280
僕の話を聞いてください。

僕には四つ下の弟がいて、彼はバイクで通勤してました。
ある日、彼が出勤途中に事故に逢い救急車で病院に担ぎ込まれました。
僕にも連絡があり、急いで駆けつけましたが彼は意識不明の状態でした。
「もしかしたらダメかもしれない・・・」
母は泣くばかり、僕もどうしようもありませんでした。
その三日後、奇跡的に弟が意識を取り戻しました。
頭を強く打っていた為、暫くボーッとしていましたが、突然何かを思い出したように
「りん(二年前に既に亡くなった飼い犬)は?」と聞くのです。
「何言ってる?もう氏んだだろが?」と僕が言うと弟は、
「いや、さっきまで一緒だったんだ」と言うのです。


281
おかしな事を言う弟に僕が
「打ち所が悪かったかな?」と冗談を言うと彼は
「いや!違うんだ。実はさっき会ったんだ・・・」
と、話し始めました。
何でも事故に遭った後の記憶というのが、一人で何処かに歩いて行く
という定番なものだったらしいのですが、どんどん歩いていくと
以前飼っていた犬に会ったそうです。
「あれ!どうしたのお前、迎えに来てくれたの?」と弟が尋ねると
生前はおとなしかった「りん」がウーッと唸ったそうです。
よくなついていた犬だったので面食らった彼がなおも頭を撫でようとすると
今度は「さっさとあっちに行け!!」とでも言わんばかりに吠えたそうです。
仕方なく彼がきた道を引き返して、気が付いたら病院にいた。と、いう事です。
彼は「人って氏んだら誰かが迎えに来るって言うけど、俺の場合追い返されちゃったよ」
と笑います。しかし、「りん」を一番可愛がっていたのが彼だったので
本当に「まだ来るな」と、言ってたのかも知れません。



『死後の結婚挨拶』
270
彼のお父さんが亡くなったときのこと。
私たちはお互い結婚するつもりだったのだけど、あちらのご両親がひどく反対
していて、私はまだ会いにもいけなかった。
ある日、寝る前に彼から「親父の調子が悪くなったから病院に行って来る」と
連絡があって、私は心配しながらも眠ったのだけど、夢の中に一人の老人が現れた。
少々薄めの頭髪、ブルーの浴衣のようなものを着てた。バックはすごく明るくて、
顔はよく分からなかったけど、息子と同じ雰囲気を感じた。
で、老人と私の会話。

老人「…あんたか」 ちょっと尋問口調で聞かれた。
私「あ…初めまして。○○さんのお父様ですか?」

老人は黙ってうなずく。

私「今まで本当にお疲れさまでした…一度ぜひお目にかかりたかったのですが 残念です…」
老人「(長い沈黙)……そうか…○○を頼むわ…」

私は許してもらった嬉しさとお父様が亡くなられたことの悲しさで半泣きしながら、でも笑顔で「はい、お任せ下さい」と答えたら、お父様は初めてにっこりと笑い、いっぱいの光に包まれながら消えていった。

それからすぐ、枕元に置いてあった携帯が鳴って、彼が半べそかいて「オヤジ、氏んだよ…」と。

四十九日が済んでから彼にその話をしたら驚いてた。
彼は私が半分巫女体質なのを知っているので、すんなり信じてもらえた。
お父様が他の方にもどうやら根回ししてくれたらしく、急に周りの態度が軟化しだして…来年私たちは結婚します。


『私に憑いて日本に帰還した幽霊達』

309
私は仕事の関係でアジア圏を中心に出張や短期駐在にゆくことがあります。

こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、
いまの趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中心になってます。

で夏、高野山に行ってきました。
そこの奥の院というところは、いろんなお墓があることで有名な
霊域ですが、そこに行ったらどうしても脚が横道にそれて私には
関係のない墓に立ち止まってしまいます。

ああ、引っ張られてるなとおもいましたが、これも何かの縁と
般若心経を唱えました。そしたら次もまた引っ張られて心経、
また引っ張られて心経と繰り返してました。いくつくらい
廻ったのかわかりませんが、奥の院というところは入り口から
弘法大師の眠る御廟まで一時間強もあればかえって来れる
ところですが、わたしはそんなことしてたから3時間半ほどかかりました。
実はここに来るまで左肩がやたら重かったのですが、ひとつひとつ
そうした墓や碑を過ぎるたびに軽くなってきたことも覚えてます。

そして其の夜、旅先の旅館で夢をみました。 


310
その夢は馬や牛、イヌ、鳥、珍しいところではもぐらやカワウソみたいな
たくさんの動物くんといっしょに、円座になって酒を飲んで歓談しているものでした。
人間はわたしだけでしたが、覚えてるのはつまみは枝豆と豆腐くらいしか
なかったことかな?さすが動物宴会だ、肉がないって変に感心しながら楽しんでました。

霧のようなものが出てきたので、「そろそろお開きだ」って馬さんが言い出し、
みな片づけをし始めました。そして皆こっちを向いて
「ありがとう」と挨拶。
え、おれ、なんもしてないよ、っていいながら視線を彼らに向けると
皆人間の姿になっていて、軍服を着た人、レトロな背広を着た人、ドカチンスタイルの人、
モンペを着た女性が十数名手を振りながら霧のなかに消えてゆきました。

そこで眼が醒めました。
あまりに強烈な夢だったのでいろいろ
モーニング食べながら考えてましたら、昨日の高野山の一件を思い出しました。

そういえば昨日いっぱい拝んだ墓は「海外物故者」とか「航空兵」とか「近衛兵」
とか「陸軍なんとか」「海軍かんとか」って書いてたな。
きっと海外にいたときに俺の身体について、ここまで一緒にきたんだな、
それでわざわざ夢でて御礼を言いに来てくれたんだ、
そういやここに来る前には重たかった左肩もいまはすっかり軽くなってる・・・・

恐くはなかったです。
それよりも俺を驚かさないように愉快な動物くんに
なって来てくれた事のほうがうれしくて悲しかったです。
こんど出てくるときはそのまんまの姿でいいよ、怖がらないから。





引用: ◇ 心霊ちょっといい話 ver.4 ◇