7
ある日会社の帰りしな、家の前に人形が捨てられていた。
洋人形だった。
不気味に思ったが不思議と魅惑された俺はその人形を捨てずに持ち帰る事にした。
もしかしたら骨董品かもしれない、そう思った。

家にかえって洋人形を机においてその日は疲れたから寝ることにした。
朝、起きると昨日机に置いておいた人形が枕元で俺と一緒に寝ていた。
気持ち悪く思った俺は不服だったがその人形を捨てる事にした。
するとその夜、携帯に電話があった。
低い、男の声だった。

「私メリーさん。いま、あなたの家の近くの駅にいるの」

最初、いたずらだと思った俺は無視して電話を切る事にした。
十分ほど経って、また電話がなった。

「私メリーさん。いま、あなたの家の前にいるの」

さすがに不気味に思った俺は電話を切るとすぐ玄関に向かった。
するとドアのノブがガチャ、ガチャ、とまわされていた。
幸いな事にかぎはかけていた。

怖くなった俺は押入れに隠れた。
しばらく経って、また携帯電話が鳴った。

「私メリーさん。今、あなたが隠れている押入れの前にいるの」


9
俺は内側からしょうじを押さえつけた。
同時に、しょうじがガタガタと鳴る。
誰かが押入れをあけようとしていた。
俺は必氏にしょうじを押さえた。
全身に鳥肌がたっていた。
しばらく経つと押入れの前から人の気配は消えたが、それでも俺はしょうじを押さえ続けた。

時間の感覚は無かったが何時間も経過しているとは思った。
俺は、警戒したまま、押入れを開けた。

───誰もいない。

ほっとして押入れから出ようとすると、不意に足に圧力がかかった。
それが腕だ、と分かるまで数秒かかった。
押入れの暗闇から、誰かの声が聞こえた。
低い、男の声だった。

「私メリーさん。いま、あなたの後ろにいるの」


おわり


8
>>7
最後は

「私メリーさん。今、あなたが隠れている押入れの中にいるの」

のが怖くないか?


10
>>8
あ、そっちのほうがよかったかもしれない。
ってか自分で書いて思ったが>>9はいらなかった気がす


11
押入れの戸は「ふすま」


15
>>11
しまったorz


26
私メリーさん
今貴方の後ろにいるの…
私メリーさん
今貴方の後ろにいるの…
私メリーさん
今貴方の後ろにいるの…
私メリーさん
今貴方の後ろにいるの…
私メリーさん
今貴方の後ろにいるの…
私メリーさん
今貴方の後ろにいるの…
数えきれないメリーさんが綺麗に縦並んで電話している




21
自分で作っといてなんだが難しいな。
まぁ全部自演で終わらせる勢いで続ける事にする。

私は生まれた時から口が裂けていて、
同級生から『口裂け女』と呼ばれて忌み嫌われていた。
母は私の顔を見るたびに泣き叫び、私は母から生活費だけを渡されて一人で暮らしていた。
ただ妙なのは私自身は自分の顔を不気味ともなんとも思わないことだった。
むしろ、きれいとさえ思っていた。
だから周りの人に気味悪く思われるのは私にとって屈辱だった。

私が周囲の人と打ち解ける方法に気がついたのは高三の時。
風邪をひいてマスクをして学校に行った時だった。
その時だけは以前まで冷たかったクラスの視線が緩み、私に話かけてくる人さえいたのだ。
それまでは、高校で誰とも会話などした事がなかった。

大学に進学して、私は毎日口にマスクをするようになった。
そうすれば誰もが私に話かけてきてくれた。
時には美人とまで言われるようになった。
だけど皆、私の素顔を見た途端に逃げ出した。
私にはどうしてもそれだけが理解出来なかった。

━━━みんなあれほど私の事を美人だと言っていたのに……みんな、おかしいよ……

マスクをしている時は美人なのに、
マスクを取った途端化け物呼ばわりされる事に私はどうしても納得できなかった。
だから私はみんなを見返すためにいろいろな人に自分の顔について聞いてみる事にした。
そうすればみんな自分の感覚がおかしいと気付くはずだ。



22
夜。
公園で私はマスクをつけてたっていた。
夏なのに外は異様に寒く、私はそのためロングコートを着ていた。
その時、公園には一人にサラリーマンがいた。
私は彼に声をかけた。

「ねぇ、私、キレイ?」

すると彼は少し困惑したようにこう言った。

「え?あぁ、キレイですよ」

やっぱり!私は美人なんだ!私は心の中でガッツポーズを作った。
さらに自信をつけるため、私はマスクを取って彼に聞いた。

「……これでも?」

えぇ、きれいですよ。その言葉が来るのを私は確信していた。
だが、違った。

「うわぁ!!化け物ぉ!!!」

頭の中が、真っ白になった。
自分の中の私と言う偶像が崩された気がした。
そして私は鎌を持っていた。

どこの鎌かはわからなかった。
ただ私は目の前の男をコロしたい、それだけを考えていた。
私は鎌を男にむかって振り下ろした。
手になんとも言えない感覚が走り、鎌は男の目をえぐった。
その感覚が少し癖になり、私は再び鎌を男に振り下ろした。
今度は指が四本、切れた。
耳が痛くなるほどの絶叫が聞こえた。
私はその声がもう一度聞きたくて鎌を振り下ろす。
私は男の腹部を狙ったつもりだったが、男が抵抗したため鎌は彼のoooを切り取った。
私は何度も男に鎌を振り下ろした。
振り下ろすたびに男は絶叫し、やがて絶命した。

月明かりで照らされた公園には私と男の氏体だけがあった。
すこしやりすぎたかもしれない。
男の顔はもはや原型をとどめておらず、鎌でえぐり続けたため、
肉眼で生前の彼と判別する事は不可能だった。
私は鎌を見た。
男の目玉が刺さっていた。


23
怖くはないけど、視点が違ってちょっと新鮮かな~
でも、怖くするってむずかしいね。もともと恐い話だもんねー


24
とりあえずクールスレのコピペでお茶を濁すことにする。
正直自分の作った物よりこっちのほうがずっと怖い。

ある小学校のトイレには「花子さん」が出たそうだ。
三階の女子トイレの三番目のドアを三回ノックし、
「はーなこさん、遊びましょう」
というと、
「はーい」
という返事が返ってくる。その後、
「何して遊ぶ?」
と聞かれ、
「首絞めごっこ」
というと、首を絞められコロされてしまう。

その日も三階の女子トイレからはノックの音がしていた。
「はーなこさん、遊びましょ」
すると、
「はーい」
誰もいないはずの個室から返事が返って来た。
やはり噂は本当だったのだ。
個室の中の少女の声はこう続けた。
「何して遊ぶ?」
それに答えて、ノックをした者はこういった。

「お医者さんごっこ」
「…え?」

中からの声には、明らかに動揺による震えが混ざっていた。
そしてドアがゆっくりと開く。

「ひっ!」

個室の中の少女、即ち「トイレの花子さん」は、この時初めて成仏したい衝動に駆られた。

花子さんの目の前に立っていたのは成人の男だった。
アニメの美少女キャラクターの絵がプリントされたTシャツ、薄くて高価な本を蓄えた両手の紙袋、脂の浮き出た両の頬に伸びきった髪の毛。
男は薄笑いを浮かべながら、こう言った。

「さあ、お医者さんごっこしようよ」


28
さらに怖く。ってより、視点を変えて語るスレって感じ


31
丑の刻参り
田舎の祖母の家に泊まりに行った夏休み。
私は地元の子供と夏祭りを見に出かけた。
お祭りを楽しんだ帰り道、
地元の子供に送って行くと言われたが、
私は近くだからいいと断った。
祖母の家はその子の家から山道を通って十分程度だから安心していた。
しかし、山道を歩いて十分たっても一向に祖母の家の道にたどり着けない。
数時間が経ち、私は古い神社に辿りついた。
やっとこれで家に帰れると安堵した瞬間…
後ろから恐ろしい女が歩いてきた…



32
女は頭に人参を二本、角のように挿し、
耳元まで赤い紅をさして、
手には太い釘と小降りな槌が握られていた。丑の刻参りでした。
私は物陰に隠れ、息を殺しました。
木に釘を打ち込む音が深夜の神社に響きました。
私は堪らなくなり、鳥居の方へ行こうとしました。瞬間!

「みたな!」

という声がしてふりむくと丑の刻参りが走って向かってきました!
鳥居の方へ私も走りました。
すると鳥居の方からもう一人、丑の刻参りが歩いてきました!
私は恐怖ですくんでしまいました。
所が丑の刻参り達は私の横でコロしあいを始めました。
一人は懐から鉈を、もう一人は持っていた鎌を持って切りあっています。
私は丑の刻参り達のいない、白い鳥居に向かって走りました。
しかし血だらけの丑の刻参り達が追いかけてきました!凄まじい形相で!


33
何とか白い鳥居まで逃げ切ると、
山道を転げ落ちる様に逃げて、やっと祖母の家に着きました。
青年団の人達も私を探した様で、
集まっていました。
私は青年団の人達に丑の刻参りの事を話ました。
しかし誰も信じてくれません。
その時、後ろから声が聞こえました。

「私達は信じるよ…」

お隣のおばさんと若いお嫁さんでした。
体中切傷だらけで立っていました。

「〇〇ちゃんを探すのに山道を走りまわったから切傷だらけになっちゃった」

そう言って二人は優しく微笑んでいました。
丑の刻参り・新説。完


34
怖い!!!
オチつきの話ってスッキリしていいね


64
人面狗
1992年、夏。
東京のある町に一匹の可愛らしい子犬が生まれた。
野良犬であった為に、母犬は子犬を一人立ちさせると、
姿を消した。
孤独になった子犬は、各地をさすらい、
やがて成犬となった。行く先々で酷い扱いを受け、
傷だらけになった犬の鼻は、
皮が傷で化膿し、
大きなデキモノになっていた。
そしてデキモノは、
少しずつ、少しずつ、人間の顔の様になって行った。
その疽は、不思議な事に言葉を理解し、
話し、食事もする。
言葉使いはチンピラの様な汚い言葉を使い、犬の思考を読み、
不平、不満をまきちらしていた。


65
そんな旅の途中、
全国には都市伝説として、人面犬現る!
などのタイトルが雑誌を飾り、ブームとなっていた。
その頃、痣をもつ犬は顔全体を覆う位に成長した人面痣に精神を侵され始めていた。
あるきっかけ(事故死した人の肉を食った)で人肉の味を覚え、各地で人食いを繰り返す毎日…
だが、そんな日も一人の託鉢僧によって終止符がうたれる。
「可哀想に…人面痣か…」
魔を退ける経を読み、人面痣を消滅させた。しかし犬の体力は尽き果て、
天に召された。
僧侶は手厚く犬を葬ると、旅に戻って行った。
だが…、僧侶の首筋には、
小さな人の顔が、
にやりと笑っていた。人面狗・完


66
乙!
こえーw


71
四次元老婆
ある地方に、 働きもせず、 遊ぶ気力もなく、
ただ、両親から与えられる食事で生きているだけの青年がいた。
彼は死ぬ事ばかりを考え、 何か最高な死様は無いか、 日々模索していた…
オカルトに傾倒していた彼は、
小学生の頃に聞いた噂を思いだした。

学校の4つ目のトイレの、 4番目の個室に、 4時44分44秒に
トイレの水を流すと、四次元から老婆が現れ、死者の国へ誘うとゆう。

自サツする勇気も無い駄目な彼には、
確実に自分を氏においやる、完璧なサツ人者が必要だった。
そして数日後。
すでに廃校になった夕暮れの学校に、 彼はいた。


72
割れた窓から校内へ侵入すると、
手前入口より四つ目のトイレへ向かった。
四番目の個室に入ると、携帯で時報を聞きながら、
4時44分44秒に、水を流した。

……何も起らない。

所詮、噂話か。と立ち去る彼だが、
ふと、トイレ入口の鏡を見ると……
恐ろしい形相の老婆が映っていた!
恐怖で固まる彼は、
鏡より伸ばされた不気味な手に引き込まれ、四次元へと消えた。
……気絶した彼が目を覚ますと………



73
そこには、
とても豪華な造りの家があり、
その豪邸の家主達から手厚い歓迎をうける彼。
夢か現か幻か?
夢の様な時間を過ごし、
生きる希望と力を手に入れた!
しかし、
それは…鏡に激突し、絶命した彼が、 氏に際に見た儚い夢だったのだ。
割れた鏡の破片には、不気味な笑顔をみせる老婆が映っていた…
四次元老婆 ・完


74
その主人公・・・
俺のことか・・・?
読んでて氏にたくなったw

いい文章ありがとー!


75
いやー面白い!


76
ウシロニイルヨ
夏、テレビの心霊特集。出演者のたわいないコメント。

「夜、髪を洗う時に後ろに気配を感じるんですよ!」

その夜は気になってしまうはず… あるはずのない気配。大概は、気のせい。
しかし、ハズレを引いた人間もいるようですよ…



77
小学生時代に不思議な体験をしたO君。
彼は心霊特集が好きで怖がりのくせに、 よく見ていた。
ある特集で、 髪を洗う時の気配の話を聞いて、
恐ろしくなったO君は、その日は風呂に入るのをやめた。
翌日は母に叱られ、
渋々風呂に入る事になったが、恐怖で髪が洗えない。
しかし、髪を洗わなかった事がバレると、 怒られるので、 勇気を出して髪を洗った!
恐る恐る、鏡で後ろをみると、そこには…
誰も映ってはいなかった。



78
ほっとしたO君は、 翌日から気配の事は、忘れて、
普通に風呂に入れるように戻った。
数ヶ月過ぎたある日の事…
いつもの様に、風呂に入るO君。
だが、いつもと少し様子が違って感じる。 違和感がある。
それでも、 あまり気にせず、 髪を洗う事にした…
すると、耳元でなにやらボソボソと音が聴こえた。
良く聴くと…

「カゴメカゴメカゴノナカノ…」

籠目の歌が聴こえてきた。
気になって、シャンプーの泡を退かし、 薄目をあけると、
オカッパの着物を着た女の子が両手で顔を隠し、 蹲っていた。
固まるO君。

「ウシロノショウメン…」

まで歌った女の子は、暫しの沈黙の後に…

「だぁれ!!!」

と焼けただれた顔を見せた!!!



79
O君はそこで気絶してしまった。
気が付くと祖母の部屋で、 氷嚢をあてられて、祖母に介抱されていた。
「きっとのぼせたんだよ」 と祖母は言ったが、
O君はあの恐ろしい顔を忘れない。
O君は数年後に知る事になるのだが、祖母の所有する年代物の日本人形は、
戦災で顔が焼けた状態で保管されているという。
貴方の家にあるいわくつきの物が、 後ろに現れたら、
それは自分を忘れないで欲しいという、
哀れな願いなのかも知れない。
ウシロニイルヨ 完


84
心霊写真
思い出のスナップ。
そこに写るはずのないものが写る事がある。心霊写真と呼ばれるものだ。
……ある所に、
女運ゼロの全くモテない男がいた。
彼が旅行に行った時の話だ。
同様にモテない友人達と、日光へ行き、
有名な滝で写真を撮った。
他にも数ヶ所観光地を廻り、
そこでも思い出の一枚をフィルムにおさめた。


85
旅行から帰り、
出来上がった写真を友人達と眺める。
が、そこには不気味な女が映っていた。
彼の後ろには必ずうつ向き加減の髪の長い女が映っていた。

「お前、モテモテだな」

などと、友人は茶化すが、
シャレになっていない。
不気味に思いながらも写真を持ち帰る…
部屋に帰り、改めて写真を見直す…

「何なんだよ、この女」
「……アタシだよ!」

びっくりして、後ろを振り向くと、写真の女が立っていた。

「何でいつも無視するの…、あなたは私の婚約者でしょう」
「はぁ、何ワケわからない事を言ってるんだ!出ていけ!警察を呼ぶぞ!」
「一緒に氏にましょう…」

包丁を取り出す女。


86
ジリジリとにじりよる女。

「コロしてやる。コロしてやる。コロしてやる。コロしてやる。コロシテヤル!!」

っきぃいいい…と奇声をあげながら、
包丁を振り回す女。
恐怖に固まり、
ついに彼は刺サツされてしまった。
不気味に微笑む女。
………いただきます

数年後。
連続サツ人鬼逮捕のニュースが報道された。
逮捕された女は、一人暮らしの男性ばかりをコロして、
鍋で煮つめ、 食して、生きていたとゆう。
精神鑑定の結果、 無罪となる可能性が高いと、
関係当局は調べを進めている。
知らない女とツーショットが撮れていた時は、ご注意を。…
心霊写真 完


87
ひきこさん
昔、ある女教師がいた。
婚期を逃した30代の、真面目な女性。
優しい一面もあった。
当時体罰が日常的に行われていた時代に、
生徒をかばう優しさがあり、
子供達からの人気を集めていた。
教師として充実した日々。
そんな中で、
彼女は最悪のクラスを受け持つ事になる。
校内の問題児達を、
一まとめにした特別学級。
そこで彼女は児童から酷いイジメを受け、
自サツしてしまった。
数ヶ月後…


88
特別学級の生徒が、
自サツした教師を見かけたという噂が流れ、
子供達の間で広まっていった。
真冬に夏服。白いワンピース、大きな袋。
噂と同時に、
神隠し事件が起った。被害者は特別学級の生徒。
毎日必ず、一人いなくなって行った。
一番、教師をイジメていた少年は恐怖に震え、
送り迎えをされながら、
学校へ通っていた。


89
ある日の下校途中。
少年は父親の車で迎えられ、 帰宅していた。
その日は雨が降っており、
車の視界も悪かった。橋に差し掛かった時、誰かが飛び出した。
ブレーキを踏むが、スリップして事故。
父親はガラスに頭を打ち付け、気絶した。
後ろに乗っていた少年は、シートの隙間に収まり無傷。
助けを呼ぼうと、 車から降りた。
前方に、あの女教師が立っていた。
薄笑いを浮かべて…。


90
教師は持っていた大きな袋を地面に置いた。
隙間から見えた中身に少年は戦慄した。
袋の中身は、
クラスメートの氏体だった…!
悲鳴をあげ、 逃げ出す少年。
不気味に笑いながら、追いかける教師。
すぐに追いつき、
少年の足首を持つと、軽々と逆さまにして、硬いアスファルトに叩きつけた。
絶命はしなかったが、致命傷だ。
そのまま、 ゴリッゴリッと道を引きずり出し、
橋の上を物凄い速さで往復した。
ボロ切れの様になった少年を、
新しい袋に入れ、 どこかへ消えてしまった。
今、彼女は何処をさまよっているのか。
何かを引きずる音が聞こえたら、彼女が近くにいるのかも知れない。
ひきこさん 完




引用: 有名な怖い話を更に怖くするスレ