1
仏教知ってると違和感しかないんだわ
かと言って除霊もどうかと思うが



6
みんな輪廻の輪から抜け出してるんだろ


9
>>6
それはヒンドゥー教やね





22
>>9
ん?輪廻からの解脱を説くのは原始仏教とか上座部圏もじゃないか?


28
>>22
ヒンドゥー教は霊魂を実在視して輪廻を本当に起こってる事実(霊魂が肉体に出入りするループ)として捉えるのに対して
仏教で輪廻という場合は何かに執着して苦悩している状態を意味する
これをやめて自由にありのままにものごとを捉えられるようになるのが仏教の解脱



45
>>28
それ六道輪廻じゃね?
ふつうの輪廻っつったらたとえば木村泰賢がいうところの「五蘊所成の模型的生命」が刹那ごとに移り変わることを指すだろ


61
>>45
肉体の構成要素の物質的な流動が「輪廻」と考えられるようになったのはかなり後世(上座部仏教成立前後)の方で
本当の原始仏教(スッタ・ニパータくらい)の頃は、迷いの状態からの脱却を輪廻と言ってたようだよ
中村元の研究で読んだし経典読み比べても確かにそうだなと思う



24
>>9
えっそうなの?
仏になるから成仏じゃないの?
輪廻転生の概念って仏教にもなかったっけ?


26
>>24
あるよ
仏教の最終目標は解脱だから


30
>>24
上で説明したように
ヒンドゥー教の「輪廻・解脱」と仏教の「輪回・解脱」は違う
ヒンドゥー教は霊魂を実在として考え輪廻転生のループから抜け出すことを解脱というのに対し
仏教は霊魂を想定せず、迷いや苦悩の連鎖の状態(輪回)から脱却することを解脱という



11
何なら納得するの?


17
>>11
一番近いのは除霊だが
これだとお祓い的なイメージになってしまうな
次点で昇天かな



12
成仏はもう仏教のものじゃないから


13
>>12
だよな
霊が出るとなんでも仏教に結びつけるほうがきもちわるい


21
>>13
そもそも仏教は霊とか魂とか否定してる



34
>>21
アニメや漫画は仏教に準拠してないし


15
「俺その時に氏んだわ」
「早く成仏しろ」 ←これは?


19
>>15
それは慣用句として許してる
ただ作品の中で「成仏」がキーワード化してると個人的にダメ



16
たぶん怒るのやめただけで消えてなさそう


18
じゃあアセンション?


27
でも浄土真宗だと氏んだらみんな仏さま的な考えあるし
霊が消えていくことを仏になる、つまり成仏と呼ぶのも変じゃなくね?


32
>>27
そもそも「氏んだら成仏」という浄土真宗の考えが仏教の中では異端中の異端
「霊魂が昇天するのが成仏」なんていうのはもはや仏教ですらない
なぜなら仏教では霊魂を想定しないから



36
>>32
でも仏教じゃん
ちゃんと仏教学べよ


40
>>36
学んでるが



42
>>36
仏教やってたら「成道」だろ
何言ってんだお前


33
どんな悪人も氏ねば仏よ


37
日本ではそういう慣用するんだからいいだろ


39
禄に修行も積んでない癖に言葉の定義だけを弄ぶことに意味はあるのかね


43
>>39
グサリと来た


53
霊魂が輪廻するみたいな輪廻概念は仏教では採られていないってのは正しい


62
>>53
でしょでしょ
「そんなもんに囚われてないで現実みようぜ」が釈迦のスタンスだからね



63
あと別に仏教は霊魂を否定してもないぞ
ただ、霊魂だけが独立して機能を維持する、ヒトの中核は霊魂である、みたいな捉え方をしないだけだ
プログラムを紙に書いてもソフトウェアとして機能しない、みたいな捉え方ね


70
>>63
そうだね
単純な「否定」ではないよね
あえて言うなら
「それ自体で成立する実在」としての在り方を「否定」かな



77
スレタイの事ではないけど友達の坊さんは「仏教だからこうあるべき」とかそういうのはあんまり考えるなって言ってたな


81
>>77
それはその通りだと思う
けど他の宗教や思想にはない仏教独特の要素も厳然とあるわけで
そこを明らかにしようとする試みは有意義だと思う



88
>>81
あくまで基本はこうだとか元はこうだとかってのはあるけど
大事なのは「ご先祖を敬って亡くなった後も仏様になって見守っていてくださる」っていう感覚だとかなんとか


86
お前みたいに頭固くて視野の狭い奴が宗教のイメージ悪くしていくんだよ
成仏が仏教の言葉だというなら いただきますやらごちそうさま使う奴らみんな仏教って認識してんのかよ
そもそも日本で使われる成仏は仏教の成仏ではなくて日本の生死感を取り組んだ日本独自の言葉だろ


95
>>1
何にでも神曲とか神絵とか神付けんのもやめてほしいわw
どんだけ神安っぽくなってんだよwってね

関連記事:【神だらけ問題】最近って「神」が多すぎね?
http://www.oumaga-times.com/archives/1065301039.html


101
結局食い詰めた僧侶が日本人に都合がいいように解釈変更譲歩しまくったのが今の仏教でしょ


103
>>101
相手の理解度や国の文化に応じて説き方を変えるのは「方便」と言って仏教(特に大乗仏教)では認められているんだ
行き過ぎると全然仏教らしくなくなっちゃうけどね



104
>>103
でも氏んでからも念仏唱えてもらったら極楽浄土へ行けるってそれ仏教なの
他力本願(誤用)じゃん


109
>>104
まあ限りなく非仏教的だよね
元々の念仏は極楽浄土の情景を思い浮かべることで仏の悟りの境地に近づくという修行(観想念仏)で自力の意味合いが強かったそうだよ
称名念仏はそれを簡略化したものと言える
あと「他力本願」も「自分が世界の中心で、何でも思い通りになる」という執着を捨てるためのものと思えば非常に仏教的でもある



114
葬式とかで南無妙法蓮華経と南無阿弥陀仏で始まるのあるじゃん
父方と母方で違うんだけどどう違うんだ


121
>>114
「南無」はサンスクリット語で「帰依」、「弥陀仏」は無量寿経っていう経典に登場する仏の名前。だから「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀仏という仏様に帰依します」って意味
一方、「妙法蓮華経」は経典の名前で、その経典には「誰もが成仏できる」と説かれている。だから「妙法蓮華経」は「妙法蓮華経に説かれる教えを信じて自分が仏になります」っていう宣言の意味がある



123
>>121
へーそういう意味だったのか
南無妙法蓮華経の方が大衆受けしたんだろうな


128
>>123
時代や状況にもよるかな
一般的に災害や疫病などで世相が悪くなると他力的な信仰が大衆に支持されると言われている



116
流派によって呪文はかわる


106
何故仏教の話のアニメや漫画でも無いのに
仏教由来の言葉だけその通り使わないといけないのかがよく分からんわ
言葉の始まりは仏教でも今はただの日本語としてある言葉なのに仏教にあてはめたがる意味が分からん


130
霊を消す側の良心呵責を和らげる表現だよな
「消えろ」だと邪魔者をころすみたいで傲慢で後ろめたいから
次のステージがあってそこで幸せになれるみたいに「成仏しろ」と自己正当化っぽく言う


132
>>130
なるほど







引用: アニメや漫画で霊が消えることを「成仏」って言うのやめろ