1
みんな見えると思ってたらそうでもなかったらしい
ご飯とか色々あるからレスは遅いけどまったり答えたいです


4
鏡見るとカッパが映ってるとかそんな感じ?


5
妖怪ってどんなん?


6
>>4
それは経験ないけど
ばあちゃんの家にある古い手鏡には
いつも自分は映らなくて優しそうな女の人が映る。
でも他の人に渡すと「普通に映るじゃん」って言われる
>>5
人間ぽくはないかな、未だに明確な違いは分んないけど




7
京都行った事ある?


8
それって妖怪なのか?
一般的に言われてる霊的なものじゃなくて?


10
>>7
修学旅行で
.>>8
もしかしたら霊なのかもしれないけど
あまり明確な違いがわかんない。
始めて喋った妖怪?が俺は神様なんだぞって言ってたから
正直神との違いも分んない。

ちなみにその自称神をバカにしたら1時間位帰してもらえなかったのがトラウマ


9
日本語で話するの?


11
>>9
うーん日本語なのかな?
自分にはそう聞こえるけど、もしかしたら感覚なのかも
そう話してるんじゃないだろうか、とか


12
なんかお告げ的なものとかあったりする?


13
>>12
修学旅行行く前に止められた事が有る
「雨が降るぞ」って、本当に降ったけど、その位だな。
ちなみにさっき話した自称神は「何か困った事あれば言いなさい」とも言ってた
だから受験の前日、問題教えてと言ったら困った顔をしていた気がする

人間が本当に知りたい事はめったに教えてくれないらしいよ


14
間違いない
統合失調症です


15
>>14
いやwだから違うってw
母親にも心配されて中学生の時いったけど
精神的な問題はなかったはず


20
自称神って1人だけ?


22
>>20
一人では無かったよ
ただその自称神は未だに祖母の家に行くと来るから
印象が強いだけ、それにその神に一度帰して貰えなかった以来
自分は神と言いだす奴には近寄らない様にしてる


21
本で読む妖怪とかはやっぱり違うんだよな
でも、親戚のお姉さんがアレは妖怪だよと小さい俺に言ってたんだよな
うーん、やっぱり重要ないんだろうかw


25
ニュータイプやん


26
>>25
ガンダム見た事ない・・・


27
妖怪って触れるの?


28
>>27
自分から触った事はないから分んないな
相手から触られた事は何度かある


34
返してもらえないって金縛りとかにされたの?
それともただ話が長かっただけ?


35
>>34
話も長かったけど逃げようとしたら
神社から出れなくなった
鳥居に向かって走ってるのにどんどん遠のく


38
>>35
神社で神に会うってなんかすごいね
そこの神社御利益ありそうwww


39
出られなかっただけで他には何かされなかったの?
話の内容的にはどんな感じ?
田舎に帰ると家に訪ねてくるって親戚みたいだなw


41
>>38
個人的には信じてない
何も教えてくれないしな
>>39
ごめんなさいって言ったら出してくれた
怒ってたから、何言ってるかわかんないけど
人間がどうのこうのって話だった


44
>>41
たぶんだけど、ほんとに困ったときには助けてくれるんじゃない?
受験なんか自力で頑張るものだし、教えてくれないのも仕方ない気がするけど

>>1は何歳なの?


47
>>44
どうなんだろうな?
でも多分結局頼んだりはしないと思う

自分は19歳の大学生です


59
>>47
まぁ、変に借りとか作るとなにさせられるかわかんないしねwww
一回日本中の神社巡りしてみたら?www


52
播磨陰陽師の人のブログ読んでみたら?
この人も子供の頃から見たり所謂神隠しにあったりしてるそうな


53
>>52
後で読むわ。
神隠しなのかは解らないけど違う神社で鍵の掛ったお堂で
見つかった事あったわ、全然覚えてないのなアレはなんだったのか
未だに分んない


63
見え方ってぱっと見は普通の人や動物や風景と同じなの?
要するに姿形が普通なら一見見分けがつかないみたな
それともオーラが出てるとか明らかにこの世のものじゃない感じなの?


68
>>63
見分けは何となく付くかな
普通に女の人だって思って声掛けた事も小さい頃はあったけど
今はああ、これ違うなっていうのがなんとなくわかる


67
他の人のも見えるんだよね?俺は見えないから1日の生活でどんな感じで大体何体ぐらい見えるか聞きたいです


69
>>67
他の人と言うのは?
その人について居るもの?それなら俺には見えないよ
幽霊的なものは見た事無い。
田舎に帰れば沢山見るけど、普段は2人位しか合わない


77
>>69
背後霊みたいな奴と何か勘違いしてた・・スマソ
もっと今までみた具体的な姿形をききたいな
今のところやっぱり妖怪じゃなく幽霊っぽいし


70
俺も鬼太郎に出てくるオッサンの顔の周りに火が付いた歯車みたいなやつは小さい頃に見たわ


72
>>70
ほう、それは見てみたい
俺はテレビとか本とかで見た妖怪は見えた事ないんだよ


73
見えてる妖怪達に名前ってあるの?
っていうのも、息子が一歳くらいのとき、部屋を見上げて微笑みながら
「いーちゃん」
って言ったことあって、もしかしたらお仲間?かなって


89
妖怪とか普通にいてもおかしくないんじゃないかな
まあ自分は妖怪リモコン隠しにしかあったことないけどね


94
他になんか面白い話ないのー?


99
>>94
他か、うーん
閉じ込められた時は大体その妖怪にしか会えないんだけど
一度だけ鏡の中の女の人に会った事があって
その人について行ったら、家の蔵についてた事があった
中からは閉められない様になってたのに鍵が閉まってって
余計に大変な事になったけど



101
>>99
閉じ込める?
よくわからないけれど、先方にしても見える人間は珍しい⇒貴重な人間⇒手元に置いて置こう⇒憑依⇒ヤンデレ化みたいな感じ?


102
>>101
神隠しみたいな感じになるのかな、多分。
親とかすごい心配する。

ヤンデレではないかな、人間が一人消えたら大変なんだよって説明したら
帰してくれるし、うーん妖怪の考えは分んないけど
自分が見えるのがうれしいってのは有る見たいだね


103
>>102
隠れた先は何処に行くの?迷い家とか幻○郷みたいな、決まった行き先はあるの?

ヤンデレというよりも気に入られて、変な言い方だけどお持ち帰りされるって感じか?
妖怪が人間を好く?っていうのも結構、イメージから外れるよね。


104
>>103
俺は大抵神社だから
その神社を彷徨う。そんで其処には閉じ込めた相手しかいないから
そいつを探して話すみたいな感じ。
でも記憶がとぶときもあるから、その時はどうやって帰ってきたのかわかんない

嫌いなのか好きなのかまでは解らん
面白いとしかいわれない


105
>>104
神社か。
そこについて、先方と話して返してくれというと、送り返してくれるというわけか。
先方にしてみたら人間を好いているというよりも、子供が珍しい昆虫を見つけて虫かごで家に連れて帰っているようなものなのかな。
なんか二次元作品に出てきそうなイメージが頭の中でできあがっているんだけど、そんな感じでおk?


106
>>105
正直妖怪の事は分んないからなんともいえんけどね
ただ帰してくださいとか、ごめんないさいとかはいわなきゃダメみたい
1日会えない時も有るし、よくわかんない


107
>>106
今までにどんな妖怪(河童とか天狗とか)に会ったの?確定じゃなくてたぶん~~だろうなって程度でもいい。
あとこれまでにじっくり話し込んだりした相手はいたの?


108
>>107
そういう有名な妖怪って言うのは正直みたことないんだよな
それに詳しい訳じゃないし
じっくり話し込んだのは自称神とか
鏡の女の人くらい


109
>>108
勝手な想像だけど、鴉天狗とか白沢とか鬼とかさとり、有名どころの大妖怪の類は人生経験豊富、人間は見飽きてるし悪いところもしっているから敢えて人間と交わらないんじゃないかな。
で、わざわざ人間と交わりに来るのはまだ若い新米、世間知らずな妖怪なのかなと。


117
>>109
どうなんだろうね、今度実家へ帰ったら聞いてみるよ


97
自分も見てみたいけれど、見ちゃったら二次元のイメージが崩れ去りそうで怖いな。
日本の妖怪=どっちかというと愉快で可愛い連中ってイメージあるし。


112
ラフカディオ=ハーン(小泉八雲)は、子どもの頃“妖精”が見えていて、そいつらと話したりびびらされたりしていた。
(ただ、“妖精”よりもっと恐かったのが、育ての親で厳格なキリスト教徒の叔母。ハーンが“妖精”の話をする度に、「この子はけしからん!」「悪魔に取りつかれた!」とぶん殴る)

彼が日本に来て感動したのは、“妖精”があちこちの神殿=神社や祠で祭られていたり、様々な話が人々の間に伝わっていたこと。
それで「雪女」とか、ああいう伝奇的作品(嫁から聞いた昔話)を書いた。


113
まあ、見える人には見えるからしょうがない。
俺は幽霊とかは全然見えないが、時々人の背中に「文字=その人の内心の声」が見える(具体的に見えるわけではなく、あたかも背中になにか文字が書いてあるように感じる)。


114
それから、小さい子どもの頃は皮膚で光を感じることが出来た。
目隠しして分厚い布団の中に入り手だけ出し、電気を点けたり消したりしてもらうんだが、それがわかった。

まあ、>>1が脳なり視覚神経に、なんらかの“通常人と違う作用機序”を持っていたとしても、それが日常生活になんら悪影響を及ぼさなければ、別に“病気”とは言えない。
むしろ経験出来ることが多くていいわけで。


115
>>114
少し前に、人間が手のひらで色を識別できるとかTVでやってた。暖色と寒色程度だったけど、科学的に立証されたとかなんとか。
光もそれに通じるのか。大なり小なり人間に備わってるものなのかもわからんね。


120
蒸し海老みたいな美味しそうな妖怪いる?


121
>>120
それは分んないけど
栗みたいなのは見た事あるぞ


126
妖怪ってどれくらいいるの?
神社とか古物にしか見えない?


128
>>126
いや、普通に町にも見えるよ
大抵嫌そうな顔してるけどな町にいるやつは


134
都会じゃないけど、妖怪が身近にいると嬉しいよな、気を悪くさせてないか心配なような。
第六感とかもさっぱりないから、勘の強い人がうらやましい


136
こう言うのいいなってたまに思うけど>>1は苦労してそう

周りの理解的に
あり得ないけど、事象として自分は体験してる
ヒトとは違う貴重な体験だと思う。

子供の頃は少し感じる程度で歳食ってからは何にも感じないわw


141
病気なのかマジなのかはわからんが
他人とは違う何かに直面してるのは確か


142
いいじゃねーかよ
別に生活に支障ないんだから

お前ら病気病気うっせーよ


143
病気だとか言われ慣れてるけど
でも、病院にいっても異常はないし、見えてるのが現実で
俺にとっては見えない事が異常に見えるけど
見えない人には見える事が異常なんだろうし、解って貰えるとは思ってないですw

だから俺の話は空想とかそういう世界だと思ってもらっても構わない。
実際有ったら、見せる方法もあるけど、ネットだとどうにもできないから


144
いろいろ聞きたい。
1.妖怪って動く?
2.妖怪の容姿って?
3.複数でいる?
4.触ることは可能?
5.妖怪は人が触れるものを持つ事ができる?
6.言葉は通じる?
  妖怪にあったら言いたい事「これこれ妖怪何かようかい?」と聞いたことがあります?

個人的に可聴範囲や臭いの範囲などと同様、目も視聴範囲があり、
その範囲が広いと妖怪なるものが見えるのかも知れない。
普通の人は遠赤外線や紫外線は視聴範囲外であるが、そういうものが見える人もいるかもしれない。
暗黒物質の存在は理論的にわかっても、科学的に存在を認識できていない。そういうものは他にもあるかも。

などと、興味津々


157
>>144
1:動く
2:色々だから、コレっていうものはない
3:たまに
4:触ろうと思った事がないけど、触られた事はある
5:お供え物みたいのは持ててた(実物は置いたままで手元に同じものが見えた)
6:有る程度は、ただ人間の常識は分んないみたい


154
素直にうらやましい、めちゃくちゃうらやましい
妖怪とか八百万の神々とかすげー興味あるし、信じてる
会いたいって心底思うけど無理なんだろうな…
>>1みたいな友達ほしかった

もし今度妖怪と話す機会があったら、天狗について聞いてみてほしい
普段何して過ごしてるのか、どんなこと考えてるのかとか


162
どうもはっきりしないなー
見てるの妖怪じゃなくて霊の類いなのでは


168
そういえば今日は神社の中で男の子に会った。
セミの声がすごくて喋る事は出来なかったんだけど
追いかけっこみたいのをさせられて気付いたら19時だった
ずっと明るかったんだけどな、変な感じだった。
けどまぁ、妖怪かどうかはいまいち分んないけどな


169
マジで日常的なんだな
>>1自身が山籠りとかしたら、昇華して何かになれそうだなw


170
>>169
うーんどうなんだろうな
払う?っていうかどっかに行けみたいな事は出来ないから
多分無理だと思うけど


171
>>170
いや、どっちかというと彼らと同じ世界の住人になる可能性もあんのかなと
山伏とか修験者がのめりこみすぎて天狗になることもあるって読んだからww


172
>>171
へぇ、そうなんだ
でももしかしたらと思ったのは
母方の実家が神社だからなのかもしれないなぁと思った
だから見えてるだけかも
神社が多いのもそのせいなのかな?って


177
>>172
それは大いに関係あるんじゃないか
生まれる前から彼らの世界と縁が深いんだろう
先祖にも見える人、関われる人がいたかもね

病気だと言う人にはおかしいと思われるかもしれないけど、
やっぱりうらやましいぞくそおおおおお


179
>>177
そこまで言われると見せたくなるわw
でも神社って言ってもそんなすごい神社じゃないし
わかんないよな


178
見える人には見えるんだろうね。
いとこが幼い頃霊感持ちだった。今はその子が霊感持ち。

妖怪とのエピソード教えてよ。
見えない私からしたら、うらやましいんだよなあ。
そのカホスィ。


181
>>178
感受性がどうのこうのって言うのをよく聞くよね

面白いエピソードかぁ、うーん。
ずっと遊んでた子が妖怪だったとかは割とざらだな
幽霊とかではなかった、まぁ自称だからよくわからんけど


180
あー、>>1さん。
変な事聞くようだが、神様を信じるかい?
俺は信じてる宗教は無いが、信じてる神様はいる。


182
>>180
信じるっていうのは、よく解らんな
でも居るって言うのは思うよ、自称神もいるしな


188
お祓いっていうのはそこに居すわってる物をちょっと隣に移動して下さいってお願いしてのいてもらうことなんだって
仏教の人が「悪霊退散」みたいに無理やりどうにかしようとするのは効率悪くてダメな方法らしい
もっと昔から伝わってる手順と方法が良いと

そこに居ると害があるものでも、隣の人にとっては全然害じゃない場合が多いので
不法投棄みたいにはならないそうだ

1も昔からの作法習えば物の気との交渉人になれるのでは
やりたいかどうかは別として知ってるに越したことはなさそう


226
そういえば、子供のころに家の仏壇のある部屋で水木しげるの書いた海坊主みたいな奴がゆっくりと部屋を横切るのを見たことがあるな。
しかも、真昼間に。
他の人もその場に居たけど気が付いていなかったみたいだった。
怖かったから、知らんぷりしてたらそのままいなくなったけどね。
アレは何だったのか、未だに謎だな。


235
20を過ぎるまでに見なかったら死ぬまでみない
女装をさせて妖怪から子供を守る
妖怪が見えたら見えないふりをするのがいい

この3点しか知らない


237
>>235
二十歳過ぎてからもいきなり見るよ
何人も会ったのでガチです
内一人は自分の叔母、一人は現役の宮司さん
宮司さんの方は神様や仏様も見えるし、無料で神がかりや霊視もやってるよ
それまで極普通の社会人だったのがいきなり見えるようになったので、やっぱり最初は親族に隔離型の精神病棟に閉じ込められそうになったって
妖怪は言ってなかったな






引用: 小さい頃から妖怪を見るけど質問ある?