1 2018/01/08(月)
2018.01.08
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54004



20万種類はゆうに超えると言われる日本の名字。なかには、珍しい名字の家に生まれたばっかりに、思わぬ苦労をしている人たちもいる。ああ、「鈴木」や「佐藤」だったらもうちょっと楽だったのに――。

■ハゲじゃなくてカムロです

「全国的に見てもきわめて稀な名字で、彼の親類しかいないはずです」

『全国名字大辞典』ほか多数の著書があり、名字研究の第一人者として知られる森岡浩氏が、「珍しい名字」の筆頭としてあげるのが、プロ野球・横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香(つつごう)嘉智選手だ。

「ルーツは和歌山県の高野山の奥、奈良県との県境付近にある地名です。江戸時代には上筒香村・中筒香村・下筒香村の3つにわかれ、現在もそれぞれ伊都郡高野町の大字として残っています。
名字というのは、もともと家と家を区別するためにつけられたものなので、地名をルーツとするものが多いのです」

ちなみに、筒香の出身地は高野町の隣の橋本市だ。

他にも、日本テレビの人気女子アナウンサー、「ミトちゃん」こと水卜(みうら)麻美アナウンサーの名字も極めて珍しい。

水卜の「卜」はカタカナの「ト」ではなく漢字の「ぼく」。「占う」という意味だ。水占は古代から行われていた水を使った占いの一種で、それを行っていた寺院などの場所に由来する名字だという。

このように、日本全国には、思わず「え?これなんて読むの」と尋ねたくなるような名字が山ほどある。

「小さいころは、ハゲ!ハゲ!とからかわれて、何度か喧嘩もしました。そんな失礼なことを言うのは本当に一部のイジメっ子だけでしたけど、アイツらの顔は一生忘れませんよ」

苦々しげな声で語るのは、九州地方に住む禿(かむろ)さん(男性)だ。

子供時代の苦い経験を乗り越えた禿さんだが、大人になるとまた別の苦労が待っていた。

「役所などで名前を伝えるとき『かむろ』では通じないと思い、仕方なく『ハゲと書いてかむろと読みます』と言うんです。

でも『禿』という漢字自体を普段使わないから、向こうの人が書けないんです。電話口でも名字の説明が大変なので、あるときから面倒になり、『カタカナでカムロで良いです』と伝えています」

(略)

なぜ、これほどまでに多彩な名字があるのか。

「その昔は、自分で好きに名字をつけることができたのが要因です。いまでこそ『姓』と『名字』という言葉はいっしょくたに使われていますが、元は別のものでした。

姓は天皇から賜り、勝手に変えられないものだったのに対し、名字はめいめいが自由に名乗れるものだったので、数が無数に増えた。これに対し、韓国や中国には『姓』しか存在しないので種類が少ないというわけです」(前出・森岡氏)

それぞれが住んでいる土地柄や職業などをもとに、個性的な名前を探していったのだろう。

(略)

8
「目」と書いて、「さっか」さんはいたな
歴史の教科書で「さかん」なら読んだことあるが、「さっか」はわからんかった


19
これまでに遭遇してびっくりした名字
狼、山姥、義経、九十九、一二三、金剛、鴉、三日月、花神、隠居、知識、銅銀、火神


22
まあ読み聞いただけじゃピンとこないからいいな
病院とかででカムロさーんなんて聞いても変わった名前だなとしか思わんし


30
幸福さんは見たことあるな
大阪の河内あたりで


34
世に存在しない苗字を新しく起こすことは可能なの?
ラインハルトとか


37
予備校の講師にいたわ、禿先生
高校の先生が本人に「えーと、ハゲとお読みするんですか?」って尋ねて苦笑いされてた
確かにハゲていたな


39
珍苗字の人は揶揄われて嫌な思い出もあるかもしれないが
誇りをもって、珍苗字を守って欲しい




40
大半は明治に突然名字義務付けられたんだから地名由来ばかりになるのは当たり前だろう


46
嫁の実家が金持って名字
言うまでもないが、生活レベルは中の中。


47
九州のB落には馬糞や牛糞なんて名字もあった。


61
>>47
嘘乙

「牛糞氏」は薩摩の牛屎院(うしくそいん)という所がその出自で、「薩摩守・平信盛」が保元の乱の軍功により薩摩郡牛糞院を賜った。
下って、南北朝時代には南朝方に「牛糞越前守」が、北朝方には「牛糞刑部権守」(ぎょうぶごんのかみ)の名前が太平記に記されている。


100
>>47
「牛糞」は、昔はれっきとした苗字のひとつで「牛糞一族」の由来もはっきりしている。

史料によれば・・・、「牛糞氏」は薩摩の牛屎院(うしくそいん)という所がその出自で、「薩摩守・平信盛」が保元の乱の軍功により薩摩郡牛糞院を賜った。
下って、南北朝時代には南朝方に「牛糞越前守」が、北朝方には「牛糞刑部権守」(ぎょうぶごんのかみ)の名前が太平記に記されている。

もっとも、戦後の新民法では、変な姓は家庭裁判所で改姓できるようになったから、牛糞(うくそ)などという苗字の人はさっさと変えてしまったらしくて、現在はほとんど聞いた事がない。

その子孫は現在は「牛久」さんとか、何とか改名してしまったようで、この姓は現在は存在しない。
社会生活上、そのままでは、やはりちょっと具合が悪いのではなかろうか。。 でも、この位ならまだしも、もっとひどいのもある。

 
首(おびと) 生首(なまくび) 墓下(はかのした) 百目鬼(どめき) 釈迦牟仏(にくるべ)冥土(めいど)まことに不気味でこわい苗字である。


スレタイのカムロは他に禿(いなつけ)さんと呼ぶこともある、その他、歯黒(はぐろ)さん、毛穴(けあな)さんや鼻毛(はなげ)さんなどの変わった名字もある。


48
「フケ、いやいやーん」とかからかわれてる小学生を見たことが有るが。
本人には何の落ち度もないよな。


50
浮気と書いてうき、ってサッカー選手いたような


62
>>50
浮氣哲郎だな
知らぬ間に富山の監督してて驚いた


55
罇とか槲さんが近所にいるけど初見じゃ絶対読めんわ


59
そうそう、禿頭というと本来おかっぱ頭の子供が思い浮かぶはずなのに
なんで毛が全然ないハゲが禿という字になってるんだろう?とは思ってた


68
薬袋って苗字の人知ってるけど、この名字もわりとあるのかなw


69
満足さんには会ったことがある


79
カムロって遊郭の子供のほうが語源だと思ってたけど、もっとおおもとの意味があったのか


86
美底(びてい)さんって見たことある
沖縄の名字らしい
美しい底って


93
会社に「福寿」さんて人いた。

特別珍しくもないかもしれんが、羨ましかった。
中国行ったら特に羨ましがられるだろうな。


96
知り合いに手足って名字の奴が居る
読み方もそのまま「てあし」


108
アニメではよく登場する小鳥遊(たかなし)って姓
リアル世界にも存在するの?


109
同級生で『全国の同じ名字の人が全て親類』って子がいたわ。
ありふれた名字の俺から言えば、羨ましいような羨ましくないような。


111
うちの祖母の結婚する前の苗字が竹渕
祖父は平凡な名前だから
竹渕の方がかっこいいし、少数派だし、竹渕の方が良かったなw


112
百千万億は幽霊苗字じゃないのか


142
おれも珍名だが、幸い漢字は簡単だ
ところが人に正しく描かれた試がない
むかし会社で名刺を作ってもらうと必ず作り直しになってた


124
六カ所さんっていたけど、何カ所あるか気になる
一カ所さん、二カ所さんとかいるのかな


144
>>124
福岡の同級生にに四ケ所(しかしょ)さんがいた


128
加室さんになら会ったことあるな、これでも結構珍しいと思うけど


134
同じ字で読み方が複数あるのも困る
うちの会社には東海林と書いて「しょうじ」さんと「とうかいばやし」さんと「とうかいりん」さんがいる
あと神谷も「かみや」さんと「こうや」さんと「かみたに」さんがいる


155
>>134
分かるわ
新垣とか、新山もね
未だに新垣結衣と新山ちはるの読み方で戸惑う
毎回「どっちだっけ?」って


145
知り合いに万引さんいたな


146
逆にそんな希少な苗字憧れるわ


162
高校のクラスメイトにいた大エさん
エはカタカナなので「おおえ」さんなのだが
初対面の人からは100%だいくさんと呼ばれる






引用: 【話題】「ハゲじゃなくて禿(カムロ)です」 正月さん、百千万億さん、浮気さん…「スゴい名字」の家に生まれて