異世界の祭り

遠距離の恋人に会いに、東京から神戸へと自動車を走らせたその帰り道。来た道をそのまま何百キロも戻るというのは退屈だからと、違う近道を通ることにしたのだが、地図にはない分かれ道で迷い込んでしまった報告者は、目についたある集落で仮眠をとることにして――(おうまがタイムズ)



879
当時、遠距離恋愛をしていた上、経済的にも苦しかった私は、
どうにかして安く神戸(私は東京です)に行く方法はないかと色々模索していて、
一度自動車で、高速道路を使わずに行ってみるかと思い立ちました。
これならガソリン代だけしかかからないだろうと。
道も特に何も考えなければ国道1号線をずっと南下すればいいだけなんですよね。

行く時は彼女に会いに行くわけですから、こっちも楽しみだし、
長距離のドライブでどんなことが起こるかな、という好奇心もあるからいいんですけど、問題は帰りでした。
来た道をそのまま何百キロも戻るというのは退屈なんですよね。
しかも国道1号線って静岡~名古屋、名古屋~京都と途中何もない退屈な箇所があるんですよ。

そんな時、コンビニの駐車場で少し休みがてら地図を見ていると、あれ?と思ったんです。
国道一号線が何かを回り込むように通っている。
道路地図じゃ分かりにくいんですが、多分山か何かをぐるっと迂回してるんでしょう。
しかし地図を見るとそのまま真っ直ぐその迂回している部分を突っ切る形で道があるらしい。


880
それで、その真っ直ぐ突っ切る形の、要するに近道を行ったわけです。
地図が荒っぽい地図だったせいか、
地図にはない分かれ道なんかがあって結局迷ってしまいました。
ガソリンも心もとない。
まだ昼間だったのでそれが救いでした。

何とかちょっとした町…といっても集落、みたいな感じなのですがそこへ着いた頃には夕方になっていて、お金もなかった私はとりあえずガソリンだけ入れて車中泊をすることにしました。
といっても朝まで寝るわけではなく、適当に仮眠を取って、起きたらすぐに出発しようと思ったのですが…。

眠っているとクルマの窓を誰かが叩きます。
起きると地元の方が怪訝そうに覗いていました。
無理もないですよね。観光地でもないのにヨソモノのクルマがずっと泊まっているわけですから。
とりあえず事情を説明すると、どこかちゃんとした所に泊まればいいのに、というようなことを言います。
そして国道一号線への出方も教えてくれました。
よくは覚えていませんが、実際はかなり国道一号線から外れていました。

ところが、そのおじさんは変なことを気にするのです。
それは、『いつここから出発するのか?』ということをかなりしつこく聞いてくるのです。
私は、少し疲れているので、適当に寝てから出るつもりです、と言ったのですが、このへんも物騒だし、早く大きな道に出た方がいいとか、暗くなって道が分からなくなっても大変だから、のような
ことばかりで、今考えれば要するに『早くどっかに行ってくれ』と言いたいようでした。


881
また、今私のクルマが向いている方向には何もなく行き止まりだから、
ここでUターンしなさい、ということもかなりしつこく言っていました。
その時は親切だなと思い、そのまま了解したのですが。。
そのオジサンはそのこのまま真っ直ぐ行っても行き止まりだよ、という方へと歩いて去っていきました。

眠気も覚めてしまったし、オジサンもあぁ言うのだから出発しようと思った私は一度ノビでもしようとクルマの外に出ました。
日は落ちていて真っ暗ですが、道の先を見るとぼぉっと明るい。
そっちはオジサンが行き止まりだから、と言った方です。

あれ?と思ってクルマに戻り、私はその『行き止まり』の方へ進んだのですが、そこは小学校のような建物で校庭でお祭が行われていました。
ちょうどお腹もすいたし、何かタコヤキ屋さんでも出てたらと思ったのですが、ヤグラを組んで提灯もブラ下がっていますが、 特に屋台やお店か出ているわけでもなく、ただ町中の人が集まっているだけの
お祭のように見えました。

太鼓の音も聞こえません。
何となく目をこらすと、お祭の参加者みんながこっちを見ています。
駐車場もないし、クルマで来る人なんかいないんでしょう。
かなりこっちに注目している様子なのです。
少し気まずいような、怖いような気分になって、そこでモタモタUターンするのもいやで、そのまま『行き止まり』の方へ向かったのですが、行き止まりではなく、
確かに時間はかかりましたがそのままほとんどまっすぐで国道一号線へと出られる道でした。
今でも思い出すと少し不思議な気分になります。

ヨソモノに知られてはいけない秘密のお祭だったのでしょうか。


889
>>879
そういう祭り、俺も見た事あります……かなり近所で体験しました。
T摩川の近辺をサイクリングしていた時の事。
F中競馬場とO国魂神社の間の竹林の中から、シャンシャン、トントンと祭り囃子が聴こえて来るのです。
行ってみると大きなお屋敷。
鬱蒼とした森の中に、倉とか藁葺き屋根の建物がいくつも建っています。
O国魂神社のお祭りの練習でもしているのだろうと思い、表札は『何々荘?』とよく読めなかったのですが
門が開いていたので、つい自転車を近くの木に立てかけて誘われるように入って行ってしまいました。
手入れの行き届いた石畳を抜けると中は広い広場になっていて、何十組の家族かと思われる人々がいました。
人々の中心にはハッピや浴衣を着た小中学生10~20人程がきつねやおかめのお面を被り、
大人達が演奏する鐘や太鼓の音に合わせて代わる代わる輪の中に入って整然と踊っています。
何かタイムスリップしたようで、もう、現代の光景とは思えません。


890
違和感があるのは、演奏も踊りもちょっとぎこちない感じがした所です。
同好会の練習という程上手くない…。
どうもかなり近しい身内の夏祭り本番という雰囲気で、来てはいけない場所だったのかなと気付きました。
一通り終ると大きな拍手がおこり、僕も我に帰ってそそくさと門の方に戻ると門が閉まっています。
ちょっと端を開けて外に出ると、あったはずの場所に自転車が見当たらないのです。
振り向くと、どこから現れたのか、待っていたかように箒を持った初老の門番が笑って立っています。
目が合うと笑顔のまま「勝手に入ってんじゃねーよ」と言われました。
えっ、ちょっやばかった?本職??
「あっ、自転車は…」
「捨てっちまうぞ!ごらぁ!!」と門番が指差す方向を見ると、遠くに放り投げてありました。
もう門番は笑っていません。
振り向きもせずその場を離れました。

F中は街中にまだ江戸時代の雰囲気も感じられる古い宿場町、
こんな事もさもありなんとペダルを漕ぎながら思ったしだいです。
いったいどういう祭りなのでしょうか。





引用: 一人旅で怖い目に遭った人