武者と闘うフランス人形

よく遊びに行っていた祖母の家には不気味なフランス人形の写真が飾ってあり、気持ち悪いので近づきたくないと思いながらもその部屋で寝泊りしていたら――(おうまがタイムズ)



522
昔、頻繁に遊びに行く祖母の家にはフランス人形の写真が飾ってあった
その人形の写真だけど、とても気持ち悪いもので、出来るだけその部屋には居たくなかった
しかし寝る部屋はそこしかなく、父(離婚して実家にいた)と一緒に夜はその部屋に寝かされていた

ある日父は仕事で帰ってこれず、自分一人で寝る事になったのだが、とても怖くて眠れなかった
夜中過ぎてようやく眠気が訪れた頃、がしゃがしゃという音が庭先から聞こえた
段々と近づいてくる金属音は明らかに人間じゃないと思えた
寝ている部屋は庭先からは温室、小さな部屋と通らなくてはならない
なのにガラス戸を開ける音も、障子を開ける音もなく近づいてくる金属音
鎧だと気づいたのは寝ている部屋の障子に透けて映る武士みたいな姿が見えてから
今ならわかるが、あれは大鎧、鎌倉や室町時代の古い鎧だった
クリスマスが近かったので、祖父が茶目っ気効かせて鎧着たとか思ったのもほんの数分だった


近づいてきた鎧は障子の前で刀を抜くと、やたらと振り回す 
もう怖くてガクガクしていたときに、頭上で何かが動く気配がした 
甲高い女の子が怒鳴るような声が次いで聞こえ、咄嗟にフランス人形の写真を見た……見たけど、そこには何もいなかった 
え?と思った時には低い男の声(古めかしい日本語)と女の子(多分フランス語だと……わからないけど)が怒鳴りあう声が 
障子をみると鎧が後ろ向きに倒されてジタバタする影と、それに乗っかる小さな女の子の影が見えた 
そこで記憶は途切れ、起きたら朝だった 

夢かと写真を見上げれば、何故か写真の人形の身体あたりににシワが入っていた 
庭に通じる部屋に向かうと、泥がべったり庭先から続いていた 
急いで祖父母に報告するが、オカルト嫌いな二人には沢山いる猫が泥を持ってきたと結論つけられた 
確かに二十匹ほど、窓開けて猫を出入りさせている家だったけど猫はあんなに足跡大きくない 
しかも猫は温室と自分が寝ている部屋には絶対に入ってこなかった、二十匹もいたのに 

何があったかわからないが、とりあえず鎧武者は出なくなったが、そのあともフランス人形は相変わらず怖くて、何度か恐怖体験の原因となった 
いま考えれば、猫絡みでもかなり怖い目にあった家だった



523
>>522
猫絡みKWSK


524
>>523
では猫絡み
いくつかあったけど、ほんのりな奴

二十匹くらいの野良猫、飼い猫がうろうろする家だった
猫達はどうしても近づかない部屋がいくつかと、家に近寄らない時間があった
温室とフランス人形の写真がある部屋は、
入口までは入るけれど絶対に中には踏み込んでこなかった
いくら餌を置いても来ないので、結構のんびり出来る

猫は何故か午後2時くらいから、5時くらいまで急にいなくなる
どこかで餌付けでもされてるんだろうなあーと思っていたのだが
その時間祖父と二人で猫がいつもたむろしている居間でゴロゴロしていた
子猫が三匹いたので、段ボールに入れて撫でていた
親猫も側に居たんだが、2時になった途端玄関に向かってふーっと毛を逆立てて威嚇し始めた
思わず祖父と玄関を見ると、誰か立っているのが見えた、黒い人影にしか見えないが人型
その人影は猫を見つけたのか、すぃっと滑るように近づいてきた
次の瞬間、猫が床にぐっとしゃがんで動かなくなる
何だ?と思って猫を見ると、身体全体を撫でる黒い影の手が見える!
潰しそうな勢いで両手で撫でている様子に、祖父も呆然
猫はすぐにその黒い影を引っかくような動作をするとばっと走って窓から脱出
我に返った祖父と自分も子猫の箱を抱えて家から飛び出していた

猫が居なくなるのはこのせいか、と祖父はぽつりと呟いたけど、黒い影を死ぬまで霊とは認めなかった

伯父はこの黒い影に首を絞められたり、腹なんかをを撫でられたと悔しそうに酔った時に話してくれたが、悔しそうだったので詳しくは聞けなかった
他にも大切な所を撫でられたらしい


528
>>524
ありがとうございました。
かなり怖い気がするけれど、猫とか動物好きな霊だったんだろうか。





引用: ほんのりと怖い話スレ その85