首を横に振りました。
そして、スッと消えました。

ほんの1秒にも満たない出来事だったと思います。
でも私にはスローモーションみたいにゆっくりに感じました。
暗がりが見せた見間違いだったのかもしれません。
錯乱した精神が私に幻を見せたのかもしれません。
私は我に返り、バカなことをせずに済みました。

それから7年経った現在…。
私は結婚して、小さい子供もいます。幸せです。
旦那はあの彼のことも知った上で、私を受け入れてくれました。

ここで終わりです。


935
良い話ですね。・゚・(ノД`)・゚・。
これからもお幸せに。


936
彼は心から930さんのことを大切に思っていて
天国からずっと見守ってたんだね。
うう、涙が・・・。





引用: ◇ 心霊ちょっといい話 ver.3 ◇