753
私の場合、死期の近い人は二次元的というか、平面的に見えてしまいます。
それと共に、すごく寒気がするんですが。。。

駅で急用が出来て公衆電話に行くと、横に男の人がいました。
その人は生きてるんだけど、私の目からは平面的に見えてました。
私の場合、死期の近い人はいつもそう見えるんですが、その男の人も
そうだったんです。でも働き盛りって感じで、とても死期が近いとは思えないタイプの
人でした。横で話ている内容はあるホテルに電話をかけ予約をとっていた様です。
日常的な話なので、私の勘違いだろうと思っていたのですが。。。
翌朝、そのホテルが火事になって宿泊していた男性が死亡したというニュースが
報道されていました。はっきりその人と確認した訳ではないですが、ホテル名は
間違いないので、きっと。。。 合掌。。。




754
仕事中のことなんですが、オーダーメイドで服を作りに来た年配の方が
お客さんで来られました。例の如くその人も平面的に見えて、
もう死期が近いだろうと感じてしまいました。
もちろん、そのお客様にそんなことは言えないのですが。。。
帰られてから担当者に思わず「早く仕上げてあげてね」と言ってしまいました。

その他にもエスカレーターに乗っているお客さんの中にそういう人が
見えたりして、一人で驚いてますが、さすがに言えない。。。 

死期を予知するのは母親譲りの様で、うちの母は身内の死が近づくと原因不明の
熱が出て、具合が悪くなります。
たいていの場合、それが3日続き、3日目に電話がかかるというのが通常のパターン
になっています。最初は母も私たちも驚いていましたが、
最近では「3日したら電話がかかるし」と慣れてしまってます。
母は自分でも気味悪がってますが、どうしようもないらしい。。。

父が入院している時にも、いきなり仕事を休むと言い出したその日の
夜遅くに父は他界しました。死期が分かるの母譲りなのかも?!





引用:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part21