1
ねーぞ


3
なんで知ってるん


6
>>3
ふつうに考えればわかる



4
氏んだら終わり


10
ないとは言い切れないって言うのが現代科学の見解ですよ


14
>>10
こわいのか?



16
>>14
実際そうなんだって
人間の5感で感じられないことや高次元のことは何一つ認識できないから
そういう存在がないとは言い切れない


23
>>16
あほぬかせお前は氏んだら焼かれて炭になって終わり



30
>>23
根拠は?


11
無であるという証拠も無いから怖い


12
産まれる前に戻るだけ


18
輪廻転生だぞ


28
>>18
するわけねーだろお前は 無



19
真っ暗な暗闇に一人幽閉される説を推したい


20
意識がどこにあるかという問題に辿り着くな
氏ねば俺は先に答え知れるけど人類として一人の人間として答えを知るのはまだまだ先だろう


25
>>20
その問題なら氏ななくても実験できるじゃん


29
>>25
どうやって?


36
>>29
まぁ結局科学の進歩を頼ることになるけど氏ななくてもできるやつね

人間の脳を半分にしてもう半分が作られてるクローンに移植する
そうしたとき自我(魂)は二つになるのか、一つならどちらになるのか

みたいな話


52
>>36
つまり2つの人間の脳を合体ってこと?
それとも新品の人口脳と人間の脳を合体ってこと?
なるほど


59
>>52
一つの脳を半分に分けて二人のクローンに入れる感じ


72
>>59
仮に上手く行ってもクオリアの問題にぶち当たらない?
大人数がやれば問題ないかもしれないが
クオリア
簡単に言えば、クオリアとは「感じ」のことである。
「イチゴのあの赤い感じ」、「空のあの青々とした感じ」、「二日酔いで頭がズキズキ痛むあの感じ」、「面白い映画を見ている時のワクワクするあの感じ」といった、主観的に体験される様々な質のことである。https://ja.wikipedia.org/wiki/クオリア


赤色に見えていますね?

クオリアとは、あなたが感じたこの「赤さの感じ」のことである。
あなたの周りに人がいれば、その人にも尋ねてみよう。
当然、赤色に見えていると答えるはずである。

ではこの「赤さ」、あなたとその人とで同じものを感じているであろうか。
――確かめることは出来ないことに気づいただろう。

赤色の光をキャッチした眼は脳にそのような信号を送り、脳はそれを分析して赤色であると判断している。しかし、脳が受け取ったのは「赤色の光である」という信号であり、「赤さ」そのものではない。クオリアはこの意味であなたの心や意識の中にだけ現れる知覚現象であり、他人がそれを観察することが不可能な何かである。あなたに赤く見えているものが、私に「あなたにとっての青色」に見えているとしても気が付かない。

色や形、音、匂い、味、触った感触、痛み、動画が始まる前のワクワク、あの人を見ているドキドキ。このようなあらゆる「感じ」がクオリアである。ひいては「生きている」という実感全てとも言えるかもしれない。

クオリアが科学的に説明がつくものなのかどうかは未だにはっきりしていない上、そもそも科学で取り扱うべきかどうかにさえ争いがある。クオリアを広めた哲学者デイヴィッド・チャーマーズは、この問題を哲学と科学を横断する「意識のハードプロブレム」と呼んだ。
dic.nicovideo.jp/a/クオリア


80
>>72
別に感覚を伝える必要はないんじゃね?
同じ動きをするのかとか外からの観測で十分な気がする


90
>>80
確かに
無理だと決めつけてしまっていたのが恥ずかしい


83
>>59
それとも心理学脳科学が発達すれば人間間の意識の違いは判別できてクオリアも解決されるかな


84
>>83
おんなじ映像を見せるとかできそうだね


27
寝ている状態ってのも違うと思う
脳の全機能止まった状態って経験したことないからわかんね


34
俺はそんなの無い派だけどな
焼かれたら骨しか残らん


35
まあでも無限の可能性のある死後の世界の予想のうちの一つである天国と地獄の説や無の説の通りの可能性は限りなく0に近いな


38
無いってのも証明できないし
それでも無いと言い切るのは信仰


39
悪魔の証明だね


40
氏んだら消滅だと嫌だしあの世が有って欲しい
あくまでそれが本音だ
ところがある事にしてしまうのだよ


42

火の鳥

1<<よ、お前は氏ぬのです。

次に生まれ変わるのは、小さな虫けらです。
その次は、野に生える雑草に。
その次は、宙をただよう細菌に。

そして、もう二度と人間に生まれる事はないのです。


50
>>42
にんげんに生まれないとか最高かよもっと知能が高い宇宙人に生まれる可能性はあるわけだ



43
じゃあ言い方変えるわ


ない可能性のほうが高い



58
>>43
なんで高いってわかるんだ


64
>>58
頭いいから



67
>>64
そういうことを聞いてるんじゃなくてそのいい頭を使ってどう考えてその結論に至ったのか聞いてる


82
>>67
おれらただの分子じゃんなんでおれらにだけ氏ぬって概念があるのんだって疑問が生まれた
鉄にだってみずにだって寿命あるじゃんこいつらも天国いくのか?ってなるじゃんおかしいじゃん



85
意識ってただの電気信号なんだろ?じゃあ意識をもったアンドロイドには天国がまってるの?


86
>>82
言ってることはわかるけど死後の世界がない根拠にはならないと思うぞ


91
>>86
まぁ無いよ普通に



98
>>91
まあ根拠がなかったとしても信じることは別に非難されることではないからいいと思う
ただ他人に語るときには当然根拠を求められる


44
逆に生きてるから今が有ると思ってるのが勘違いの始まり


46
わかんないが正解


47
ないと思ってたけど
今は会いたい子がいるからあってほしいと思ってる


48
お前は忘れてるけどむしろあの世が本体でここは単なる修行場のようなもんだぞ


51
可能性の高さなんてそれこそ無意味だけどね


54
寝てる時と同じ。


55
氏ぬのではなく人間を辞めるということだと思っている


60
ごめん、氏んでからスレ立ててくれる?


66
だれか氏んで見てきてくれ


70
俺氏んだけどあったぞ


75
>>70
氏ぬなwww


76
氏んだら生前の記憶が消されてニューゲームだぞ
デジャヴは消された記憶の残滓で一種のバグ


77
おれも既に氏んでるけど無いよ


78
このスレ死者多すぎ
お祓いしといた


79
あるよ
全ては繋がってる
意味がある
無下にしたことはすべて繋がる
わかるわからないは仕方ない
信じる信じないは仕方ない
ただ
真実はある


87
人生輪廻論ってあるよね
氏んでも氏ぬ前と全く同じ人生を何回も何回も経験するって、


96
俺という自我は俺が身体的に氏んでしまえば、生きてる人間からすれば観測不可能だけど
俺自身は消えたと実感するのかな?それとも氏んだとわからず自我を保ちながら永遠を生き続けるのか?
後者ならめちゃくちゃ怖いんだが


99
>>96
氏んだ事も意図できず
脳が無いから当たり前っちゃ当たり前なんだが


100
>>96
なんか怖くなってきたもうこのはなしやめるわおまえらしね!



104
>>96
イデオンのラストみたいなのを想像しろ
少しは気が楽になるぞw


106
>>96
自我は保たれるけど記憶は失う
実はお前は既に何兆回も同じ人生を繰り返しているのかもしれない
そう考えれば別に怖くない


108
>>96
何にも感じないし脳がないから考えることも出来ないし感じることも出来ないから安心していいよ


110
肉体を失って記憶する媒体を失うわけだからそもそも個を維持できない
霧散してしまって終わりかこびり付いた思念がテープのように再生され続けるだけだな


111
>>110
なんかわかる


113
じゃあ氏んだら意識はどうなるの?


119
>>113
花火って消えたらどうなる?


114
量子力学に決定論は本当に適用されないのかな
もし何らかの工夫で適用されたら俺たちの考えや行動はすべて運命によって定められていることになって俺たちが自分の意識が行動させてると思っていても実は脳の処理の副産物として意識があるという順番の逆転が起こったりするのかな


121
>>114
そうなれば当然俺たちの意識は氏んだらプツリと切れる
まあ根拠はないけど


123
>>114
人間の考えって受動的なものだよな
そもそも取り入れた刺激を脳が伝達しているだけであって俺たちが選択しているわけではない 無意識とかあるしな

自発的ではなく全て環境による偶然なら犯罪という概念がなくなる


127
>>123
やっぱ脳が法則に従う限りは受動的なものになるよね
ただ量子力学の不確定性があっても自分で選択してるとは思えない
やっぱこの世が神のシミュレーションではないかと思えてくる


129
>>127
例えば歩く時になぜ右足から出したのかとかなぜそこに置いたのかとか体が主体になって動いてることって多いからね


135
>>129
無意識ってのが本当は意識の範囲内なのか否か
やっぱ外界から選択を受けただの関数のように結果を返すことになるね


115
意識が消えたらってそれ寝るときと同じやん家


118
>>115
寝るときは脳が動いてるから同じではないかもしれない


122
ここまで誰も明確な根拠なし。氏ぬときにわかるよ


126
まあ 根拠なんてあったらそれが正解だろ


128
色即是空の考え方だねそれは


130
じゃあ人間の意識や意志はどう説明出来るんだよ


131
>>130
どういうこと?


136
>>131
生きてる人間には意識も自我もあるだろ
なんのためにあるのか科学的に証明してみてよ


143
>>136
何のためでもなくただあるだけかもしれないしそうじゃないかもしれない
つまり自我や意識が俺たちの体を動かしているわけじゃなくて脳がどう動くか予め決まっていて俺たちが自分で体を動かしていると勘違いしているだけかもしれないしそうじゃないかもしれない


149
>>143
まあ50-50なんだよな


153
>>149
そうだね
俺は素人だからどちらかに重さを与えられない


132
腸が第二の脳っていう話を聞いたことがある


137
>>132
もしかしたら腸にも意識があるかもしれないな
脳科学の範疇となるかわからないが


133
仮にラプラスの悪魔みたいにこの世の全てを演算できるコンピューターがあったとして
その結果を見た人間って未来変えられるよね

ラプラスの悪魔
主に物理学の分野であらゆる状態を完全に把握し、完璧に解析する能力をもった仮想的な知的存在の概念。
https://dic.pixiv.net/a/ラプラスの悪魔


147
>>133
それともラプラスの悪魔は自分自身が誰かに利用される予定であることを知っていて利用した者はラプラスの予想の範囲を出られないかもしれない


140
>>133
ラプラスの悪魔を利用することを知っていたラプラスの悪魔がいるかもしれない
誰かがラプラスの悪魔を利用し始めれば連鎖的に終わりなく続いていくね


145
>>140
利用するって演算結果をラプラスの悪魔が出してると人間が知ったなら利用しない
つまり完全に一意に定まる演算結果なんて出ない
多分場合分けで決まるんだろう


134
無になれるなんて考えが甘い


139
有る無いではなくあったら楽しいだろボケが


141
今のところ50-50


144
失神したことあるやつやったら分かると思うが無やぞ


146
寝てるのきと同じ無っていうけど
そしたら今こうして自我に目覚めてる事の証明にならない


148
宇宙人は居るのかと同じくらい未知のもの


151
命の数に限りがあるなら今命じゃない意識はどうなってるんだろう
なんて言えば伝わるのかわからんが
こうやって意識がある生き物の数は有限なわけで生きてないってどんな感じなのか


155
>>151
哲学的ゾンビかな?
他者だけじゃなく哺乳類にも節足動物にもロボットにも岩にも水にも意識があるのか
線引きするならロボットと岩の間っぽいが


152
神とかあの世とかの概念は世界中どこにでも昔から存在する
文明と離れた暮らしをしてるアマゾンの先住民ですらその概念を持っている
これらは理屈でなく本能として人間に備わっているのではないか
むしろ人間よりも本能で生きている犬や猫の方が神やあの世を知っているのかもしれない


160
他のどの国にも幽霊やあの世が昔からある概念てのが凄いよな


163
やっと人生が終わったと思ったらまたあの世での生活とか勘弁してくれよ


164
あると考えたほうが楽しいし夢があるけど実際は無いだろうな
PCが壊れて再起しなくなるのと一緒
本人的には永遠に夢を見ないで眠り続けるみたいな感じか


165
本人的には「永遠に夢を見ないで眠り続ける」のだとした
本人的には永遠に生き続けることになるんだろうな


166
むしろココがあの世かもしれなひ


167
この世がどこからどう誕生したのか解明してないので、人間が氏んだ後意識がどうなるかも分からない


169
意識は存在し続ける
氏ぬ瞬間を何度も何度も繰り返す
終わりは来ない


170
地獄からまた地獄に行きたくないです


171
生まれてくる前と同じ状態になるだけだぞ
怖くも苦しくもない



引用: 死んだらあの世があると思ってる頭お花畑wwwwwwwwwwww