僕らの知らない世界で生活をする人ロゴ6

【職業の裏話 その1】僕らの知らない世界で生活をする人たち
http://www.oumaga-times.com/archives/1067802780.html


ひよこのオスメス別士って本当にいるのかな?
家に視聴率レコーダーがある人はどこで手に入れるんだろう。
マグロ遠洋漁業の漁師の生い立ちも知りたい。
敏腕プロデューサーってどうして肩からセーターを羽織るんだろう?
僕らの知らない世界で生活をしている人、あるいは周辺にいる人たち
いろんなお話を知りたい!貪欲に知りたい!

501
10年ぐらい昔にあるクレジット会社で返済督促の電話をかけるバイトをした。

出勤して社員の人からリストを渡される
        
リストに従って督促の電話を掛ける 
リストには社名を出していいか悪いかが書いてありそれに従います 

職業も書いてありましたが公務員がやけに多かった印象があります

バイトがやり終えたリストを社員に渡します 
男性社員がそれを引き継ぎ
引き続き督促しますがある程度で損きりして専門会社に売り渡します

ちなみにこの会社は何年か前につぶれました
つまらない話ですみません


505
>>501
私の学生時代そのアルバイトしてました。
でも、私のいた会社は本人以外には社名を出すのはNGでした。
電話に出た家族の方が、「もしかしてカード会社の方?」と
聞いてくれることがあって、そういうときだけは社名を言ってました。
私たちアルバイトが扱っていたのは、一ヶ月滞納のお客さんだけで、
ほとんどの人が引き落とし日を忘れているだけでした。
でも、たまに変な人に当たることもありました。
一度、「私は占い師なの。昨日、あなた泣いてたわね。」と一方的に喋って、督促の話をさせてくれない人がいましたが、その人が私の中では一番強烈でした。


515
山と海に挟まれたところとか山奥の山間部の山に挟まれたところとかの人って
どういう生活してるの?
近くに新幹線通ってるとうるさいでしょ?
スーパーとか無いだろうから、買出し大変でしょ?


517
7年くらい前、仕事の都合で日本一へき地の離島、小笠原(父島)に住んでいました。
東京から南へ1,000km、空路は無し、貨物と観光客を乗せた定期船が
週1便就航するのみの「東京都」です。

仕事はカレンダー通りだけど、実際の島の生活サイクルは、曜日に関係なく
船が入港する日がいちばん楽しみであり、にぎやかです。
1週間ぶりの生鮮食品、牛乳、とうふ、野菜。
入荷するとスーパーは人だかりです。
郵便物も宅急便も新聞・雑誌もタバコも(吸わないけど)全部この定期船頼みなのです。
飲食店や民宿は結構工夫して料理を出してくれるので観光で行っても食料事情は問題ないです。

自分がいた当時はまだTVも地上波が入らず、
サザエさんを知らない子供や水戸黄門を知らない年寄り、
流行っていたドリカムやミスチルを知らない若者などがリアルでいました。
今はTVもネットも携帯も出来るようになったので、
情報は内地(←あくまでも都内なのでこう呼びます。沖縄みたいに本土とは呼ばない。)と変わらなくなったらしいです。

学校は小・中と都立高校までありました。
へき地なので赴任は嫌がられてるかというとそうでもないらしく、
最近は修士を出てないと採用してもらえないとか聞きました本当かな。
体育の授業がウィンドサーフィンとかシュノーケリングなどマリンスポーツやってて楽しそう。


518
自分の仕事は衛星の観測所でメンテナンスを委託されている業者(本社は東京)で、
たまたま現地からお呼びがかかったので3ヶ月ほど滞在しました。
種子島宇宙センター(通称:種セン)から打ち上げた衛星の監視活動がメインです。
あとは見学に来る観光客の予約を受けたり案内したり、雑用です。

駐在中の本職員に不幸な事故が続いたりして、
離島でのご遺体の取扱いもこのとき初めて知りました。
すぐに遺族が来られない地理なので、村役場に遺体安置の冷凍庫があるんです。
もちろん島民も亡くなりますから火葬場もありますが、
内地の人は遺族と対面なしに焼くわけにもいかないので割と使われるようです。
島には神主と牧師はいるが坊主はいないので、
お経を唱えられる年寄りが呼ばれておとむらいをしてあげます。



519
田舎のド不便な島ですが、決して過疎というわけではなく、
若い人がふらりと流れてきてバイト暮らししたりして、結構人はいる島です。

公的機関は学校ほか、郵便局、東京電力、東京ガス、農協、漁協、診療所、警察
海自、海上保安庁、気象庁、いろいろある。
運転免許の試験とかマイナーな医療科目は
都内から担当機関が年に何度か来る。
 
結構楽しく暮らしたけど、
親の氏に目に会えない覚悟をして一生住むのは自分には難しいかな。
若いころだから出来たのかも。
今は転職して都内で普通の事務員。



522
離島いいなあ


527
キャベツ・ジャガイモ農家やってますが・・・・需要無いですか?


529
>>527
需要あり。


532
>>530
農家って収穫期以外は現金収入なさそうだけど、やっぱり前の年に稼いだお金で生活しているの?


535
>>532
作付面積が狭い農家は出稼ぎに行きます。
私は開拓時代から代々の農家なので(3代目)、様々な店舗を所有しています(商店・牛乳屋・燃料店など)。
冬にも麦を植えるので忙しいです。
農閑期は干し芋や干柿を作り、観光客向けの
直売所で販売しています。

冬は・・・燃料店の現金収入が大半を占めます。


534
農家は農閑期に何をやっているかとも知りたいです

それと農業に興味あるので素人がやるには何が必要
なのかも教えていただけるとうれしいです


536
>>534
それは・・家庭菜園ですか、それとも生業にするのですか?


537
生業です。甘い考えだとは思いますが現実も
知っておきたいと考えています。


539
>>537
山岳地帯の農家と平野の農家とは全く相違が出てしまうのですけれども・・・

私は代々受け継がれてきた土地で、無農薬・有機栽培を始めました。
最初親父や叔父に大反対を受けました。
開拓地にとって無農薬は自サツ行為 だからです。
5アールの畑で試験的に栽培いたしました。
最終的に安定供給に7年かかりました。

基本的なことを教えるのには莫大な時間がかかります。
農業大学にいきましたが、
実戦では上手くいかないものです。

農業未体験者に基本的な農地を作る教材はありませんが、
いま日本テレビで行っているDAS=村が基本的な教材と思います。
5アールぐらいの農地でしたら大丈夫ですが、
私のように50ヘクタールぐらいになると親子3世代ぐらい時間をかけないといけません。


538
>>農家さん
勝手なイメージでヨコの人間関係とか大変そうとか思うのですが、実際はどうでしょう?
それと作り手側の意見で野菜を買う時、野菜の良し悪しを判断するポイントなどがあれば教えてください。


541
>>538
横の人間関係は・・・やはり開拓時代からの付き合いで、
いがみ合うことはありませんが、
趣味で都会から出てきた輩が私の畑の土を無断で浚っていくような 事があり、
マナーが悪い人が増えたものだと組合内で嘆いています。

縦の人間関係は・・・やはりJA関係ですね。
ばれるとやばいので・・・
とにかく、元老院みたいな輩が集まって無駄遣いしています。

野菜購入時・・・・なるべく青い(若い)ものを購入。
キャベツなどは、外の葉っぱ(深緑)がなるべく多いものを購入。


540
農家さんありがとうございました


543
ありがとございました。上の者がダメダメなのは会社も農業の世界も一緒なのですね。
教えてもらったポイントも、今度野菜を買う時参考にします。


544
開拓地にとって無農薬は自サツ行為なのってなぜ?


545
>>544
平野部よりも、害虫の生命体が強いのです。
高地に行けば行くほど生命体が強くなります。
無農薬は普通の栽培方法よりも10倍?程の手間ひまがかかります。


609
北信濃で豆腐屋経営していますが、私は需要がありますか?


621
>>609
一日の仕事の流れを教えて下さい。
それと、湯豆腐が美味しい季節になってきましたので、美味しく作るコツなんかありましたら是非に。


622
>>621
朝4時に昨日仕込みした大豆を調理、朝6時半に開店、弟は旅館に納品。
妻はトラックで移動販売、私とお袋で店頭販売。
8時ごろからおからドーナッツ ・豆腐ハンバーグ・ソフトクリームなどの加工品を調理。
10時ごろ小休止。
12時ごろから納豆の室点検、井戸のメンテナンス、午後6時閉店、
6~7時夕食、11時まで明日の仕込み。

湯豆腐でお酒を飲むときには、絹ごしの方がつまみになります。
食事は 木綿など。
ポン酢も美味しいのですけど、昆布出汁の湯で煮込んで食べるのも 素材を生かすので美味しいですよ。
濃い味(スナック菓子を習慣的に食べている人にはお勧めできません)


625
>>622
ありがとうございました。話には聞いてましたが、想像以上に大変なお仕事ですね。
昆布出汁の湯で煮込むのも、早速試してみます。当方酒呑みなので
冬はおコタに入って湯豆腐を突きながらの一杯は至福の時です(*´Д`*)
おからドーナッツも初耳なので、なにやら凄く美味しそうで気になりますw



628
友達に外人部隊に所属していた人がいるけど需要ってあります?


629
>>628
友だちから聞いた話でもいいから聞きたい


634
>>630
すいません。今から書きます
その友達はお金をためてフランスに行き、
そこから外人部隊の試験を受ける場所に言ったそうです。

試験の内容は、12分間走、IQテスト、個人面接、健康診断などです。
視力検査は眼鏡可で、個人面接の場合ちゃんと日本語の通訳さんがつくそうです。
試験をやるとそのままその場所に10日ほど待機をして、その後受かるかどうかの発表の後訓練部隊に所属するそうです。
だいたい試験を受ける人が、その時は25人程いたそうです。
その時受かったのは、その友達ともう1人だけでした。

訓練をする所は、スペインとの国境に近いピレネー山脈が見える外人部隊教育隊という場所で鍛えられるそうです。
電車でそこについた後連隊の用意したバスに乗り、アルファベット順で3つのグループに構成されます。
そこで、訓練などを一緒に行う相棒も決まります。
二段ベットで寝るのもその相棒とです。

連隊に到着した後3,4日したら、基礎訓練を積むためのファームに移動するそうです。
その後は、基礎訓練をこなしつつファーム間を重装備で、徒歩で移動し続けます。
そして最後のファームに着くとそこには酒宴が用意されてあり、みんなで飲むのが行事だそうです。
しかしその後が大変らしく、その次の日の朝は、最後の1つ手前のファームまで走って帰るそうです。
そして又次の日、酒宴をしたファームに交代式をして入りそして1人前になっていくそうです。




716
自衛隊員の方の生活聞きたいです。
護衛艦とか潜水艦乗りの方きぼんぬ!!


717
こんな事件が有りました。
海水循環水配管の空気抜きパイプを配送のトラックがぶち当て
パイプ切断、海水が派手に吹き上げ、大きな噴水状態
止めるには発電所止めるしか方法は無いのか?
そこはベテランの機械整備担当者、丸太を配管サイズに削り先を尖らせ
気合一撃、ハンマーで叩きこみ漏水を止めました。

発電機には回転しているローターに回転子と言う部分があります。
そこからカーボンブラシにて励磁電流を供給している
1日に3度は接触面にキャンバスを当て磨く必要がある。 
しかし径80cm猛烈な回転
ローターに服を巻きこまれたら、身体は1秒でミンチになる。エラク怖い。
キャンバス(帆布)を固く折り、両手で持ち腰を落して、用心にながら
カーボンの粉を清掃する。 作業の為に点検窓を開けたら、熱風が顔を吹き上げる。
その量と熱はヘアドライヤー1.2kw50台くらいと想像してね。

そこに、自分1人なら勝手に手抜きでもダイジョウブと判断した 点検員がいた、
そして次の点検員は終わりの点検の際に磨く男だった。
結果は火が出て、緊急に発電を絞って難を逃れ、補修員を呼び対処した。
ミスが2回でたら、事故が発生する。
典型的な見本でした。


718
>>717
船の浸水でもこういった方法をとるよ。


719
>>717
ありがとう

お磨き、怖い
そういう仕事してる人の家族は心配だろうねー


762
コンビニの店長さん(経営者)は未だ無いですね。
忙しくてそんな気持ちの余裕が無いのでしょう。

知り合いを1件だけ紹介します。
奥さんの実家が昔商店で敷地があり、
付近に老人向きの食物商店が無いので
半分地域に奉仕にて開業されました。
老人の1人暮らしには辛い地域でした。
しかし、店舗に拘束される時間は1日19時間、食べるのは廃棄食料ばかり。
19時間カウンターに居るのではなく、仮眠時間も含みます。

開業にはそのチエーン店の場合では、用地、建物、天井照明設備のみ、
その他の、看板、看板塔、什器、冷蔵設備、POS、パソコンなどは全て本社が負担します。
売上の5%がそこの名義料です。 
それ以外は全部経営者の物になりますか?
いえいえ、粗利の48%を持っていきます。
残りの52%で光熱費、人件費、建物建設費、
経営者の給料、通信費、水道、下水道料金を支払います。
仮に、1日の売上を40万円、粗利を30%としたら経営者の手元に残るは月156万円です。
そこから上記の経費を支払います。 
経営者に幾ら残ります?
(廃棄食料の割合、マイナスの歩合は知りません)

全国一番有名コンビニで標準的経営者は、
手元に1日の売上金額の2日分くらいが
残るのが相場のようですが、 
100万から140万円くらいですか。
その他は大変のようです。 
知り合いの奥さん過労で顔色が悪いんです。
以上はあくまでも経営者から聞いた話です。
違う意見もください。


779
>>762
会社勤めのがずーっとらくだね。。。


783
運送会社で荷物の仕分けやってたことあるけどこの話って需要ある?


784
>>783
需要ある?と書いてる暇があったら費用順的な1日のタイムスケジュール&業務内容でも晒して見い。


786
>>784
OK、んでは。

以前お中元とかお歳暮とかの季節限定で某会社で荷物の仕分けしてました。
東京に割りと近いところに住んでいるのでそっちの方面の荷物は多い。
自分は夜間の作業を中心にしていたため、仕事は午後6時過ぎあたりから。
送迎のバスがあるので交通費はかからない上に自給が千円を超えているので週2/3日でも結構稼げる。

服装は安全靴と軍手が標準で、後は邪魔にならない格好ならば良い。
荷物は基本的にトラックが来ない限り暇なのだが、
そんな余裕はないくらいたくさんトラックが来る。

みんなで体操をした後、各自配属されている部へ行き、ベルトコンベア運転開始。
お中元お歳暮の頃は無論そういうハムとか色々来るのですが、量が半端じゃありません。
殊自分が配属された東京行きの荷物は熾烈を極めました。
基本的に配属された部には5人が基本で、荷物の量によって増援が来たりします。
荷物は番号で決められているのですが、コンベアで流されてくる荷物を一人で、それも視認で自分らのところに引き寄せるので、目がおかしくなってきます。

引き寄せられた荷物はさらにトラックへ積むために鉄のかごに入れます。
地方によってはかごがすぐいっぱいになり、かごの入れ替えも体力使います。
かごを持ってきたらすぐに運ばれてくるノリハムビール、化粧品からジュースまで。
ちなみにこの化粧品ですが、大体同じ会社のものです。
積み方が悪いと苦情が来るのでそれだけ別枠で丁寧に置くようにしています。
逆を言えば他の荷物はなかなか雑に扱われます。
書類なんてもはやフリスビーです。

そんな労働が4時間くらいやって一旦休憩するのですが、
30分くらいの休憩なのであわただしく飯を食います。
汗だくになりながら午前2時までやり続け、ようやく終了。
こういうのを毎日続けるのですが、月に苦情がもっとも少なく、
かつしっかり働いている部には褒章として
非売品のストラップとかキーホルダーとかもらえます、
残念ながら自分はもらえなかったですが。

そうして3時くらいに帰宅して就寝しますが、疲労すさまじく、
結局昼過ぎまで寝てしまいすぐに出勤です。
それでも余裕で20万以上稼ぎます、体力もだいぶつきました。
体力に自信のある人にはまじおすすめ。


795
10年ほど前ですが、新幹線の車販バイト。
新幹線が入線してくるときは車両に向かって礼をします。
商売させていただいている立場なもので。
最近はやめているかもしれませんが、
当時は運転士にコーヒーを1回差し入れることになっていました。
運転台に上がれたのはなかなかいい経験でした。
ただ、私は山陽新幹線に乗っていたので窓の景色はトンネルの記憶しかありません。
車掌には欲しいときに声をかけてもらってコーヒー出してました。
つまり乗務員はあの高いコーヒーをタダで飲んでたわけですね。
ショバ代みたいなものでしょうか。

何を売りに行くかは社員に指示されていましたが、
ある朝の始発で博多を出発してまもなくアイスを売るように言われました。
しかし、朝6時台の博多-小倉間なんてふつうの通勤電車です。
たぶん、その女性社員は意地悪のつもりで指示したんでしょうが、
私はなんの疑いもなく列車を一回りしてきました。
アイスの箱を抱えて戻ってきた私を見てクルーのチーフが
「こんな時間にアイスなんて売れるわけないやろ!」と怒りましたが、
実は1個売って帰ってきてました(w ←チーフがめちゃくちゃ驚いてました。
朝っぱらからアイス買ってくれたリーマンのお兄さんは未だに忘れられません。

今はPOSも導入されてるし、だいぶ変わってるのかも。


790
24時間営業のファミレス店員です。 

私はホール係で、基本の仕事は来客があったら席へご案内し、
お冷を出してオーダーを取り、ナイフフォーク等を出し、料理や飲み物を運び、
合間にお冷やコーヒーのおかわりを次ぎます。
客が席を立ったら会計し、食器を片付けテーブル拭き。
料理があがると、フロアの天井付近に何箇所かある数字ランプが点き音が鳴ります。
自分の番号が点いたら急いで取りに行き、
キッチンへ「ありがとうございました!」と言ってから席へ運びます。
ピークタイムは料理運び役を1人置きます。
デザートはホールが作ります。
パフェなどは短時間で作らないとアイスが溶けるため、
作り方は頭に入っていないといけません。

メニュー変更の時期になると、キッチンは料理、ホールはデザートの
作り方マニュアルを見て、試作もします。
試作したものはその場にいる従業員で食べます。
一回目は何が何g~と材料を細かく計りますが
以降は目分量で作ります。時間との戦いなので。
料理は、材料がある程度小分けしてスタンバイしてあり
オーダーが入ると調理・盛り付けします。
中にはほとんどレトルト状態のものも。
グラタンなどは器に移してオーブンで焼くだけ、
スパゲッティも冷凍麺を熱湯に通して出しています。

キッチンは役割分担がはっきりしています。
オーブン・炒め物/焼き物(ステーキ等)/サラダ・揚げ物
基本は1人づつですがピークタイムはそれぞれ2人いることも。
リーダーシップは焼き物担当が取ります。
逆に、暇な時間はリーダーが1人で全て作ります。

他にも洗い物、スタンバイといった仕事があり
新人はまず洗い物からやらされ、徐々に
サラダ⇒オーブン⇒焼き物(これができる人は少ない)と習っていきます。


791
つまみ食いは結構皆普通にやりますね。
従業員はメニューのデザート以外を定価の半額以下で食べられます。
野菜が高いので、サラダは禁止になってしまいましたが。
料金は給料から天引きされます。

従業員同士は結構仲が良く、飲み会やスキーに行く人もいます。
あと社内恋愛は多いようで
社員はバイトと付き合ったり、結婚する率が高いです。

客層は、私の店は昼間はサラリーマンが多いですが、
繁華街に近いので深夜時間帯は水系のお客が増えます。
夜のお客は、料理に塩や醤油を沢山かけて食べる人が多いように思います。

一度、まッ昼間に白スーツの893さん数人が
ベンツで乗りつけた時は怖かった…
途中から何人かが席を立ち、
入り口付近やトイレ前で深刻そうに携帯をかけ始め、
まるで店内を占拠されたようでした。
深夜にトイレで手首を切った女性客もいました。
夜中に来て翌日の昼までビールを飲み続けたお客さんは
忙しいランチタイムに従業員に絡んで来て大変でしたね。
食い逃げもたまにあります。
気付けば当然追いかけますが、逃げ切られることも。

常連さんの中には謎な人もいて、
一日3回は来る50代くらいの男性は
よく誰もいない空間に話しかけているので、深夜だとちょっと怖いです。
新しいバイトの女の子が入ると必ずチェックしてる人も…
ある常連さんは顔見知りのバイトの女の子全員に
旅行土産を買ってきてくれたりしました。


794
>>790
ファミレス話おもしろかった。ありがとう。
どんな仕事でもやっぱり経験したこと無い物だときいてておもしろいね。


797
ファミレスの話、おもしろい!恋人達のけんかとかも聞いてみたい。


798
楽しんでくれた方がいてよかったです。
>>797
恋人同士のケンカはよく見られます。女の子が泣いちゃったり。
注文した料理が来ても、一口も食べずに延々と相手を責めてたりとか。
さすがに水をぶっかける場面は、まだ目撃してないですが…

そういえば頭に血の滲んだ包帯を巻いて、片腕を吊った893さんが
家族連れで来店したことがありました。(893さんの事務所近いんです…)
あんなに空気の張り詰めた家族連れは他に見たことがないです。
普段は関係なく応対するんですが、このときばかりは
男の店員が変わってくれましたw
恐ろしい形相で黙々と食事する旦那さんを奥さんがあたふた世話を焼き、
隣で5歳くらいのすごく可愛い女の子が、一言も発さずに行儀良く食べる。
中には店内を走り回ったりする躾の悪い子供もいるのに、
この子は小さいのに大人びてて、全然印象が違いました。


805
おれは高校時代(6年前)だけど最大手ファミレスチェーンの調理場で
半年くらいバイトしてたよ。
まだあの頃は手動でオーブンにハンバーグとか放り込んでたっけ。

メインは焼き物系だったんだけど、あそこはとにかく暑い!!
そして、観光地のせいで夏はとにかく忙しかった。
1人で入るときなんて最悪。
先に言っとくけど、レンジでチンしてはい完成~なんて料理はなかった。
意外にしっかり調理してるもんなんです。
(同じファミレスでも深夜に行くと異常にマズかったりするでしょ?)

で、焼き物とひと言で言っても、ハンバーグ、ステーキからスパゲティー、
オムライス、うどん、ホウレン草炒め、雑炊までやらなきゃならない。
揚げ物と飲み物類、冷物以外は全部自分。
マジで戦場だった。



806
あの当時はオーダを読んだり仕切る専門の人がいて、耳でオーダーを聞きながら料理を作ってました。
でも忙しいときはオーダーを聞いてもすぐその調理にとっかかれるわけじゃなくて、
3組先のオーダーを読み上げられてたりします。(その前2組は手をつけてない)
で、手元で作ってるのは20組前の料理とか・・・

グリルの広さ、オーブンの広さ、ジャノメの数、麺湯で器の数には限りがあるので、
料理の所要時間とか場所を常に考えながら調理していきます。
まぁ考えるというよりは体が勝手に動くって言った方が正しいかも。
自分で言うのもなんだけど、今から思えば流れるように作業をしてたと思う!
記憶力も恐ろしかった。(たまに抜ける[忘れる]んだけどね)

グリルの下とかは引き出し式の冷蔵庫になってて材料が入ってるんだけど、
これもすぐになくなっちゃうので、2~5m離れた冷蔵(凍)庫に自分で取りに
いったりもしなきゃなんないんです。
ピークの時期は常に下ごしらえしてる人がいるので、その人に頼んでましたが。
(実は冷凍庫は天国なので行きたかったりする(笑))



807
自分は几帳面だったのでいくら忙しくても数グラム単位までできる限り気をつけてました。
よく職人さんがピッタリ量とか当てるけど2ヵ月もやってればかなりイイ線
の量を手で計れるようになるもんで、手に取った量が合ってないと気持ちが悪かった。

あと、一番印象に残ってる料理はオムライス!!
オムライス1つ作るのにMサイズの卵を3つカクハンしなきゃならないのに、
団体で来て15人オムライスとかアホなオーダーが入ったりして(笑)
この時は下ごしらえの人が、給食室とかにあるでっかいボールで45個の卵を
カクハンしてくれました。

最後に最悪だったのは、ファミレスでステーキの焼き方にクレームつけてくるDQNなやつ!!
クソ忙しいときに限っているんだなー。
赤くて食べられないとか(どうみても赤くない)
鬼のように焼いてやりましたけどね(笑


おもしろくないのに、長文スマソ


808
>>807
いや、おもろかった。調理場はホールの人とは又違った戦いがあるんだなw
今は飲食関係の仕事してないの?


813
>>808
今はコンピュータ関係・・・全然関係ないけど、料理は好きになりました。
今でも煽りはかなりうまいっすw
あと、要領よく仕事をこなせるようになった気がします



809
意外と大変なんだな。。。
頭良くなりそうだとオモタ


811
オーダーよく憶えられるな。
恵比寿のラーメン屋に行くと店員が
片っ端から客のオーダー聞いて厨房に伝えるんだけど、
聞く方もメモなんかとってないんだよね。
それで麺の茹で方からトッピングまで全部憶えてる。
あれはすげーとオモタ


814
>>811
でも正直ハンバーグとか常に10個以上焼いてたりするので
正確な数を把握しきれてないときとかありましたね。
でも作り続けてる状態なので過不足は吸収されてるというか
気がつかないというか・・・

たまたま数が余ってるところにオーダーが入って、ホールの人が
持ってっちゃうと、こっちは30分以上待ってるのに、
隣の 客は5分で出て来たとか。
でもその連れは40分待たされるとか。

ホールもベテランの人はそのへんはうまくやってくれるんだけど、
忙しいときは新人も多いからホールもグチャグチャっぽいです。

でもラーメン屋の人はさすが本職ですね~ファミレスみたいに客と
キッチンの間にクッションがなにもないからさらに大変でしょうね。



819
ファミレス話をもうひとつ。

私はホールで働いていましたが
キッチンで密かに恐ろしいことをしていました。
混み合う時間の殺伐とした空気の中、グリル担当のバイトが
焼いていた肉を床に落としました。
これ自体はままあることですが、そのバイトは
肉を拾うと、「消毒だすればだいじょーぶw」と言いつつ
再びその肉を焼き始めました。
そしてその肉は何のクレームもなくお客様の胃袋へ・・・
後々知ったことですが、うちの店ではそのバイトだけでなく、
皆が普通に落としたものを再び調理して出していたそうです。
その後、客としてファミレスに行っても
なんとなく肉は頼まなくなりました。


823
>>819
それは・・・客としては知らないほうが良かった話かも・・


838
気を悪くさせたみたいでスマソ。
でも、あくまで「うちの店では」の話です。
工房バイトばっかりの不採算店で、潰れてしまったような。
他店はしっかりしていると思います。

ちなみに、レジ横のお菓子やおもちゃは
バイトの私物化してました。
皆持って帰る持って帰る。
これもまた他店では無いと思います。



840
歯医者での仕事。
患者の使ったコップ、バキューム(つばをとる機械)、ミラーのついてる
トレイなどを患者さんが帰った後に片付け、水洗いし、そのあと
滅菌水というものにかける。
エプロンは基本的に一日中使いまわし。タオルも。あまりに
血液などついていて汚ければ新しいものを使う。
洗濯物がかなり多い。洗い物が多い上、患者のタオル、
トイレのタオル、消毒したものようタオルなど使い分けなければ
いけないから。
基本的に台風の日は暇。あと、月末、月初めは患者が多い。
歯の治療って基本的には単純。
楽そうに見えるけど、裏は意外とすごい。



862
住宅地の商店街にあるあまりお客さんの来ない店(洋品店とか)の話が聞きたい。
どう考えても売上ほとんどないような店もある。
どうやって食っているんだろうか、といつも不思議。

お客さんに売るのは微々たるもので、
役所との取引で食ってるっていう店の話が前にあったね。
でもみんながみんなそうじゃないだろうし。


868
>>862
これから開店なので、よければ夕方~夜辺りに投下します。
洋服屋じゃなくて帽子屋ですけど。



869
>>868
帽子やさんキター
すっごい楽しみです。


873
帽子屋さんを待つ間に横レス
>>862
実家がそういう洋品店です。
店のことはあまり聞いたことないので、実は娘の私でも疑問です。
今は売り上げほとんどないみたいですが、両親共々年金もらえる歳なので
年金生活してるのかもしれません。
祖父母が戦後復興期から開店させ、母が後を引き継ぎました。
昔はそれなりに売れていたみたいですが今は売り上げゼロの日もあるらしい。
推測ですが確実に赤字かと。
店を閉めたいとぼやいてるの聞いたことはありますが、
それは口だけで倒れるまで閉業はなさそうです。


880
帽子屋です。
昼の休憩で食事に帰ってきたので少しだけ。
…そんな期待するほど面白いもんでもないですよ。

地方の商店街で店舗を構えています。
私で四代目、一応は老舗の部類に入るかと。
どこともそうなのですが、大型店の撤退や郊外型ショッピングモールの台頭などで商店街の人通りは
前年比2、3割減が続いており、非常に厳しい状況です。
店の売り上げも人通りに比例しますし。

店の売り上げは赤字にならない程度、
それだけでは暮らしも厳しいのですがよく売れていた時代に
建てたアパートなどからの家賃収入等でやっていっています。
商店街を見回してみても、そういう感じの店は結構あります。

あと、商店街に共通しているのは、親が氏んだので帰ってきて店を継ぐという人が多いこと。
若手(といっても30代、40代)は殆どがそうですね。
自分を育ててくれた店を潰すのが忍びなくて…というパターン。
危険物取り扱いの資格を持つ眼鏡屋さんとか医者の服屋さんなんて変り種も居ます。

と、とりあえずはこんな感じで。
どういうのが面白がられるのかわからないから書くのが難しい…




881
収入がいくらぐらいなのかを差し支えのない範囲で。
あと税金をどのようにして節約なさってるのか。

リーマン妻にとってはコレが一番の関心事で。


965
>>881
非常にざっくり言うと、店舗での売り上げが新基準で消費税を収めなくていい程度です。
約半分が原価、さらに人件費や光熱費を引くと…という感じ。

節税、売り上げをごまかすとかのエグイ事はやってません。
車やコンピュータ、デジカメを店の方で買ったり
ガス代、高速代、通信費を店の経費にする位でしょうか。
まぁ、基本的に年中無休なので、実際に車は店の用事にしかつかわないんですけども



872
群馬でガラス工房職人やってます。
冬はお客が来ないので暇です。
溶けたガラスで火傷した事もあります。
職人になるまで10年かかりました。
師匠がいるのですが殴られっぱなしでした。
でも技能は天才的なので10年我慢しました。
冬も灼熱地獄です、夏は・・・
想像すると・・・吐き気がします。
夏は観光客でにぎわいますが、オバチャンパワーで製品に被害が出ます。



874
>>872
職人さんですか。
生活サイクルは普通に朝起きて夜眠る感じですか?

夏場はたしかに想像したくないな… 


875
>>874
生活サイクルは、おっしゃる通りです。

元々灼熱地獄なのに「クーラー」を導入してもムダなので、夏は上半身裸です。
水は2Lペットボトル4本は飲みます。
熱射病で2人の同僚が倒れました。
窓などは全開に出来ませんでした。
その理由としてごみが入る事と、残暑時に浅間山の噴火で灰が舞っていることでした。

俺はもうおっさんですが、若い弟子がいるので、その裸目当てにオバチャンが観光します。
製品は買ってくれないし、破損していくので困った人たちです。




882
>>875
レスどうもです。倒れた人まで…orz



877
ガラスったって800℃くらいだろ?
俺なんか光学ガラスの特殊品の溶融やってるからカマの温度は1,600℃。
そのガラスを無垢棒にするから、少しでも肌が出ていたら火傷。
だから夏でも全身 防護服。
不純物を避ける為勿論窓は開けられない。
800℃なら赤い程度だが、1300℃を越すと白光りして肉眼で直視も出来ない。
溶接メガネ、で何とか。


878
>>877
ガラス職人さんも溶接工(溶解屋さん?)さんも知らない仕事なのでおもしろいですよ。


888
>>877
大変ですね・・・熔融はめざしていた時がありましたが。
そう、700~800℃です。
最初2年は師匠のそばで手伝い、3年で初級、
あと3年は、江戸切子等の伝統工芸を習得、一応技能士の免許、諸免許などなど、
9年目でやっと師匠に認められました。最初4人で弟子入りしたのですが
2人が脱落、もう一人が江戸切子職人、私が硝子工房に行きました。

和菓子屋さんの生活も知りたいな!!俺から見ると和菓子屋は、芸の極みだと思う。
やり直しがきかないからね。




889
>>888
どういう製品を作っているのですか?
置き物?コップなどの実用品?
作り方なんかも興味があるので
よかったらざざっと書いてくれると嬉しいです。
ペンチで固まりかけのガラスをひねるってやつでしょうか?


893
>>889
ざっとあげてみると・・・
硝子細工全般(動物や人、箸置きなど)・コップ・花瓶・ステンドグラス
・置物・食器・果物皿・薬瓶・化粧小物・敷石・徳利・杯・デカンタ・
シャンデリア(2回作った事があるが1ヶ月かかった・・)
もちろん江戸切子も出来ます。・
個人的にはフラスコやビーカーも作れるが、設備にはないので出来ない。




894
>>893
ありがとう!なんでも作れるんだね。尊敬するなあ。


883
いや、ガラス職人さんに勝てる?のは温度だけ。
こんな仕事だからガラス職人さんがどれほどの技術の持ち主かは知ってる。
俺なんか只の無垢棒を平均的な直径で作れるようになるまで3年以上掛かった。
ガラス職人さんが方はガラスが あっというまに冷めていく中で上手い事いろいろな細工を してしまう。
和菓子屋さんと硝子職人さんの芸当はそのものを買うよりもそれを作る時の芸に金を払いたい。
本当に見たこと無い人は一見の価値ありです。


890
硝子さん
カッコよすぎ!!
硝子の溶融に携わってる俺からみてもあんたは神。
ってか携わってるからこそあんたの凄さがわかる。
俺ももう一度人生やり直せるなら職人になりたい。今はただの工場勤務者だから・・・  


892
ガラス職人さんはそんなに大変なんですね・・・。
ハンドメイドのガラス製品でずっと入荷待ちのがあるのですが、
職人さんが倒れるし、作れる技術の持ち主もいず、
そもそもその製品が赤字の品とあって作り手もいず、
オークションで2倍以上で取り引きされているんですよ。

みんないらいらしているんだけれど、ガラス職人さんの
話を読んだら気が収まりました。
無理言って申し訳なかったと、その職人さんにいいたいです。


896
昔化学系の研究所に勤務してたとき
こういう実験器具作ってっていうと
硝子職人さんが作ってくれたんだよなー
よく管のなかにグダでグルグル渦巻きつくって、しかも接続は磨りガラスで・・・・

頭下がります・・・


898
某大手消費者金融に以前勤めていました(女)

勤める最低条件は保証人(家族一人と何親等か離れている人間各一人)二人立てること
一番重要なのが「家族に消費者金融から借金してるものが誰もいないこと」
それから「銀行・カードでBLに載っていないこと」
もちろん保証人も調べられます。

朝は普通の会社と同じ9時営業開始です。
朝礼をして引継ぎをしますが、その間も返済の相談、融資の申し込みの電話が鳴ります。
電話優先ですので始業前でも必ず3コール以内に出る決まりになっています。

営業開始後は
1.優良顧客に営業の電話(「ご融資はいかがですか?」)
2.返済の遅れてる人に督促の電話・電報
3.返済しないで逃げた人の行方探し
 役所に借用書を送り住民票請求。親族に電話等
4.弁護士を入れて利息を下げたのに払わない人に督促する。
 これは本人には電話できない決まりなので弁護士事務所に電話する。
5.新規融資の受付

といった感じです。
基本は電話での接客で顔をあわせることはあまりなかったです。
一日のノルマはアバウトではありますがあります。
これを貸し金業規制法で定められたギリギリの時間の9時までやります。
それからたまにテッシュ配りもします。





899
次に貸付回収の強化月間などは取立てにも行きました。
はじめは「回収はなし」と言われていたのに最後には回収にも行かされました。
ほとんどがボロボロの家に住んでたり、蒸発、家族離散、死亡と悲惨な状態でした。
ドアを開けたときのあのおびえた目が今も忘れられないです。

8年ぐらい前では月給は大卒初任給で手取りで20万近く。
冬のボーナスは手取りで42万ぐらいでした。
今はかなり各社経営が厳しいのでそんなにはもらえないらしいです。
でも回収される側を見て耐えられずストレスで病気になり
最後に結婚を理由にやめました。

良かったことがあるとすれば、婚約者に借金がないか知らべられた事。
ちなみに一度でも借りると7年は情報が残ります。
住所のみでもそのうちで借りてる人がいるかどうかわかります。
カードと銀行の情報は支払いの長期延滞等の「事故」のみ見ることが出来ます。
それからお金の恐ろしさが本当にわかること。
心を麻痺させることの出来る人間しか勤められないと思います。




900
>>899 
女性で取りたてに行って危ない目にあったことはなかったですか?
就職のきっかけは?


902
>>900
女性社員は女性会員の取立てのみだったので、危ない目にあったことは運良くなかったです。
危なそうなのは体格のいい男性社員が行っていました。
ただ、住所なんかはお客さんにはわかってるわけで取立ての電話の時に

「今から火つけに行くからな!」
と言われたり「ぶっコロしてやる!」程度は言われました。
電話ですがそういう場合はさすがに帰ります。

就職のきっかけはコネだったんですが(四大卒です)
同じ名前の親会社の部門の1つと思い間違えて入りました。
入ってから「別会社なのでそちらには移動できない」と聞き落ち込みました。
バカみたいな話ですが、面接はとても綺麗な本社ビルで行うので間違う人は多かったです。




891
俺的には和菓子職人さんの降臨きぼん。
知り合いに和菓子職人さんがいて2、3度その技術を見せてもらった事があるんだが
今でもその光景が頭に張り付いている。
ただのアンコをあっというまに可愛い雛鳥にしたり可憐な花にしてしまう!!
知り合いの方は去年老衰で亡くなってしまったのでもうあの素晴らしい腕を見る事が出来ない・・


913
和菓子職人のご要望があり、家の祖父が和菓子屋でかつ職人だったので、憶えている限りで話してみようかと思います。

朝祖父の仕事を見たことが何度かあったのですが、
最初は小豆を餡子にする工程のようでした。
餡は欠かせませんからね。
暫くして餡が出来上がると、今度は器用に一口サイズのお饅頭を作り上げていきます。
作った後秤にかけて重量をそろえているのですが、
測るスピードがあまりに素早く、子供心に「すごいなぁ」と思ってました。

定番のお饅頭が出来上がると、
次は前日の売れ行きによって作るものが変わっていました。
葛を作ったり、羊羹だったり、みたらし団子好きの私に団子を作ってくれたり...今ではいい思い出です。

一日のペースですが、朝早くから製作にかかって、11時頃には一旦休憩。
その後 昼食を取り、午後からまたお菓子作り。
でも4時ごろには作り終わって後はのんびり、という感じでした(なにせ田舎で、店も夜遅くまではやっていませんでした)。
でも、盆と正月だけは、かなり忙しかったと聞きます。

職人的な(いわゆるお飾り用の菓子)を作る所は見たことがないのですが、
店頭に祖父の新作が飾ってあり、鶴の和菓子だったり、どこか懐かしい雰囲気のある風景だったりと、作品を見ては喜んでいたものです。
あれが砂糖で出来ていて、何より食べられると聞かされたときの驚きといったらもうw

こんな家系のクセに餡子苦手な私ですが、
祖父の作ってくれた饅頭の味は未だに覚えていて、
しかもあれは餡子苦手な私もおいしいと思う。

じいちゃん、おかげでちょっとは餡子好きになったよ、私。・゚・(ノД`)・゚・。





引用: ※僕らの知らない生活をする人たち 2※