マジで幽霊にあった話

とある田舎の大学で演劇サークルに入っているという報告者。サークルの練習場である短大から自宅までの道のりをよく覚えていなかった報告者は、サークルからの帰宅時に田んぼばかりの道をスマホのナビを頼りに帰る事にしたそうなのですが――(おうまがタイムズ)



1
地方のド田舎の国公立の工学部の男子なんだけど、
サークル帰りにマジで幽霊にあった


3
俺のスペック
21歳。男
大学一年に留年したバカ。いま二年。
大学の一年目は少しだけとかいのところにキャンパスあったんだけど。
2年目からド田舎のキャンパスにかわった。

一年のころからずっと演劇サークルで、2年でも続けようと思って。
キャンパス変わった後、そのキャンパスの演劇部に参加してみた


6
新しいキャンパスの演劇部は近くにあった女子短期大学と合同のサークルで
おとこぐさい工学部ではなかなか女子率の高いサークルだった。

月曜と木曜に活動があるんだけど、月曜はうちの大学で、火曜日は短大のところで
練習することになってる。

短大のほうは少し遠くて、自転車で30分のところにある。
いくまでの道はほとんど田んぼっか


9
その日は木曜日で、短大側の練習だった。
テスト前だったこともあって男子で集まったの俺だけだった。

俺はあんま勉強しない屑だったから、そういう時もサークルとか普通に参加してた。
そんで、練習終わって、8時くらいになって、帰ることになったんだけど。

いつも何も考えずに、先輩とかの後ろについていくだけだったから、短大から家までの道が
まだ覚えてなかった


12
だから、途中までは女子に道教えてもらって、そのあとはスマフォの道案内アプリに頼ることにした。

田んぼばっかでかなり道がわかりずらかったんだけど、電波はなんとか入るみたいだった。
アプリで「現在地」⇒「○○大学 □□キャンパス」って俺の大学の道を入力して

道順が出たので、アプリの道が見やすくするため、地図を少し拡大して
その通りに道をたどった


13
そんで自転車走らせて15分。
そこらへんで何かおわしいってことに気がついた。

いつもなら15分も自転車こげば、少しくらい民家がある場所に出るはずなのに
その日はなんかどんどんと人気のないところにい向かっていた
やっぱり田んぼばっかで、むしろなんか山みたいなところに向かってるみたいで
なんか木とかも増えてきた


14
それでも、まぁ、ナビだし、いつもと違う道で、遠回りでもしてるのかなぁって納得して

さらに10分くらい自転車をこいだ。

でも、今度は山道みたいなとこをのぼりはじめて、これはおかしいってさすがに気がついて
縮小していた地図を拡大してよく見てみた。

そして、ぞっとした。
本来「現在地」⇒「○○大学 □□キャンパス」って設定していたはずなのに
目的地のほうがよくわからない墓地になっていた。


17
夜で、あたりに街灯とかもなくて、とにかく急に寒気がして、怖くなった。
まぁ、アプリの地図を縮小したときに変なとこでも押したかなとか自分に言い聞かせて
とりあえずもっかいアプリの設定をして「現在地」⇒「○○大学 □□キャンパス」に直した

今度は間違えがないと確認して、また地図を拡大させた。
まぁ、させないと見えないんだよね、よく


19
そんで、またアプリたよりに少し道を引き返して

田んぼ道をすすんだんだけど、何回か道を曲がるって、5分ぐらいすると
また山みたいなところに向かい始めたから、まさかっておもってナビを確認したら

やっぱり例の墓地に向かっていた


21
誤字とか言葉が変だったらすまぬ。
工学部クオリティと思ってくれ

これはさすがにと、俺はぶるぶるした。
昔、一時期ラノベとか読んで、少しそういう仕事にあこがれて
作家ごっこみたいなことしてたんだけど
すこしだけお化け関係のことは知っていた。

これは「鬼の壁打ち」という現象ではないかと思った


23
お化けが人間の目を手で覆い隠して、方向感感覚を狂わせて
ずっと同じ場所をぐるぐるさせる現象なんだけど

これをずっと繰り返すと、どこかよくわからない異界に連れて行かれるとか何とか。

まぁ、俺の場合ナビがおかしいからそうとは確信もてなかったんだけど。
ナビを閉じて、完全に自分の勘ですこし道を進んでも、やっぱなんか山に向かうから
これは「鬼の壁打ち」じゃないとしても、何か似たものじゃないかと思った


26
鬼の壁打ちググっても出ない・・・


29
>>26
たしか中国の伝承か何かだった
鬼打牆ってしらえてみ
鬼打牆(きだしょう)は
中国に伝わる妖怪。鬼截路(きせつろ)、鬼作楽(きさくらく)、摸壁鬼(もへきき)とも呼ばれる。 夜道を歩いている人間の前に土塀のようなものを出現させて進路をさえぎり、ついには四方を取り囲んでどこにも進めなくしてしまう。
清の破額山人が『夜航船』に書いている内容によれば、小便をかければ破ることが出来るともいう
https://ja.wikipedia.org/wiki/鬼打牆



31
そういうのってなんで生きてる人間を引きずり込もうとするん?


32
>>31
どうだろう。
ずっと同じ場所をぐるぐるすると異界に行くっていう話があるんだけど

お化けはヒトの目を隠して特に悪意はないけど遊ぶ⇒人が方向感欠くなくしてぐるぐる
⇒その結果異界に飛ぶのかもw



27
だから、昔調べた通りなら、これにはひとつ簡単な解決策があった。

それは目を閉じて、そのままぐるりと後ろを向き、その場でしょんベンするっていうものだった。

なんか怖くて、とりあえずおまじないでも何でもいいからすがりたい気持ちあったから
それを実際にやってみることにした

周りはド田んぼだったし、恥ずかしさはあったけど、誰にも見られないだろうなと思った

自転車から少し離れて、俺は目を閉じて、そのまままわれ後ろして、ズボンを下ろし始めた


30
そんでいざしょんべんしようとしたら、急に後ろから

「どうしたんですか?」

って女の人の声が聞こえた


35
えって思って。すばやくズボンをあげた。
でもその場では振り返らなかった。

なぜかというと、とっさに頭の中に別のお化けの話がうかんだ。
それは「夜道を歩いているとき、決して振り返ってはいけないというものだ」

人間には頭のてっぺんと、かたの両側に魂の火みたいなのが付いていて。
それが結界みたいに人を守っているらしい。(三味真火だっけ?)

人が氏んでも、その火はしばらく燃えたままになっていたりする。
よくいわれる鬼火っていうのがこれがもとだね。

そうそう簡単に消える火じゃないみたいなんだけど
この火は人間の鼻息で簡単に消えてしまう。
だから、夜道を歩くときは決して振り返ってはいけない
じゃないと自分の鼻息で、肩の火が消える。

夜とかになると、よく後ろが気になるけど、これはヒトを狙うお化けが人を振り返らせるために
いろいろ仕掛けている
って話だ


39
だから、究極のチキンの俺は、ズボンのすそをつかんだまま
その場で凍りついた。

「大丈夫ですか?」
小さい声だけど
後ろの女の人はもう一回聞いてきた。

お化けとかそんなわけあるか。と、俺は固まった頭を無理やり働かせた。
どうせ通りかかった人間だろ。と思った。

俺「お。。えっと。。はい。大丈夫です」

そう言いながら、俺はベルトを急いで締めて、後ろを向いた。
もちろん頭を後ろに向けるのではなく、体全体でまわれ後ろだ。

どうでもいいけどもちろんって打とうとすると、もろちんになる


42
後ろを見ると、そこには女の人が立っていた。

スペック的に言うと

夜だし暗い補正付きでいいならかわいいかも

年齢は俺と同じかもう少し上

服装は白い感じの今風の大学生のよくある格好。

生足

髪の毛は肩くらいまでで、その年齢には珍しくそめてない


44
まぁ、夜に田んぼ道で少し細い道で

俺は道のど真ん中で彼女に背を向けて何かずぼんらへんをがさごそしているんだから
俺のほうがよっぽどお化けとか変態とかに見えるだなぁ、といま冷静に書いてて思ったんだけど

彼女は特に俺を怖がる様子はなかったけど
俺は中学の時遊園地の初デートでジェットコースターに乗り、こわくて目を閉じてたら
一緒に来た女の子に「なんでめをとじてるの?」ってきかれて「太陽がまぶしいから」
と答えるくらいチキンだから
すこしびびってきょどってた。

「あ、あの、すこし、み、みちに、迷って、あの」


48
女「ああ、このあたり田んぼばっかりで確かに迷いやすいですよねぇ」

俺「は、はい」

女「学生?」

俺「うん」

女「えーと、なら、大学まで道わかればいいのかな?確か大学の方向は…」

と、まぁ、そんな感じに会話して、道を教えてくれた。かなり親切な人だなぁとおもった

そんでそのころには冷静になったから、その人に感謝のことばをいってちゃりにのり
そのまま教えられた道に進もうとした


50
去り際に、女の人は「夜だし、ここらへん物騒だから、気をつけてね」

といってきた。

軽く会釈して、俺はチャリをこぎ始めた。

うわ、そういえばかわいいみたいだったし、感謝したいからとかいってさっき連絡先聞いておけばよかった
とか思って、そこで俺は少し後悔した。

そんでなんとなく携帯をのぞいてみたら。

携帯の電池がしんでいた。

まぁ。一日の終わりらへんだし、ナビで結構電力くったのかとおもった


53
で、女の人のこと思い返していたら、あることに気がついた。

そういえば、あの人ってどこから湧いてきたんだ?

いや、湧いてくるっていう表現はおかしいかもしれないけど
俺はおしっこしようとしたとき、さすがにまわりをぐるりと見回したさ。

首を動かさずにねwww

でも、人気なんてもちろんなかった。
あたりが暗いにしろ、月の光で少しくらいは見えていたからこれは確かだ。

ちゃりおりて、目閉じで、まわって、ズボン下ろすのにそんな時間かかるわけないから

その女、瞬間移動でもしてきたのかよ!

と気がついた


56
まぁ、ぞっとしたさ。でも、いや、気のせいだよ。

ほら生足だしとかとりあえず、自分を納得させようと必死だった。

急に歌いたくもなったけど、でもやっぱりやめることにした。
なんか夜外を歩いているとき歌うのもタブーらしい。

そんで、その女の人の言った通りに進んでいいのかも少し迷ったけど
他に方法もなかったから、そのまますすんだ


57
怖す…


60
10分くらいかな?もう携帯氏んでたから、時間がよくわからなかったんだけど

田んぼの道の前のほうにぼんやりする明かりみたいなのがあった。

近くまで漕いで行くと、田舎には珍しい公衆電話BOXがあった。
普段なら何とも思わないけど、いったん怖くなったりした時
そういうのってかなりの恐怖の対象になった。

通る時にマジでびくびくしてまさかなったりしないよなとかおもった


61
電話BOXはもう少ししたらもっかい出てくるけど今は置いておく

その電話BOXからさらに5分くらい進んだんだけど、奇妙なことが起きた

女の人から、道を教えてもらって、3回曲がったら、後はまっすぐって言われたはずなのに

目の前に分かれ道があった。

右か左か、そんなの一切教えてもらってなかったし、これはどっちだろうと悩んだ。

クラピカは右のほうが安全だって言ってたし、俺は右に行くことにした。

俺は女の言った通りに道を進んできたし。女がうっかりしたのかもとおもった。

まぁ、間違えてそうなら、すぐに引き返すつもりではあった。、


67
だが、そこからさらに5~10分くらい?

俺は自分が道を間違えたのを知った。クラピカなんか信じるんじゃなかった。
富樫はもっと仕事するべきだと思った。

少し進んだ先には狭い川があって、渡れない状態で、行き止まりだった。

でも、そんなのどうでもよかった。もっと怖い事実があった。

川の向こう、月明かりでぼんやりとわかるんだけど、少し先には墓地があった


70
もちろんその墓地が何なのか、わかんなかったけど、田舎だし、墓地とか結構あったりしたけど

ナビの件もあってマジで怖かった。

これあのナビがさしてた墓地じゃないよな。
墓地でボッチじゃないよなとかチキンの俺は泣きそうになった

俺はもうまじでなきそうになって、いそいでチャリで引き返した。
そんで、漕いでいる間に
さっきまでカエルの鳴き声とかしてたのに、それがなくなってたことに気がついてさらに混乱した。


83
しばらく、引き返すと、さっきいってた電話ボックスが見えてきた。

今度はどうやら中に人影が見えた。

俺は藁にもすがる生きよいで、その電話ボックスのほうに自転車をこぎ
人影にちかずいた。


88
そこには男がいた。

まぁ、ぱっとみ普通の男でさ、電話を使って何か喋っていた。
服装はそこら辺に歩いているおっさんとしか言いようがないんだけど

髪が少し薄かった。

俺はひとにあった安心感で少し落ち着いた。

まぁ、おっさんは電話しているからさ。さすがに声をかけられなかったけど
おっさんの電話が終わるのを待つことにした


92
それでしばらく待つんだけどさ、なにかだおかしいんだ。

いや、何がおかしいかうまく言えないんだけど、全部に違和感を感じた。
どう表現すればいいかな

おっさん電話でしゃぺってだんだけどさ、身じろぎひとつしないんだ。
まるで写真でとったヒトこまみたいで。口が動いているのは見えるし
何か話声みたいなのは聞こえるんだよ。

でも、普通、電話しているとしても、動くだろ?
まぁ、でも、そんときは何か違和感とかした思えなかった


95
でも、結構待っているはずなのに、全然おっさんは話が終わらない。

俺は携帯が氏んだし、まわりを見渡したり、草むしったりして時間つぶしたんだけど

かなり待って、一向におっさんは電話ボックスから出てこない。

おっさんが電話ボックスにお金を入れているところも見ない。
まぁテレカ使ってる可能性もあるけど、でも、普通こんなに長い時間話すか?

いらいらしておっさんのほうに目をやると。

おっさんは電話で何か話しながらじっと、こっちを見つめていた


99
俺は軽く会釈をした。

おっさんは無反応のままこっちを見つめてる。

10秒くらいから、見つめあってたんだけど
唐突にさ「あ、これ、もしかしたら、やばいやつかも」

とか、よくわからない感じがした。
全身ゆっくりと生温かい風に吹かれた的な感じ?
そんでぞわっとした。

俺はおっさんを無視して、自転車に乗ってさらに引き返すことにした。

多分もっと前のほうで道を間違えていたのかも。
とりあえず、墓地の近くには行きたくなかった


101
おっとっと!異世界へ迷い込んだのかな?

幽霊と思っていたのは異世界人だったというオチ?
おっさんも変な奴がいると言う事でこっちを見ていた?

もしくは電話先の相手は・・・・・出会った女性・・・だったりして。


103
>>101
どうだろうね?俺はただの幽霊の話だと思ってるけど

もしそうだとしたら、異世界のおっさんの話思い出した。
あの、連れ戻してくれる奴。

電話してるしwww


■関連記事
時空のおっさんとは?目撃情報を集め考察していく

http://www.oumaga-times.com/archives/1030971154.html



105
振り返りもせず、必氏に自転車をこいだ。

女の言った道を逆に走って、女がいて、ぐるっとまわってしょんベンしようとしたところに来た。

すると、いつの間にかカエルの音が聞こえるようになってて、安心した


108
ともかく俺はいったん冷静になって
いろいろ考えることにしてみた。

とりあえず、ここがどこなのか知らないし、何が起きているのかも知らない

で、頼りになる携帯さんは氏んでいる。
寺生まれの知り合いはいない。

なら最後に頼れるのはやっぱり自分だった。

まぁ、このまま朝まで待ってうんぬんもできそうだけど
明日学校もあるしなぁとか考えて

自分が今まで見てきたおまじない的な奴を全部一通りやってみることにした


109
まずはぐるっとまわってしょんべんだ。

ちょうどしばらく道に迷っていたし、尿意はわりとたまっていた。
俺はそこで目を閉じて、まわって、ズボンを下ろして、おしっこをした。
すごい急いでやったんだけど、それが終わるとなんか耳鳴りがした。

あるじゃん、たまに。なんかよくわかんないけど耳の奥で「ぴー」っておとがなるみたいな。

そんで次はそのおっしこの匂いを嗅いだ。

理由は分からないけど、向かいの人は夜道歩くとき、布に自分のおしっこかけて鼻に当てて歩くんだってwww
まぁ、さすがにそこまでできなかったから、とりま一回かぐだけにした


119
そんで次は頭の後ろあたりをぽんと叩いた。

これは体に何か付いているなら、これで出てくるのと。
あと別の説だと、頭をたたくと、頭のてっぺんの火が刺激されて一瞬火が大きくなるから
それにびっくりして、お化けがげんるんだって。

何回か叩いてたんだけど、その間妙に後ろのほうから寒気がして
でも、無視することにした。

最後に、俺はことの原因だと思われる携帯をぶん投げた。もちろんやさしくな。

そんで、もっかい拾った。理由は分からないけど、なんかものに着いた時はそうするらしいw

そして、俺はちゃりにまたがり、ほぼ勘でチャリヲ爆走させた


120
奇声をはりあげておかしな動きをすると大丈夫ってあるよね。
ユートピアとかね。

自分も何か得体の知れない恐怖を感じたらこれやってる。
がに股でヒョコヒョコ前方後方に動きながら
片方の腕を振り回してもう片方は腰にあてて
「ズットコホイホイ、ズットコホイホイ、ズットコホイホイ ホッホゥ!」
と叫ぶ 連呼する事も重要 これでサーッと気配が無くなる。


121
>>120
こんなことしてる人いたら通報するわwwww


122
まぁ、後は普通だから。適当にまとめるね
視界の内に山があったから、その山から遠ざかる感じに適当に走ることにした。

しばらくしたら、普通のアスファルトのある道に出て、田んぼも少なくなった。

すると、田んぼのほうでもぞもぞ動く人影が見えた。

近付くと、おばあちゃんが犬の散歩してた。おばあちゃんに道尋ねると
親切に教えてくれたし、割と普通だった。

唯一つ気になったのが、犬がめっちゃ俺の後ろのほうに向かって吠えてた。

なにもないはずなのにねw

そんでばあちゃんの言った通り帰ると、家にたどり着いた。


124
一応後日談あるけどききたいひといる?


125
いる


126
はよ


127
聞こうではないか


131
まぁ、この事件の話を後日女子短大とか先輩連中とかに話したわけよ

そしてら、その女子連中で、地元の子がいて
「その墓ってもしかして○○墓じゃない?」
っていってきた。

正直あんま覚えてなかったんだけど
とりあえず「なにそこ?」

って聞いてみたら

そこには神様がいるらしいよ

っていわれた


134
川の向こう側にある墓地で、その墓地の真ん中には古ぼけた地蔵さんがあるって話らしい。

俺は怖くて確認しにいけなかったんだけど。まぁ、地元だと結構肝試しに行ったりするみたい
その子も小さい時、地蔵の足元にろうそくを置いてうんぬんやったみたい。

その地蔵には本当に神様がいて
でもそれが今回の事件と何かかかわりあるのってきいても
女の子はよくわからないという


136
実際にその時は道に迷ってただ女の人やおっさんにであって混乱しただけかもだし
なんで携帯が墓地うんぬんにみちびいてたのかもわからない。

それ以来だけど、俺は先輩と一緒に帰って。道を覚えた。
もう、迷ったりしないと思うし、迷おうとも思わない。

田舎の夜道はこわい。

唯一の心残りといえば。あの女の人、幽霊だとしても、人間だとしても、名前とか連絡先とか聞いておきたかった

おしまい


153
俺も一度だけ幽霊に会ったことあるよ
俺の場合はバイクでローリングしてた時に曲がった先の事故を教えてくれた命の恩人だった
白い革ツナギを着た人がスローダウンの手を下げるゼスチャーしてたからスローダウン
その先には事故った車が完全に道を塞いでた
いつも100キロ位で突っ込んでたから教えてもらえなければ間違いなく生きてないと思う
振り返ってその人に「ありがとう」と手を上げたらもうそこには誰もいなかった
隠れる場所など一切ないガードレールで覆われた一本道、あり得ない…
休憩所に戻って古参の常連さんにその話しをしたら「白のツナギ?場所は?」と言って慌てて現場の方に下ってった
俺も一緒に着いていったらその常連さん泣きなら「○山さん!○山さん!○山さんなんだろ!?」と狂ったみたいに叫んでた
それから何年かその山に通ったけど白いツナギの人は二度と見てない
○山さんのご命日には毎年その場所にお花をお供えしてます

スレチ失礼しました


155
>>153
そういういい話系は好きだけど、せつなくなる


156
>>153
ええ話や





引用:まじで幽霊にあったんだがwwwww