「未来新聞」

831 2017/12/18(月) 21:51:37
これは小学生の時の話なんだが、ある日俺はふと新聞を読んだんだ。
いつもはあまり読まない、読んで週に一回くらいだったんだが、なぜか新聞を読みたいと思って読んでみた。

すると俺はとある記事に目がいった。

それは社会面あたりのごく小さな欄の記事で、数センチ四方のカラー写真が掲載されたものだった。
その記事は別に大したことは書いていない、むしろ読み飛ばすのが普通、というような内容だったんだが、俺はなぜかそれに興味を持った。
そのときはそれだけで終わったんだが、数時間後、その事を思い出してその記事の内容などを親に伝えてみた。
大した内容のものではないのに親はそれに興味を示して(子供に気を使って興味を持ったふりをしたのかはわからないが)その記事を見ると言った。
しかし、親がその日の新聞をいくら探してもその記事は見つからない。


832
(続き)
念のためと数日前の新聞まで探したのだがそれらのどこにもそのような記事は載っていなかった。
その日はただの勘違いということですんだのだが、次の日にって、親が新聞を読んでいたときのことだ。
親が社会面の中の何やらに面白そうなものを見つけたのか、俺にある記事を見せてきた。


そこには、俺が前日に親に話したのと同じ内容の記事があった。
実際には欄の形や大きさ、見出しや細かな内容も少しは違っていて、写真も白黒でアングルも別のものだったのだが、だいたいは、むしろほとんど同じようなことが書いてあった。
そのころ俺はネットを使っていなかったのでネットニュースでそれを見たということもないだろう。
そのときは俺も親も「不思議なことが起こったなあ」で済ませていたんだが、俺は妙にそれが心に残り、今も覚えている。



833
>>832
記事の内容は覚えてないの?


835
>>833 どっかのブランド米の販売が開始された、みたいな記事だったと思う


836
追記、ブランド名は「天空米」
南魚沼の辺りで生産されてるらしい。
特徴はスキーのリフトに吊るして乾燥かなんかをさせること。
記事に載ってたのはこの米がリフトに吊るされてある写真だった。
写真の記憶をたどって今ググった。



「車いすの二人組」

819 2017/12/17(日) 09:31:10
出張したときのこと
宿泊先のホテルにインして同僚と晩飯を食おうとなった。
どこに行けばいいか分からず、隣の高層ビルの最上階レストランに行こうとなった。
高層階用エレベーターで最上階に着いてみると、前に車いすの老婆と押してる中年女性が前方にいた。
そして目当てのレストランに入って行ったので、ああ先に行かれたかと思ってレストランの前まで来てみたら「本日貸切」の案内。
てっきり、車いすの二人組は貸切メンバーだと思った。
なあんだとなり、でも行く当てがないので宿泊先ホテル内のレストランで済ませることに。
それで食事をしてたんだけど、自分たちのテーブルの横をさっきの車いす2人組が通り過ぎて店から出て行った。
その時は会話と食事に気がいっていたので気に留めていなかった(後で考えればおかしいが)
そこの食事はイマイチだった。だから、飲みなおそうとホテルの外に出た。
けど、相変わらず行く当てがないので近所のコンビニで酒とつまみを買って部屋で飲もうとなった。
ホテルから最寄りのコンビニではなく、既に外をうろついていたので目に入ったコンビニで済ませた。
コンビニで買い物を済ませて、ホテルへの帰り道横断歩道を渡ろうとしたときギョッとなった。
先ほどから見かけている車いすの二人組が向こうからやってきたから。
すれ違ってから「何で?」とちょっと焦った。
1回目は隣の高層ビルの貸切中だった最上階レストラン前。
2回目は宿泊先のホテル内レストラン。
そして今はホテルの外、少し離れた場所。
全く違う場所で、なぜこうも出会うのか怖くなった。
以上、俺の体験した不思議な出来事。


「死者からの着信」

826 2017/12/18(月) 01:18:57
初のカキコミなので、不都合あったらすみません。

うつになって、薬を使っても合うものと出会えず、毎日毎日布団の中で死のう、どこで、どのようにして、と考えていた頃。
私のiPhoneに、私の家から電話が来たんです。
と、言いますのは、一階の家電(子機は壊れていて捨てた)から、二階で寝ていた私に着信があったんです。

2016年2月7日、3:48。
何でだ? 自分で寝ぼけて下から掛けた?
…と、実家の母に話したら、母は「ええっ…」と言ったきり絶句。
2月7日は、母の父である、祖父の亡くなった日だったんです。

「頑張って生きるんだよ」とお爺ちゃんが電話してくれたのだと信じて、スクショをお守りにしています。
それからのち、うつ病ではなくいわゆる躁うつだとわかり、薬でかなりよくなってきました。
お爺ちゃんにお礼がてら、書き込みしました。


829
>>826
いい話をありがとう
お爺ちゃんが見守ってくれているのかもね







引用: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104