1
ひよこのオスメス別士って本当にいるのかな?
家に視聴率レコーダーがある人はどこで手に入れるんだろう。
マグロ遠洋漁業の漁師の生い立ちも知りたい。
敏腕プロデューサーってどうして肩からセーターを羽織るんだろう?
僕らの知らない世界で生活をしている人、あるいは周辺にいる人たち
いろんなお話を知りたい!貪欲に知りたい!


20
新薬バイトはけっこうあるね。2泊3日で4万くらいのライトなのも存在するよ。
仲間うちでは新薬バイトのことを入院って言ってたな。

自分が聞いたのでコワーと思ったのは骨折バイト。
医療実験とか医師養成の目的でわざと骨折するんだって。
30万くらいもらえるって言ったかなぁ。
腕とか足とか部位によって値段が違うらしい。
でも本当にそんなのがあるのかは定かではないけどね。


21
俺も知ってる、新薬バイト。
ロンドン住んでた時に友だちがよく行ってた
日本の製薬会社が、日本でやると違法らしいとのことで、わざわざイギリスに
施設を作って現地に居る馬鹿日本人学生をターゲットにテストをするらしい。
イギリスには馬鹿日本人学生がいっぱいいるから、海外でも日本人のデータが取れる。

で、友だちの話なんだけど毎日錠剤飲んで血液採取されるだけで
3週間で30万くらいもらえるらしい。残りの時間は施設内で
プレステしたり漫画よんだりしてるみたい。
ただ、テスト期間中は禁煙だったり
ただ、見たことのない色のションベン(緑色)とか出たりするのが難点だ
と言ってた。



22
新薬テストは最初に同意書にサインするんだって
「このテストで起こったことはすべて自分の責任だ」みたいなやつに
一生下痢になったりする奴も居たらしい。

あと別の実験で興味深かったのは
「20人くらいの若者を集めて4週間缶詰めテスト」w
何も投与されないんだけど、大きな一つの部屋に大人数で寝泊りさせて
その心理状態を調べるっていう研究があって
その期間中は被験者はただ一日中ゲームしたりテレビみたり漫画読んだり
するだけ、みたいなカンジです。
これも30万くらい貰えるらしいが、俺はやだなw


102
>>22
俺の知り合いが昔そういうのに参加してた。
投薬を受けるやつか、ただ閉じこめられるやつかは分からないが。
そいつはそれ以来ちょっとおかしくなったよ。
普通の奴だったのに、鬱状態になったり被害妄想がでたり。
5年たった今も引きこもり。
たまに心配で様子見に行く奴がいるけど、いつも目が座ってて口もろくにきかないし、なにもしないでぼーっとしてるらしい。
それまではそんなことなかったから、明らかにその実験のせい(実験環境か薬かはわからないが)だと思う。


144
>>102
新薬実験は学生時代はよくやってた(つっても、年4回しかやらせてもらえない)けど、
そんなたいしたもんじゃないよ。何か症状が出たとしたら別の原因でしょう。

概要としては…
・医療業界では「ボランティア」と呼ばれる
・常連の間では「入院」「モル(モット)」等と呼ばれる
・登録制で1度やると3ヶ月はやらせてもらえない
・参加前に必ず健康診断を受け、健康じゃないとやらせてもらえない
・「自分の希望でボランティアに参加します」って念書は書く。そこに 「何かあったらタダでいつまでも面倒見てやるから、文句は言わない」って感じのお約束もあった。
・夕方集合で以降の食事は病院指定の物に制限される。タバコもダメ。消灯時間厳守
・翌日は朝から薬飲まされたり血抜かれたり、が一日中続く。そのかわりその間漫画読んでようが、ゲームしてようが、全く自由
・翌日の朝食まで制限されて、最後にまた血抜かれて、昼頃解放
・これが一週おきで2セットから3セットで\80000~\120000

とか言うパターンが一番多かった。
時にはぶっ続け一週間で\150000とかもあった。
仲間内にも、噂にも後遺症が残ったって話は聞いたこと無い。

あと、たまに聞く「骨の折れ方の実験」とかそんなのは無いよって、
そこの医者は言ってたよ。氏体洗いもあるわけないって言われた。
でも「閉じ込める」って言うのは初めて聞いたよ。コワイネ


199
>>144
懐かしいな新薬実験。
経験を個人的にちょいと。

・あまりおおっぴらに広告かけられないみたいで、経験者が他の人を紹介するとマージンがもらえる(3000円/1人)。
・参加前の健康診断を受けると交通費(5000円)。
・あーいう会社は複数あるから、A社の実験から退院したらすぐB社、 って感じに掛け持つプロがいた。
・その会社の人は「あんまこういうとこ来ちゃいけないよ」としみじみ諭してた。
・骨折実験はある(会社によるみたいね)。案内来たけど断ったw 報酬は50万/40日か40万/50日のどっちかだった(どこを折るかは覚えてない)。 ちなみにやり方は麻酔を打って、機械でパキって・・・。

体に自信あって、金に困ってる、そしてヒマ。そんな状況以外はちょっとね・・・。


23
海外有名DJのギャラ 一晩(3時間セット)
40~50万円+往復航空チケット、ホテル代をあてがう


30
お寺のお坊さん、神社の神主さんの日常ってどんなだろう。
もし本職(もしくはその家族)がいれば、一日のタイムスケジュール知りたい。


89
>>30
普段は何してるのかよくわからんが、とりあえずうちの店(居酒屋)に
女連れてメシ食いに来るよ。酒は飲まない。
どう見てもDQNにしか見えないんだが、ちゃんと高野山で修行積んだ一人前の坊さんらしい。
その頃を知ってるママが「鶏がらみたいに痩せてねー」と笑っていた。笑い話なのか。
まだ若いから唱えに行ってもうさんくさい目で見られるとぼやいてた。


165
>>30
遅レスだけど、住職の生活
うちのような田舎寺の場合、寺の収入だけではやってけないので副業として会社員やってる
会社出かける前にはお仏飯あげて朝のお勤め 夕方は家にいる者がやってくれる

んで、過去帳書きや華の手入れ、境内の掃除などは休みの日なんかにマターリと
永代法要などの際には、前日から華造りに掃除、内敷の架け替えやお振る舞いの食材の手配などでてんてこまい
なんせ境内が広い上に樹木も多いから掃除に手間がかかる
報恩講などの年一度くらいの大法要になると、前日から会社休んで準備に追われる
お盆の時には一日中檀家さん回りでこれまた3日がかり

とりあえず住職と会社の両方勤務だと多少お金に余裕が生まれてくるのと
檀家の酒屋さんから上等なお酒がお供えされてたり
同じく檀家さんたちからのお米のおかげで米には不自由しません


184
>>165
有名な寺や檀家の多い寺なんかの収入はすごいみたいね。
野心家な坊さんは資金貯める⇒今より上のランクの寺の住職の権利を買い取るの繰り返しで
どんどんランクアップしていくそうな。
寺の売買の仲介をするブローカーもいるそうな。

昔読んだ本に書いてあった。 



40
俺17歳ぐらいの時、1年半闘病生活をしていたんだが
ここにその詳細書いていいか?


42
>>40
オー知りたい。4649!39!


45
俺がなったのはステロイド皮膚炎っつう病気なんだけどまあ簡単に言えば免疫系の組織が崩壊する病気
特に始めの1年は相当きつかったね

全身の肌が火傷したみたいにただれて、悪臭を放つ体液が流れるわけよ
当然そんな状態だから動くだけで激痛が走るし、もうかなり悲惨
たまに風呂に入ると(お湯で流すだけなんだけど)飛び上がるほどいてーし
体毛はほとんど抜けるし、痛みが無い時は気絶するほどの痒みに襲われて
あまりのつらさに空気注射で氏のうとしたこともあったが、結局失敗
1週間が1年ぐらいに感じる毎日だったよ
後その状態を知らないものは怠けてるだのちょっとした痒みや痛みぐらいでと言う奴もいたな

心身ともにぼろぼろになってたよ
テレビであるような感動秘話なんてかけらも無い
ただ苦しくて情けないだけの毎日だった


46
この病気は一般人も結構なる可能性のある病気だから
まああんまり気軽にステロイドは塗らないほうがいいよ
結構簡単に手に入るけど危険な毒物だから


47
そもそもステロイドって何に使うものなの?


51
>>47
私はアトピーの塗り薬として処方されてる。
これがステロイドの使用法として一番有名かな?
うまく付き合えば、非常に良く効く薬。
あとは、筋肉増強剤とか、リウマチの治療とか、案外幅広く使われている。

ステロイド自体は、副腎皮質ホルモンという名前が表すとおり、
体内(副腎皮質)でホルモンとして生成されている。
ただ、その体内で生成されるものを、体外から取り入れてしまうところに問題があるわけで。


53
>>51
ありがとう。
なるほど…強い薬は逆に毒にも成り兼ねないとは正にこのことだな。


74
温泉の中居さんて、やっぱワケアリな人とか多いのかな。


75
>>74
少なくとも私が知っている中で3人経験者いるけれど、

1.住み込みでアルバイト
2.パート
3.臨時(繁盛期だけ)のアルバイト

だった。
1は同級生の子で、親戚がやっている旅館で住み込んで
調理師の学校に通っていたよ。
2,3は近所のおばちゃんたち。


79
>>74
友達で熱海で仲居さんしてる女の人がいるけど、
やっぱりワケありだな。
大学時代に男と住みだして、親に勘当され、大学も辞め、
結局その男にも振られて熱海に行ったそうだ。
典型的な男で破滅するタイプだな。


186
>>74 
温泉旅館の仲居さん
友達が今やってます。住み込みで。別にワケアリなわけじゃないですよ。
海外に行くお金が欲しいんだけど、こっち(東京)にいると
働いても何かとお金使っちゃうからって言って、山奥の温泉地に行ってしまった。
家賃も食費も光熱費もタダだし、遊びに行くとこないからお金貯まるんだって。



81
田舎の土建屋の中で一番えらい人。
1.9時頃起床
2.布団の中でゴルフ場に電話
3.その後に一緒に回る人を集める。もちろん強制。
4.プレーが済んだ後飲みに行く。
5.かえって寝る。
これを月に25日ぐらい繰り返す。
たまに入札の時にゴルフ場にもいるがそのときは急いで帰る。
そのとき入札会場の人には「待っとけ!」の一言。


87
クラブシーンで活躍中のDJやサーカスで世界または国内を転々とする人やそのお子さん、
捜査一課(サツ人てここ?)の刑事さんや銀座の売れてるホステスや
学校を長期欠席してるような訳アリ家庭や都内の豪邸に住んでる人の生活に興味あります


105
>>87
捜査一課の刑事さんの子どもさんなら知り合いにいる。
下積み時代みたいなときには、家族でちょっとした旅行とかに出かけても事件が発生すると
その瞬間家族旅行中止で現場にかけつけないといけなかったり、
警察署に届け物などで父を尋ねていくと、机の引き出しの中に色とりどりの氏体写真が入ってたり、
大きな事件がおきるとニュースの映像の端っこにお父ちゃんが映ってたりしたそうな。



107
>>87
家にいる分には普通の家とかわんないよ>掲示
>>105が書いているように、いつ招集されてもいいように居場所は常に把握されてるけど。


108
>>107
最近巡査になった友人が、『「常に居場所を知らせておかなければならない」という
のは結構ツライ』と言っていたな。


88
ちっちゃい時牛の屠サツ場見学に行ったけど
あれは酷かったな。
しばらく肉が食えなかったもん。
そこで働いてた人らも訳有りっぽかった


101
>>88
知り合いが以前 豚の屠サツ場で働いてたらしいが
そこの経営者の顔が豚そっくりで驚いたらしい。
で、本人もそこで働くうちに自分の顔が
段々豚に見えてきて(似てきて)恐ろしくなったと言ってた。
しばらく働いてからて辞めたらしいけど
ああいうことってあるんだなぁ..と
しみじみ語ってた。


103
こないだ友達が「絶対に開けてはいけない袋を1日預かる」というバイトをしていた。
20万もらったらしいが、袋の中には何が入っていたのだろう・・・


104
>>103
トランスポーターみたいだw
と思ったけどあれは運び屋だっけか


187
続き。

>>104 運び屋
友達(男)が、前に、知り合いに頼まれたことあるって言ってた。
東京から大阪まで、アタッシュケースを持って新幹線に乗るって仕事。
東京駅で待ち合わせして荷物を受け取ってそのまま乗車して、
大阪駅に着いたら迎えに来てる人にそれを渡すだけ。
で、15万だって。実勤数時間だけどねえ…やっぱ断ったそうです。


ちなみに上記に出てくる「友達」は、もちろんそれぞれ別人です。


109
ドラマー(ドラム奏者のこと)の生活。
楽器の中でも叩く・蹴るという正に格闘技系騒音と住環境への配慮に苦悩する立場と思いますが、
ぶっちゃけどうしてるの??
やっぱスタジオ行かないと練習できないんですよね?(パッドも五月蝿そうだし)


112
>>109
むかしドラムを習っていて、最初は楽器屋主催のスクールに
通っていたのだけど、数年してから先生の自宅に直接行くようになった。
安そうな木造1戸立ての賃貸住宅住まいだったけど
そこの小さな庭に防音室を建ててスクール兼自分の練習室にしてたよ。
ただやっぱりドラムなだけに周囲に音は聞こえるので
昼間しか叩けないとは言っていたな。(なので近所付き合いは大事)
家賃は4~5万のボロ家に防音室(300万)とソナーのドラムセット(200万)を
置いてるのは、今思うとちょっとオモロイ光景だったなぁ。w
先生の周囲の人は、そうやってどうにかしてでも
自前スタジオを作っているか、自前スタジオ有りの人の所へ通ってたよ。
他は普通に有料スタジオを借りるか、スクール講師などして
コネを作った楽器屋なんかのスタジオを借りたりだったよ。


114
>>112
おぉーそうだったのですね・・。
やはり家でタカタカ叩く訳には行かないですもんね。
ソナーとはまたジャジーなメーカー。
有難うございます。


110
隣の家まで1km離れているような所の生活を知りたい


111
>>110
俺のじいちゃんちがそうだ、すんごい山奥のお寺なんだけど
隣の家に歩いて絶対行けない。車ないと無理。
トイレは勿論ぽっとん便所、生活用水も井戸水。
週に1回街に降りて生活用品を買って巨大な業務用冷蔵庫に蓄えて
生活してるみたい。


120
なまはげの中の人はいねぇか?


264
>>120
なまはげの中の人だった友人の話です。

年末限定の行事なので大抵は近所のおっさんや近くの大学生や高校生が中に入ります。
大体4時か5時くらいに集まっていろいろなもの(蓑、贋物の包丁、鬼の面、わらじetc..)
などを装備してその後軽くコースの順路やその他諸注意についてのミーティングをします。
6時半には出発して、家々をまわります。
暗く寒い中テンション高めにしてまわる上にまわった先の家から出たごちそうや酒を
飲み食いしながら(あまり食べはしないが酒はおもいっきり飲むらしい)
「ウォー」「ワリィ子はいねぇがー」などと大声を発するので酒が回ってしまって
ふらふらして余計にきついらしいです。
お面にも上等なものやそうでないものがあって友達のはキャッチャーのマスクを改造
したものだったらしいです。それが良い物か悪い物かは判りませんが・・・
それで終わったら酒のんで打ち上げして新年を迎えるそうです。

漏れの友達は高2のときにやって面白かったけど結構大変だったと言ってました。



122
新聞記者の彼を持っていた知人がいたけど、デートの最中でも
30分ごとに居場所を知らせなければいけなかったらしい。
当時は携帯電話などなく、公衆電話にポケベルのアラームで30分を知らせられて走っていくので、
映画なんか見られなかったそうです


125
ちょっとスレ違いなんだけど、さびれた商店街の小さい金物屋とかあるじゃん。
ああいうとこって、いったい年商いかほどあんの?って思ってたのよ。
自分がサラリーマン、公務員家庭に育ったせいもあり、
商売のことはまったくわからないし。
ホームセンターもあるのに、釘とかペンキとか売れるのかなーと。
たまたまそういう店の子供と知り合って話を聞いてると、
父親が一家の生活費であるところのメイン稼ぎがあり、
なおかつ店番手伝いの母親は母親で20万強の給料をもらい、
さらには親戚筋で一人手伝ってもらってるんだが、もちろんその人にも
普通程度の給料を渡していると。
いったいなんで?なぜそんな儲かるのか?と思ってよく聞くと、
自治体関係に納入している部門というのがあるらしい。
そっちがメインの売上になるということで、すごく納得した。
単純だけど、知らない世界だなーと思った。
さびれた時計メガネ屋とか街の電気屋さんとかも、それなりの売上ってあんのかな。


133
>>125
自治体側も、大手業者相手に民間並みのシビアな交渉をすれば
コストが抑えられるのはわかってるのよ。
けどさ、「地元産業振興」ちゅうお題目があるから、
無駄金使って地元零細業者喰わさなけりゃならんのよ。
たとえボラれてるとわかっててもな。


137
>>125
なるほどなー。
自分の今やってる仕事でも業務系は普通に仕事あるけど
一般向けは雀の涙。
ていうかオマケでやってるようなもん。
でもハタから見たらどうやって稼いでんのか疑問に見えるのかもなあ


126
個人経営の電気屋は量販店よりもきめ細かい対応ができるから
値段よりも設置や使い方がわからない年寄り相手なんかで根強い需要があるね


127
>>126
なんかいい話だな


129
>>126
友人が個人で電気店やってるが、
売った後も何かとお年寄りに呼び出されるらしい。

蛍光灯1本の注文で、わざわざ家まで取り付けに行くとか。


138
>>129
漏れの連れなんか
水道の蛇口とか治しにいってたぞ(w


141
>>138
マルチプレイヤーだなw


142
>>129
個人経営の電気屋はそういうのを嫌がっていると
商売にならない。そういうコツコツさが必要。

ただし、バカ息子が帰省してきたときにヤマダ電機で
購入したデジタルテレビとDVDレコーダーの操作方法を
教える羽目になるという諸刃の剣。(もちろん無料)


130
売れっ子アイドルのマネージャーの話を聞いたことがあるが
当のアイドルを起こすところから仕事が始まり、
スケジュールは全くアイドルと同じなのだが給料が雲泥の差。



168
長時間の手術中のお医者さんは、排尿どうしてるのかな?


170
>>168
紙オムツ使用らすぃです。
正確にはパンツ型紙オムツ。
知り合いの心臓外科医から聞いた話。
長丁場だと8時間、10時間の手術も珍しくないそうで。


269
>>170
長時間の手術中のお医者さんの排尿がオムツだって、本当かなぁ。
宇宙飛行士ならまだしょうがないから分かるけど、医者はトイレに行けば
済むことじゃない?
尿で股間がぐっしょり濡れて重くなって、最初は暖かいからともかく、
だんだん冷たくなってきて、臭いも気になって…っていう状況で、
手術に集中できるとは思えない。
それならトイレに行って手洗った方がましだと思う。


171
そういえば宇宙飛行士も最初の乗り込み時はオムツしてるんだよね。
大人用というか業務用オムツって結構あちこちで使われてるもんなのかな


177
>>171
アメリカの初期の有人宇宙飛行で、
飛行中に排尿したくなった飛行士がいたが、
あいにく短時間の宇宙飛行なのでそのことについて考慮されてなかった。
飛行士は宇宙服着用中である。

飛行士「どうしましょう」
ヒューストン司令部「・・・ちょっと待ってくれ」

ヒューストン「・・・そのまま、漏らしてみろ」
飛行士「・・・わかりました」

幸い、宇宙服からの「水漏れ」がなかったので、
この処置によるトラブルはなかったそうだ。

その後の長時間宇宙飛行で、
機体に沿って小さな光の粒が飛び交う怪現象に遭遇。
「宇宙ホタル!?」と騒ぎになった。
だがよく調べたら何のことはない、
目撃した飛行士自身が排泄して、機体の外に捨てた「尿」が粒状になり、
太陽光を反射して光っていただけだったとか。


179
>>177
イカス!ワロタ


201
修道士とか修道女の生活ってどんなかなあ。
なんか修道院によってもいろいろなんだよね?
ひたすら祈りだけとか農作業とか学校経営とか。
修道会にも格の違いとかあったり。
毎日どういう気持ちで生きているんだろう。
どういうもの食べてるのかな。
今のこの日本で修道女に志願してなる人って
どんな人なのかなーと思う。


203
>>201
カトリック系の学校に通ってました。  
そこでの見聞録ですが・・・

学校によって(=宗派が違うとか)も違うんだなと思いますが
とことん俗世間的な人もいます、残念ながら・・・
私がいってた学校では、当時起こった阪神大震災への寄付金を募っていて

「このお金は、被災者の仮設住宅になるのでしょうね」といった生徒に対して
「いいえ、このお金は同じ◎◎修道会の学校の再建費用になります」と答えたシスター(修道女)がいた。
「どうして他人の仮設住宅なんかに寄付しなきゃいけないんですか」とも言った。
ま、もちろん学校が壊れた(その◎◎会の学校は一部壊れた)のも不幸だけど
他人の住宅「なんか」って言って欲しくなかったなあ・・

あと、学校職員としてのお給料はちゃんと出てるので、シスターといえども私財はありました。
それをひたすら不義理をしても貯めるシスターがいたので、理由を聞いたところ
「老後なんて、あてになるのはお金なんだから」と答えたとのこと。
(基本的に修道女などは、ボケても修道会で面倒見てます。学校にリタイアしたシスターでボケた人いたし)
逆に、ブランド物にハマる人もいましたよ。
あまりハデではまずいので、黒が多い地味なブランドとか。
新作バッグが出るたびに、地味な黒なんかを買い揃える人もいました。

あと、下着は、修道女の服なんかをミシンで作ってる活動をしてる修道院で作ってるらしいですが
自分で買うことも出来るそうです。
洗濯は自分で、部屋干しなので他人が見ることはまずないため

ごはんも、修道院の構成メンバーの中に炊事担当がいるので、給食作るみたいに作ってます。
ごく普通のごはんですよ。



204
↑あ、私の知ってる範疇では、「僧衣を着ている」人ばかりだったので
あの特異なシスターの服を着てない人のことは、よくわかんないです。

修道士の中には、学問を究める人もいるそうで、「女も別にいらん、生活に頭を煩わすのは面倒だ」と
割り切った考え方をする人もいるとか。
確かに、研究者としての側面を持つブラザーなら、給食当番とかはやらなくていいわけで
生活のほとんどを研究と祈りに捧げることもできるわけですもんね。
また、ブラザーは女に交わらない戒律が厳しいので、反動なのかw
たまにですがアル中がいます。
私が知ってる神父さんは、常に手が震えてる人でしたw
聖体拝領が終わると震えが治まるんだ、これがw
(聖体拝領のお酒は、信者に飲ませたあと、神父が残りを飲んで聖杯を拭き清めるという動作があります)

もう50代60代の修道女なんかは、わりとお金持ちのお嬢さんでのんびり育った人が
少女のような清らかさのままで「人のために役立ちたい」と思ってる人と、
現実的になりすぎる人にわかれがちだと思います。
若い人は、熱心なカトリック信者さんに育てられた子が精神世界の根幹となる宗教に
もっともっと近づきたくて・・という人が多いように思えます。
若い人のほうが、わりとマジメかもしれませんw

あ、これは一部の修道会の中でのことです。
フランス系とかイタリア系とかスペイン系など、いろんな修道会があるので、
いちがいにどう、とはいえないかもしれませんが。
私は系列の違う学校に行きましたけど、
一般人における性格のバラつき具合<<<<<修道女の性格のバラつき具合
ではないかな、と思います。


212
閉鎖病棟での生活

病棟に入る前に、荷物を調べられ、カミソリ、ライター、つめきりといった
「凶器になるおそれのあるもの」はすべてナースステーションに 預ける事に。
財布や携帯電話も病棟には持ち込めない。
病棟とエレベータに通じる廊下は大きなガラスの扉で仕切られていて、
普段は鍵がかかっている。
患者が入退院などで出入りする時だけ、開く。

入院してはじめの一週間は、外出、面会、電話は禁止。
ちなみに、窓に鉄の柵はかかっていないが、どの窓も10センチ以上は
開かないようになっている。

「私物を極力病室に持ち込まないように」と看護士さんに注意される。
病棟は慢性的に物不足で、ちょっとしたおやつや本、化粧品、洗剤、 ありとあらゆるものが盗みの対象になるとのこと。
定期的な外出が許されているのは比較的軽症な患者さんだけで、
たいていの人は年に数回のレクリエーション以外で病院の外に出ることはないらしい。

お風呂は週に2回、月曜日と木曜日。
およそ15分間隔で、みんなで順番に入る。
浴室の中と脱衣所に一人ずつ看護士さんがいて、
トラブルが起こらないように見ている。

2日に一度、「買い物」の日があり、それぞれ、係りの看護士に 自分の欲しいものを伝えて買ってきてもらう。
と言っても、病院に 一番近いスーパーにしか買出しに出ないので、そこにないものは いくら頼んでも買ってきてはもらえない。
コーヒーも 1日の量が決まっているらしい。午後に一杯。
インスタントコーヒーをスプーン1さじといった具合。



215
閉鎖病棟での生活 その2

病棟の中の時間は、規則正しく、のんびりと過ぎていく。
入院歴の長い患者さんは、なにがしかの役目を持っていて、
デイルームのテーブルをふく役、トイレを掃除する役、
喫煙室の灰皿を交換する役、などがある。

患者同士の小競り合いは多い。
差し入れされた菓子をみんなで食べようとデイルームに持ってきたら、
誘っていない○○さんが一番多く食べた、とか、貸したテープ(CDではなく)
を汚して返されたとか、些細なこと。

長く入院している患者さんのほとんどは、家族の面会もなく、退院する あてもない。
家族がすでに亡くなっていたり、病気だったり、受け入れを 拒否されて、生涯を病棟で過ごす。

入院する前の自分のいた現実社会で、みな時が止まっている。
髪型や着ている服、聞いている音楽、すべて、その頃の流行で 止まっている。


216
閉鎖病棟ってさ、どんな病気の人が入るわけ?


220
>>216
私は鬱病が酷くなって休養入院という名目でしばらく過ごしてましたが、
患者同士で病名を聞いたりするのは暗黙のうちにタブーになっていて、
具体的には聞けませんでした。

でも、患者さんはみんな優しかったです。
夜、消灯が近くなると寂しくなってしまって。
泣いてたら近くにきて慰めてくれたり肩をなでてくれたり。
おやつやなんかがちょこちょこ なくなるのを除いては、みんな良くしてくれました。



218
閉鎖病棟での生活 その3

患者たちが話す内容には、時系列がない。
たった今のことを話しているかと思えば、10年も20年も前の 事を脈絡なくつい最近のように話す。

そしてみんな、嘘をつく。
「来年のお正月は家に帰って家族と過ごす」とか
「結婚する前に付き合っていた彼氏と、新しい土地でやり直す」とか
「ここにいる間にTVや雑誌で勉強しているから腕はいい。 退院したらすぐ知り合いの事務所でデザイナーとして働くことになっている」
とか「車の免許をとりに教習所にいく」とか。希望に満ちた嘘。

週に一度の診察で、毎週みんな「退院はいつですか」と先生に聞き、
「まだ当分ないね」と答えられ、そのたびに傷つき、診察のあとの
デイルームは「先生に許しを得たあれこれ」の悲しい嘘であふれる。

一度、トランプをもってきていたのでみんなでやろうと思い声を
かけたが、看護士さんに「みんな、トランプっていってもババ抜き もできるかどうか・・・怪しいのよね」と言われ、なんとなく落ち込んで やめておいた。

年末、クリスマスが近づくと一時退院で病棟の半数の患者が自宅に 帰る。
「変にあおると余計寂しがって不安定になるから」という理由で、
病棟内はいつも通りの毎日。
大晦日だけは、紅白歌合戦が終わるまで デイルームの灯りとTVがついており、夜更かししてもいいことになっていた。


219
なんか切ないねえ…。

漫画家サイバラの元旦那を思い出しちゃった。


236
文章が読みやすくて引き込まれたよ。
色々とためになった。ありがとう。


244
>>>222の話聞いて思い出した。
私、昔、精神病院でバイトしてました。もちろん医療に関する仕事ではなく
とある患者さんに雇われて、その人の仕事をしてたんですが。
閉鎖病棟ではなかったですが、>>>222さんのお話のような人とたくさん会いました。
なんとゆーか、その、深い職場でした…。

雇い人は世界的に有名な(?)彫刻家です。きっと病院に多額のお金を払ってたんでしょう、
その人だけ、かなりの特別待遇でした。だって普通は院内にバイト呼ばないよね。


223
書いてるあんたは全然鬱に見えないなw


224
病気から回復したからだろ。
よかったね。おめでとう。


225
>>223
おかげさまで今は回復してます。

今でもたまに病棟の暮らしは思い出しますけどね~。
変わらないゆったりした時間が流れてるんだろうなあ。
短い間だったけど、印象深い出来事が多かったな。

>よかったね。おめでとう。

ありがとう。


226
俺も精神科行ったことあるけど、何人か患者さんを見かけた感じではそんな感じだったよ。
立ち直って良かったね。


252
マグロだったと思うがとりあえず遠洋漁業に乗ってた人の生活。
初任給で30万その後40、50万と増える。
もちろん船は一回出たら陸に寄らないので金はたまる一方。
のはずだが現実は先輩に無理矢理賭け事や借金をさせられ
実質月に5万ぐらい手元に残ればいいほう。
1日の流れは漁をして移動そして寝るの繰り返し。
それではつまらないのでいきなり喧嘩をふっかけられることもある。
そして海に突き落とされる。
喧嘩じゃなくても気に入らないとやはり海に落とされる。
海に突き落とした人は大爆笑。周りの人も大爆笑。
落とされた人はプロペラに巻き込まれれば即死。
巻き込まれなくても船から少し離れたら見つけられなくて死亡。
知り合いは落とされた瞬間にロープにしがみついたので助かったと言ってた。
とにかくキティだらけの職場なのですぐに逃げたそうだ。


255
>>252
マグロ漁船に借金返済の為とかで乗る奴らはろくな人間じゃないのかも知れんが
マグロの遠洋漁業を本業にしてる人たちは、ごく普通の一般人じゃないの?


257
>>255
知り合いは普通の人でした。
たぶん先輩も普通の人でしょう。
ただ、密閉に近い状態で何ヶ月もいると頭がおかしくなる人もいるのでしょう。
船長や操船関係のひとは関わりたくなくてあまり付き合いがなかったそうです。


262
あんまり面白くないかもしれないけど医者の話

手術ってドラマとかではピーンと張り詰めた雰囲気で「メス」
とか言ってるイメージがある鴨
まあ難しい手術ならそういう事もあるかも知れないけど簡単な
手術のときはいたって和やか。
執刀医が「いや~この前のゴルフさあ」とかガンガン雑談してる。
中にはCDかけながらノリノリでオペする医者もいたりする。
勿論ちゃんと手は動かしているんだけどね


263
>>262
局部麻酔だと患者に丸聞こえで印象悪くなるから止めた方がいい.


265
>>262,263
うちの親は聞いたよ。
焼肉食べに行く話をしてたって。手術しながら。
親は、 血まみれのとこをゴソゴソやりながら
よく肉を食う話ができるなぁ、と妙な感心をしていた。


352
父親が宮司です。
自分とこの神社以外に掛け持ちが4つほどあります。
葬式の依頼はないけど、結婚式は多いです。
あとは地鎮祭とか、毎月の神事、初参り、新車等のお払い。
神主の給金は神社庁から出てます。各神社分出るそうです。
小さい神社とかは1年分まとめて、とかになるので、
結構しんどい、みたいな話も聞きます。
日常管理はかなり大変です。神事のたび掃除してます。
台風とか来たら、後片付けが大変です。
掛け持ちになってるところの神社は、氏子総代の人たちが
掃除とかしてくれるのですが、自分とこのは家族でやります。



372
>>352
あんた詳しいなぁ。俺の親父も宮司だけど全然何やってるか聞いてないから上でリクエスト出た時に
書き込もうとしたけど書き込めんかったorz


385
>>372
ありがとう。
詳しいってほどでもないけど(苦笑)
手伝いとかさせられてたから、覚えたのかも。

でも、うちの場合は、神社継がないと家に居れないよ。
神社の敷地内に家が建ってるからw
基本的には家を継がないといけない。
うちは弟が資格取ったから、問題ないけど、
弟になんかあったら私が継がなきゃいけないなぁ、とは思ってる。



353
そういうのってやっぱり家系で代々継ぐものなの?
それとも結構新規参入者が出てきたりするの?


354
年末とかはめちゃめちゃ忙しいです。
家以外に、神社の中、外の掃除、
それにお供えのお餅も自分とこでついてます。
おまけにうちの神社は山の上なので、
自動車道路の掃除もあります。
石段も30段×5くらいあります。

というわけで、家の掃除はほとんど手抜き状態ですw

正月は正月で、神社に詰めてます。
お守りの販売や、車のお払い等あります。
夜は神社の見回りもしてます。



356
最近は、自動車道路の脇(斜面になっている)
に、ごみを捨てる人が多くなり、夜は車が通れないように
上がり口のところに鎖で鍵をかけるようになりました。
朝、鎖をはずして、夜またかける。

でも、宮司だけじゃダメなのはうちも同じで、
在宅で前勤めてた会社から設計の仕事もらってやってる。
パソ苦手なのにCADだけはめちゃめちゃ使えてるのがすごいと思ったよ。



357
格の高い神社の巫女さんはいばってるって本当?


358
格が高いってどういうのを言うの?
歴史だけなら今年で1070年くらい経つよ。
でもうち、巫女さんいないからわかんないや。

あと、結婚式は問答無用で神式。
ドレスは着てもいいけど、神式w
神式じゃないと式場に入れないって言われたよ。



359
>>358
すっごく適当だけど、神宮とつくのは格が高いとかじゃなかったっけ?


365
>>359
皇室と繋がりがあるとか、天皇を祭っていると、神宮。


378
>>358
1070年というと930年頃か。
ってことは式内社ではないということだね。

社格ってのはいろいろあるみたい。
延喜式で決められたモノや、明治時代に太政官政府が決めたものとか。
明治のモノは官幣大社とか県社とか村社とかそういうヤシ。昭和21年廃止。
あなたの所にもあったと思うよ。



376
今の流れなら書けるかな?

ヒーローショーとか着ぐるみの仕事をしている人がよく言われる言葉。
「夏とか大変でしょう?」
いいえ、実は冬の方が辛いんです。

1回目のショー、汗かく⇒休憩時間に衣装冷える⇒2回目のショー⇒(;´Д`)ツメター
正月興行おわると必ず風邪引きます…。


393
じゃあマグロ漁船の話…俺が通ってた高校は実習で3ヶ月遠洋航海に行く事になってた。
楽しいよ漁船。メシはコック長と副コック長、当番の奴が作るんだけど
手伝ったりするとコック長が乾燥マンゴーとかスイカとかごほうびくれるから
俺はよく手伝ってた。結構大雑把な料理だけどまずくなかったよ。普通。
トイレは水洗で何個かある。ビデとかついてるトイレもあった。
洗濯機は多機能、パソコンもテレビも漫画もあったよ。
部屋は狭くてベッドでいっぱいだけどベッドの上で生活するのも楽しかった。
風呂は海水風呂。湯船は広い。怪我してると異常に染みる。シャワーは真水。
乗り始めの頃はゲロ吐いてたけど、慣れると揺れが気持ちよかったなあ。
寝るときに水の音がたぽんたぽんって聞こえるのが心地よかった。
仕事と掃除とラジオ体操は嫌いだったけど。船員さんはみんな結構優しくて
つってもまあ先生みたいなもんなのか?でも内緒で煙草くれたりした。
船って意外に広いんだよね。船員さんたちのくつろぐ部屋とかはソファとかあって
普通の家の居間みたいになってたし、窓から見える海がまた綺麗だったりする。
そりゃまあ楽しいことばっかじゃーなかったけど漁船ってイメージ良くないのかなあ。
船に乗ってる人たちだって普通の人だ。家に帰る途中に船の無線士さんが
犬の散歩してたときはなんか不思議な感じだったよ。
思い出すとまた行きたくなるなあ。イルカの群れ…あぁ~…



394
船に乗った時ベッドに下の毛がやたらとたくさんついてたのはちょとビビッた。
仕事は見張りみたいなのと、他の船との無線での交信、マグロとりなんだけど
船で生活してるとやっぱり陸とは違うからものすごい体がなまる。
毎朝ダンベル持って船の外歩いてる船員さんもいたなあ。
あと船から降りると陸酔いする。身体が揺れる。地震の後みたいな。



396
>>394
水軍の出る漫画で「船乗りは陸に上がると陸酔いするんだ」
という事がギャグとしてあったんだけど
あれって本当なんだ!


397
まぁ予想はつくと思うが警備員の仕事。

交通誘導・・・うちの会社の場合、自宅⇒現場⇒自宅。結構現場がころころ変わるから仕事が終わったら事務所に電話。
うちの会社の場合は、5日おきに伝票を事務所に持っていく必要がある。(契約先に料金請求があるため)
たまに15:30頃に終わっても17:00で終わった事にしてくれる業者もある。
残業は、17:00過ぎたら発生するが、どうするかはその時の状況や現場にお伺い立てたりする。

機械警備・・・何か起きるまではひたすらひまだから、たまに社用車で管轄地域を巡回したりする。
(うちの会社では、LPガス配給会社と提携していてその保安業務を請け負っているため、道やランドマークを覚えておく必要があるためもある。)
他の人や会社はわからないが、もし異常信号があってもほとんど誤作動か、警備解除をしないまま社員等が入ったために発報する程度。

常駐警備・・・これはちょっとお手伝い程度で、深夜営業のスーパーで不審者がきた時の対応や店舗外周で異常がないか確認したりしていた。
必要上防災センターに出入りしたので、防犯カメラがどこにあるかは大体把握できていた。深夜に立っていなければならないので、眠気が襲ってきて結構グ,口ッキーになる。



398
>>397
うちの旦那も以前警備員の仕事やってたんだけど、
時々聞くエピソードが面白かったな。
契約先のコンビニの女の子が客にストーカーされてて
その子が帰る時間の前後は駐車場で見張ってたとか、
契約先のビルに住み着いてる野良猫が子猫を産んで
時々なでてるとか。
同業社の社員の女の子が、道路の夜間工事の警備中に
作業中のローラーに巻き込まれて即死したって話は マジで怖かった。


430
ある温泉旅館の経営してますが、ナニを言っていいのか分かりません。
質問形式でお願いします。



433
>>430
じゃあ平均的な1日のスケジュールを教えて。
やっぱり朝は早起きですか?


438
>>433
AM4:00
起床。従業員と板前を起こします。朝餉の支度を、玄関前の掃除、 今日の宿泊者の確認。

AM7:30~9:30
朝餉、全員部屋食なのでお膳運びを手伝う。同時進行で大浴場の掃除、
布団上げ(布団敷きっぱなので希望すれば布団上げします)

AM10:00
朝餉の後片付け、同時進行でお客様の会計・お見送り。連泊のお客様には お茶菓子を持参。部屋の掃除(全室露天風呂付なので大変かな?)



439
つづき
PM12:00
レイトアウトのお客様お見送り、同時進行で板場での食材吟味、板前さんと 相談。メールチェック、館内整備、お客様アンケートチェック。

PM14:00~16:30
チェックイン、部屋の点検、温泉のチェック、夕餉の手伝い。部屋でお客様への挨拶。

PM18:00~20:00
夕餉、部屋食なのでお膳立ての手伝い。お客様への夜食を作る。
温泉のチェック。

PM20:00~23:00
館内・館外見回り、温泉のチェック、朝餉の相談・下ごしらえ

AM0:00~
就寝。(何かあるといけないので、館内電話交換所の横で就寝)

休館日があり、その時に温泉協会への会合、休日、料理の研究、
源泉の整備・風呂の改修など行います。そのほかにも様々な仕事があります。


436
>>430
旅館で働きたいのですが、この資格があると有利というものはありますか?(中年男)


440
>>436
当旅館は少数精鋭なので、これといった資格や特技は必要ありません。
結局は心優しい人を私は選びます。

最近の旅館の殆どは、派遣社員ですね。重労働ですよ。



431
あの朝飯に出てくる死ぬほど小ぶりな鮭の単価を教えてください。


434
>>431
原価28円ほど。蒸して出している旅館は「仕出し」で、
焼いて出しているところは本物。
ちなみに、私の旅館は後者。小さいながらも一生懸命経営しています。


437
>>434
業績や年間の宿泊人数、あと宿泊料金の原価率など
裏のデータが知りたい知りたい

あと売れる旅館のポイントなども


443
連続すみません。
>>437
売れる旅館のポイントといえば・・・
建物自体が古くとも毎日清潔にする。
余計なサービスはしない(ウエルカムドリンクや女将オリジナル絵葉書・和菓子など)
要望があったら直ぐに飛んでいく事が大事。
お客様の中で「お冷が飲みたい」というアンケートが多数ありましたので
「氷」に値段を付けないことにしました(お酒の場合は200円徴収)
氷に値段をつけている(私が他の温泉地で偵察に言った時)宿はあります(相場500円~1000円)


446
>>443
返答thxです
旅館なんてあんまり泊まらないから氷に値段があることも知らなかった
やっぱ他業種の話って面白いな
売れるポイントはなんか納得

(できればでいいけど)もう一つだけ
やってく上での苦労とか面白かったことは?



452
楽しいことといえば、お客様が「明日も連泊したいのだが」と仰った時。
私が「明日は休館日で、おもてなしに至らぬ点が出ますがよろしいでしょうか?
もちろん朝夕は食事をお出しいたしますが?」といったところ、
お客様が「もちろんいいよ」といってくれたので、私は幸せな気分になり、
お昼ごはんも用意してしまったことです。



454
>>452
なんだかそういう話を聞くと、ホノボノできるな





引用: ※僕らの知らない生活をする人たち※