313
最近の事だけど、元同期の部署に変わった(と言うか嫌みな)上司がいた。
同期はしょっちゅうありもしないミスを責められ怒鳴られていたが、
周りからパワハラだと指摘されると
今度はその同期にだけ聞こえる程度に嫌がらせをし始めた
小声で「早く辞めちまえ」「目障りなんだよ」「まだ生きてるのか」等々

同期は会社を辞め、上司は満足そうに
「出来ないヤツがいなくなって仕事が捗るな」と笑っていた。
辞めた後も精神的に病んだ同期は、神社の裏手で自サツした。
しかしなぜか手には油揚げが握られていた。




314
私は葬儀でこんなにまで追い込まれていた同期に号泣しながら謝った。
申し訳なくて無力感から涙しか出なかった、自分が恥ずかしかった。
そして火葬場に行く直前に、おじいさんを見た。
緑色のハンチングを被ったおじいさん。
下はなぜか甚平みたいな服だった。
おじいさんはちょっとだけ私に笑いかけて「いいんだよ」と言った。
火葬場におじいさんも来ていて皆、私の横に座っていたのでお茶を一緒に飲んだ。


315
葬儀後に出勤すると上司はやっぱり同期の悪口を言っていた。
悔しくて言い返そうとしたら キツネがふらりと入ってきて 上司の足元を一回転して出ていった。
その日の夜、上司は駅の階段から落ち首から下が動かす事が出来ない重症を負った。
私がそれを聞いた帰り道 コンビニであの時のおじいさんに会った。
挨拶をするとおじいさんは頷き

「ありがとね、(同期)は何とか助かった。もう泣かんでええけん(なぜか方言)」

普通におじいさんは私に手を振って去って行った。
上司が亡くなった訳じゃないから偶然かも知れない。
特にオチもないのに長くてスマン


317
キツネは白狐とかではなく普通の茶色い狐だった。
ここに書いたのは その狐は上司一回転の後に
もぐもぐしながら油揚げを食べていた事を思い出したから。
あーうまかった、みたいに口の周りを舐めて目を細めていた
同期からもらったのかも知れないと考えたらちょっとほんのり。






引用:ほんのりと怖い話スレ その97