1
宇宙には星が無限にあるから
来世は地球に産まれるとは限らんし
むしろ地球以外に産まれる確率が圧倒的に高いと思うんやけど



2
現次元に産まれるとでも?


3
>>2
生物は3次元でないと生まれないらしいで



4
>>3
それはどうかな?


5
>>4
原子のような構造が2次元以下や4次元以上では安定しないらしいんや



6
>>5
魂ってそんな物理法則必要なの?


9
>>6
魂をインストールするためのデバイスがないとアカンやろ
そのデバイスが3次元世界でないと作れんって話やで



13
>>9
別に4次元のデバイスでもええやん


15
>>13
4次元世界では物質や構造を安定して作ることができないらしいからデバイスを作れない
デバイスはおそらく3次元にしかつくれない



16
>>15
確かに3次元のデバイスは無理だろね。でも4次元で存在できるデバイスだってあるだろ


18
>>16
絶対とは言い切れないけど、4次元で存在できるデバイスは存在しないと思う
っていうのは、4次元だと逆2乗の法則が逆3乗の法則になってしまうから
惑星が恒星の周りを安定して公転するっていうのに難がありそう

2次元だったらまだ何とかなるけど、分子が立体交差できないから生物が生まれるのは難しそう



7
>>5
ここは三次元なんか?


10
>>7
逆2乗の法則でググって、どうぞ



11
魂と人格は違うだろうから輪廻転生ってイマイチぴんとこない件


14
>>11
俺も魂と人格とは別やと思うで
やから前世の記憶とかそういう話は信じない



20
3次元の人間が、「4次元のデバイスは難しそう」って言っても説得力がないよなあ
目の前に4次元デバイスがあってもわからないんだぜ?


21
>>20
3次元空間を4次元の物体が通過したら「断面」は見えるからそれで判断はできるよ



22
>>21
それを4次元の断面だとどうやって知るの?


24
あ、でも4次元の宇宙が存在するかどうか、って話なら、
存在する可能性はある思うよ。たぶん何もない空間が広がってると思うけど



25
>>22
断面の形状がどう変化するかを調べればもとの形が推定できる



26
>>25
4次元がどういう構造かわかってないと意味なくね?
4次元的に移動されたら
3次元でとったCT画像をばらばらに組み合わされるようなものやん


30
>>26
定義で言えば、直交できるベクトルが4の世界ってことになるから
数学的には4次元はきちんと定義されてるよ



33
>>30
数学の4次元と物理の4次元ってべつものやん
極論すれば数学の4次元なんてこの文法でいう”4次元”と何ら変わらない
証明したから存在するってものでもない


37
>>33
「4次元『時空』」なら意味は違うけど「4次元『空間』」なら同じやで



38
>>37
時空間でないとそも切り取って連続して検証する媒体が存在しないべ


23
マルチバースって理論があって、この宇宙はたまたま我々が知る物理法則で動くが、
別の宇宙ではべつの物理法則が働く的な話がある

SF理論ではなくて、物理学者が真剣に考えてる

そうすると、4次元デバイスが都合の良い宇宙もあるでしょうな

ところでさ、輪廻転生して他の星に生まれたとして、「だから何?」
そこから話を広げろよ


27
>>23
別の惑星に産まれるって言うことは俺ですら思いつくのに、
世界中の宗教は、人間以外の動物に生まれ変わることは想定していても、
別の惑星に産まれることを想定していない。それは何故?っていうのが気になるんや



35
>>27
世界中の宗教は、ってほど輪廻転生を含んだ宗教ないやろ
ユダヤ系は輪廻しないし


40
ひも理論は11次元の存在を暗示してるやで
あっても不思議じゃない

でもね、4次元方向に対象を動かすことができないと
3次元人からはただの3次元の物体にしか見えないのだな


43
>>40
別に俺は4以上の次元の空間があることは否定してないぞ
そこに生物が存在することが難しいだろうと言ってるだけで



44
>>43
それはどうでもよくて、輪廻転生がなぜ3次元の物体限定なのさ。単なる仮定?


47
>>44
俺は、
・空間は2次元以下も4次元以上も存在するとは思う
・しかし「構造をもつ物体」は3次元にしか存在しないと思う(2次元以下や4次元以上の空間は空っぽの空間あるのみ)
と思う。



42
霊界は地球を取り巻く様に存在してるらしい


45
で、4次元が語りたいのか?輪廻転生を語りたいのか?


47
>>45
輪廻転生のほうや。



48
>>47
なぜ構造を持つものにしか転生できないという仮定なの?


53
>>48
構造を持たなければ「世界を見る」ということができない
そのものどうしが互いにその存在を認識できないなら、それは存在してないのと同じ



46
魂の定義を言えよ!
それが言えないなら俺の勝ちな!


49
>>46
人格とは関係なく存在する人間の意識、でいいのかな?



56
つまり3次元で出来た意思は4次元の考え方を持てないから無理と言いたいのか?


57
>>56
違う
4次元世界で「構造もつ物体」が産まれるのは難しい
4次元世界に行ったとして、そこには何もない空虚な空間が広がってるだけで、
転生先になりうる生物が生まれる余地がないだろうという話


でも俺が話したいのはそっちじゃなくて
「来世で地球にもう1度産まれる確率はほとんどゼロだろ」っていうほう



59
>>57でやっとわかった気がしたわ
他の星で生まれ変わる確率が高いのに、地球で生まれ変わるなんて無理ゲーやろ
と言いたいのか?


60
>>59
せやせや!やっとわかってくれる人が居た!!



61
>>57
ほかの星に生物がいない可能性もゼロではないから
地球にしか転生できない可能性もゼロではない


66
>>61
ある惑星で生物が生まれてくる環境が整う確率が仮に 000000000.1% だとしても、
惑星が無限にあるなら、000000000.1×無限=無限 だから、
生物が存在する星は無限にあると思うで。

あくまでも星が無限にあるならって前提やけど



71
>>66
可能性が無限にあるからと言ってゼロである可能せいがゼロでなくなるわけではない

仮に輪廻転生が地球基準で正しいとすれば逆説的にほかの星に生まれる可能性はゼロ
あるいはほかの星に生命体はいないということになる


73
>>71
もし地球以外の星には生命体が存在しないという前提なら、輪廻転生は地球限定になると思うで。

しかし、おそらく惑星は無限にあるだろうに、他の星に生命体がいないと考えるのはちょっと傲慢やと思う。



58
輪廻転生システムを考案したのは地球の神だから、その管理が行き届かない別惑星や別宇宙には輪廻の輪は届かないと考えるね


62
転生のシステムが地球にしばられている可能性もあるな
転生の仕組みがわからない以上、いくらでも理由はこじつけられる


67
あと、輪廻転生って生命体でないと転生できないの?その辺の石とか星自体とかはありえない前提?


70
>>67
・感情を持つことができて
・「我思う故に我あり」と考えることができる

という前提で頼む。



68
クオリアがあるかどうかやで
みんな大好き哲学ゾンビやでw


74
>>70
その辺の石が”それ”を持ってないとどうやって知るの?
意識は状態に宿るものやで?


78
>>74
ちょっと前提が抜けてた
他の種類の生命体が知ることができなくても、
石どうしが意志疎通をはかりあって感情を交わし合ったりできればOKと考えるけど、
これは本筋から離れるのでやめておこう



75
地球で氏んだ人がさ、例えば百光年離れた惑星までわざわざ行く?
手っ取り早く地球内で転生しようと考えるのが普通じゃね?


81
>>75
氏んだ後、次に産まれる惑星が確率的に決まるなら
近い星よりも遠い星の方が数が多いから確率が高い



85
>>81
俺が思うに確率は同じでは無いだろうか?


87
>>85
確率は同じだと思うよ
でも「地球」と「地球以外のどれかの惑星」だと、
「地球以外の惑星」のほうが数が多い

くじ引きで「1」を引く確率と「2~100のうちどれか」を引く確率だったら
後者の方が99倍高い



90
>>87
仏教系は地球に生まれ変わるなんて言ってない
無数にある世界のどっか

ユダヤ教系は輪廻しない


86
>>81
「確率的に決まる」とおもった理由は?
就職先ですら都会に集中するというのに


92
>>86
就職は意志を持って選べるやろ
くじ引きで就職先が決まるわけじゃないから、例として不適切だな



80
そら神やら創造主やらが特別に生き物を造ったのが地球やから
当然地球にしか転生せんやろ


83
>>80
創造主が宇宙全体を作ったと考えることもできるけど



84
「転生」という宗教の概念を肯定するなら、>>80のレスもむやみに否定できないよなあ


88
より高次元になるほど構造物が存在する確率は低くなるのならば
神とは、超高次元に存在する奇跡なのではないだろうか?


89
輪廻転生って概念自体が生前の業によって転生先が決まるシステムだからな
そのへんを無しにするならスレ主が思ったままの世界で良いんじゃね??


93
なぜ転生は意思をもって選べない?
クジで決まるとなぜ決めつける?


98
>>93
よく考えたら、意志を持って選んだとしても、
星が無限にあるという前提なら、別に地球以外の星を選ぶ可能性もあるよなあ



99
>>98
なくはないが、住み慣れた地を選ぶ人はぐっと増えるよね?
見知らぬ星でいきたいという冒険家的なやつは他星にいくかもしれん


107
>>99
世にも奇妙な物語で善行積みやすい、割と人生充実、羽化時にはとんでもない幸福感
とかの理由で転生ソムリエが転生先にセミをお勧めしてまさに間違いなかったってやつあったなwww


106
>>99
地球が住み慣れていると決めつけて良いのだろうか
「前世が違う星で現世で地球にやってきた可能性」は否定できないんだが



110
>>106
なあ、転生はカタログの中から自由に星を選ぶような至れり尽くせりなシステムなのか?
違う星を選んだら、どうなるかわからんのが普通じゃないのか?


114
>>110
あくまでも前提条件やけど、俺は転生先は確率的に決まると思ってる



126
>>114
俺は思ってないんだけど
それは前提なの?
前提だとするなら確率で決まるんじゃね?

んで地球以外に生命のある星が無限ってのも前提で良いの?
だったら確かに地球に生まれる確率は低いんじゃね?


113
もしかしたらカタログに転生先の全ての出来事が書いてあって、経験したい命を選べるシステムかもしれん。


117
>>113
しかしガチャで決まる(課金制度あり)


95
時間軸が変わってもええんか?過去の地球とか俗にいうパラレルワールドとか。


96
仮に他の惑星に生まれ変わるとして、だ
文化とか価値観とか全然違うわけだろ?
地球で積んだ善行も、その転生した惑星によっては悪徳になったりするんじゃね?


108
デーヴィッド・アイクは輪廻転生という時間の環は
レプティリアンに仕組まれたものであるとしている
天国や地獄というのも本人が信じているところへ行くという


119
>>1
地球の分霊だから地球からは出られないって言ってるオカルティストもいるな


109
輪廻転生語るならヒンドゥーじゃね?


111
>>109
それ以外あんまりないよな
仏教も輪廻はあるというけど、同時に魂という実在を否定するし


112
一応中国の泰山信仰も生まれ変わりはあった気がする
日本は穴蔵に行って終わりだったか


120
>>112
中華の生まれ変わりは仏教の影響で生まれたんじゃなかろうか
中国人の死後は現実世界とそう変わらないから、賄賂やゴマカシで
転生先をちょっと替えることはできる、
という展開の話が結構ある。


116
チベット仏教は、まさに転生ありきやね


121
仏教の中では、今の人生は転生前の自分が望んだ人生だと説くものもあるな
辛い人生なら、修行として自分が辛い人生を選んだのだと

俺なら迷わず金持ちのイージーコースを選ぶわ!


122
俺がこんな疑問を持つようになったのは、

・地球には何十億と人間がいるのに、なぜ他の誰でもなく「自分」に産まれてきたのか
・宇宙にはおそらく無限に星があるのに、なぜ自分は地球に産まれてきたのか

ようするに「私は何故私なのか?」

って考えたとき、宇宙にある全ての惑星の全ての知的生命の人生を経験するんだとすれば、
この疑問が解決すると思った。



125
>>122
ひとつの魂が経験を積むために分裂したってやつな
だから人生は永遠の暇つぶしやねん


131
>>122
自我という機能そのものが私は私であるという認識を作ってるからだよ
君の体が氏んで復活しようが、カメレオンになろうが、空気になろうが地球になろうが
君の自我が存在する限り、君は疑いようもなく君だ

それが自我だから


123
個人的には、天国も無論地獄も行きたくない
解脱して輪廻の輪から抜け出して
涅槃(ニルヴァーナ)へ往きたい


130
他のものになるなんて嫌だ
また自分がいい
記憶と財産もキープで


133
>>130
いまのおまえでないだけで、転生先のお前も今のお前になるのぜったにいやだ
全く同一であったとしてもそういう感じ
逆に別の自我がお前の中に生まれたら、意識はそいつの自我になるが、体や脳の構造は君のまま
それが自我


143
>>133
そんなことは知らん
俺は金持ちで幸せからまた自分がいいんだ
来世も来来世も来来来世も永遠にずっとだッ!


139
>>133
魂や輪廻じゃなくて自我っていうべきやったな。
俺は別に仏教だのヒンズー教だのの話がしたいわけじゃなくて、


次の「自我」が生じる対象は、地球上の生物とは限らず、「地球以外の惑星の生物」っていう可能性もあるよな?


っていうことが言いたかった。



144
>>139
現時点で前の生涯の記憶がないんだから、自我の連続性はないだろ


148
>>139は「可能性はあるよな」と言ってもらって嬉しいのか?
リアリストに「転生自体がない」と言われたら受け入れるのか?


150
>>148
転生がないなら、それはそれでいいんだ。

ただ、「なぜ自分の自我が生じたのが自分の肉体であり、他の人ではないのか」が気になってな。



151
>>150
一番スマートな回答は、まさに「転生はない」なんだがな


153
>>151
もちろんそれは知ってる

でも、自分の肉体が消滅した後に、
記憶がリセットされて「他人として他人に自我が生じて、その人生を歩んでしまうかもしれないし、その場所は地球じゃないかもしれない」
って考えただけで正気を失いそう



154
>>151
まあそれだな。
意識なんて海のあわみたいなもんで、
あわ自身は何か意味があると思ってるかもしれんけど、
生まれる前に何かあるわけじゃなく、消えた後には何も残らない


160
>>154
たくさんある海のあわの中で、なぜ自分というあわに自我が生じたのだろう
あわが消えた後、別のあわに自我が生じてしまう可能性は本当にないのだろうか…



135
仮に魂があるとしよう
それは身体的経験も遺伝的要素も影響しない意識そのものだと仮定しよう

だとすれば一つの体に一つの魂である必要性が無いんじゃね?
一つの魂で無限億個の体に入ってるかもしれない


142
>>135があっても不思議じゃなかろう
ユングだっけか?集合的無意識とかいうのを言ったのは
生物の体内では時には自分の細胞同士でころし合ったりして自分をつくっている
魂がハッキリしないことには、否定もできんよ


137
>>135
もっといえば連続していると思っている意識はその魂のバトンタッチで
一瞬一瞬感じてる意識はそれぞれ別個人かもれない


141
>>137
連続生が正しかったとしても
寝て起きたら別人かもしれんよな
脳の記憶は連続性があるから同じだと思うだけで


138
逆に一つの体に無限の魂が入ってるかもしれないじゃん?


140
>>138
思春期あたりで別の魂と合流することもあるらしいで……w


146
自我が連続してなければ自分とは言えねぇ
記憶のない生まれ変わりなど他人だ


147
俺が俺だと思いさえすれば良いわけで
記憶も性格も関係ないわけだから
ぶっちゃけ次の瞬間どの体に入ってても問題ないよな


149
魂は真理と置き換えることもできる

決して到達しない
解釈があるだけ
byニーチェ


152
自我という概念を確固たる自分であると定義すれば不思議で仕方ないな
きっと寝ている間はべつの自我が体を使っておるのだろうし
正気を失ってる間は悪魔が取り付いてるんだろう


164
寝るたんびに自我は他の物に転生してるかもしれない


169
意識がぁ
自我がぁ
つってるけど、じゃあ一切の刺激を人間から奪ったら自我は存在し続けるのか?
ってのが引っかかるんよな


171
>>169
言われてみれば確かに。
ひょっとしたらそれをすると「自我」は氏ぬかもしれんなあ、
そう考えると恐ろしくなる



170
普通の人なら、自我以前に廃人になりそうだがな


172
だから現状俺は意識ってのは社会の中で生まれる現象のようなもんだと思ってる
主観的な自意識だって他人との差を測る人間の能力から生まれてると思うんだよなぁ


173
>>172
なるほどなあ。
そう考えてみると、もし他人との差が全く存在しない世界だったら、自意識って存在しないかもしれんなあ。



176
本当に意識があるのは数百人くらいだったりとかときどき空想する


177
転生輪廻を否定したい人はやっぱり悪人だよな


178
>>177
善も悪もない

然り


179
>>177
キリスト教イスラム教は否定するけど、代わりに神の裁きがある





引用元: 仮に輪廻転生があるとしてさ