戦国武将と家系の因縁

ある日突然、某有名戦国武将の菩提寺の住職が家を訪ねてきた。なんだかよく分からないことを言いながら拝んで帰ったのだが、それからしばらくすると、父が死に兄が死に…と家系の男が次々に亡くなって――(おうまがタイムズ)



371
ある日、某有名戦国武将の菩提寺の住職が突然家に来た。

「この家の血筋が正統な後継者です」

と何やら拝んで帰った。
確かに子孫の一部ですが? なんじゃらほい?と家族で不思議がった。
先祖伝来の家宝も家系図もないじゃん!で大笑い。

ところが、それから間もなく父が氏に、兄が氏に・・男系が全滅。
笑いごとではなくなった。
残された唯一の男児、つまり幼い甥は間もなく、
原因不明・現在治療法なしの難病にかかって苦しんでる。
新しい治療法が見つからなければ、このままでは氏に至る。

今は、あの住職が祟り神を家に置いて行った、と認識している。
住職を訪ねたが既に死亡、問いただしようもない。

信じられない話だが、我が家の血筋を継ぐ男児は絶える。


372
>>371
地味に怖い


374
>>371
お祓いしなかったの?


381
>>371
その訪ねて来た住職さん、実はあなたのご先祖様の戦国武将に
首を切られた方(つまりこの世のモノでは無い方)で、
「ついにカタキを見つけた」的訪問だった

と妄想してみた。


373
レス、ありがと。女はピンピンしてるんだ。
祖母から私たち、その娘・姪まで元気だけど、その苗字の後継者は消える。
私ら他家に嫁入りしちゃったから、(唯一の男児=甥)が母の養子に入って、代々の名前を継ぐ予定だった。
もうその話も消えたのに、甥の病気は治らない。
ここだけ、どうにかして下さいと思うの。


375
お祓い信じている人は、以前説明のつかない怖い体験したか、周囲にそんな人がいるからでしょう。
普通に生活していたら、お祓いしようなんて思わないよ。
偶然・・偶然・・偶然・・あれ変?で、訪ねて行ったら住職さん氏んでいた。
新しい住職さん、何も知らなかったし。
お祓いしてくれる人の何千人に一人が本物か、見分けつかないもの。
逆に怖くて頼めない。
「いい御祓い師、知りませんか?」
じゃ、いくら友達でも聞けないよ。


376
絶える家系を見越して生まれてくるのだから訪ねてきた住職も血筋も関係ない。
嫁に行った時点で他人の霊籍にはいるので因縁をついでいきていくだけ


377
>>376
ありがとう。そう言われて、ホッとした。
心の底では「きちんと御祓いすれば命が助かったのかも?」とかなり後悔したので。 




引用: 【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】23